2018年02月14日

ソロピアノ

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


14-3.JPG


 今日は、昼間は20℃位まで上がって、とても暖かかったですが、早朝は、10℃まで気温が下がっていましたから、その差10℃、、。 これは、こちらでは、とても珍しいことです。

 湿度は低めだったので、放射冷却で、夜は、結構また冷えてきました、、。

 昨日は晴れていましたが、今日も、まあまあ晴れ間が出て、太陽が出ましたので、夕方ちょっと用事で出た時に、夕焼けの写真を撮って、今日のブログに使いました。

 昨日も一昨日も、音楽の話、、というか、ジャズピアニストBill Evansのソロピアノとか、そういう話を書きましたが、クラシックでは当たり前の、ピアノの独奏。 クラシックでピアノ音楽といえば、独奏が当たり前と言って良いくらいなのですが、ジャズの世界では、今でこそ、有名なKeith Jarett とかがいて、ソロはそれほど珍しくはないのですが、その昔は、わずかな例外をのぞいて、ソロピアノのアルバムはとても珍しかったそうです。

 いま、Keith Jarett の名前を出しましたが、そのKeith Jarettでさえ、アメリカのレコード会社で、ソロピアノのアルバムを出そうとしたら、どこでも出してもらえず、当時はまだマイナーだった、ドイツのECMレコードが、やっと出してくれた、、という話があります。

 さすがに最初のソロアルバムは、普通の一枚のLPでしたが、その後、三枚組とか、二枚組のライブのソロアルバムを出して、それがヒットしたので、とても話題になりましたし、ジャズの世界というか、レコード業界では、1970年代の話ですが、「ソロピアノブーム」的な状況になりました。

14-2.JPG


 これは、業界の制作者側から言わせれば、実は、ソロピアノって、とってもリリースしやすい、、。

 つまり、コンサートでも、スタジオでもいいんですが、とりあえず、ピアノがあって、演奏者がいて、マイクを2本立てれば、とりあえず簡単に録音できてしまう、、というところがあって、エンジニアとか、プロデューサーにいわせれば、ミキシングとか、めんどくさい作業がとても少ないですし、ということは、それにかかる経費も少なくて済む、、というわけなんです。

 実際その後たくさんのソロピアノのアルバムをKeith Jarett は出していますが、ほとんどがライブレコーディング、、。 それもコンサートのライブなんですね、、。 これって、特別にスタジオをとったりする必要がなく、ライブのツアーに、とてもシンプルな機材を持って同行して、毎回録音して、そのなかから、良いテイクを選んでアルバムにすれば良い、、、というわけで、制作コストとしては、とても楽チンな、やり方です。

 Keith Jarettの場合、完全な即興演奏ですから、毎回内容はまちまち、、、極端な話しを言えば、出来不出来もいろいろあるわけですが、良い演奏だけを集めて、アルバムにするわけで、いってみれば音源の「いいとこ取り」でアルバムがつくれるわけですから、制作者側からすれば、とっても美味しい企画です。

 スタンダード曲も演奏しませんので、著作権料を支払うこともない、、。 これ、アルバムがたくさん売れると、たった一曲でも、数百万もの著作権料が発生することがあるので、そういう心配もないというのは、本当美味しいです。

 Keith Jarettは、たまに、アンコールで、知名度のある曲を演奏することがあるみたいですが、そういう曲は、ソロピアノのライヴアルバムには、ほとんど、いや、私の知る範囲では、全く入っていません。

 いってみれば、ああいうソロピアノは、レコード会社にとって、いわば、「金のなる木」と、いってもよい感じなのですが、誰でもソロで演奏すれば、お客がたくさん入って、それを録音すれば、アルバムが売れる、、というわけではないので、まあ、制作者側の企画と、演奏者の才能の賜物、、といえることは言えます。

 しかし、美味しいアルバム制作であることには違いありません。

14-1.JPG


大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。
2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds)

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981


日記(1503)

音楽(91)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(114)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182415627

この記事へのトラックバック