2017年11月05日

こだわり、って、、?。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


5-1.JPG


 今日は朝方は、けっこう涼しくて、気持ちよかったんですが、日中は、26℃まで気温が上がって、それなりに暑かったのですが、湿度は低くて、風もあったので、まあまあ快適でした。

 昨日まで、快調にいろいろ書いてきましたが、今日は、なんだか、書くことないな〜という日です。そういう時は、お休みしちゃえば、、?っとよく言われますが、それができたら、苦労しません、、とか、言うほど、実は書くことにこだわっては、いませんが、、。

 と、ここまで、書いて、今書いた「こだわって」の「こだわる」という言葉のことについて書こうかな、、と思います。

 なんか、この「こだわる」という言葉、辞書を引くと、
@ 心が何かにとらわれて,自由に考えることができなくなる。気にしなくてもいいようなことを気にする。拘泥する。
A 普通は軽視されがちなことにまで好みを主張する。
B 物事がとどこおる。障る。
C 他人からの働きかけをこばむ。なんくせをつける。

「辞書 バージョン 2.2.1 (169) Copyright コピーライトマーク 2005–2014 Apple Inc.All rights reserved.より、、」

 と書いてあります。  なにが言いたいのか、、というと、ようするに、この「こだわる」という言葉は、本来、あんまり良い意味ではない言葉なんだと思うんです。なので、できれば、「こだわり」はないほうが良い、、はずなのですが、、。

 なんか、職人とか、芸術家とかが、ポリシーを貫く、、みたいな時にも、なぜか、「こだわる」ということば、最近よく使うことが多い、気がするのですが、それが、なんか、気持ち悪い、、。

 例えば、褒め言葉で、「◯◯さんは、こだわりがつよいですからね、、」とか、私も、生業の、録音について、「いろいろ機材にこだわってらっしゃって、良い音を創っていらっしゃる、、」みたいなことを言われることがあるんですが、それって、なんだか、ほめられていない気がするんです。

 っていうか、ほめるときには、本来使ってはいけない言葉だと思うんです。

5-2.JPG


 なのに、いつの頃からか、ほめ言葉に使うようになったんだと思うのですが、私にはとても気持ち悪い表現です。

 別に、バカにして、わざわざその言葉を使っているわけではないと思うのですが、やっぱり、嫌な表現に感じる。 だいたい、例えば「機材にこだわる、、」っていわれても、それは、私の仕事上の表現で、それを使うのは、ある意味当たり前、、。だから、けして、こだわっているわけではありませんし、むしろこだわりはない、、。 ハズなのですが、、。

 これ、多分、広告のコピーか、テレビのスクリプトの影響だと思うのですが、間違った言葉の使い方が、メディアに乗ることで、正しいことになってしまった、、。 もしくは、あるいは、わざと間違った言葉の使い方をあえてして、内容を強調した表現が、定着してしまった、、のかもしれません、、´д` ; 。

 「そんなの、どうでもいいじゃん、、、気にならないよ、、」という人が多いと思うのですが、私は気になりますし、「どうでもいい」とは、全然思いません。 これって、気にならない人たちからすれば、「こだわる」という言葉に『こだわっている』状態なんだと思いますが、、(笑)。

 「言葉は、正しく使いましょう、、」という、大それたことを言うつもりではなく、「その表現って、気持ち悪いので、ヤメテネ、、」ということなんですが、、。

 なんか、昔、レトルトカレーの宣伝で、有名シェフが出ていて、「こだわりのチン!」といって、電子レンジのボタンを押している、映像をみたことがありますが、あの、「こだわりのチン!」というのは、いいというか、面白いと思うんです。

 名料理人が、インスタント食品の宣伝に出て、ギャグで、「こだわりの、、」というところが、逆説的で面白い。 
 ただの普通の宣伝に、有名シェフが出て、「これは美味しいですよ!」と言ったら、この人嘘くさいな、、?という風に、「いくらもらってこれ言ってるんだ?」って思いますが、あの「こだわりのチン!」というのは、ウイットに富んでいていて面白かったと思うのですが、それ以外に、軽はずみに、「こだわり」という言葉を使わないでほしいな〜、、、と思いませんか?。

 くだらない終わり方ですみませんが、今日も、無事書き終わりました〜、、(笑)。

5-3..jpg


日記(1411)

音楽(82)
エンジニアの独り言(67)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(108)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181492652

この記事へのトラックバック