2017年01月13日

音楽を理解するということ、楽しむということとは、、?。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

13-1.JPG


 全国的にかなり冷えているようですが、こちらもそれなりに気温は下がっていて、16〜18℃で、通常のこちらの冬の気温に近づいているようです。

 昨日ブログでは、たとえ素晴らしい曲、音楽作品でも、理解しにくいものはたくさんあり、本当の意味で楽しむということは、それほど簡単なことではない、、という意味の事を書きました。

 これに関しては、人それぞれ、聞き方、理解の仕方があるので、一概に「理解している」、「わかっている」などと、簡単に言うことは難しいですし、「わかっていない」、「理解していない」ということをどのように、第三者が判断するのか?という問題はあるにせよ、ひたすらわかりやすく、一般大衆(音楽に詳しくない人たち)向けに作られたものでない、言って見れば商業的な作品ではない音楽を理解するには、それなりに、経験や、分析能力みたいなものが必要で、簡単に行ってしまえば、ある種の楽器を演奏したり、それにある一定期間以上親しんだ経験がない人にとって、「わかる」、とか、「理解」という次元に行く前に、複雑な音のテクスチュアを受け止めることは、並大抵のことではないと思うのです。

 でも、ここで書かなければいけないことは、「理解していない人間は、それらの音楽を聴いてはいけないんですか?」と言われれば、そんなことは全くありません。しかし、書籍の評論や、音楽家本人たちが、書いた文章で、いろいろと言葉を尽くして説明されている様々な事は音楽をめぐる事柄であって、それらは決して「音楽そのものではない」ということは、はっきりしていると思うのです。

 せっかく興味をもって、聴き始めた聴衆が、私のこの文章を読んで、物怖じして、「私には理解できないだろうから、聞くのを止めよう」という風になることを、狙ってこの文章を書いているのではなく、面白いもの、味わい深いものを鑑賞するには、それなりの心構えや、ある種の準備みたいなものが必要である、、ということを理解していただきたいのです。

13-2.JPG


 よく、クラシックのコンサートや、ジャズのライヴに関して、「ちっとも難しくない、楽しい音楽です(^ ^) から、ぜひ聴きにきてください」みたいなことが書いてあることがありますが、あれって、本当でしょうか?。

 流行歌など、誰にでもわかる形に単純化された商業作品を愛好しているひとが、その他の音楽に興味を持ち、クラシックのコンサートに出かけた時、シンフォニーの複雑な和声や、いろいろな楽器の重なり合い、流行歌の何倍もの長さの演奏時間の音楽を聴いて、同じように楽しむことができるのでしょうか?。それ以前に、歌詞のない、歌い手のいない、器楽合奏による演奏を普通に理解して楽しむことができるのでしょうか?。

 昔、私が子供のころ、洋楽、つまり、アメリカのポップスを聴いているのをみて、親戚のおばさんが、「いい曲だけど、英語だから何言ってるのかわからなくて、退屈じゃない?」と言ってきたことがありますが、そのときは、英語はあまりわからなかったのですが、歌の声とか、バックの演奏、アレンジの面白さみたいなものも含めて鑑賞していたのだと思うのですが、「英語だから何言ってるのかわからなくて、退屈じゃない?」という質問は本当に極めてまともな疑問だと思います。

 「かっこいいから」、「流行っているから」、「あるいは、日本の歌謡曲より高級な感じがする」、、そんな根拠のない価値観で、思春期の「ちょっと変わったもの」、「ひととちがうもの」を聞きたいという願いをもって洋楽を多くの人が聴いていたのだと思います。

 そこから先、英語に興味をもったり、バックのバンドの演奏の仕方に興味を持ったりという、興味の拡大で、より深いところへ、入って行く聴衆もある程度はいたのかもしれません。

 明日に続く、、。

13-3.JPG


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178389820

この記事へのトラックバック