2016年09月20日

どうやって作業をしているのか、、について その 2 。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

20-1,,.jpg


 昨日の続きで、録音した楽器の音を、どのような作業をして音源として仕上げる、、と言う話なのですが、各楽器をバラバラの、つまり、別々のチャンネルに録音している訳ですから、エンジニアはまず、各チャンネルにどんな風に楽器の音が録音されているのか、、ということを、作業をするまえに、改めて聴いてチェックしなければなりません。
 その場合、別々に聴くこともあれば、ある程度簡易的にバランスをとって、全部のチャンネルを鳴らしつつ聴くとか、色々なやり方で、再生してみるわけです。

 昨日も書きましたが、別々のチャンネルにわざわざ録音しているということは、それを改めて、音質的に、あるいは、音量も調節できる、、というか、それをしなければ、ちゃんとした音楽としては聴く事ができないわけです。これが、大昔の様に、2チャンネルでしか録音していなければ、やりたくても、各楽器のバランスを変える事はできないわけですが、自由に変えられる、、というと、聞こえがいいわけですが、もし、ミキシングエンジニアが、録音された音楽をあまりよく理解していない場合は、音楽の内容ををうまい具合に反映させる様なバランスのとり方が出来ないことがあり得る、、ということなんですね、、。

 これは、日本のジャズの録音の場合特に多いのですが、なぜか、べースが良く聞こえない、、、ということが多いです。 その前に、リスナーも含めて、ですが、べースと言う楽器が音楽の中で、いったいどんな役割をはたしているのか、、ということを、理解しないで、音楽を聴いている人って、意外と多いんですよね、、。

 以前ライヴを聴きに行ったら、知り合いに会って、その人といろいろな話をしていたら、「ピアノとか、ドラムとかは、ナニをやっているのかよく解るのですが、べースが低い音で、一体ナニをやっているのかよく解らなくて、あんまり面白く無いンですよね、、」という話をしていました。

20-2,,.jpg


 それを聴いてビックリした、、というか、頭を抱えました。

 確かに、べースの音って、聴き取りにくいのかもしれませんが、、、「一体ナニをやっているのかわからないなんて、、」。 べースはジャズバンドの根幹というか、リズムとハーモニーの全てを司っているのですが、それをアッサリ、「ナニをやっているかわからない」なんて、、。

 これは、まだ、リスナーの方が感じている事だからそれはそれで、しょうがないのですが、エンジニアの仕事ぶりをみていると、もしかして、そう言う感じで、べースの役割をよく解っていないのでは、、?という、ミキシングの仕事ぶりを聴く事がよくあります。

 アルバム全体を通して、べースがこもっていたり、音程が解りにくいとか、音量がスゴく小さいということがよくあるのですが、これはもう、エンジニアがよく音楽を解っていないという証拠というか、ジャズ系音源場合、致命的な欠陥というか、とにかく、音楽全体のアンサンブルが聞こえて来ない仕上がりになってしまいます。

 これがマルチトラックで録音をしていなければ、元の音源に、ある程度べースの音が入っていれば、バランスを変え様が無いのですが、べースの音色と音量バランスを後からかえられる録音の仕方だからこそ、それが上手くいっていないということが起こってしまうんですね。

 エンジニア自体が、そこで、どんな風な音楽が鳴っているのか、、ということを把握しているか、していないのか、、?、ということが、ミックスダウンの出来上がりの生死をわける要素ということになります。

20-3,,.jpg


 2016年 9月27日火曜20時から、CMSレコード主宰ピアニスト細川正彦の演奏が、東京、神保町の「試聴室」であります。このライブには他に、曽我部 晃率いるVo G + Acd のユニット、ファーカンダも出演します。

 2016年 10月2日、日曜日 14:00 〜 熊本県多良木町 多良木町交流館、「石倉」で、多良木音楽祭の一環として、CMSレコード主宰、細川正彦の演奏があります。CMS-1010『 In a Springtime 』の サキソフォン奏者、伊澤隆嗣(as ss)も共演します

 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジニアの独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176956267

この記事へのトラックバック