2017年11月17日

奴隷ではなくても、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


17-1.JPG


 昨日のブログで、「自分の時間が少ない人生って、極論いえば、そんなの奴隷みたいなものだ、、」という、ちょっと過激なことをかきましたが、読んでくださっている方から、FBの方に、コメントをいただきました。

 そのコメントはなかなか秀逸なものだったのですが、私が思うに、誰しも初等教育をはじめとして、学校に通いますが、そ時間は、社会に出るための大切な研修期間という意味のある時間でもあると思うのですが、授業だけでなく、いろいろと、団体行動の中で、拘束を受けますよね、、。

 もちろんそれもまた、教育活動の一環なのだと思いますが、私にとっては、少なからずストレスになりました。例えば運動会の練習とか、卒業式の練習など、長い時間をかけて、極端に言えば、北朝鮮のマスゲームみたいに、統率されて、均整のとれた団体行動を強いられる、、。

 これは、社会の中における、一個人として、行動規範みたいなものを身につける教育なのだと思いますが、これに従うことに何の疑問も持たずに行動することによって、一つの奴隷化が行われているのだと思います。奴隷化という言葉がおかしければ、無個性化というか、自分の意思で行動することを、無意識のうちに抑制する精神が育てられる、、。

 これはいってみれば、事務員要請教育の一貫であり、人畜無害な人間を作り出す、別の言い方なら、国家のために無意識のうちに尽くす善良な国民教育のシステムなんだと思います。
 この政策は、その後の高等教育や、大学で完成するわけですが、これが教育機関の国による認可に代表される、一つの統制的方法で、よく言えば、それが日本の社会の統制をとっている事なのだと思います。

17-3.png


 個人の個性や意思をあまり発揮せず、一個人として、社会に奉仕して生きてゆく、、。

 もちろん政治的にも体制に従順な人間が創り上げられるわけだと思うのですが、周到なそれらの政策によって、学校を出て、社会に出ても、多くの人が、個人の意思をもつよりも、会社など組織のなかで、有能に働く気質に育てられており、自分の時間を持つことよりも、それ以外のことを志向するような人が多い気がします。

 クラシック音楽に例えれば、ソリストよりも、オーケストラの一員(特に弦楽器セクション)に向いている気質と言えると思うのですが、事実、海外のオーケストラで、優秀な日本人演奏家を多数見ますが、ソリストとなると、かなり少ない人数しか、日本人演奏家には存在していません。

 この事実は、もともと持っている気質によるものも否定できませんが、日本の教育のシステムの成果(弊害)、、ということも、確かに言える気がします。

 奴隷とは言わないまでも、強いものに従順にしかも優秀な形で従う、召使的な性向は、平均的な日本人に確かに強く存在する気質というところがある気がします。


17-2.JPG


日記(1423)

音楽(82)
エンジニアの独り言(67)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(109)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181601235

この記事へのトラックバック