2018年10月17日

石灰岩と、沖縄そば

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。



17-3,.JPG

 昨日の石、というか、岩の話ですが、フェイスブックの方へ読者のかたのコメントもいただきましたが、その名前は「琉球石灰岩」というのだそうです。以下、ウイキぺディア丸写し(笑)ですが、、4っつの種類があるそうです。

 サンゴ石灰岩
造礁サンゴの化石を多く含む石灰岩。

 石灰藻球石灰岩
石灰藻球を多く含む石灰岩。

 サイクロペリウス石灰岩
サイクロペリウスやオパキュリナなど大型の有孔虫を多く含む石灰岩。

 砕屑石灰岩
有孔虫、サンゴ、藻類、コケムシなどの破片を多く含む石灰岩。

 沖縄本島では、中南部にあり、ほかには、沖縄県の離島多くの場所で、採掘されるそうです。有孔虫というのは、アメーバの一種で、まあ、要するに、生物の死骸が堆積して、圧縮され、ものすごく長い間に出来上がった岩である、、ということです。 大理石なども、石灰岩一種なのだそうです。

 そういえば、大理石の壁などに、よく見ると、貝の化石が入っていたりするのがありますよね、、。鹿児島県に属する離島でも、採掘されるところがあるようですが、つまり、珊瑚とか熱帯性の生物の死骸が長い時間経って琉球石灰岩になっている、、ということなのだと思います。熱帯から、亜熱帯にかけて、おそらく全地球的に似たような岩が存在するのではないでしょうか、、。

 その特性は、水を通す、つまり浸透させる力があるそうで、琉球石灰岩を透過した水は、石灰の影響で、アルカリが強くなって、ちょっと飲みにくい水になっていますが、ミネラルが豊富、、とも言えなくはないですね、、。
 昨日も書きましたが、自然のランダムな文様が魅力的で、最近では、本土でも建築材料としてつかわれることがあるそうです。

17-1,.JPG


 ところで、全く話は変わりますが、今日、10月17日は、「沖縄そばの日」なんだそうです。

 どうして、「沖縄そばの日」になったのかというと、以前このブログで取り上げたので、そちらをご覧ください → http://soboro.sblo.jp/article/174492768.html

 というわけで、「沖縄そばの日」なんですが、今日の夕方までそれを知らなかったので、沖縄そばは食べませんでした(笑)。こちらに住むようになってからは、なぜかあんまり食べなくなった沖縄そばですが、いろいろと、苦難の歴史があったわけですが、こちらには、本当に「沖縄そば」を出すお店が多いです。

 街中だろうが、郊外だろうが、観光地だろうが、町外れだろうが、本当にあちこちにお店があります。わたしは最初に、全く食べないわけではないけれど、半分観光用の食べ物なのかな、、と思ったりしていましたが、そうではなくて、こちらの人たちの完全なソールフードと言って良いと思います。

 ちなみに博多ラーメンは昔から、それほど誰でも食べるという食べ物ではありませんでした。むかしは、街中でもラーメン屋さんより、うどん屋さんの方が多かったくらいです。

 なので、博多とか、福岡における、ラーメンと、沖縄にとっての「沖縄そば」は、随分と存在感が違う食べ物ではないのかな、、と思います。

 昔から、博多では、夜どこかで、お酒を飲んで、締めにラーメン、、という感じで、お昼にはあんまり食べていなかったようですが、こちら沖縄では、
  
 あんまり、締めに「沖縄そば」という風な習慣はなくて、多くの沖縄そばのお店は、夜遅くはしまっています。おそらく、沖縄そばは、主に、お昼ご飯に食べるものなのかな、、そう思っています。まあ、本土における、うどんとか、蕎麦みたいな感じでしょうか、、。沖縄でも、ラーメン屋さんは夜遅くまでやっていますが、、。



17-2,.JPG


沖縄 那覇の「天妃」で、沖縄を代表するミューシャンと、CMS主宰 ピアニスト細川正彦が共演します。 (終了しました)

Trio N H K at 天妃 N ishkawa H osokawa K aptain

〒900−0015 那覇市
久茂地2-6-2 久茂地ガーデンビル2F
098-867-8418



CMS レコード主宰 ジャズピアニスト細川正彦の演奏が、熊本と福岡でありました。

9月3日月曜日 8時〜 場所 スイング (終了しました)


細川正彦カルテット
細川正彦(p) 城間巧介 (g)
荒木卓也(b) 木村良来(ds)

スイング http://swing-live.jp/sche/sche37.cgi?cm=1&year=2018&mon=9

〒860-0806 熊本県熊本市中央区花畑町10−10 Tel 096 356 2052


9月4日火曜日 8時〜 場所 Jazz inn おくら   (終了しました)


清水賢二(ts) 細川正彦(p)Duo

New Combo http://newcombo.sakura.ne.jp/
〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通5丁目1−22 092-712-7809







日記(1711)

音楽(106)
エンジニアの独り言(72)
アルバム紹介(6)
この一枚(35)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(126)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

岩(昨日のブログ)

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


16-1,.jpg


  今日は(昨日は)夕方から出かける用事があり、その前にこのブログを書こうと準備していたのですが、結局書き終わらず、深夜というか、朝方近くにこれを書いています。

 昨日は久しぶりの晴天で、清々しい気候でした。風もあり、日差しもそれなりに強めで、日向では少し暑かったです。赤せっかく天気が良かったので、久しぶりに、ブログ用の写真をとりに出かけました。

 空には雲が適度にあったりして、いろんなところへ行って、約100枚くらいは撮影しました。今日は珍しく、沖縄の伝統建築の壁や、屋根なども写真に撮ることができましたので、そのうちブログに使おうと思います。

 そういうわけで、今日の3枚の写真は、今日の撮影。

 久しぶりに青い空をみて、なんかホッとしましたので、とった写真を見てみたら、空とか、雲の写真がかなりの数ありました。今日の3枚は、1枚目だけ空の写真で、後の2枚は、地面と、そこに移る木の影をとったものですが、地面に敷き詰めてあるのは、こちら独特の、珊瑚の死骸が堆積してできた、石です。

 乳白色で、ザラザラした質感、そして、ところどころに、隙間というか、空間というか、気泡のようなものがある。こちらの建物や、塀、石垣などに、レンガやアスファルト、コンクリートなどの代わりに使われていて、街のあちこちに見ることができます。

16-2,.JPG


 つまり、この石はこちらの建築材料として、重宝されているのですが、これが海や、海岸からとれるのか、山で切り出してくるのかとか、この石の呼び名はなんというのか、、とか、そういうことは何にも知りません。

 まあ、でもよく、あちこちで見る石ではありますが、これは本土ではほとんど見たことはありません。色は、少し黄色っぽいものと、白っぽいものがあり、天然の模様が、まるで抽象画のように見える、味のある文様をもっています。

 海岸の近くに行くと、地面が土ではなく、この岩が粉々になったような地質を見ますし、おそらく海に近いところで、採取されている気がしますが、そういうことも、そのうち調べてみたい気がします。みかけ、気泡もあって、少しもろいのかな、、という気がしますが、塀や石垣に使われているので、それほどもろくはなく、ある程度硬い材質なんだとは思います。

 この島では他にどんな材質の岩が採れるのか、他に建築資材として使われている天然石にはどんなものがあるのか、、?ということはよく知らないのですが、あの岩があまりにも多いので、もしかしたら採れるのはあれだけなのか、、という気もしています。 でも、それはないのかな、、。

 こういうことは、建築関係の人に訊けばすぐわかるのでしょうが、あまりこちらには、そういう知り合いがないので、なかなか本当のことを知るのには、努力が必要なのかもしれません。

16-3,.JPG


沖縄 那覇の「天妃」で、沖縄を代表するミューシャンと、CMS主宰 ピアニスト細川正彦が共演します。 (終了しました)

Trio N H K at 天妃 N ishkawa H osokawa K aptain

〒900−0015 那覇市
久茂地2-6-2 久茂地ガーデンビル2F
098-867-8418



CMS レコード主宰 ジャズピアニスト細川正彦の演奏が、熊本と福岡でありました。

9月3日月曜日 8時〜 場所 スイング (終了しました)


細川正彦カルテット
細川正彦(p) 城間巧介 (g)
荒木卓也(b) 木村良来(ds)

スイング http://swing-live.jp/sche/sche37.cgi?cm=1&year=2018&mon=9

〒860-0806 熊本県熊本市中央区花畑町10−10 Tel 096 356 2052


9月4日火曜日 8時〜 場所 Jazz inn おくら   (終了しました)


清水賢二(ts) 細川正彦(p)Duo

New Combo http://newcombo.sakura.ne.jp/
〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通5丁目1−22 092-712-7809







日記(1710)

音楽(106)
エンジニアの独り言(72)
アルバム紹介(6)
この一枚(35)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(126)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 04:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記