2017年11月13日

最近食べた麺 111 ワンタン麺

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。もしくは、スマートフォン用のページの下の方の、Track Backの右どなりのところをクリックすると、他のカテゴリーにアクセスすることができます。このブログは毎日更新しています。


13-3.JPG


 今日は、一ヶ月弱ぶりの、「最近食べた麺」。

 沖縄そばの本場沖縄にいても、なぜか最近あんまり、沖縄そばを食べたくならないのですが、元関東人の性として、定期的に醤油ラーメンの禁断症状が出ます。 先日、某「◯ンス◯グラ◯」で見て、気になっていたお店に行って参りました。

 このお店、以前は郊外にあって、営業されていたということですが、割と最近に街の中心部に移転されてきたそうで、すぐ近くには、系列のカレーやハンバーグなどを出す、洋食系食堂もあります。
 系列といえば、いわゆる、本州に本部がある、大資本ではなく、沖縄本島内で何店舗かを展開している、小規模チェーン店のが、けっこうこちらにはたくさんあり、このお店もそういう感じのお店で、その手のお店は、大資本には出せない個性的な営業形態を維持している事が多くて、面白いです。

 九州にいた時からそうなのですが、ラーメンといえば醤油味、、、という幼児体験(?)のせいか、麺とお汁のある食べ物で、そば、うどん以外だと、無意識のうちに醤油ラーメンを欲している自分がいるわけですが、味噌ラーメンとかそういうものも、けして嫌いではなく、むしろ旨い味噌ラーメンも探しているわけですが、最近は、全国的に何気に醤油ラーメンブーム的な動きが進んでいて、主に東北、青森や、山形、福島の北方ラーメンなどを意識したお店があちこちの地域で、増えていますよね、、。

 こちら沖縄でも、実はその動きはあって、醤油ラーメンメインのお店が、あちこちに少しですができてきています。これは、こちらご当地の沖縄そばは、基本薄めながら、醤油味ですので、そういうものを食べ慣れた人にも食べやすい、、という事情もあってのこととお思います。ちなみに、沖縄そばの味噌味とか、そういう感じのものは、今のところ見たことはなくて、それなりに、こちらの食の保守性みたいなものは感じています。

 今回のお店も、そういう、本州東部の味、、というか、ラーメンのスタイルを少なからず継承しているお店で、なかなか面白いアプローチをしています。

 どんな感じだというと、、、。

13-2.JPG


 まず、スープが三種類。 いわゆるラーメン的な、鶏ガラと鰹節系のデフォルトの味の他に、煮干しの出汁をまぜたタイプと、それにさらに、豚骨系の出汁もプラスした、若干濁った見かけの濃厚タイプ、、。それから、麺がかなり細めの、ストレートタイプと、手打ち風の乱切り麺、、それから、青森手打ち風という、三種類があって、食べる人の好みで、選べるという風になっています。ちなみに今回注文したのは「手打ち風の乱切り麺」。


 これだけで、ラーメン屋さんとしては、かなりマニアックな感じなのですが、そのスタイルは、どうも、沖縄のお客さんには、それなりに受け入れられているようです。ちなみに、このお店ほかに、系列店で仕込んでいるカレーとか、ソフトクリームなどの甘味系もメニューにあって、ますます個性的な営業方針みたいでした。

 しかし、最近でこそ、豚骨ラーメンにも、ナルトや海苔がトッピングされていることが増えてきていますが、この、褐色の透明感のあるスープに黄色い麺、メンマや、チャーシュウ、そしてナルトが鎮座している、本州東部のラーメンの流れをくむルックスは、元関東人としては、強力なノスタルジーをもって、訴求してくる感覚です。

13-4.JPG


 見かけだけではなく、味も、九州から沖縄に移住してきた、元関東人にとっては、懐かしさを感じるところも十分にあり、それなりに楽しめましたが、個人的には、ちょっと、化学調味料が多めな感じで、それほど安くはない値段設定なので、もう少し、天然だしも強めに感じさせてほしかったなというのが、正直な感想です。

 あと、ワンタン麺をオーダーしたのですが、ワンタンも、もう少し数量が欲しかった感じがしました。あと、もっと細かいことをあえて書くと、おそらくは自家製であろう、メンマはもう少し濃いめ、、もしくは甘目の味付けが望ましいという希望がありますが、こちらの料理の全体的な傾向としての、淡麗な味覚を考えると、あのあたりが妥当な線なのかなとも思います。

 まあ、いろいろと、贅沢なことを書きましたが、こういった支那そば的な、ラーメンが本土から遠い、沖縄で食べられるということは、ありがたいものだな、、と思いました。

13-1.JPG


 このお店の食べログ情報 → ♪( ´θ`)ノ

日記(1419)

音楽(82)
エンジニアの独り言(67)
アルバム紹介(6)
この一枚(34)
Gidon Kremer(42)
Glenn Gould(27)
最近食べた麺(109)
ピアノと調律師、そしてピアノの演奏者について (4)
ランダム再生の楽しみ(2)


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで、2016年3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近食べた麺