2016年09月07日

音楽家の評価って、、。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

7-3,,.jpg


 しかし、台風の速度が鈍いですね、、。 昨晩から今朝にかけてはそれなりに雨が降りました。

 しばらく音楽の話をかいていませんでしたが、今日は久しぶりにちょとそれを、、。 マニアックなネタですが、、(^^ゞ。
 評価と言うからには、本人ではなく、その音楽家
以外の人が、音楽家の価値を見極めるのだと思いますが、それってどんな風に決まって行くのでしょうか?。

 すこし、いや、かなり話が飛躍するかもしれませんが、1800年代にヨーロッパで活躍したバイオリニスト、Joseph Joachim (ヨーゼフ・ヨアヒム)は、演奏家として、指揮者として、教育者として、また、作曲家としても、評価されていますが、何と言っても彼の名前を後世に残したのは、ベートーベンやブラームスのコンチェルトのカデンッアなのではないかと思うのですが、彼がヴァイオリン演奏家としてとても評価されていた、、、ということはわかるのですが、彼のつくったカデンッアを聴くと、それは、貧弱なものではありませんが、それ程は素晴らしい、、とも思えないんですね、私には。

 先日はじめて、彼の作曲した、バイオリン協奏曲を聴きましたが、やはり、印象は同じ。

 演奏家としてのヨアヒム氏はレオポルト・アウアーやイェネー・フバイの先生であるので、フバイの生徒であったエフレム・ジンバリストやヤッシャ・ハイフェッツ、ナタン・ミルシテインなども、ヨアヒムの孫弟子ともいえるわけで、その後の展開をみると、近代バイオリン演奏史の礎をつくった人と言えるとは思うのですが、、。

7-2,,.jpg


 カデンツというものは、コンチェルトのソリストが、作曲家のつくった曲とは別に、自分の得意技を披露するところ、、なわけで、昔はソリストが自分で作曲したり、即興的に演奏していたわけですが、中世以降、演奏家=作曲家という図式がかわってきて、人のつくったモノを、だんだん演奏する様になってきた、、というわけですが、作曲や、編曲が苦手、、というか、演奏専門の演奏家達はこぞって、なぜかヨアヒムのカデンッアを演奏する様になった、というのは、前述したように、近代のバイオリン演奏技術の多くをになっている演奏家達が、ヨアヒム門下であるということを考えれば、まあ、しょうがない事なのかもしれません。

 しかし、演奏の評価、あるいは教育者としての評価が、そのまま、音楽家としての評価、あるいは、作曲家としての評価に移り変わってしまうというのは、いささか納得がいきませんよね、、。

 シベリウスのバイオリン協奏曲の初演を聴いて、ヨアヒムは評価しなかった、、ということですが、その後、改定された彼の協奏曲が、現代では当たり前に演奏されているわけですが、もう10年くらい前でしょうか、シベリウスの遺族の許可を得て、演奏された改定前の、原典版と言って良い曲のCDを持っていますが、その曲がそれほどマズいものだとは、私には思えません。

 ヨアヒムと言う人が、名演奏家として、当時の音楽界で、ご意見番的な立場に居た事は間違いないと思うのですが、いささか、後世への名声の伝わり方も含めて、増長し過ぎていたのでは、、?、と思うところもあります。

 私の大好きなバイオリニスト、Gidon Kremer 氏はベートーベンと、ブラームスのコンチェルトを、3回も録音していますが、なぜか一度も、皆が演奏する、ヨアヒムのカデンッアを使っていないのですが、もしかして、それは、私と同じ様な意見を持っているのではないのかな、、とも、思っています。

 しかし、台風鈍すぎ、、(ーー;) 。 今日はめずらしく、ジャズをききながらブログを書きました (´o`;。   

7-1,,.jpg
  たそかれ珈琲の キーマカレー ↑

 2016年 9月27日火曜20時から、CMSレコード主宰ピアニスト細川正彦の演奏が、東京、神保町の「試聴室」であります。このライブには他に、曽我部 晃率いるVo G + Acd のユニット、ファーカンダも出演します。

 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176789432

この記事へのトラックバック