2016年08月14日

アナログとデジタルのそれぞれの、、、(2)。

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

14-1,,.jpg


 今日は昨日に引き続き、アナログオーディオと、デジタルオーディオについて書きますが、その前に、気候の話、、。

 某気象サイトによると、福岡の今の気温は33℃ 湿度が55%で、体感温度は38℃なんだそうです。ちなみに沖縄は、気温33℃ 湿度59% 体感温度は39℃なんだそうですが、沖縄にしては湿度が低いので、日陰で風が吹いてくると、意外と涼しく感じます。

 気温33℃で涼しく感じるというのは、もうスッカリ、亜熱帯慣れしてしまった、、と言えるかもしれませんが、さっき福岡のお友達に電話したら、35℃を越えていて、とてつもなく熱い、、と言っていました。

 なんか、ネット上のデータと少し違う様な、、、。そう思って、また別のサイトをみると、、沖縄は32.2℃で、湿度は65%、、、?、えっ全然違うじゃん!。

 どうしてなのかな、、?。

 まあ、どちらのサイトを見ても沖縄としては随分湿度が低いということは言えますが、、。

 さて、昨日のつづきですが、、、。

 私には時代錯誤に感じる、アナログ神話が未だに語られている理由について考える時、急激にすすんだ技術に機器のメーカーも、ユーザーもついて行けていないということがあるのではないのかな、、と思うのです。

 すすんだ技術というのは、主に、デジタルオーディオの場合、コンピューター系の技術で、従来のオーディオメーカーはそこの辺りがとても弱い、、。 これは、出版会社が、web など、やはりコンピューター系の技術に信じられない程弱いのに似ています。 そういうことは、日本の企業の在り方というか、形態の違うビジネスモデルに対する極端な苦手意識が強いという側面をはっきりと、浮き彫りにしているような気がします。

 簡単に言うと、従来のオーディオメーカーは、アナログレコードから、CDにメディアが移ったあとでも、アンプやスピーカなどの性能を、従来のアナログメディアを再生するためのものとそれほど変えずに、つまり、性能をそれほど上げずに設計、生産していた、、というところがあります。

14-2,,.jpg


 別の言い方をすれば、デジタルオーディオというものを、なめていた、、というか、私もかつてそう思っていましたが、「どうせ、デジタルだから、みんな同じ様な音になるんでしょ?、時代の流れなので、しょうがないのかもしれないけど、アナログのほうが良いに決まっているんだけどな、、」というような、実は、デジタルオーディオに関して、音声をデジタルデータに変換すると言う以外のことはナニも知らずないくせに、勝手に決めつけていたところがあったと思うんです。

 音をアナログから、デジタルに取り込む時と、それをまたアナログに変換して、音声にする作業をしっかりやっておけば、とても扱い易く、簡単なシステムで、高音質な音楽再生を可能にする優秀なフォーマットだという意識は当初ほとんどなかったと言う事は間違えの無い事だと思います。

 かなりの小型、そして低価格のデジタルオーディオプレーヤーに付属しているイヤホンや、多くの場所で販売されているヘッドフォンは、いたずらに低音が増強されているばかりで、忠実度、、つまり、音源本来の音を再現する能力がない、私に言わせれば、パチもんみたいな製品が溢れているわけですが、ほとんどのユーザーはそんなモノだ、、と思って使っています。

 もちろん中にはプレーヤー自体に、とるに足らない製品もまれにありますが、ほとんどの機種が優秀な性能を持っていながら、壊滅的な性能の「おまけ」の様なイヤホンや、ヘッドフォンで台無しにされています。

 なんだか、昨日に引き続いて、文章が長くなってきましたので、つづきはまた、明日、、ということで、、(ーー;) 。

FullSizeRender.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジニアの独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176477728

この記事へのトラックバック