2016年02月03日

ヴァイオリニスト、Janine Jansen のはなし

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをたタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

3-1,,.jpg


 昨日は中古CD屋さんの年度末セールで、アルバムを3セット4枚も買ってしまった、、という話を書きましたが、その時、特価販売のコーナー以外の、いつも見ている売り場も一通り見たのですが、ちょっと気になる一枚が、、、。

 それはヴァイオリニストの Janine Jansen(ジャニーヌ・ヤンセン)の演奏する、Britten と Beethoven のヴァイオリン協奏曲のアルバムでした。

  Janine Jansenと言えば、以前、もう何年も前にラジオで、日本のオケと共演しているのを聴いて、「なかなかしっかりした演奏だな〜」と感心したのですが、それ以降、アルバムを購入する事も無く、随分時間が経ってしまいました。

 Beethoven のコンチェルトはもちろん良く知っていましたが、Britten のヴァイオリン協奏曲は、どんな曲かは知りませんでした。
 Brittenは好きな作曲家で、興味があるのですが、いままでに、まだそれほど詳しく研究はできていません。 以前、Kremer の演奏するアルバムについてこのブログでも取り上げましたが、その時はヴィオラとヴァイオリンのダブルコンチェルトが入っているアルバムで、ヴァイオリンだけの協奏曲ではありませんでした。

 そういうわけで、ちょっと気になったアルバムでしたが、昨日は4枚のアルバムを購入していましたし、値段が980円と、これも随分安いのですが、購入した特価品の290円のアルバムに比べると高く感じました。

3-3,,.jpg


 その後帰宅して、寝る前に、頭の片隅に残っていた Janine Jansen の「Britten のヴァイオリン協奏曲」の事が気になって、珍しくYou Tube の検索に演奏者と作曲家名を入力してみました、、。

 すると出てきました、アルバムではロンドン響、指揮がPaavo Järvi でしたが、映像はオケがパリ管、指揮は同じ、、ロンドンでのライヴでした。時間が32分あるということで、睡眠時間が減ってしまいますが、まあ、32分なら、、ということで、鑑賞決定。

 はじめて、「Britten のヴァイオリン協奏曲」を聴きました。

 映像も音質もなかなか素晴らしいソフトでしたが、曲も演奏もとても素晴らしかったです。 どちらかと言うと、私には、のんびりのいうか、ちょっととろい印象があったパリ管でしたが、ここではテキパキと素晴らしい演奏を繰り広げていました。

 でも、何よりも素晴らしいのは、Janine Jansenの演奏。 まだ初めて聴いた曲なので、理解は浅いのですが、とにかく良い音色、素晴らしい音程、、歯切れの良いアーティキュレーション。
 最近の若い演奏家はおしなべて、技術は素晴らしいのですが、緊張感みたいなものが薄い、、人が多い気がするのですが、この人は違います。 音楽が生きている様な感じ、、というか、音楽は生きていなくてはいけないのですが、技術が完璧だとどうしても冷めた演奏になってしまう事が多いのですが、この人の演奏はとても勢いがあって躍動感がすごくあります。

 どうも、さっき調べてみたら、BeethovenとBritten のコンチェルトが大好きで、この二つの曲を録音してアルバムにするのが夢だった、、ということなので、このBrittenの曲が大好きみたいですこの人は、、。“To make a recording of the Beethoven and Britten Violin Concertos has been a dream of mine for years,” Janine Jansen enthuses.

 バイオリン協奏曲というと、ベートーベン、ブラームス、チャイコフスキーときて(メンデルスゾーンは嫌いです)、それより新しい曲となると、シベリウスとかになるのかもしれませんが、このブリテンもなかなかの名曲だな、、と思いました。

 オーケストラとヴァイオリンの掛け合いの面白いところがたくさんあって、いかにも協奏曲らしい曲で、ヴァイオリンの名人芸を発揮するところもしっかりあり、少し時代はさかのぼりますが、BartokやKorngold のバイオリンコンチェルトと並ぶ、近代音楽のヴァイオリンコンチェルトの名作なんじゃないかな、、と思いましたね。

 あの中古屋さんのCD売り切れないうちに、手に入れようかな、、どうしようかな、、、(ーー;) 。

3-2,,.jpg


CMSレコードのべースデュオシリーズ完結編 「Harvest Moon」に参加の京都在住で、全国で活躍中のベーシスト、船戸博史氏と細川正彦のデュオライヴが2月12日(金)熊本の 「Jazz inn おくら」であります。九州では、アルバム発売以降はじめての共演になります。この機会に是非お聴き下さいm(_ _)m、お見逃し無く!!。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」


シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3


CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173377759

この記事へのトラックバック