2018年04月16日

ばかげた番組

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


16-1.JPG


 今日は用事があって、携帯電話の会社の窓口に行ってきましたが、あそこって、とっても待ちますよね。忙しい人はちょとなかなか行けないなあ、、といつも思うのですが、あれもう少しどうにかならないのでしょうか、、?。 、、っていう話は、実はあんまりどうでも良い話なのですが、待っている人が見るように、大きなテレビがあって、放送が流れていたので、退屈しのぎに眺めていました。

 久しぶりに、2〜30分テレビを見ましたが、「いや〜相変わらず下らないですね〜」!!!。

 なんか、国の役人が報道の女性記者にセクハラしたのしてないだの、、という話についてやっていたのですが、まあ、本当下らない番組、、。

 まあ、高級官僚が、女性記者にそう言う嫌がらせをした、、みたいな話って、まあ、スキャンダラスな話、、いってみれば、タブロイドネタとして、面白いネタなんだと思いますが、真っ昼間から、いわゆるワイドショーというやつなんでしょうが、大の大人が10人くらい集まって、取っ替え引っ替えコメントしていましたが、いや〜お仕事とはいえ、本当にご苦労様です、、という感じで、ああ言うタブロイドバラエティーみたいな番組って、あれはあれで、放送作家がいて、一応台本があるのですが、わざわざパネルまで作って、やってない、やってる、、とか、セクハラ現場の録音があってどうの、、とか、、、いろいろやっていました。

 ああいう番組を、昼間の忙しい時間に、どうでも良い内容の話を、まさに時間潰しみたいな感じで、延々と放送している事自体、マジで、正気の沙汰とは思えませんが、ああいう超くだらない番組がなぜあるのかというと、そういうものを好む、視聴者がいるから、ということも言えると思うのですが、それがなんとも情けない、、。

 ああいうものを好まない人でも、ついテレビをつけていると、見てしまって、超低レベルのどうでも良い話を、視聴することによって、そういう下らない話題に慣れてしまう、、ということも、恐ろしいはなしだな、、と思いました。

16-3.JPG


 私はテレビはもっていないので、よくわかりませんが、たまたまではなくて、まあ、ああいう感じで毎日放送しているのだと思いますが、ああいう感じ放送が普通に行われているということは、本当にこの国の将来を憂慮しなければならない、とっても、問題な状況だな、、と思います。

 放送局にたいしては、もっとまともな、内容の、報道すべき内容があると思いますし、ああ言うものを喜ぶ、もしくは、許す、、つまり是認する視聴者層が多数いるとしたら、やはり、どうかしている、、といわざろうえません。ナンダカナ〜、、と思う人がいても、毎日のように、ああいったどうでも良い、、もしくは、全く大切ではない情報を繰り返し見せられて、そういう馬鹿げたことに慣れてしまい、何が大切なことなのか、、、ということを、テレビを見ている人たちが、わからなくなることがない、、とは言い切れない気がします。

 ああいう下らない、「情報」とも言えないような報道ソースを、習慣的に受け入れても、腹が立たないような、感性や、感覚を一般大衆が持っている場合、、そういう人たちが、芸術家が、真剣に表現したものに、心を開いて受け入れたり、感動する、、というような真っ当な価値観を一方で、持っていることができる、、ということは、ありえない気がします。

 お茶の間で、多くの人が、常識人としてテレビを眺めているはずですが、花見のゴミを置き去りにして、公園を汚れ放題にしたまま帰る人々と、ああいった真に低俗な番組を当たり前のように受け入れて毎日暮らしている人々は、もしかしたら、同じ種類の人間なのではないのか、、?と、疑いたくなります。

 美しいこと、素晴らしいこと、真実とはなにか、、というような事を真剣に考えながら毎日暮らし、自分の仕事を真摯に遂行している人間が、あんな時間つぶしで見ても、腹がたつような放送を、受け入れられるわけがない、、と私は思います。

 今日は、なんか、苦言というか、いろいろ文句を書きましたが、ついでに書きたい話があって、明日はそれを書きたいな、、と思っています。 インターネットをめぐる、はなしなのですが、、、。

16-2.JPG


大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。
2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds) 「終了」

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。「終了」

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981


日記(1557)


音楽(89)
エンジニアの独り言(73)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(117)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記