2017年01月14日

めんどくさい話の続き。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

14-1..jpg


 音楽を楽しむことに、基本的には作法はないのかもしれません。

 昨日までに書いてきた、こと、音楽には楽しみ方があるんだ、ということ、そんな簡単には、本当には楽しめないんだ、、みたいな、ある意味意地悪い話を書いていますが。人には様々な性格、好み、趣味趣向があり、同じ作品を楽しんでいる人を、10人集めたら、必ずしも同じ楽しみ方をしているとは限らないということは、当たり前にあるとは思います。

 それこそ、楽しみには十人十色で、良い、とか、悪いとかの前に、そうでしかありえない、ということは間違えないことです。

 今よりも昔、昨日書いた、若い時に英語圏のポップスを多くの人が聞いていた時代、今よりも確実に英語という言語を理解する人が少なかった時代でも、古い話になりますが、ビートルズのコンサートで、武道館はいっぱいになった、わけですが、満員の聴衆のなかの一体何パーセントのひとが、ビートルズの曲の歌詞を理解してきいていたのか?。

 言い換えれば、自分たちの歌と演奏に歓喜する、聴衆たちが、歌詞の内容を理解できないことを知った時、彼らのモチベーションはけして、上がらなかったはずですが、歌詞がわからなくても、ホールは満員になり、ギャラは、言葉がわかる聴衆の前でやるのと変わらないわけで、営業上はそれほど問題はない、はずです。

14-3.JPG


 当たり前の話ですが、英語圏の住人ではないアーティストが、ワールドマーケッティングを意識して、英語の歌詞をつけて曲を製作し、それをヒットさせるということは、いままでもあったわけですが、おそらく、日本で売るために、演奏曲の歌詞をすべて、日本語に変更して録音した音源は、日本でもあまりヒットしないということは間違いありません。

 せっかく日本人誰でもがわかる楽曲にしたのに、どうして何だろう、、?と、あちらの人は思うのでしょうが、日本人の場合(少なくとも昔の、、)、英語を言葉として聞いているわけでなく、英語の歌のリズムや、発音の中に、ある種のかっこよさみたいなものを感じて聞いていたということは、間違いありませんよね、?。

 それと同じように、どんなに、複雑怪奇なハーモニーでも、わかりにくい形式で出来上がっている、器楽曲でも、それなりの楽しみ方をすることは、できるのだと思います。あるいは、オペラや声楽曲なども、ストーリーや、歌詞を理解できなくても、それなりに楽しむことはできはしますし、あらかじめストーリを知っていれば、それなりに楽しめるはずです。

 これは個人的な体験ですが、音楽といえば歌モノより、インスト(楽器だけの演奏)好むわたしが、いろいろな経験から、以前より英語を理解することができるようになって、英語を使った楽曲を、以前より楽しんで聞くことができるようになっていったわけですが、その段になって、イタリア語のオペラを、同じ感覚で聞くと、当たり前のことですが、一部の単語以外はまったくちんぷんかんぷん。 歌詞の内容や、ストーリーは解説書をみなければ全くわかりません。

 この閉塞感というものは、音楽を楽しむ以前の虚しさというか、言ってみれば、カツ丼を頼んだのに、かつの味がしないみたいな感覚なんですよね、これは、、。

 歌手の声量の素晴らしさ、楽曲の優秀さ、オーケストラの素晴らしさ、これら全てについて、理解できたとしても、歌い手が感情込めて演じて歌う内容を理解できないようでは、やはり、本当の楽しみ方をしているとは、言えませんよね。

 この話まだ書きますよ、、(⌒-⌒; ) 。

14-2.JPG


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178401668

この記事へのトラックバック