2017年01月21日

仮死状態 ?

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

21-1.JPG


 今日は最高気温が18℃で、それなりに低めの温度で、風も吹いていました。湿度もこちらにしてはかなり低めで、こちらなりに冬の気候なんだと思います。

 当然私にはそれほど寒くはないので、普通に出歩きますが、スーパーとかに行ってみると、いつも売り切れているものが、残っていたり、寒くなって、暖かいところの人たちは、出控えているみたいです。

 そう思って、街をみてみると、外国からの観光客はいつもどおりですが、日本人、特に地元の人は、少ないですし、寒い寒いと腕を組んで歩いている人もいます。昨日の夜は14℃まで下がりましたので、たしかにそれなりに、こちらにしては低い温度なのですが、「寒い寒い、、」という気温ではないのだと思うのですが、寒く感じるのでしょうね。ダウンジャケットを着ている人も居ますしね、、ね、、。

 そういえば、少し面白い話を聞きました。
 それは、これ以上寒くなると、海に住む熱帯性の魚が、水温が下がって、仮死状態になり、砂浜や、岸壁に打ち上げられるのだそうです。つまり、寒くて、動けなくなるのだそうで、活きの良い魚を、道具なしに手に入れられるということで、寒くなると海沿いに魚を採りに(もらいに)行く人がいるそうです。

21-2.JPG


 そんな話は初めて聞きましたが、本当の話だそうです。「行ってみようかな、、(⌒-⌒; ) 。

 おかずが増える、、、、カモ、?。

 実はまだ、こちらで採れた魚をほとんど食べたことがありません。一体どんな味がするのか、、。

 九州などでは、寒くなると、魚が脂が乗って旨くなるという話は聞きますが、こちらではどうなんでしょうか?。暖かいところの魚なので、元気がないのではないのでしょうか?。
 寒くて魚が「仮死状態」っていうのは、美味しい状態なのかどうか、、?。一応生きているので、腐っているということはないのでしょうが、、。

 寒がっている人が多いようですが、鍋とかは食べるのかな?。沖縄の鍋ってきいたことは今の所ありませんが、、。〆に沖縄そばを入れる、、?。

 合わないかな、、?。鍋をするとしたら、つゆはなにかな、ポン酢じゃなくて、シークワーサーとか?。

 そういえば、シークワーサーって、こちらの柑橘なのですが、この間はじめて、その実を見ましたが、とても小さなものでした。 金柑くらいの大きさです。なんか、勝手なイメージで、もう少し大きなものかと思っていましたが、とても小さな果実で、値段も安いです。 

 というわけで、下の写真は昨日の夕方の空。 それではまた明日〜。

21-3.JPG



 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178497943

この記事へのトラックバック