2021年11月07日

Marc Copland の話からDavid Liebman の話へ、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。

7-1.jpeg


 昨日書いた、Marc Copland氏の話ですが、意外にもそれなりの反応が読者の方々からありました。
 私の鑑賞経験には、今までに、ほとんど登場しなかった演奏者だったわけですが、いろいろなアルバムや、リーダー作もあって、とても旺盛に活躍している演奏者で、現在も存命中なようですが、私にとっては、まだまだ謎なところがあまりにも多いです。
 
 そのピアノスタイルは独特とは感じますが、強烈な個性、、というよりなぜか淡白な感じがします。管楽器を入れた編成のアルバムもたくさんありますが、多くの曲で、自身のアドリブソロはなぜか短めのことが多いです。
 おそらくはアメリカ人の演奏家ですが、本国よりヨーロッパでに人気が高いような気がします。この演奏者、今後も研究してゆきたいと思っていますが、いつも書いていますが、この音楽配信サービスというものは、こういう未知の演奏家に出会った場合に、様々なソースを提供してくれるので、とてもありがたいです。

 というか、このサービスがなければ、相も変わらず所有しているディスクなどを聴くしかないわけですが、このサービスの恩恵は今回のようなケースの場合なおさらのこと、有り難みを感じます。

7-2.jpeg


 そんな感じで、いろいろな音源を昨日から今日にかけて、聴いていたわけですが、Marc Copland氏の共演者の中に、大昔私がかなり一生懸命聴いたサキソフォン演奏家、David Liebman 氏の名前があり、彼はCopland氏とのデュオアルバムなどもリリースしていることもわかりました。

 そして、久しぶりに、彼のリーダー作も幾つか鑑賞してみました。

 David Liebman、、1946年 ニューヨークのBrooklyn生まれで、現在は、75歳で現役で活動しているようですが、私が今回「発見」したアルバムは、オランダのChallenge Recordsの姉妹レーベル、Daybreakからリリースされている「The David Liebman Trio – Lieb Plays The Beatles」という、なんと、David Liebman自身のプロデュースによる、ビートルズの作品集です。

 その作品は、Liebman以外にBass – Marius Beets  Drums – Eric Ineke Tenor Saxophone, Clarinet, Bass Clarinet – John Ruocco というメンバーで、リズム隊はオランダ人ですが管楽器担当のJohn Ruoccoという人はアメリカ人です。

 David Liebmanとビートルズ、、という組み合わせがどうしてなのかはわかりませんが、このアルバムはそれなりに面白かったです。興味深いのはベースのMarius Beetsがエンジニアも兼ねていて、ミックスなども彼がやっていることです。音質はなかな素晴らしいと思います。

 それと、最初メンバーを確認しないでこの音楽を聴いていた時、ピアノトリオで、「フールオンザヒル」が演奏されていたので、なんだLiebmanのは言っていないトラックがあるんだ、、と思っていたのですが、よく確認してみると、このアルバムにピアニストは入っておらず、「フールオンザヒル」でピアノを弾いているのは、David Liebmanその人であることがわかり、びっくりしたのですが、彼のピアノは意外にもそれなりに、上手いというとか、言われなければ、専業のピアニストが弾いているような演奏でした。

 このアルバムの最後(And I Love Her)にもピアノ演奏が入っていて、それは無伴奏ソロですが、複雑な和音も使っていて、この人、実はピアノにかなり自信があるではないのかな?と思いました。

7-3.jpeg



CMS レコード主宰 細川正彦の演奏情報 

細川正彦トリオ ベース 古荘昇龍  ドラム Sebastiaan Kaptein 熊本ライヴ (終了)



2021年 10月26日火曜日  大劇会館   〒860-0808 熊本県熊本市中央区手取本町4-1

       

 10月27日水曜日  おくら 〒860-0848 熊本県熊本市中央区南坪井町1−12


トリオHTK 7thライヴ 



2021年 11月18日木曜日 at GROOVE 18:00〜 


メンバー 細川正彦 p 高尾英樹 b 川原大輔 ds



〒901-2122 沖縄県浦添市勢理客2丁目18−10 098-879-4977





大森ひろ"The Drummist" レコ発ツアー 細川正彦p トリオ 加藤雅史ba 大森ひろds  (終了)



8月25日 水曜日  名古屋 キャバレロ クラブ  〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜2丁目15−28 小島ビル 1F 052-931-0914



8月26日 水曜日 岐阜 アイランド カフェ 〒502-0911 岐阜県岐阜市北島5丁目3−5 058-213-7505



8月27日 木曜日 大阪 八戸ノ里 バー蓄音機 〒577-0803 大阪府東大阪市下小阪5丁目6−5 06-4307-0080 中止



8月28日 金曜日 高知 Panchos(パンチョス) 〒780-0841 高知県高知市帯屋町1丁目2−1 088-823-0647 中止



8月29日 土曜日 兵庫 明石 Pochi

 〒673-0892 兵庫県明石市本町1−1−2丁目 ローソンストア100明石本町店 B1F
 中止





2021年 7 月 ライヴスケジュール(終了)



 7月14日 水曜日  名古屋 キャバレロ クラブ 18:00〜

〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜2丁目15−28 小島ビル 1F 052-931-0914

 ピアノトリオ  山本 学 bass 弦牧 潔 drums 細川正彦 piano



 7月16日 金曜日 大阪 梅田 ジャズオントップ 19:00〜

  〒530-0027 大阪府大阪市北区堂山町15−17 ACTV 06-6311-0147

 ピアノトリオ 山本 学 bass 弦牧 潔 drums 細川正彦 piano



 7月17日 土曜日 大阪 放出 ディアロード 14:00〜

 〒538-0044 大阪府 大阪市 鶴見区 放出東3丁目-20-21東大阪リビングセンター 4F 090-8141-7309

 ピアノトリオ 山本 学 bass 弦牧 潔 drums 細川正彦 piano



 7月19日 月曜日  名古屋 スターアイズ

〒464-0836 愛知県名古屋市千種区菊坂町3丁目4−1052-763-2636

   竹中優子 as 加藤雅史 bass 細川正彦 piano




CMS レコードのアルバム、ネットでも配信中です。



(サブスクリプション Subscription)

Apple Music

amazon prime Music

Spotify

LINE MUSIC

Google Play Music

kkbox

レコチョクBest

ひかりTVミュージック

dヒッツ月額コース

AWA

rakuten music



(ダウンロード Download)



iTunes Store

amazon music

ORICON

mora

レコチョク

dミュージック

Music Store

ひかりTVミュージック

dヒッツ

replay

Google Play

ドワンゴジェイピー

OTOTOY

mysound

着信★うたbyKONAMI







日記(2708)



音楽(141)

エンジニアの独り言(74)

アルバム紹介(6)

この一枚(42)

Gidon Kremer(47)

Glenn Gould(29)

最近食べた麺(192)

ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)

ランダム再生の楽しみ(2)





 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。



  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、

第一弾、納浩一「Little Song Book」

第二弾、
中島教秀「Duologue」



シリーズ第三弾(完結編)

船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@



お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。





 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  

 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。

                               

■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3



CMS Records web site  http://cms-records.biz

posted by えんこみ at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽