2016年01月06日

私の中の Paul Bley。


CMS Records web site  http://cms-records.biz

6-1,,.jpg


 昨日のブログに書いたピアニストPaul Bley の訃報に関係して、いくつかのアルバムをとりあげて、彼についての私的な思い出を書きたいと思います。

 彼の演奏をレコードで最初に聴いたのはもう40年くらい前に友人の家で Open to Love というソロ・ピアノアルバムを聴いたときだったと、記憶しています。

61VuiuXGOpL._SY355_.jpg


 上がそのジャケット写真、ネットから引っ張って来たので質が悪いですが、、。 もしかしたらECMというレーベルの作品を聴いたのも、よく考えてみるとこの頃だったのかもしれません。 このアルバムは1972年にリリースされていますから、おそらくその頃、、つまり新譜として発売されたものを、年上の友人が購入し、それを聴いたということなのかもしれません。 しらべてみると、キース・ジャレットの有名なケルンコンサートが75年のリリースなので、それより前なんですね、これは、、。

 初めてそれを聴いた印象は、何とも文章にしにくいのですが、単刀直入に書くと「なんか、へたくそだな、、この人」、、。 でも、不思議な魅力を感じて、その後何回も聴いてとても好きになるのですが、、とつとつとした語り口と、いまでは考えられない、全くリヴァーブのかかっていないピアノの音、一部内部奏法(弦を直接はじく)も用いていたりして、なんともつかみどころがない、ながらも、ナニか癒される空気感に虜になったものです。

  Paul Bley氏は、1932年生まれですから、Bill Evans より三歳だけ若い。ごく初期はソニーロリンズと来日したり、チャーリー・パーカーやレスター・ヤングとベン・ウェブスターなどとの録音があったり、どちらかというとメインストリーム的な活動をしていて、ミンガス、ブレイキーのメンバーで、ピアノトリオの作品もあるのですが、その後当時の最先端のジャズ、フリージャズ的な活動にシフトしていったようです。

 上に書いた「Open to Love 」につづいて私が聴いたのは、 Paul Bley, Ornette Coleman, Don Cherry, Charlie Haden Billy Higginsというメンバーで録音されていたライヴ音源「Coleman Classics」でした。 今回の文章を書く為に調べてはじめてわかったことなのですが、このアルバムは、1958年に録音されていた物を、 Paul Bley氏が、1977年に自分のレーベル、IAI(Improvising Artists Inc.)からリリースしたものでした。 

Coleman_Classics_Volume_1.jpg


 とても地味なジャケットで、当時私はてっきり海賊盤だとおもっていたのですが、そうではなかったのですね、、。彼はこのIAI(Improvising Artists Inc.)から、いろいろな作品を発表していて、その枚数はかなりの数になります。

 しかしこの「Coleman Classics」のメンバーたるやスゴい!。 なんというか、くせ者揃い(笑)。それにしても、このメンバーはもうみんなこの世の人ではないのですね、、。別の言い方をすれば、Paul Bley だけが生き残っていたというわけですが、その彼も、、。

 それにしてもこのPaul Bleyという人、一般のジャズファンにはあまりにも人気がない、、というか、知られていない、、。 地方のジャズ喫茶なんかに行くと、Ornette Coleman, Don Cherryはあっても、Paul Bleyは一枚もアルバムがない、、というところもあります。

 まあ、スインギー、、、とか、グルーブとか、いわゆるジャズらしいところのほとんどない人ですからね、、。でも、とても音色のきれいな、美しい演奏をする人で、私は大好きデス。

 一度位生演奏を聴きたかった。カナダに住む知り合いから、最近はソロで時々モントリオール辺りで演奏している、ときいていたのですが、、。

 明日も書いちゃおうかな、、 (´o`;。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3


CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/171392774

この記事へのトラックバック