2016年09月19日

どうやって作業をしているのか、、について その1 。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

19-1,,.jpg


 昨日の続きの文章になりますが、私の場合、あまり具体的に、こういう風に作業しています、、こういうやり方をしています、、ということを人に言ったり、文章に書いたり、、ということはあまりしませんが、基本的な事、現代の音楽録音の仕方について、知って頂く、と言う意味も込めて、すこし書きたいと思います。

 まず、簡単に書いてしまえば、たとえば、バンドとか、複数の楽器が合奏しているものを記録する場合、基本的には、それらの一つ一つの楽器は、別々のトラックというか、チャンネルに記録します。

 このトラックとかチャンネルと言う言葉自体、専門でない方には、解説というか、説明が必要なのですが、通常私たちが聴いている、音源というものは、ステレオ、つまり、2つのチャンネル、つまり右と左の2つのチャンネルがあるわけですが、言い換えれば、左右二つのスピーカーとか、ヘッドフォンの右左から音が出る、、この2つになる前の、録音現場で最初に記録されるときは、最低でも、録音される楽器の数だけ、チャンネルがある、と言う事を理解してほしいです。

 例えば、サックスのカルテット、サックスと、ピアノと、べースとドラム、、、。それらの楽器はたとえ同時に演奏し、録音していたとしても、違うチャンネルに記録されています。

 ではなぜ、そのように録音するのか、、?。これは、別々のチャンネルに記録する事で、あとで、楽器ごとに別々に音質を調整したり、音量を調節することができるようにするために、そういう風に録音します。

19-2,,.jpg


 昔は、どんなに大きな編成のバンドや、オーケストラでも、一つあるいは二つのマイクをつかって、少ないチャンネルに記録していましたが、後の作業、つまり録音した後にプレイバックして、たとえば、オーケストラをバックに歌手が歌っているとすると、オーケストラの音量だけを大きくする、、とか、歌手の歌だけにリバーヴ(エコー)をつけるなどの作業をしようとすると、どうしても各々を、別のチャンネルに録音しないと、そういう作業ができない、、。

 その他、伴奏と歌を別々に録ったり、伴奏する楽器を別々に録るという作業をすることで、忙しいミュージシャンのスケジュール調整が楽になるほか、別々の場所(スタジオ)で録音をするなど、いろいろな利便性とともに、多チャンネル=マルチトラックのレコーディングが現代の制作現場では当たり前になっています。

 ポップスや、ロック系以外の、ジャズや、クラシック音楽の場合は、ほとんどの場合、音楽的な理由で、同時に演奏してそれを録音しますが、上に書いたとおり、同時に録音しても、別々のトラックに録る事で、それぞれの楽器の音色を、録音後のミキシング=トラックダウン作業で、様々な効果を出す処理ができるというメリットを生かして、作業をしています。

 トラックダウンと言う言葉は、8チャンネルや、16トラックなどのチャンネルを、音質調整とともに、2チャンネルの一般的な音源として仕上げる(トラック=チャンネルの数を16や8から、2つにダウンする、、)作業ですが、多くのチャンネルのバランスをとるなどの調整をするには、実際に演奏する時間、録音時間とは比べ物にならない程の時間がかかるというデメリットもありますが、その作業をしっかりやり、それがうまくいけば、少ないチャネルで記録しているより、はるかに魅力的な音源を制作することができる、というわけですが、その作業をする技術者の感覚、スキルが仕上がりを大きく左右するという、危険性もはらんでいます。

19-3,,.jpg


 2016年 9月27日火曜20時から、CMSレコード主宰ピアニスト細川正彦の演奏が、東京、神保町の「試聴室」であります。このライブには他に、曽我部 晃率いるVo G + Acd のユニット、ファーカンダも出演します。

 2016年 10月2日、日曜日 14:00 〜 熊本県多良木町 多良木町交流館、「石倉」で、多良木音楽祭の一環として、CMSレコード主宰、細川正彦の演奏があります。CMS-1010『 In a Springtime 』の サキソフォン奏者、伊澤隆嗣(as ss)も共演します

 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジニアの独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176939304

この記事へのトラックバック