2018年01月28日

健康の話

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


28-3.JPG


 このブログ、大体いつもは、夜の7時頃更新していますが、今日はこれを今書き始めたら、もう8時近くに成っています。
 いつもと違う時間になることは時々ありますが、旅先とか、出かけている時以外で、そうなることは滅多にありませんが、今日はその滅多にない、出かけてないのに、更新が遅くなっているパターンです。

 ところで、フェイスブックとか、いろいろそう言うSNS的なもので、いろいろな人がいろいろな場所で、いろんなことをしていることを知ることがでいますが、今日も見て思ったのですが、真冬のせいもありますが、インフルエンザも含め、いろいろと、健康を害している人が多い、、。

 風邪とかならまだマシなのですが、いろいろと、怪我だとか、様々な、病気というか、疾患で、手術とか、入院とかをしなければならない人の話を見るにつけ、健康であることのありがたみを強く感じます。でも、それと同時に、もし自分がそういう立場になったら、、とうことを考えると、いろいろ考えさせられることがあります。

 元来、割と、健康には自信というほどはなくても、まあ、病弱ではない、、というところで、なんとなく、健康、、と言って良い、状態が長年続いていますが、年齢のこともあり、いつまでもそういうわけには行かないかもしれない、、ということを意識しつつ生活しています。

 世の中いろいろな病にあふれていて、ストレスが原因なのか、体質なのか、先天的なものなのか、後天的、つまり、生活習慣によるものなのか、いろいろと患い、医療機関のお世話になっている人はたくさんいますよね、、?。

 以前、コレステロール値や、血圧に関する話を書いて、必ずしも薬を飲まなくても良いのに、医療機関の処方箋によって、薬を飲まされている事実がある、、ということを書きましたが、 ちょっとしたきっかけで、ある医療機関に、その手のところには、何年も行っていなかったのですが、顔を出す機会がったのですが、どこでもそう、、というわけではないのかもしれませんが、どうも、やはり、医療機関は、病を直す、、というよりも、病人を造り上げる方に、尽力しているように感じます。

 検査をして、その結果を見て、何か投薬したり、疾患の可能性があるところを、見つけて、「健康になる」という方便をもって、お金を稼ぐ、、ということに、専心しているということは、残念ながら、否定することはできません。

 
28-1.JPG


 多くの方は知っているか、ある程度想像していらっしゃるかもしれませんが、多くの医療機関の場合、何かと言えば、投薬、、、。 とりあえず薬を飲ませようとする、、。 多くの人は健康に不安があるので、医療機関に足を運びますので、国家資格をもった医師が「これこれこうです、、だから、こうしましょう」という感じで、認定したことは、あまり疑わない、、というか、多くの場合鵜呑みにしてしまいますが、あれをすんなり受け入れていたら、ほぼ健康な人でも、簡単に病人に認定されてしまいます。

 この文章を、どれだけの医療関係の人が見ているのかわかりませんが、薬を買わせたり、何かの検査をすることによって、当然経費が発生し、そのことで、医療機関の採算が成立しているわけですが、「念のため」というある意味親切心をもって、言っている様に聞こえる検査や、投薬って、ほとんどがただの商売なんですよね、、、。

 言ってみれば、レストランで、「今日のオススメは?」と訊いたら、高いワインを推薦されるみたいな、、、。

 患者、もしくは健康に不安をもっている人に、専門家が「これはこうしたほうがよい、、ですよ」と言えば、「よろしくお願い致します」みたいなことになって、言ってみれば言いなりになりますが、その手の医療行為のほとんどが、本当は必要ない、ということの方が多いというようなことは、その手の仕事をしているひとなら、本当は知っているはずです。

 本当に病に犯されているなら、一刻もはやく、治療しなければならない、、それは当然ですし、手遅れ、、にならないように、というのが、医療の常識なのでしょうが、本当に必要な治療って、外科的な施術以外には、今行われている医療行為のかなりのものが、不要もしくは、過度に収益を追求する行為を正当化する、方便でしかしかない気がします。

 これを飲め、と言われた薬を飲んで、かえって、体調に支障をきたし、今度はこれ、その後また、、という風に飲まされる、、。 いってみれば、薬漬けの医療現場が、この国の医療関係者の生業と、国の納税を支えている、、という、ある意味完全な気違い沙汰が、毎日平然と行われている、、。

 保険行政は、国民のためではなくて、大きな利潤を生み出す、医療機関のためあるのではないのか、、という風にも思うほど、おかしなお金の動きがたくさんあります。

 昨日に引き続き、なんか、シリアスなブログ、、なんか、書くことないと、こんな風に、本当のことを書きたくなってしまうんですよね、、。 

 明日はなんか、もう少し楽しい話を、、。

28-2.JPG


大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。
2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds)

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981


日記(1489)

音楽(89)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(113)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182262337

この記事へのトラックバック