2018年02月15日

桜祭りと、ソロピアノの続き。

*スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


15-1.JPG


 今日は、超久しぶりの快晴でした〜。 気温もどんどん上がって、24℃越え、、。 めんどくさいから、着替えないで、冬の格好で出かけたら、暑くて仕方ありませんでした、(笑)。アホか、、!。

 少し前から咲いているのですが、この暖かさで、桜の花は、ピークを過ぎたようでした。何日か前に、青空をバックに桜の写真を撮りたい、、ということを書きましたが、桜の咲いているうちに、快晴の日が来るなんて、ラッキーでした。

 なので、張り切って、重い一眼レフをもって、もし晴れたら、「ここで撮るぞ」という前から決めていたポイントへ、自転車で、、、。 雲があると日が陰って、目的地に着いた頃には、「ああ、曇っちゃった、、」という風になることが多いですが、今日はほぼ快晴なので、その心配はありませんでした。そういうわけで、今日のブログの写真は、その一眼レフで、撮った写真です。

 ちょうど私が、写真を撮っている時に、通行人が携帯のカメラを構えて近づいてきましたが、なぜか目があって、お互い微笑んだりして、、。 これも、暖かい気候と、桜の花の作用なのかもしれません、、。

 今日は、まさに、「春」を感じた1日でした。

15-2.JPG


 昨日の、某 K J 氏(なぜか今日は伏字(笑))のソロピアノについての話を書きましたが、コンサートの時にマイクを立てれば、すぐ録音できて、簡単にアルバムが作れる、、みたいなことを書きましたが、まあ、概ねそういうことなのですが、その中にも、いろいろと、ノウハウが実はあります。

 確かに、一昔前に比べて、録音機は非常にシンプルで、軽量化が進んでいますので、 K J 氏の70年代の一連のアルバムを録音していた頃より、かなりソロピアノのライブレコーディングは楽になっているのは事実だと思います。でも、録音のまえに、良いピアノ録音をするためには、とても大切なポイントがあります。

 それは、、やっぱり調律、、、なんですね、、。 以前、 K J 氏のコンサートの調律をした調律師さんとお話をしたことがありますが、主催者の関係者に、調律が終わった事を告げると「今から演奏者が確認に来ますけど、 K J 氏は、とっても調律にうるさいので、何か言うかもしれませんが、その時は、やり直してください、、」と言われたそうです。

 その後、K J 氏があらわれて、結果、「OK!」と、すぐにいわれて、 彼は足早に、楽屋に引き上げて行ったそうです。

 やり直しはなかったそうなのですが、そもそも、肝心のピアノという楽器から、良い音が出ていないと、ピアノという楽器を、良い音で収録することはできません。

 ジャケットに使う写真を素材から、いろいろ編集して、色味や、その他の要素を多少いじるように、音の場合も内容にふさわしい、音響的な、変更が多少は加えられています。

 
15-3.JPG


 ピアノの状態を良くすること、これが、良い音で収録する為の、まず第一関門、そして次は、会場とそのピアノ、そして、演奏される音楽にあった位置にマイクを立てなければなりません。それから、K J 氏の最近のソロピアノ録音を何度か聞きましたが、録音した素材の音を、それなりに、いじって、それらしい音色に脚色しているということを、少なからず感じます。

 これは、私たち聴衆のイメージとして感じている、彼のピアノの音色を、それなりに強調する作業をしているのではないかと思います。以前、ずいぶん前に、あるコンピュレーションのアルバムで、そのなかに、一曲だけ入っている彼のソロピアノの音源を聞いた事があるのですが、その音源は、いつものレコード会社が録音し完成させた音源ではなく、かなりピアノの音色が違って聞こえました。

 あと、音色だけではなく、響き、残響なども、あとから、場所によって付け加えている箇所も、少なからずあるようです。これは、その場の響きを録音して付け加えているのではなく、後から残響装置によって、付け加えているものです。

今日は「エンジニアの独り言」ということで、若干、音響の専門的な話を少しだけ書きました。


15-4.JPG


大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。
2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds)

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981


日記(1503)

音楽(91)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(114)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジニアの独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182423407

この記事へのトラックバック