2018年08月14日

本当は、、3。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


14-3,.JPG


 今日は天気は良かったですが、風が結構強かったです。外を歩くと汗をかきますが、そこへ強めの風が吹いてくると、肌から、汗の水分が蒸発して、涼しさを感じました。お盆で、車も少なかったので、街の中でも、空気がきれいで、爽快な感じを味わえました。

 これは最高でも31℃くらいの沖縄だからで、本土は、38℃とか、かなりの高温に成っていましたから、めちゃくちゃ暑かったのではないでしょうか、、。


 昨日のブログに書きたかったことは、フランス料理が美味しくない!、ということじゃなくて、なかなか本物の美味しいものが、私たちの口に入る機会は少ない、、と言う話です。

 まともに作ったら、とてもコストがかかるフランス料理ですが、そう言う意味では、材料がよくて、調理法も良い、なんて言うフレンチを食べた事がある人は、日本ではあんまり居ないのかもしれません。

 バターや、クリームを本場のフランス並の質のモノを使ってコース料理をつくって、利益をちゃんと出そうとすると、かなりの金額を、お客さんにもらわらければ、営業は成り立たないと思います。そういうわけで、ホテルの宴会場に限らず、見かけや体裁だけ整えた、フランス料理というか、フランス風洋食が、世の中に溢れている、、というのが、現実です。

 ただ、フランス料理が、日本料理と大きく違うところは、もともとかなり内陸にある、パリなんかで発達したクラシカルな料理法は、イマイチ鮮度が良くない素材を使って、いかに美味しく、ワインと共に頂くか、、と言うことを考えた、調理法なので、素材の鮮度が命、、と言う、日本の料理とは、随分考えかたが違う料理なんだと思います。

 日本の場合、国土も狭くて、海や山が、比較的近くにあるので、素材の良さを生かした料理法が発達している、、と言う事は、多くの日本人が、特に意識していない日本料理の特徴です。

 お刺身などと言う魚の食べ方は、昔は、海が、近くて、あんまり気温が高くない地域でしか、実現できない料理法だったわけで、冷蔵設備がなかった昔は、海の近くでしか、生の魚を食べる事は出来なかったはずです。

14-2,.JPG


 今は、世界中で、冷蔵設備や、冷凍技術が発達していいるので、地理的な環境の特徴が少ない料理が増えているのかもしれませんが、長年にわたって培われた、食習慣というものは、そう簡単にはかわるものではありません。

 素材に関してとっても厳格な日本料理の要素は、日本列島という世界的に見ればとても変わった地理的条件のもとに出来上がっていますが、日本料理がもっとも優れているところは、出汁の文化なのではないのかな、、と思います。

 もちろん西洋でも、出汁の文化はあり、有名なフランスのフォンドボーとか、イタリアの、スーゴディカルネとか、いろいろな出汁というか、スープの摂り方がありますが、それらのすべてが、肉とか、野菜などの、生鮮食品をもとにつくられているのに対して、日本のだし汁は、鰹節とか、昆布とかという、乾物から摂るもので、要するに、常温で保存可能なものを、生鮮材料から、わざわざ造って、水さえあれば、いつでもどこでもダシが摂れる、優れた素材を使用しているというところが、日本の出汁文化の優れているところだと思います。

 フランス料理のバターや、クリームも、優れた食品ですが、必ず冷蔵しなければならず、しかも、冷蔵しているからといって、いつまでも良い状態で使える食材ではありません。それに比べて、昆布とか鰹節は、極端に悪い環境に置かない限り、半永久的に使える、ほとんどありえないほどの利点をもった食材です。

 昆布に関しては長期間保存することによって、さらに旨味が増すという素晴らしい特徴もあり、大変素晴らしいのですが、そういう優れた質の昆布を、手に入れることは、年々難しくなっています。

 結局は、また、本当に良いものは、手に入りにくい、、という話になってしまうのですが、続きはまた明日、、(って、まだ続くの、、´д` ;、?)。


14-1,.jpg


CMS レコード主宰 ジャズピアニスト細川正彦の演奏が、熊本と福岡であります。


9月3日月曜日 8時〜 場所 スイング 

細川正彦カルテット
細川正彦(p) 城間功介 (g)
荒木卓也(b) 木村良来(ds)

スイング http://swing-live.jp/sche/sche37.cgi?cm=1&year=2018&mon=9

〒860-0806 熊本県熊本市中央区花畑町10−10 Tel 096 356 2052


9月4日火曜日 8時〜 場所 Jazz inn おくら  

細川正彦(p) 城間功介 (g) Duo


Jazz Inn おくら http://www17.plala.or.jp/okura/index.html
〒860-0848 熊本市中央区南坪井1-12 Tel:096-325-9209


9月5日水曜日 8時〜 場所 NewCombo

清水賢二(ts) 細川正彦(p)Duo

New Combo http://newcombo.sakura.ne.jp/
〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通5丁目1−22 092-712-7809


CMS レコード主宰 ジャズピアニスト細川正彦の演奏が熊本と佐賀でありました。

7月25日水曜日 7時半〜 場所 レストランバーキーブ 終了しました。

菅原高志グループ 菅原高志(ds)荒木卓也(b)細川正彦(p)
http://cib-co.jp/

〒860-0806

熊本市花畑町11-14 KOHENビル2F
TEL.096-355-1001

7月26日木曜日 8時〜 場所 Jazz inn おくら 終了しました。

菅原高志グループ 菅原高志(ds)荒木卓也(b)細川正彦(p)


Jazz Inn おくら http://www17.plala.or.jp/okura/index.html
〒860-0848 熊本市中央区南坪井1-12 Tel:096-325-9209


7月27日金曜日 8時〜 場所 シネマテークhttp://cinema-theque.com/ 終了しました。

菅原高志グループ

城島 弘幸 (g) 細川正彦(p)福田将之 (b) 菅原高志(ds)

ジャズ喫茶シネマテーク
〒840-0811 佐賀県佐賀市大財1丁目5−60 TEL:0952-28-6708



日記(1650)

音楽(104)
エンジニアの独り言(72)
アルバム紹介(6)
この一枚(35)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(29)
最近食べた麺(124)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記