2018年04月11日

無線の続きとか、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上のあ『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


11-2.JPG


 今日は、かなりジメジメでした。 朝は雨、止んでから、陽も出ましたが、基本曇りで、気温は25℃以上で、湿度は80%前後、、。 

 ちょうどタイミング悪く、お洗濯して、全然乾きませんね、、、。 ナンダカナ〜。

 乾燥機のお世話になるのは、いやだ、、っていうか、うちにはないので、も金がもったいない、、し、持て行くのも面倒だし、、、。 

 出かけはしたのですがね、、。そういえば、珍しくお外で、知り合いに会いました。まだこちらでは知り合いは少ないので、そういうことは、あんまりありませんので、ちょっとびっくりしました。

 ところで、昨日書いた無線の話、、、。 無線っていうのは、通信が、電線ではなく、空中に漂っている(?)電波を使って行われること、、。 
 古くは、船の上や、飛行機など、地上でないところからの通信手段だったわけですが、これって、一口に電波といってもいろいろあって、その電波帯、、つまり周波数とかがいろいろあります。

 この周波数によって、電波の飛び方、、というか、空中での進み方がちがったりして、なんというか、まっすぐに電波が進んで、山とか、高い建物があると、それで、遮られてしまう電波帯があったり、そうならないで、いろいろなところに跳ね返ったりして、とっても遠くにまで、行く電波とかもあります。

 テレビとか、FMラジオの電波は、周波数帯がちかいですが、比較的山とか、建物があると遮られやすいですが、AMラジオとか、短波ラジオの電波は、わりと地形と関係なく、遠くに届きやすかったり、跳ね返って、伝わる、、という特性があるみたいです。

 それぞれの特性によって、用途が使い分けられていたりするわけですが、携帯電話とかの電波は、無線といっても少し、テレビや、ラジオの電波とは話が違います。

11-3.JPG


 それは、搬送波と言って、あらかじめ電波を漂わせていて、それに、通信情報をのせる、、というもの。 これ、ちょっとわかりにくい話ですが、例えば、テレビ局とかラジオ局から出る電波って、とっても強い電波、、なのですが、携帯電話が、どんなに、遠くの人と話すといっても、携帯電話そのものから出ている電波というのは強くはなくて、各電話会社が街とか、人の住んでいるところに張り巡らせている電波(搬送波)に、各々の携帯電話から出た電波が乗っかるみたいな方式らしいです。

 もし、携帯電話から、強い電波を出して、普通の無線機(って、最近はほとんどみませんが)の様に動作していたら、電池はどんどんなくなって、すぐに電源が切れてしまうはずなんです。 携帯電話から弱い電波を出して、空中に漂っている電波に、会話とか、メールとかの情報を乗せて運ぶ形で、通信するというのが、携帯電話のやり方なんです。

 ですから、街とか、人が住んでいるところには、各電話会社が小さなアンテナみたいなものをたくさん設置していて、そこから電波が出ている、、というわけです。

 これは、昔警察官が持っていた、小型のトランシーバーとかもそういうやり方で、だからああいう小さなボディーで、通信ができていたんです。

 街にある電話会社が設置したアンテナから先は、多くの場合、有線で、電話会社につながっていて、そこから先は、もっと大きな有線の回線か、人工衛星に電波を送る仕組みがあって、そうやって、電波、というか、音声とか、メールとかのデータを、遠くまで運んでいるわけです。

 離島の場合は、隣の島まで、ケーブルで繋がっているところも多いみたいです。昔の国際電話は、すべて、海底ケーブルだった時代もあるみたいですが、今はおそらく、衛星と併用しているのだと思います。

 まあ、これは、無線というか、携帯電話に限らず、インターネット回線のネットワークも同じような考え方なのでしょうね、、。

 そういうわけで、昔のような無線機は、現代ではそれほど必要がなくなっているのだと思いますので、トラックとか、タクシーとか、アマチュア無線のアンテナもほとんど見なくなりましたね、、。 みんな携帯電話とか、そういう機器で通信しているわけです。ちなみに、自動販売機とか、ガスのメーターにも、PHSがつかわれていることも多く、販売機の在庫状況とか、ガスのメーターの数字とかも、事務所に居ながらにして、状況が把握できているみたいです。

 なんかすごい時代になりましたね、、。

 そういえば、今日のブログの最後の写真は、先日載せた桜の写真の木のところまで行ったら、実がなっていました。 これって、大きくなったら「さくらんぼ」として、食べられるのかな、、?(笑)。

11-1.JPG


大阪と鹿児島で CMSレコード主宰 ピアニスト 細川正彦の演奏があります。
2月18日(日) 大阪 DEAR LORD
細川正彦(p) 山本学(b) 弦牧潔(ds) 「終了」

大阪府大阪市鶴見区放出東 3-20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309

3月20日(火) 徳之島 A-House
細川正彦(p) 納浩一(b)
CMSレコードのアルバム「Little Song Book」からのレパートリーを中心に演奏いたします。「終了」

鹿児島県大島郡徳之島町亀津 7315 TEL 0997-83-2981


日記(1552)


音楽(89)
エンジニアの独り言(73)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(117)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記