2018年03月12日

モノクロ

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


11-2.JPG


昨日は、本当は、モノクロ写真の話を書きたかったのですが、その前に、それに関連してデジタルとアナログの写真について書いていたら、かなりの文章量になってしまいました。

モノクロ、あるいは白黒の写真については、動画(映画)でもそうですが、昔は、それが当たり前だった、、というか、それしかありませんでした。

オーディオの世界で言えば今はステレオ(2チャンネル)が当たり前ですが、かつては、1チャンネルだけの、モノラルが当たり前でした。

どちらの世界でも、よりリアルなもの、現実に近いリアリティを得る為に、画像に色をつけたり、チャンネルを増やしたり、、という改良が行われてきた訳てす。

音の世界では、ステレオになってからは、あえて、モノラルで音源を制作するということは、ほとんどありませんし、動画(映画)の世界でも、カラー化されてからは、同じくわざわざ、白黒で映画をつくることは、あまりありません。

ところが、写真の世界では、わざわざモノクロで撮影したり、カラーで撮影したものをモノクロに変換して使うことがあります。
 これは、どうしてなのかな、、?と、考えてみると、要するに、カラー写真や、動画以上のリアリティーがあるわけもないわけですから、モノクロの世界の画像に、独特の魅力があるということに他ならないということが言えるのかもしれません。

11-1.JPG


 その理由を細かく検証することは、なかなか容易なことではありませんが、現在ほとんどの現場で使用されている、デジタルカメラのすべてが、カラーで撮影できるものですから、わざわざモノクロの写真をつくりあげるのは、それなりの深い理由があるはずなのですが、それを詳らかに説明することはそれほど簡単なことではないのかもしれません。

 記録用の写真や、通常の広告写真などなら、誰しも、当たり前のように、カラー写真を選ぶ方が、被写体の、、つまり、撮りたい、記録に残したいものを、リアルに記録できるはずです。 これが、モノクロですと、自ずと表現できる世界が狭くなってしまいますし、色のわからない写真はもはや、実用性はかなり低いのかもしれません。

 年齢の若い人には理解できないかもしれませんが、私が子供の頃は、まだ写真はほとんどがモノクロでしたし、テレビは完全に白黒、、、。 広告や、百科事典、週刊誌なども、特別な写真以外は、ほとんどモノクロでした。

 モノクロで表せない化学的な図や表などは、人間が手で描いたカラーのイラストだったり、モノクロで撮った写真に着色したりしたものも、たくさんありました。

 そういう時代とはちがい、安い経費で、カラー写真を撮影したり、印刷できるようになった現代に、あえて、白黒の写真を使うということは、明らかにその独特の効果をねらってのことに違いありません。

 なかには、レトロ感、、というか、わざわざ古臭さを出す為だけに、モノクロ写真を使うこともありますが、多くのモノクロ写真は、そうではなく、モノクロの魅力を生かすため、被写体をより魅力的に見せるためにカラーではないやり方で見せているのだと思いますが、どうして、それがより魅力的なのか、、をはっきりと説明することは、簡単なことではありません。

 私は個人的には、あえて、モノクロというやり方をしないで、写真をとりますが、もちろん、モノクロの魅力については、感覚的に、理解しているつもりではあります。

 すっかり更新時間が遅くなってしまいました、´д` ; 。

11-3.JPG


大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。
2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds) 「終了」

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981


日記(1524)

音楽(89)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(114)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182647131

この記事へのトラックバック