2018年01月20日

ことばのはなし。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


20-1.JPG


 今日は、なんとなくすっきりしない天気、、。 でも、寒くもなく、まあまあ快適だったのですが、個人的に、テンションはかなり低め、、。

 その理由は、、、特になくて、辛いこともないけど、面白いことも何にもない、、という、ナンダカナ〜という感じでございます。

 「ございます」、、とかいて、ふと、思い出したのですが、メールなどで、なにか、時代劇調の言葉を使う人を、最近ちょくちょく見かけます。いま書いた「ございます」は、まあ、普通の書き方ですが、「ござります」とか、「ござりまする」とか、なんかそういう終わり方で、文章を締めくくっている人が、周りにいます。

 若い人に多いんですが、これなんか、面白いな、、と思って、「どうして、ああいう風書くの?」と訊いてみたら、なんか一応「洒落てる」んだそうですが、特に深い意味はないそうです。 もしかしたら、なんか、小説とか、コミックの影響なのかな、、とも思っていたので、「なんだ、そうなんだ、、」と、ちょっと拍子抜けしましたが、。 FBの投稿でも、そういう書き方を時々見ることがあり、一つの流行りなのかなとも、思います。 

 最初にその表現を見たときは、「これって、何か、特別なニュアンスがあるのかな、、」と思ったのですが、そういうことでもない、らしい、、デス。 「そういうことでも、なさそうでござりまする」(笑)。

 こういう表現というか、言い回しを、「けしからん」という人、、言語学者とか、そういう専門家が多分いるのかもしれませんが、私は気にはなりません。 

 言葉というものは、「正しく使わなければ、、」という考え方がありますが、じゃあ、その正しい使い方って、どういう基準があるのですか、、?とききたいです。 外国人に日本語を教えるとき、これが、正しい日本語です、、みたいなのが、多分あって、それが教科書みたいなものに書いてあるのかもしれませんが、実際には、言葉は生き物で、時代や、地域、社会性などによって、変化するもの、、。

20-2.JPG


 まあ、教えたり、習ったりするときは、ある程度基準があったほうが良いのかもしれませんが、実際には言葉は理屈で縛るものではなく、その時の感情や、用法によっていろいろと変化する、、。 時には、言い間違いが講じて、それを多くの人が使い出して、その表現が定着してしまうということもあるはずです。でも、それもまた時を経て変化したりする、、、。 地方によっての方言が、まさにそれだと思います。

 というか、標準語と言われている言葉が、本来便宜的につくられたもの、、、。いろいろな地方の人が出会っても、言葉が通じるために、規定された、一つの表現にすぎません。

 昔、九州で、「あなたは、まるで、NHK のレポーターみたいな喋り方をしますね」といわれましたが、それは私が東京の出身で、あまり方言がない地帯で育ったせいで、いわゆる、「標準語」的なことばに近い言葉をつかって、生活してきたからなのですが、どうやら、そういう言葉を地方で使うと、それなりに、違和感をそれぞれの地域の人たちは感じるらしいです。

 でも、決して、かっこつけて、そういう言葉を使っているわけじゃなくて、正直、ああいう言葉しか、上手に話せないんです、、。 でも、長い時間地方でせいかつすると、耳、、というか、脳はその地域の言葉の感覚の影響を受けて、他人が話す、標準語的な言葉を聞くと、なんか、感情がこもっていない、、というか、よそよそしい感じがするのも事実です、、(笑)。

 本当は、言葉だけではなく、地域性が、あらゆる物にはあって、食物や、音楽、それこそ、すべての文化が、そのようにして、変化しながら、形成されているということなんだと思いますが、現代のように、あちこちの様子が、インターネットを通じて伝わると、そういう地域性みたいなものは、ひと昔とはちがった様相をもってくるのでしょうね、、。 

 Instagram で、いろいろな国の料理の盛り付けを見ていると、地域性をすごく感じますが、そういう映像が、ネットを通じて、いろいろな地域に伝わることで、それぞれの地域の文化も、変化してゆくのかもしれません。

 音楽なんて、もしかしたら、もう、グチャグチャに影響を受けまくって、ごちゃ混ぜになっているのかもしれません。

 このブログは、日本語で書いているので、基本的に、日本の人しか理解できないので、世界文化の変質には、関わっていませんがネ、、、(笑)。

 いろいろ書いても、テンションは上がりませんね〜、、、´д` ; 。

20-3.JPG


日記(1480)

音楽(89)
エンジニアの独り言(70)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(113)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182193767

この記事へのトラックバック