2016年11月30日

映像と音楽と、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

30-1.jpg


 先日のブログで、以前はあんまり見聞きしなかった、You Tube を時々、みて(きいて)ミキシングの参考にする、、ということを書きましたが、最近は、それ以外のときにも、時々You Tubeを見ることがあります。

 というか、その前に、何故以前はあんまり見なかったのか?。いろいろと、ネットの環境とかの関係もあったのですが、やはり、個人的には、ミュージックビデオ、、演奏に画像が付いているものに、いまひとつ馴染めない、、というところがあります。 こういう話になると、最近の若い世代の人は、逆に、音楽に映像が付いていないほうが違和感がある、、という人もいるのかもしれません。

 いろいろ考えてみると、音楽は、基本的には人間が演奏していて、そのパフォーマンスには必ず、音と、映像が存在するわけで、音だけが、幽霊が演奏しているように聞こえて来るとうことは、ありえないわけです。

 ところが、コンサートに行って演奏者の目の前で聴く音楽ではなく、CDや、レコード、ラジオで聴く音楽は長年音だけの世界、、つまり、考えてみれば、むりやり、映像と音が離されていた、、ということも言えるわけですが、、。

 人間の脳の構造なのか、基本的に音楽だけではなく、それに映像がついていると、よりインパクトがある、印象的である、、ということは間違いありませんが、実は、映像、つまり、視覚的なものと、音が合わさったら、自然と、人間はどちらも受け入れるので、情報量が多くなり、どちらか一つを受け入れていた時よりも、注意散漫になっているんです。 まあ、音だけというのはありますが、音無で、映像だけ楽しむ、、ということは、音楽ソフトの場合ほとんどありえませんが、、。

30-2.JPG


 何が言いたいのかというと、べつに、実演をコンサートに行って聴くとき、演奏者の姿を見ないで、「目をつぶって、音楽に聴き入るのがよろしい」何て言うことを言いいたいのではありません。

 ものすごく乱暴に、簡単に書いてしまうと、例えば、それほど素晴らしくない演奏でも、素晴らしい視覚的な効果、、例えば、照明とか、舞台装置とか、カメラのアングルとか、映像上の演出が加われば、まあまあ素晴らしい演奏に感じる、、とうことはありますよね、、。

 これは、美人や、イケメンが演奏したほうが、その人たちよりずっと演奏がうまい人でも、地味なルックスとか、はっきり言えば、あんまりカッコよくない演奏者が演奏した音楽を映像込みで評価すると、というか、感覚的にとらえると、見かけが良い人の演奏の方が、良い音楽に感じる、、ということは普通にありますよね?。

 でも実際にはそれから映像を差し引いて、音だけで聞いたら、その差は明らかにあるというか、価値は逆転するわけなんですが、映像があると、そういうマジックみたいなことがおきます。

 これは、知らない人が、道の向こうから歩いてきたら、特に夜ならば、姿勢を正して、良い身なりで颯爽と歩いている場合と、カジュアルな服装で、ちょっと背中をまるめて、ヨタヨタと歩いてくるのとでは、それを見た被験者の、その人に対する印象は随分違う、、ということ同じなんです。

 初めて会った、いや、見た人、、その人がどんな人なのか、、なんていうことは、霊能者でもない限り、分かるわけもなく、簡単にいえば、見かけで、判断するしかない、人間というものは、見かけで人を無意識のうちに評価しているということなんですが、これは、悲しいかな、芸術鑑賞の世界でも、そういう傾向は残念ながら普通にあるわけなんですよね。 

 続きは明日書きます、、長くなるかな、、(⌒-⌒; ) 。

30-3.jpeg


 名古屋と大阪と沖縄で、CMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦の演奏があります。

2016年 12/5月曜  バレンタインドライブ  http://valentinedrive.com

小濱安浩ジャムセッション feat 細川正彦 小濱安浩 (ts) 細川正彦(p) 徳田智史( b) 倉田大輔 (ds)
〒464-0850 愛知県名古屋市千種区今池1丁目9−3  052-733-3365


12/6 火曜  ジャズイン ラブリー  http://jazzinnlovely.com

小濱安浩 Quintet feat 細川正彦
小濱安浩(ts) 坂本菜々(tb) 細川正彦(p)島田剛(b) 倉田大輔(ds)
〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜1丁目10−15 052-951-6085

12/7水曜  ディアロード   細川正彦 Solo Piano  http://tomtom.p-kit.com/

 〒538-0044 大阪市鶴見区放出東3丁目20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309 

12月 8 日 Thr 沖縄 (那覇) パーカーズムード 098-861-2565 http://parkersmood.com/ 城間巧介 g Duo
                  
12月 9 日 Fri 沖縄 (那覇) パーカーズムード 城間巧介 g Quartet バーボン清水 b Sebastiaan Kaptein ds


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2016年11月29日

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

29-2.JPG


 随分秋らしくなってきた沖縄ですが、今日の最高気温は24℃。朝は19℃でしたが、日が照ってぐんぐん温度が上がりました。湿度はずっと低めで、最低は50%くらい。 爽やか気候だったのですが、日差しがある時に日向にいると、結構それなりに暑かったです。

 いろいろと用事があったので、外へ、、。 風も結構吹いていたので、長袖のシャツを着てはいますが、日陰にゆくと、ちょっと寒い、、なあ〜と感じました。

 いつも行く大きな本屋までたどり着き、本をしばらく見てから、近くの路地を歩いていると、公園予定地とかいた看板があり、そこには、都会には珍しい森というか、林が、、。

 この辺りはその昔、海で、そこを埋め立てて街ができているのだそうですが、その森というか、林は小高い丘になっていますが、いにしえの時代は浮島というか、とても小さな島だったそうです。 小さな島がたくさん並んでいたところを島をつなげるようにして、埋め立てたのだそうで、その丘を中心に公園にするという計画があるのだそうですが、これがなかなか進んでいないそうです。

 そういう公園予定地というか、緑地に唯一公園らしい、、というか、公園ぽい、ちょっとモダンな公衆便所があります。

29-1.png


 そこには、コンクリートで作られた椅子とテーブルがあり、時々観光客が休んでいることがあるのですが、そこに今日通ったら、見慣れない黒猫が、、。 それが、ブログに貼り付けてある写真なのですが、なんかちょっと不思議な感じ、、というのは、なんだか置物みたいに動かないんです。 人が近ずいても、無視というか、無関心な感じ。

 私はそんな猫の横を通過して、コンクリートの椅子で一休みしようとしていたら、その黒猫が、こちらに向かって歩いてくるではありませんか、。
 「なんだ?」、、そうだ、せっかくだから写真をとろう、、ということで、持っていた一眼レフを構えました。 多くの猫は、こういう感じで大きなカメラを構えると、逃げてしまうのですが、なぜかピタリととまり、お行儀よく、腰をおろして、前足を綺麗にそろえて、ポーズをとってくれたんです。

 私はコンクリートの椅子に座るをやめて、地面のコンクリートにしゃがみ込んで、何枚か写真を撮りましたが、その間も、ずっとこちらを見たまま。 距離にしてわずか、70センチくらいのところに、こちらを見ながら、ずっと座っています。 よく見ると、真っ黒ではなく、汚れが付いているみたいに、とこどころに、白い毛が生えています。

 まあ、それだけの話なのですが、珍しくちょっとだけ、猫に癒されました。 最後に頭を撫でて、かえりましたが、なにか食べるものを持っていればよかったのですが、なんにも持ち合わせていませんでした。

 今度、なにか持ってきてあげようかな、、。

29-3.JPG


 名古屋と大阪で、CMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦の演奏があります。

2016年 12/5月曜  バレンタインドライブ  http://valentinedrive.com

小濱安浩ジャムセッション feat 細川正彦 小濱安浩 (ts) 細川正彦(p) 徳田智史( b) 倉田大輔 (ds)
〒464-0850 愛知県名古屋市千種区今池1丁目9−3  052-733-3365


12/6 火曜  ジャズイン ラブリー  http://jazzinnlovely.com

小濱安浩 Quintet feat 細川正彦
小濱安浩(ts) 坂本菜々(tb) 細川正彦(p)島田剛(b) 倉田大輔(ds)
〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜1丁目10−15 052-951-6085

12/7水曜  ディアロード   細川正彦 Solo Piano  http://tomtom.p-kit.com/

 〒538-0044 大阪市鶴見区放出東3丁目20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309 


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月28日

どうにか、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

28-1.JPG


 雨もやんで、今日の湿度は朝方から夕方にかけては、60%から50%台まで下がりました。天気自体はくもりだったんですが、気温は1日中20度前後、、、。秋らしい気候がもどってきました。

 といっても、もう11月もあと数日なので、日本全国的には、真冬にどんどん近づいているわけですが、、。

 もう、2ヶ月ちかく取り掛かっていたアルバムの音源のミキシングですが、一枚分、10曲が、どうにか今日で、目処がつきました。まだ、完全に納品終了というわけではないのですが、音を調整する作業は一応終わり、というか、一段落しました。

 こういう時って、打ち上げみたいな、「お疲れ様〜」みたいなモードになるのが普通なのかもしれませんが、私の場合、割としれっとしています。

 それはなぜかというと、まず、お酒をほとんど飲まないので、祝杯みたいなことをしない、、ということがあります。これって、別の言い方をすると、区切りがつかない、というか、盛り上がりはありません。

 でも、大体、お客さんは、遠くにいますし、このプロジェクトに関わった人は、沖縄には一人もいないので、盛り上がりようもないのですよね、一人じゃ、、ナンダカナ、、´д` ; 。 まあ、いつもこんな感じなので、それで何にも不満はないのですが、、なんか、もうちょっと区切りをつける方法はないものか、、?、気持ち的にですがね、、、。

28-2.png


 まあ、わたし的には、今日は音楽を一切聴かない、、というのが、私の打ち上げ、、って感じで、これは、なかなか至福の時ですよ、、(^ ^)。これで、あとはブログがなければ、かなり最高な感じなんだけどな〜、、。 なんていうことは、このブログの文章には書いてはいけませんね、、^^; 。

 もう書いてしまいましたが、、。

 しかし、何回やっても録音とか、ミキシングとかって、いろいろあるというか、経験が増えてくれば、いろいろと教訓を得て、仕事が楽になる、というよりは、さらにいろいろと経験から得た、様々な発想、やり方が出てきて、レベルは少しづつでも上がってくるような気がしていますが、全然楽にはなりません。

 作業は多少早くなってきてはいますが、色々とああしよう、こうしたらどうだろう、、みたいな欲がでてくると、結局作業時間はどんどん増えてしまいます。

 それと、今回いつもにもまして思ったことは、インターネットの力というか、利便性を使っていろいろなことができるんだな、、ということです。 今までは、いつもはあんまりしなかったのですが、YouTube で、今やっている音源と感じが似ている物を聞いて参考にする、、ということは、作業が行き詰ったときになかなか有効だな、と思いました。

 良い気分転換にもなりますし、CDとか、いろんな音源をあっちこっちからひっぱり出さなくても、思いついたものや、ネット上で検索したワードをもとに、YouTubeで検索してみていろいろな作品を聞くということから、いろんな糸口がみえたり、発想が転換できたりすることもあります。

 どうにもならなくて、休憩時間にただ違う音楽を聞いているだけ、、ということになることもありますけどね、、(⌒-⌒; )。

 まあ、今日はこの辺で、休憩しま〜す。

28-3.JPG


 名古屋と大阪で、CMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦の演奏があります。

2016年 12/5月曜  バレンタインドライブ  http://valentinedrive.com

小濱安浩ジャムセッション feat 細川正彦 小濱安浩 (ts) 細川正彦(p) 徳田智史( b) 倉田大輔 (ds)
〒464-0850 愛知県名古屋市千種区今池1丁目9−3  052-733-3365


12/6 火曜  ジャズイン ラブリー  http://jazzinnlovely.com

小濱安浩 Quintet feat 細川正彦
小濱安浩(ts) 坂本菜々(tb) 細川正彦(p)島田剛(b) 倉田大輔(ds)
〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜1丁目10−15 052-951-6085

12/7水曜  ディアロード   細川正彦 Solo Piano  http://tomtom.p-kit.com/

 〒538-0044 大阪市鶴見区放出東3丁目20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309 


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月27日

つづく特殊奏法の話。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

27-1.JPG


 今日は、かなり久しぶりに、一日中雨。 気温は朝方はそれなりに暖かかったですが、昼間はずっと20〜21℃くらいで、涼しかったです。このぐらいの温度だと、湿度が高くても蒸し暑くはないですね、、。

 ハンガリーの作曲家、コダーイの無伴奏チェロ曲が、通常と違う調弦で、演奏する、という話からはじまって、特殊奏法の話がつづいていますが、特殊奏法というと、現代音楽とか、近代の楽器の演奏の仕方、古典的ないわゆる普通の演奏法に飽き足らなくて、できた演奏法という印象がありますが、実はかなり昔からあるやり方もあります。

 これは、バイオリンの弱音器(コン・ソルディーノ)の話の時に書き忘れたのですが、コル・レーニョ(col legno)は弦楽器の特殊奏法の一つで、弓の毛ではなく棒の部分で弦を弾く(叩く)というのが、あります。

 バイオリンは弦を、木製の弓にはった、馬のしっぽの毛で擦りますが、毛の張ってある、木で出来た「棒」の部分で弦を鳴らす、というか、叩くのがコル・レーニョですが、当然、そうして出る音は、バイオリンのおとではなく、ノイズ的な音。 一種の雑音を出すわけですが、この奏法はかなり古くからあり、モーッアルトのバイオリン協奏曲でも、その奏法の指定があります。

 現代のバイオリンは、弦の表面は金属がコーティングしてありますから、弓の木の材質部分を弦に当てると、痛むということは考えられるので、演奏者は嫌う人も多いみたいですが、そういう指定がある曲を演奏する場合は、オーケストラの団員はそれに従わなくてはなりません。

27-3.JPG


 でも、確かに弓の木の部分を金属に当てて音を出すというのは、一本数百万もする弓を使っている演奏者にとっては、「できればやりたくない奏法」なのかもしれません。プロのオーケストラのコンサートマスターとなるとバイオリン本体が数千万、弓がその十分の一くらいの値段の物を使っていますので、コル・レーニョ(col legno)の奏法をするのは、多少の躊躇があることは間違いありません。

 バイオリンの弓の毛は、消耗品で、数千円で、張り替えることができますが、木のボディーの部分は一生モノ、、というか、できるだけ磨耗させたくない部位でありますし、ほとんど修理不能な箇所なはずです。

 バイオリンなどの弦楽器でする特殊奏法で、もうひとつ打楽器的な奏法には、バルトーク・ピチカートというのがあります。

 これは、弦を指板と垂直にもちあげ、指を離し、指板に弦打ち付ける奏法で、バルトークが表現の幅を出すために考えて、自分の曲の楽譜で、指定している奏法です。 これもまた、黒檀で出来た指板に、金属の弦を打ち付けるので、指板が通常の奏法より、ダメージを受けるので、演奏者で、嫌う人もいますね。 いってみれば、エレキベースのチョッパー(スラップ)奏法にもにていますので、指板へのダメージはそれなりにあります。

 今日かいた、「col legno」や、「bartok pizz.」は作曲家が、弦楽器の表現の幅を拡大するために、楽譜に指定している演奏法ですが、これは必ずしも演奏者を喜ばせていない、、というところが、なんとも皮肉な話です。

27-2.JPG


 名古屋と大阪で、CMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦の演奏があります。

2016年 12/5月曜  バレンタインドライブ  http://valentinedrive.com

小濱安浩ジャムセッション feat 細川正彦 小濱安浩 (ts) 細川正彦(p) 徳田智史( b) 倉田大輔 (ds)
〒464-0850 愛知県名古屋市千種区今池1丁目9−3  052-733-3365


12/6 火曜  ジャズイン ラブリー  http://jazzinnlovely.com

小濱安浩 Quintet feat 細川正彦
小濱安浩(ts) 坂本菜々(tb) 細川正彦(p)島田剛(b) 倉田大輔(ds)
〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜1丁目10−15 052-951-6085

12/7水曜  ディアロード   細川正彦 Solo Piano  http://tomtom.p-kit.com/

 〒538-0044 大阪市鶴見区放出東3丁目20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309 


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2016年11月26日

楽器の特殊奏法

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

26-2.JPG


 今日は雲は多かったのですが、まあまあの天気でした。日差しが出て、けっこう暑いな、、とおもったら、気温は25℃を超えていました。なんだか、また夏のような気温になって、真夏より少し厚めの服装をしていたら、かなり汗をかきました。まだまだ、暖かい日があるのだな、、と思いました。

 湿度はまあまあ低めで、快適といえば快適な方の気候。雪が降ったり、もうかなり早々と真冬な感じになっている、他の地域に比べたら、随分楽に暮らせる気候です。

 昨日は、コダーイ(Zoltán Kodály)の無伴奏チェロソナタの話から、特殊な弦のチューニングの話など、曲をつくった人が、いろいろな効果を狙って、いろいろと、楽器に通常とはちがったセッティングをして、表現の幅を広げることがある、、という話を書きました。

 調弦を変えるというのは、もちろん弦楽器でしか実現できませんが、他の楽器でも普通の音以外の音を出すために、アタッチメントをつけるという方法を使うことがありますよね。例えば、トランペットのベルにつけるミュートは、有名ですが、何種類かあって、それぞれ欲しい効果によって、選択するという方法をとっています。

 トランペットや、トロンボーンなど、いわゆる金管楽器では、しばしたミュートを使った奏法をしますが、同じ管楽器でも、木管楽器、クラリネットや、オーボエ、サキソフォンでは、ごく一部の例外を除いて、ミュートをつける、、ということはありません。

26-1.JPG

 
 ミュートというと、音を小さくするという意味になりますが、それだけでなく、金管楽器の場合、独特の音色を出すためにつけるということが多いです。

 それから、演奏しない人は意外と知らないのは、バイオリンの弱音器。これは駒のところにつける小さな部品のような弱音器で、文字通り音を小さくし、音色も曇った感んじになるものです。オーケストラで演奏する場合けっこうそれをつける指定がありますが、ただ音源だけを聞いていては気付かないこともありますが、バイオリンを演奏する人なら、誰でも持ってはいるものだと思います。

 コンサートに行って、弱音器をつけることを指定している曲を演奏するときは、注意して、見ていると、バイオリンセクションの人が演奏中に一斉に小さな弱音器をつけるところを見ることができます。曲によっては、指定に応じて、楽章の中で、演奏中(休符の時)につけることもあります。

 何かをとりつけて普段と違う音を出す、という意味では、エレキギターにつける電気的なエフェクターに勝る強力な変化をもたらすものはないでしょう。ディレイとか、コーラスとか、リヴァーブなどは音の厚みを出したり、広がりを演出するものですが、やはり、歪み系のエフェクターが一番インパクトがありますよね。

 わたしは、音楽的には全然きらいではないのですが、初めて見たときは、なんでもないドミソの三和音を弾いただけなのに、ディストーションをかけると、派手に「ジャ〜ン」という感じに音が出るのを聴いて、「なんか、これ、ずるいな、、」と思ったものでした。

 ある意味、ただの和音を弾いて、あれだけ絵になる楽器は、世界を探しても他にないのかもしれません。

 
26-3.JPG


 名古屋と大阪で、CMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦の演奏があります。

2016年 12/5月曜  バレンタインドライブ  http://valentinedrive.com

小濱安浩ジャムセッション feat 細川正彦 小濱安浩 (ts) 細川正彦(p) 徳田智史( b) 倉田大輔 (ds)
〒464-0850 愛知県名古屋市千種区今池1丁目9−3  052-733-3365


12/6 火曜  ジャズイン ラブリー  http://jazzinnlovely.com

小濱安浩 Quintet feat 細川正彦
小濱安浩(ts) 坂本菜々(tb) 細川正彦(p)島田剛(b) 倉田大輔(ds)
〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜1丁目10−15 052-951-6085

12/7水曜  ディアロード   細川正彦 Solo Piano  http://tomtom.p-kit.com/

 〒538-0044 大阪市鶴見区放出東3丁目20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309 


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2016年11月25日

弦のチューニング

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

25-3.JPG


 昨日はハンガリー作曲家のコダーイ(Zoltán Kodály)のつくった、無伴奏チェロソナタの話をちょっとだけ書きましたが、コダーイは、ハンガリーの作曲家として、バルトークと並んで、有名な人なのですが、いまいちその作品を聴くことが少ない。

 バルトークもそうなんですが、どうしても近代の作曲家(Zoltán Kodály1882〜1967年)の作風は、オーソドックスなクラシックというか、古典的な曲にくらべて、内容が難しく聞こえるということもありますし、演奏方法もそれに伴って、高度な技術を必要とする曲が多いせいもあって、演奏される機会もどうしても少なくなってしまっています。

 コダーイのつくった、この無伴奏チェロソナタについて、ちょとだけ、しらべてみましたが、あの曲は、4本ある弦のうち、2本のチューニングを通常のチューニングより、半音下げて演奏するように、という作曲者の指定がある、ということがわかりました。 そのことだけをを考えると、「なるほど〜、そういうことなんだ」という風に感じるだけなのですが、これは演奏者にとっては大変なことですよね、、。

 慣れない調弦方法で、慣れない曲を演奏するということは、演奏しない人には想像できない難しさがあるのだと思います。いつもと同じ楽器なのに、弦を押さえるポジションが同じでも、違う音が出てくるというのは、多分慣れないと、相当な違和感があるでしょうし、難しい現代曲を慣れないチューニングで演奏するということはとても面倒臭いことだと思います。

25-2.JPG


 別に、作曲家が、演奏者を困らせる為にそういうややこしいチューニングを決めたわけではなく、そのチューニングでしか出ない効果、できない表現をチェロという楽器から引き出そうとした、、ということなのでしょうが、そのことが、結果として、とても素晴らしい曲にもかかわらず、曲自体の演奏の機会を著しく減らしてしまった、、ということは、考えられます。

 もともと現在はそうする、と言う風な慣習的に、永年を経て、決まって来たチューニング方法とちがう設定にして演奏するということは、通常は、弦楽器のみで有効で、クラシックギターの分野では、他の楽器にくらべては、頻繁にというわけではないのですが、行われていますし、ピアノの場合は、ごくたまにですが、作曲者の指示により、調律などを変えて演奏する事は、ないことではありません。

 良い音楽、素晴らしい効果を期待して、曲を作った本人が工夫して考えた発想を実行した結果、その作品の演奏の機会を減らす結果になってしまう、、という皮肉な状況をまねいてしまう、ということは残念なことでありますが、現代の様に、進んだ録音技術をもってすれば、時間をかけて、演奏者が訓練し、周到に楽器の調整もおこなって、記録に残すことで、滅多に無い機会を、媒体に焼き付け、実演現場に居ない人へも、その音楽を届ける事ができるということになるわけで、それはそれで、素晴らしい事ではないのかな、、とエンジニアの私は余計にそう思います。

25-1.jpg


 名古屋と大阪で、CMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦の演奏があります。

2016年 12/5月曜  バレンタインドライブ  http://valentinedrive.com

小濱安浩ジャムセッション feat 細川正彦 小濱安浩 (ts) 細川正彦(p) 徳田智史( b) 倉田大輔 (ds)
〒464-0850 愛知県名古屋市千種区今池1丁目9−3  052-733-3365


12/6 火曜  ジャズイン ラブリー  http://jazzinnlovely.com

小濱安浩 Quintet feat 細川正彦
小濱安浩(ts) 坂本菜々(tb) 細川正彦(p)島田剛(b) 倉田大輔(ds)
〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜1丁目10−15 052-951-6085

12/7水曜  ディアロード   細川正彦 Solo Piano  http://tomtom.p-kit.com/

 〒538-0044 大阪市鶴見区放出東3丁目20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309 


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2016年11月24日

気候の変化

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

24-3.jpeg


 今日の沖縄は、日付が変わった真夜中から、ずっと気温が20℃前後で、気温の折れ線グラフでは、波線(〜)の様に、温度が細かく上がったり下がったり、、。今これを書いている夕方すぎまで、温度差は、ナンと、一度未満。いつも気温差は少ないですが、今日は特別に少ない。

 試しに、福岡の今の気温を見てみると、、10℃あまり、そして東京は、、、なんと2℃しかありません。これは雪が降るのも無理はないですね。調べてみると、夜中は9℃近くあった気温が、明け方には急降下して、1℃まで下がっていました。気温差8℃弱、、。 しばらく経験していない温度差です。

 昨日のブログに使った赤い花の写真は、道でたまたま撮った写真なのですが、名前を知らなかったので、人に訊いてみたら、「ハナキリン」という植物だと教えていただきました。
 とてもアップで撮っているので、じつは、かなり小さな花なのですが、「ハナキリン」は、南アフリカの島、マダガスカルの原産だそうで、かなり暖かいところでなければ生きられない植物なんだな、、と思いました。

 道を歩いていたら、どこかのお宅の入り口の鉢に咲いていましたので、ずっと外に置いてあるのだと思いますので、やはり、この辺りは暖かいのだな、、と再確認しました。本土でも栽培している人はいるみたいですが、冬はおもてに置いて置くと、枯れてしまうと思います。

24-2.JPG


 植物の話ついでに書くと、こちらでは、暖かいので、庭にバナナの木があり、普通にバナナの実がなっていたりしますし、街路樹にも時々それがあります。以前、随分前ですが、沖縄から来た人に、「沖縄では、暖かいので、街路樹にバナナがなっているんですよ、、」という話をきいて、「それは、嘘でしょ、、ありえないよ、、」と思ったことがあるのを思い出しましたが、もう誰だったか忘れましたが、あれは本当の話だったんだな、と、今頃になって思いました、(^^;; 。

 そういえば、近所の植え込みに、ずっと咲いていたハイビスカスの花が、気温20℃以下に成った途端に、しぼんでいるのを見ました。あちらこちらで、いろいろな花が咲いていますが、涼しくなると枯れてしまうのでしょうか。なんか寂しいです。

 今日は、作業の合間、ブログを書きながら耳休めに、久しぶりに、チェロの音、ハンガリーのコダーイ(Zoltán Kodály)の作曲した、無伴奏チェロソナタをきいていますが、この曲なかなか素晴らしい、、というか、よくできたとてもドラマチックな曲です。 3楽章構成ですが、チェロの曲それも無伴奏って、バイオリンに比べとても少ないのですが、これは、バッハの6曲の無伴奏と比べても、価値のある名曲ですね。

 でも、きっと、演奏するのは難しいんだろうな、、。

 弓弾きとピチカートが、とても良いバランスで、出てきて、とてもチェロらしく、よく工夫されてつくられています。

 こういう曲も、涼しくなってくると、何となく聴きたくなってくる、というのが、音楽の不思議なところでもあります。

24-1.jpeg


 名古屋と大阪で、CMSレコード主催 ピアニスト細川正彦の演奏があります。

2016年 12/5月曜  バレンタインドライブ  http://valentinedrive.com

小濱安浩ジャムセッション feat 細川正彦 小濱安浩 (ts) 細川正彦(p) 徳田智史( b) 倉田大輔 (ds)
〒464-0850 愛知県名古屋市千種区今池1丁目9−3  052-733-3365


12/6 火曜  ジャズイン ラブリー  http://jazzinnlovely.com

小濱安浩 Quintet feat 細川正彦
小濱安浩(ts) 坂本菜々(tb) 細川正彦(p)島田剛(b) 倉田大輔(ds)
〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜1丁目10−15 052-951-6085

12/7水曜  ディアロード   細川正彦 Solo Piano  http://tomtom.p-kit.com/

 〒538-0044 大阪市鶴見区放出東3丁目20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309 


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月23日

祝日ですが、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。
23-3.jpg


  今日は勤労感謝の日。

 昨日のブログの最後のところに書きましたが、いつもは、祝日だ、ということを知らずに、その日を迎えて、近所の様子を見て、後からそれを知って、「ナンダカナ」とか書いているわけですが、昨日はふとしたことから、珍しく事前に祝日をしりました。

 といっても、前日ですし、祝日だからといって、何かいつもと違うことをする、、というわけではありません。お店や、会社などに勤めている人は、休みだったり、いろいろと、祝日だということで、勝手が違うのかもしれませんが、私の場合、ほとんど関係なし。

 ところで、今日のこちらの気候は昨日までより涼しく、最高でも24℃。今晩遅くには、おそらく夏以降はじめて、20℃を下回るらしいです。そうなると、随分涼しく感じると思うのですが、本州では、明日は雪が降るらしく、本格的な冬なんだな、、と思いましたが、考えてみれば、もう、11月は終わりに近づいていますし、今年もあと一ヶ月ちょっとで終わりなんですね。

 毎日暖かいので、まだ慣れないというか、多分こちらの方たちは、普通に年末が近づいていることを、感覚的に感じていると思うのですが、慣れない私は、いまひとつ気分が出ない、、というか、今がいつなのか、何月なのかという感覚がよくわからないです。

23-2.jpg


 今日は気温が低いだけでなく、ぐずつき気味の天気で、雨もパラパラと降ったり止んだり。暑いよりはましなのですが、なんとなく心細くなってきます、、´д` ; 。 気温が20℃より下がると、夏服では寒いと思うのですが、あんまり秋冬物を準備していません。

 あんまり何にも考えていないというか、今の時点では、どうにかなると思っているわけですが、本当にどうにかなるのかな、、?、~_~;。

 ちなみに、沖縄のビルでは、多くのところで、暖房設備がないそうです。もちろん冷房はあるのですが、エアコンといえば、冷暖房が当たり前だと思っていたのですが、暖房がないところが結構あるらしく、まあ、それほど寒くならないので、そういうことになっているのだと思いますが、それを知ってちょっと、びっくりしました。

 ということは、冬の沖縄は、電気の消費量は、随分少ないのでしょうね。

 なんだか、今日はエアコンをもちろん入れていませんが、気温が20℃くらいになってきたら、裸足だし、薄ら寒くなってきました。 ああ、お腹も空いてきたせいもあるのでしょうが、、。

 夕ご飯でも食べて、作業の続きをやりましょうかね、、。

 みなさんは、祝日ってなにをしているのかな、、。

23-1.jpg


 名古屋と大阪で、CMSレコード主催 ピアニスト細川正彦の演奏があります。

2016年 12/5月曜  バレンタインドライブ  http://valentinedrive.com

小濱安浩ジャムセッション feat 細川正彦 小濱安浩 (ts) 細川正彦(p) 徳田智史( b) 倉田大輔 (ds)
〒464-0850 愛知県名古屋市千種区今池1丁目9−3  052-733-3365


12/6 火曜  ジャズイン ラブリー  http://jazzinnlovely.com

小濱安浩 Quintet feat 細川正彦
小濱安浩(ts) 坂本菜々(tb) 細川正彦(p)島田剛(b) 倉田大輔(ds)
〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜1丁目10−15 052-951-6085

12/7水曜  ディアロード   細川正彦 Solo Piano  http://tomtom.p-kit.com/

 〒538-0044 大阪市鶴見区放出東3丁目20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309 


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月22日

散歩ではなく、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

22-1.jpeg


 ここ数日、ジメジメしていたせいもありますが、作業が佳境に入ってきているせいもあり、かなり引きこもり気味でしたので、いつものことですが、ミキシング中の音源をオーディオプレーヤーに入れて、外へ、、。

 まだ完成していない曲も含め、一時間弱のアルバム一枚分を、街を歩きながら、何回もプレイしました。いつもと違う環境で、聞くことで、いろいろなことに気付いたりするのですが、かなり真剣に聞いていましたので、道ですれ違う人は、なんでヘッドフォンをつけて、あんなに険しい顔をして歩いているんだろう、、と思ったかもしれません。

 3〜4回も聴きながら歩きましたので、3〜4時間も止まらずに歩いていたわけで、かなりの距離を歩いたことになります。それなりに良い運動にもなりましたが、結構疲れましたし、お腹も空きました。

 今日は、昨日までとはちがって、少し湿度は低めで、ジメジメというわけではありませんでしたが、日が暮れてからは少し蒸し暑く感じました。それもそのはずで、気温は昼過ぎに26℃まで上がりましたが、日が落ちても、まだ25℃くらいはあります。

22-2.JPG


 まあ、でも大きなヘッドフォンをつけて街を歩いても、それ程、蒸れるという感覚はなかったです。

 それにしても、いつもある程度完成してくると、街に出て制作中の音源を聞くのですが、「これでよし」と思った曲でも、「あ〜、、まだまだだな、、」とあちこち歩きながら聴くと思うことが多く、もう飽きるほど、いや飽きすぎたほど、何回も聞いている音源なのですが、内容については、いろんなことを感じます。

 もう聴きすぎて、飽きてしまているのですが、いつもと違う景色の中で聞くと、また違って聞こえるというか、固定概念を弱めてくれるところがあり、新しい発見があります。 よもや、もうこれだけ聞くと、新しい発見はないだろう、、と強く思っているのですが、それでも場所を変えて、何度も聞くと、いろいろなことが頭にうかびます。

 「ここはこうしよう」、「あそこは、ああしたほうが良いな、、」というようなことをいろいろ感じながら、作業場にもどってくるのですが、それからは、出先で感じたことが、気のせいではないか、今度はそれを検証しなければなりません。 検証するするには、結局また聞かなければならないわけで、これがまた辛い、、。

 でもいつもふしぎなのですが、おもてから戻ってもう一度聞くと、またまた違った感じに聞こえることもあるんです、わざわざ部屋のなかで、同じヘッドフォンで聞いているのですが、それでもまた印象が違う。

 もう、あと何回聴かなければならないのか、、(ーー;)。

 最後まで頑張りまス、、。 明日は祝日、、っていうのを、珍しく前日に気づきました。

22-3.jpeg

 名古屋と大阪で、CMSレコード主催 ピアニスト細川正彦の演奏があります。

2016年 12/5月曜  バレンタインドライブ  http://valentinedrive.com

小濱安浩ジャムセッション feat 細川正彦 小濱安浩 (ts) 細川正彦(p) 徳田智史( b) 倉田大輔 (ds)
〒464-0850 愛知県名古屋市千種区今池1丁目9−3  052-733-3365


12/6 火曜  ジャズイン ラブリー  http://jazzinnlovely.com

小濱安浩 Quintet feat 細川正彦
小濱安浩(ts) 坂本菜々(tb) 細川正彦(p)島田剛(b) 倉田大輔(ds)
〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜1丁目10−15 052-951-6085

12/7水曜  ディアロード   細川正彦 Solo Piano  http://tomtom.p-kit.com/

 〒538-0044 大阪市鶴見区放出東3丁目20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309 


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月21日

冬の湿度

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

21-1.jpeg


 なんか。蒸し暑い日が続いていますが、九州でもそうみたいですね。まあ、気温はこちらよりはずっと低いのでしょうが、湿度が、秋らしくない、80%以上。 こちらも、1日中90〜80%以上が続いていました。

 寒くて湿度が高いのと、温度が高くて湿度が高いのと、どっちが嫌か、、と考えると、、。 どっちも嫌ですかね、、。湿度が低いはずの冬や、秋に湿度が高いと、体を使って働いている人とか、厨房で働いている人は辛いでしょうね。湿度が高いだけで、ちょっと動くと汗をかきやすい。それで、気温は低いので、衣服や、下着に染み込んだ自分の汗が体を冷やすんです。

 汗をかいて暑い思いをするのに、あとで、身体が冷えて、風邪をひいてしまったりします。 気をつけましょう。ものすごく寒くて、強く暖房を入れていたりすると、湿度が下がっていて、汗もすぐ乾きますが、まだそれほど寒くない今頃や、屋外ではそうもいきません。

 そういえば、沖縄ではインフルエンザが流行っていて、学校で、学級閉鎖になったりしているところがあるらしいです。

 みなさん、健康にはきをつけて、、。

21-2.jpeg


 私はといえば、「◯◯は風邪ひかない」なんて言いますが、滅多に風邪をひくことはありません。以前というか、若い時は、全然という言葉を使って良いくらい、風邪ひきには縁がなかったのですが、近年寄る年波か、年に一度くらいちょっとハナとかでたりしますが、寝込むことは滅多にありません。

 昨日の麺の話ですが、どんどん文章がながくなってしまい、あんまり細かいことが書けなかったのですが、かなり大量の肉味噌がはいっていたのですが、それほどその味がしませんでした。小さなお茶碗に一杯くらいの量だったと思うのですが、ほとんどがスープに溶けて一体化していましたが、最初のころと比べて味が大きく変わった感じはありませんでした。

 なんか、こう、肉味噌がとけて、だんだん味が複雑になってゆくところが、担々麺の醍醐味の一つでもあるのですが、、まあ、「担々麺」じゃなくて、「坦々鶏そば」という名前なので、それはしょうがないのかな、、。でも、あの肉味噌って、あの麺のためにわざわざ仕込んでいるのでしょうから、それなりに手間がかかっているのではないのかな、、と思うわけですが、、。 だとしたら、その割に効果が、、^ ^。

 それとも居酒屋さんなので、夜はあの肉味噌を使うメニューが何かあるのかな、、と思って、お店のHPを探してみてみましたが、わかりませんでした。鶏だし水たき風白湯おでんというのがメニューにあって、これが、沖縄そばの鶏出汁のもとなのかな、とも、思いましたが、そばのスープは白湯(パイタン)ではなかったですし、、。

 謎が多いな、、、(ーー;)。

21-3.png


 名古屋と大阪で、CMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦の演奏があります。

2016年 12/5月曜  バレンタインドライブ  http://valentinedrive.com

小濱安浩ジャムセッション feat 細川正彦 小濱安浩 (ts) 細川正彦(p) 徳田智史( b) 倉田大輔 (ds)
〒464-0850 愛知県名古屋市千種区今池1丁目9−3  052-733-3365


12/6 火曜  ジャズイン ラブリー  http://jazzinnlovely.com

小濱安浩 Quintet feat 細川正彦
小濱安浩(ts) 坂本菜々(tb) 細川正彦(p)島田剛(b) 倉田大輔(ds)
〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜1丁目10−15 052-951-6085

12/7水曜  ディアロード   細川正彦 Solo Piano  http://tomtom.p-kit.com/

 〒538-0044 大阪市鶴見区放出東3丁目20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309 


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月20日

「最近食べた麺 79 坦々鶏そばセット(沖縄そば) 」

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

20-1.JPG


  昨日は、結構湿度が高かったとブログに書きましたが、今日はさらに、、。 一時70%台になりましたが、ほとんど80%台で、今は86%もあります。やっぱりまるで梅雨です。

 今年は、私のようなビギナーではなく、地元の人たちも、いつまでも暑いな、、と思っているようで、いつもは11月も半ばをすぎれば、もう少し涼しいというか、寒くはなるようです。

 今日は気温は昨日よりは低いですが湿度は上に書いた通りなので、エアコンを入れました。 やはり、湿度が下がると、快適ですね、、。作業がはかどります。

 昨日、一部の方から、そろそろ「最近食べた麺」がみたいな、、みたいなご要望があったので、というか、毎日同じようなことをかいているので、今日は、久しぶりに「最近食べた麺」の79回目。前回は11月9日だったので、随分時間が経っていますね。

 先日、文化の日の時に書いたブログで、弁当屋さんが開いていなかったので、沖縄そばを食べた、、ということを書きましたが、今回はその時の麺の話を、、。

 そのお店は、実は沖縄そば屋さんではなく、居酒屋さんなのですが、数ヶ月前から、ランチ営業を沖縄そば屋さんとしてやっています。

20-3.jpeg


 初めて入ったお店ですが、ここの沖縄そばは、いろいろと変わっていました。まず、麺が生麺。

 ここで、沖縄そばの、「生麺」とそうでない「麺」との違いを解説します。

 通常の沖縄そば屋さんでは、あまりこの「生麺」を使っていません。普通の沖縄そばは、工場か、お店で生の麺を茹でて、それを水で洗わず、油をまぶして、放置、というか保存します。それを注文があったら、お湯にいれて、油を落としながら、温めて、スープの入った丼にいれる、、というのが、提供のプロセス。これが、あのごそごそした感触と、粉っぽさのある、食感をだしているんですね。

 これに対して、生麺は、文字通り生の麺を、注文があってから湯がいて、調理します。 茹でる時間がかかるのですが、茹でたての弾力のある感触の麺を食べられます。

 沖縄そばは、比較的早く、ラーメンに比べて注文してから短時間で提供されますが、それは本土のうどんのように、茹で麺を仕入れているところが多いからなんですね。

 そういうわけで、このお店は生麺仕様なので、少し茹で時間がかかりました。ランチ時にこれをやるのは、それなりにお店のこだわりを感じます。

 そして、スープなんですが、これはかなり変わっていました。鶏の出汁なのですが、なんというか、ちょっとドロドロしています。ポタージュみたいな感じ。でも、それほど白濁はしていなくて、透明感はあるんですが、、。

 それもそうなんですが、私の悪い癖で、最初から変わったタイプのメニューを注文しました。「坦々鶏そば」というものですが、出てくると、大量の「肉味噌」とその上にたくさんの「もみ海苔が」、、。

 でも、この肉味噌、ほとんど辛くなくて、上品な味。インパクトはありませんが、それなりに美味しかったです。が、「坦々」というネーミングから、期待した感じではありませんでした、残念ながら。

 セットにしたので、ジューシイという、沖縄の混ぜご飯、もずく酢の物、デザートの「ぜんざい」もついていました。

 印象は悪くなかったのですが、インパクトにかけ、分量も実はいまいち。麺が少なかったです。でも、スープはとても丁寧に採られていて、技を感じました。

 これで、お水じゃなくて、お茶でもあればね、、(⌒-⌒; )。

20-2.JPG


 名古屋と大阪で、CMSレコード主催 ピアニスト細川正彦の演奏があります。

2016年 12/5月曜  バレンタインドライブ  http://valentinedrive.com

小濱安浩ジャムセッション feat 細川正彦 小濱安浩 (ts) 細川正彦(p) 徳田智史( b) 倉田大輔 (ds)
〒464-0850 愛知県名古屋市千種区今池1丁目9−3  052-733-3365


12/6 火曜  ジャズイン ラブリー  http://jazzinnlovely.com

小濱安浩 Quintet feat 細川正彦
小濱安浩(ts) 坂本菜々(tb) 細川正彦(p)島田剛(b) 倉田大輔(ds)
〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜1丁目10−15 052-951-6085

12/7水曜  ディアロード   細川正彦 Solo Piano  http://tomtom.p-kit.com/

 〒538-0044 大阪市鶴見区放出東3丁目20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309 


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近食べた麺

2016年11月19日

雨が、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

19-3.png


 昨日に引き続き、蒸し暑いなか、頑張って作業していますが、夕方近くに、久しぶりに雨が、、。 これで、なおジメジメしてしまうのですが、なんとなく、ホッとしたりしています。

 それにしても、日が暮れても27℃、湿度は80%近くありますので、ちょっと体を動かすと、汗が吹き出ますね、、。本来ならもう11月も後半に入っていますので、冬が近い、という感じなのでしょうが、毎度書いていますが、ここは沖縄ですから、全然寒くない、、どころか、まるで梅雨みたいな気候です。

 やっぱり、こう言う気候が続く、という環境にいたことはありませんから、身体はびっくりしているような気がします。べつに体調が悪い、、ということは、全くありませんが、、。

 そしていつも書いていますが、これから真冬になって、本州とか、九州に仕事に行った時には、ものすごく寒い思いをするのでしょうね、、(ー ー;) 。 まあ、寒いのは、近年とても苦手なので、寒くないのはありがたいのですが、しばらく、カラッとした天気が続いたので、このジメジメは応えます。

19-1.jpg


 先日から、作業は佳境に入っている、、と書いていますが、これがなかなか難攻不落な状況で、一曲ずつがなかなか終わらない。これで、寒いととこで、暖房でもしながら、作業していたら、辛いだろうな、、と思いながらも、今日の梅雨みたいな天気も、それなりに、イライラします。

 細かい作業というか、繊細な細かなところをよく聞いて、音質を調整していますので、ジメジメしていると、つい集中力が散漫になります。 昨日はエアコンを入れるのを我慢しましたが、こういう気候が続くなら、あんまり我慢しないで、エアコンを入れて、快適な空気の中で、作業すべきですね、それでなくても、最終段階の、とても大事なところにきているんだから、、。

 ところで、最近よく、夕焼けの写真をブログに使っていますが、もう随分と、生で夕焼けをみていないな〜ということに気付きました。 今日の一番最初の夕焼けは、多分もう何年もまえの冬の福岡で、撮影した、夕焼けの写真です。

 ブログで使えるような、写真を撮れるような「旅」に出たいのですが、なかなか余裕がありません。

 来年こそは、、行くぞ、(^-^)/。

19-2.jpg


 名古屋と大阪で、CMSレコード主催 ピアニスト細川正彦の演奏があります。

2016年 12/5月曜  バレンタインドライブ  http://valentinedrive.com

小濱安浩ジャムセッション feat 細川正彦 小濱安浩 (ts) 細川正彦(p) 徳田智史( b) 倉田大輔 (ds)
〒464-0850 愛知県名古屋市千種区今池1丁目9−3  052-733-3365


12/6 火曜  ジャズイン ラブリー  http://jazzinnlovely.com

小濱安浩 Quintet feat 細川正彦
小濱安浩(ts) 坂本菜々(tb) 細川正彦(p)島田剛(b) 倉田大輔(ds)
〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜1丁目10−15 052-951-6085

12/7水曜  ディアロード   細川正彦 Solo Piano  http://tomtom.p-kit.com/

 〒538-0044 大阪市鶴見区放出東3丁目20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309 


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月18日

蒸し暑い!。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

18-1.jpeg


 昨日からなんですが、今日もなんだか蒸し暑い。昼間はまだ良かったんですが、夜になって、湿度は80%近くに、、、。

 これで、気温が低ければそれほどでもないのでしょうが、昼間も28℃を超えましたが、夜も25度以上ありますので、真夏というか、梅雨の頃の天候を思い出します。黙っていても、動かなくても、なんとなく肌がジメジメとして、不快な感じ。エアコンを入れるのもなんだか気がひけるし、ナンダカナ〜、、という今晩の気候です。 なので、昼過ぎに干した洗濯物がまだ乾いていません。

 このままにして、夜中に雨でも降ると、台無しなので(結構何回かやられました)、そろそろ生乾きですが、取り込んで、部屋に干そうかな、、。

 しかし、こんな気候のなか、そろそろ、忘年会、、なんていう話がでていますが、なんともリアリティーがない、、(・・;) 。

 こんな感じで、いつものように気象の話を書いていますが、ミキシング作業ばかりで、頭がボーッとしているので、他の話題が見当たりません。 困ったな、、。

 そんな感じなのですが、今日は昼間気分転換に、午前中にカメラを持ってお散歩に、、。その時に撮った写真が、このブログの、2枚目と3枚目。

18-2.jpeg


 2枚目の方は、信号機ですが、今日は裏側から、、、って、これじゃなんだかわかりませんが、信号フェチみたいに、最近なってきているので、たまには裏側を撮ってみようということで、この写真なんですが、これって面白いのかな、、?。 世の中に信号フェチみたいな人がいる、ということは最近知りましたが、信号の裏側フェチという人は、多分居ないでしょう、、?、いるかな、、?、どうかな?。

 ド〜でもイイ、、?、ですね、( ^ω^ ) 。

 そうして、3枚目の写真は、これビルの植え込みから生えている、白のブーゲンビリア。 これは、ほんの一部で、茎が何本あるのかわかりませんが、ものすごい量の花なんです。
 なんか、花が多すぎて、まるで、桜みたいですね。4階建のビルの壁一面にビッシリとブーゲンビリアの花が。こんなにたくさん街の中に咲いているなんて、初めてみました。

 このブーゲンビリアの写真を何枚か、上を向いて撮っていたら、珍しく道を聞かれました。観光できた人みたいでしたが、沖縄そばやさんを探しているということで、私の知らないお店だったのですが、方向だけ教えて差し上げましたが、無事ついたかな、、。

 ブーゲンビリアと言えば、先日赤い(ピンクの)花が咲いている群落を見ましたが、先の方だけ白い花が咲いていたのですが、同じ茎からいろんな色の花が咲くこともあるのでしょうか?。

 不思議だな。

 
18-3.png


 名古屋と大阪で、CMSレコード主宰ピアニスト細川正彦の演奏があります。

2016年 12/5月曜  バレンタインドライブ  http://valentinedrive.com

小濱安浩ジャムセッション feat 細川正彦 小濱安浩 (ts) 細川正彦(p) 徳田智史( b) 倉田大輔 (ds)
〒464-0850 愛知県名古屋市千種区今池1丁目9−3  052-733-3365


12/6 火曜  ジャズイン ラブリー  http://jazzinnlovely.com

小濱安浩 Quintet feat 細川正彦
小濱安浩(ts) 坂本菜々(tb) 細川正彦(p)島田剛(b) 倉田大輔(ds)
〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜1丁目10−15 052-951-6085

12/7水曜  ディアロード   細川正彦 Solo Piano  http://tomtom.p-kit.com/

 〒538-0044 大阪市鶴見区放出東3丁目20-21 コンビビル4F TEL 090-8141-7309 


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月17日

季節感

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

17-3.JPG


 毎日ブログを書いていますが、沖縄に来てからは、とりあえず最初に天気とか、温度の話を書きますが、これ、ワンパターンで、ちょっと、いや、かなり、マンネリなんですが、なんとなく書いてしまいます、(⌒-⌒; ) 。
 今日の最低気温は23度、最高は、26度でしたので、いつも通りの少ない寒暖差。これって、体が楽だ、、といつも書いていますが、ここのところ涼しいので、少しだけ厚着をしていると、体を動かすと、汗ばみます。

 「なんか暑いな、、」と思うわけですが、この服装の加減が、結構難しいですね。本土でいうところの、春先や、秋口に服装に困りますが、そんな感じです。

 でも、不思議というか、こちらではちっとも不思議ではないのかもしれませんが、「秋」という認識は皆さんあるあるみたいで、コンビニでは10月くらいから、おでんを売り始めていました。でも、そのころは、まだ気温は30度くらいあったんですけどね、、。

 この気候で、「おでんは、いらないだろ、、」と思って見ていたのですが、結構売れていました。本州や、九州では、おでんで温まる、、ということなはずなんですが、どうも、そうではないらしいですね、、。

17-2.jpeg


 私は、季節によって、特に、聴く音楽は変わらないのですが、ミキシングの方は、真夏の気候の時にはじまって、少し涼しくなりはじめたので、作り上げる音の調子がそれに影響を受けたりするのかな、、ということを考えます。

 今年の四月にこちらに来たばかりの時に、やっていた仕事は、途中まで、九州でやっていましたが、やはりこちらに来てからは、サウンドが変わった気がしたので、もう一度最初からやり直しました。

 季節感というものは、実はその地方によって、随分ちがいがあり、今までの人生経験上、「こういうものだ」という価値観が出来上がっていますが、それはあくまでも、経験則によるもの。南半球では、クリスマスには、真夏ですが、別にそれに違和感を持っている人はいないわけで、もしかしたら、沖縄の人も、まだまだ暑くても、10月になったから、そろそろコンビニの「おでん」が食べたいな、、と思っている人が多いのかもしれません。

 そういうはなしでは、私が聞いて、びっくりしたのは、沖縄の人は、気温10度代になると、ダウンジャケットを着たりするらしいです。ダウンといえば、極冬の地とか、かなり寒くなってから着るという風に思っていましたので、沖縄でダウンを着るということも驚きましたが、こちらでは、10度台の気温というのはかなり寒いという部類にはいるので、そこで、ダウンということになるのかもしれませんが、12〜3度で、ダウンとか着たら、汗ばんでしまうと思うのですが、、。 

 私もそのうちに、そんな感じになってしまうのでしょうか?。いろいろたくさん着なくても冬を越せると思っていたのにな、、。

17-1.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月16日

「恋」じゃなくて、、(^ ^) 。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

16-3.jpeg


 今日は11月の16日で、すっかり秋、というか、もう冬という時期なのですが、当然のことながら、沖縄の気候では、そういう感じはしません。数日前は28℃まで、気温が上がって、最近は随分涼しくなってきたな、、と思っていたので、余計に暑く感じました。

 っていうか、やはり、この気候で、「11月も半ば過ぎました、、」と言われても、全然そういう感じがしませんが、あと1ヶ月しないで、街にはクリスマスツリーが出てくるわけですが、なんとも不思議な感じ。

 今日の気候は気温が23℃〜25℃、湿度が50〜70%くらい。 まあ、なんとも快適でした。しばらく雨らしい雨は降っていません。

 もうず〜っと夏っぽい気候の中に、半年以上いるのですが、そういう経験は初めてなので、本当に不思議な感じがしますが、気温が25℃を下回るようになってきたら、体感上は、やたらと涼しく感じます。っていうか、全くの夏服なので、少し寒さを感じるのですが、24とか25度で、寒さを感じるという感覚が、生まれて初めての感覚です。
 他の場所から今の季節きた人は、「やはり沖縄は暖かいですね、、」となるのでしょうが、こちらの人たちは、「随分涼しくなって、最近は寒いくらいです、、」という感覚で、随分ちがう感じ方なのですが、それは、各々の人たちには相容れない感覚なんだと思います。

16-2.jpeg


 ミキシング作業も佳境に入っており、いつも夜の7〜8時頃にブログの更新をするのですが、作業があるので、ついつい遅くなってしまいます。昨日は「愛」なんていうタイトルで、ブログを書きましたが、その「愛」、、というのは、恋愛という意味ではなく、食や仕事に対する「愛」の話だったわけですが、「愛」、、というタイトルで、、「いったいどんな内容なんだろう、、」ということで、読んでしまったひとがいたみたいですね。

 というわけで、今日は、「恋」というタイトルにしようかな、、(⌒-⌒; )、、なんて嘘ですが、なんかそういうタイトルにしましょう。

 やっぱ、タイトルって大切なんですね、、。 前にインターネットの調子が悪くって、ブログの更新がうまくできなかったときに、「お詫び」というタイトルで、ブログを書いたら、「いったいどうしたんだ、、?」と思って、思わず読んでしまった、、という方がいらっしゃいましたが、、。 あんまり、タイトルとか、どうでも良い!、、と思っていたのですが、どうでも良いわけはありませんよね。

 ちなみに、小説とか、CDアルバムとかのタイトルは購入する立場から言わせて貰えば、全く気にしない、というか、何回も騙されているので、タイトルで作品を選ぶということは、私の場合ありません。

 自分が制作者の側に立つと、タイトルって、ほんとつけるのに苦労するんですよね、、。それから、あんまり意味がないタイトルというのもお座なりな感じがしていやなのですが、どうしても困った時って、そんなタイトルにしてしまう人もいるのかなと思ったりしますが、、。

 ちなみに、なかなか出せない、当CMSレコードの新作は、タイトルだけは決まっていて、「Quiet Places(仮題)」なんですが、穏やかな気持ちになる場所、、みたいな意味で、主催細川が決めました。

 一応これは、意味がありますね、、。 早くでないかな、、(^ ^) 。

16-1.jpeg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月15日

「 愛 」

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

15-3.jpeg


 11月も半ば近く、今年も残すところあと1ヶ月半ですね。

 「食」への「愛」みたいなものが、大切なんだ、、ということを昨日書きましたが、なんの仕事でも、そういう気持ちが大切なのかもしれません。

 口に入るもの、体に入れる、「食べ物」を造るということは、単に満腹にすれば良い、、、というだけではなく、味わってもらいたい、味を楽しんでもらいたい、、といった、受け手の「幸せ」を考えて、造り手が手を動かしているということがとても大事。 喜んでもらいたい、という心意気みたいなものが無い、、言い換えれば「愛」を感じない料理には、虚しさを感じます。

 作る側、特に仕事で、料理を提供する側からすれば、限られた時間、予算などの他に、作る手順などの諸々を鑑みて、献立を考えると同時に、それを食べる人が、どんな気持ちになるのか、、ということを想定して、量や、見かけ、値段などを決めているのだと思います。
 それは、その人それぞれの今までの経験が生み出す、料理というよりは、それまで歩いてきた道が自然と反映される、「作品」である、という意味において、音楽や、その他の「芸術」という言葉を使うと語弊がありますが、出来上がる「物」には個人の考え、思想などが反映され、それを受けとった人間の心に、なんらかの感覚を芽生えさせるものなんだと思うのです。

 これが、企業が造り出すもの、マーケティングリサーチのデータをもとに、複数の人が会議を重ね、どうしたら、お金になるか、、ということを一番の優先順位にすえて開発したメニューというか、商品というものは、それが、大量仕入れによって、良質な材料を市販より安価に手に入れて、他では真似のできない程、優れた品質の物を創り上げたとしても、それは所詮企業活動がつくりだす、商品でしかなく、けして「作品」には、成り得ないばかりか、それは、人間が有史以来培ってきた、食文化そのものを、冒涜するものである、、、と私は考えます。

15-2.jpeg


 残念ながら、そのようにして、生み出された商品は、世の中に溢れており、そうでないものと、そういうものの違いを感じることができる人も少なくなってきていて、そういう企業活動中心の価値観が、飲食業界や、家庭においても、当たり前のように受け入れられてしまっているということは、昨今の不況下において、残念ながら、受け入れざろう得ないような風潮があります。

 「愛」の無い食べ物を日常的に受け入れることによって、知らず知らずのうちに、それに慣れてしまい、「愛」の存在を忘れる、、そのことによって、人間の尊厳を失うことになっているのでは、、、という疑いを、いろいろな事情で商品を受け入れている人たちは、少しも想像してはいない、、ということが大きな問題なのではないのかな、と思います。

 いつも、食い意地を張った話を書いていますが、それは、ここで、カッコをつけるわけではないのですが、単なる食い意地ではなく、食文化を愛する気持ち、企業活動とは関係無い、職人の気持ち、心意気の存在を、少しでも皆さんに考えてもらいたいという思いから、私の心が書かせている文章なんですよ、、(ホント?)。

 「 愛 」というタイトルで、珍しく「恋愛」の話でも書くのかな、、と思っていた方がいたら、申し訳ありませんでしたm(_ _)m。

 そんなこと、ここで書くわけないジャン!!。 ナンダカナ、、(⌒-⌒; )。

15-1.jpeg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月14日

「昨日書こうと思っていたこと、。未知の食べ物。」

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

14-1.JPG


 昨日のブログの文章の最後に書いていた通り、昨日は仕事の話をちょっと書いて、それから、本題に行こうと思っていたのですが、それが仕事の話だけで終わってしまっていました。

 それで、数日前のブログで、「ラー油蕎麦」というものの、話を書いたわけですが、こういうまだ、食べたことない食べ物を知ると、他に楽しみがないので、とってもワクワクします。

 今までにどんな食べ物の名前や、その情報を知って、ワクワクしたかというと、「汁なし担々麺」「冷やし担々麺」、「あんかけスパゲッティー」、「スープカレー」とか、「沖縄のちゃんぽん」も、初めて人から聞いた時、とってもエキサイトしました。一体どんな風に作っているんだろう、味はどんな感じなんだろう、、とか、、。

 そこそこの歳なので、それなりの時間を過ごしてきていて、いろいろな食べ物を食べていますが、地球上のものをすべて食べた、、、ということはないにしても、国内に関しては、もうあんまり知らないものは無いのではないのかな、、?と思っているオヤジなわけですから、知らないもの、まだ食べたことがないものを知ると、とても興味がわきます。

 きっかけはどうであれ、それを知って、実際に食べてみた結果、「たいして美味しくなかった」ということになっても、それはそれで、食べるまでに相当盛り上がれたのだから、良しとしますし、それが美味しくて、「こんな食べ物があったんだな、、」と驚愕できれば、それは、幸せの極みなわけです。

14-2.jpeg


 フランスの食通の大家と言われた、ブリヤ・サバランが、「新しい星を発見するよりも新しい料理を発見するほうが人間を幸せにするものだ」、つまり「、美味しい食べ物の発見は、新しい天体の発見にも勝る、、」みたいなことを本に書いていますが、本当にそう思います(本気 (⌒-⌒; ))。

 あと、知っている食べ物でも、味や、美味しさ、スタイルなどが、予想と違う、、というものに出会った時も、なんか嬉しいです。 盛り付けが違う、、入っている材料が、意表をつかれたとか、まあ、簡単に言って仕舞えば、変わっていれば、面白いというか、楽しめるんですよね、、。その上美味しければ、それを発想したひとや、調理した人は、賞賛に価すると思うわけです。たとえ、美味しくなくても、平凡なよりはマシ。

 なので、一番つまらない、よくないのは、ありふれていて、大してインパクトがなく、旨さも少ないものです。これはもう、人生損した感じがします。「あ〜時間の無駄だったな、、」と思ってしまい、やるせない気持ちになります。

 これは、期待して買ったCDアルバムが面白くなかった時と似ていますよね、お金を出して手に入れたものが、自分を満足させてくれなかったと、、。

 この、食べ物の味などを、どう感じるのか、ということは、こちらの今までの経験や、その時の気分にも関係があると思いますが、やはり一番は、作り手の気持ち、コンセプト、、究極的には「食」への「愛」みたいなものが、大切なんだと思うんですよね。

14-3.png


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月13日

悩みの種 。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

12-3.jpeg


 今取り掛かっている仕事も、だんだん佳境に入りつつありますが、音質の調整というところでは、いつもと違う場所、違う機材での収録である、、ということから、とても新鮮なのですが、その分仕上げに時間がかかる、、。いつも音楽の内容を一番に考えているということは、間違い無いのですが、その前に「あ〜こういう風な音に録れてるのか、、」という風に、素材の段階でいろいろと、勝手が違う。

 それから、楽器の違いもあります、一番はピアノ。 東京のスタジオのピアノはサイズが小さく、調律もいつもと違う。 いつも頼んでいる調律師さんにお願いしようと画策しましたが、スケジュールが合わず、、。今回使ったスタジオのピアノは特に状態が悪い、、ということではないのですが、いつも使っているのは、フルコンという一番大きなサイズであると同時に、音の面で、いろいろとメインテナンスに気を使っているので、全くと言って良いほど、違う音。 それから、今回は、何回か書きましたが、エレキギターという代物が、、。

 そればかりではありません、ピアノの入っている曲もあるのですが、ピアノではなく、ハモンドオルガンの曲もあるのですが、これがまた曲者。 ハモンドは、去年の仕事でも録音しているのですが、もちろん今年のものは、場所がちがうので、音も全くちがいます。これは、本体だけではなく、レズリーという専用のスピーカーシステムも関係してくるので、これまた音の面でいろいろと難しさがあります。

13-1.jpeg


 それらの諸々に、やっと慣れ始めての作業ですが、決めている終了期日が迫っている割には、まだ、曲のひとつひとつの音質がそろっていません。 大きく分けて二つの編成なのですが、デュエットもあったりして、それぞれにミキシング作業をしていますが、同じアルバムに入るということを考えると、各曲の音量や、音質をそろえなければなりません。いわゆるマスタリング作業的な事も、ミキシングと並行してやるわけですが、、。

 実は、同じ編成でも、エレキギターが、ディストーションをかけて、「ぎゃ〜ん」みたいな曲もあったりして、それぞれ音質が随分ちがうので、それが悩みの種です。

 いろいろ、泣き言を書いてきましたが、唯一の救いは、気候が良いこと。 湿度が低く、気温は日本の平均的な温度にくらべ、はるかに暖かく、窓を開けて心地よい風を感じながら作業ができます。

 今日の沖縄地方は、珍しく気温差があり、その幅は21〜27℃の6度くらいで、いつもの4度よりは幅がありました。最高は27℃ちょっとありましたが、その時は昼まで、湿度が低かったので、「暑い」という感じはしませんでした。いまがもう11月半ば近くということを考えると、これは沖縄ならではですよね、、。

 アメリカのカリフォルニアとかもそうなんでしょうか。 天気もしばらく良いので、快適ではあります。沖縄は11月が一番良いかもしれませんね、、。こんなに湿度が低くなるとは思ってもいませんでした。

 実は、今日は全く違う話を書こうと持って書き出しましたが、内容が全然違うものになってしまいました。タイトルを書き換えて、アップします、、 ^_^; 。

13-3.JPG


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月12日

気になる存在。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

12-1.jpeg


 仕事が忙しい時って、頭がフル回転していますが、そういう時って、ただでさえ、忙しくてパニック状態なのに、いろいろな、仕事と関係ないことが頭をよぎって、集中できないことがあります。

 今気になっているのは、まあ、これは、「なんだ、そんなこと気にしているの?、、アホか、、」と思われてしまうかもしれませんが、ある麺のこと、、。

 それは、先日 Facebook 上で見た、「ラー油蕎麦」なるもの、、。

 これ、今回初めて知った料理(?)で、簡単にいうと、日本蕎麦の麺に蕎麦の汁にラー油が入ったものにつけて食べる、、という、なんとなく味は想像がつくのですが、食べたことがない、食べ物。

 どうやら、東京を中心にここ5〜6年流行りつつある、ものだそうで、まだまだマイナーなのだそうですが、一部では強く支持されていて、チェーン店も存在するのだそうです。単にソバをお汁に付けるだけではなく、かけるというか、ぶっかけうどん的なものもあるらしいのですが、なんだか気になる、、。

 その存在を知っていたら、この間東京に行った時に、食べたかったな〜、、と思ったわけですが、、。

12-2.jpeg


 「ラー油蕎麦」の基本スタイルは、器に盛った茹でて洗った蕎麦に、調理した肉と、もみ海苔と、切りゴマがたくさん、、。それを、ラー油のはいった、日本蕎麦の出しにつけて食べて、それに生卵をいれたりとか、そばつゆに、とろろとかが入っていたり、カレー味だったりする、ということなのだそうですが、さっきも書きましたが、味は余裕で想像できるんですが、食べたことがないので、気になってしょうがない、、というこなんです。 
 
 まだ、きちっと調べてませんが、多分沖縄とか、九州ではまだ食べられない、、というか、上陸していないんだと思うのですが、、。 だいたい福岡とかの場合、政令指定都市で、人口が多く、そういった新規参入の飲食店がいち早くできそうな感じなのですが、実は、味覚に関しては、かなり保守的な土壌があり、なかなか、その手のお店はできても難しくて、直ぐに潰れてしまうということも多いんですよね、、。

 ラーメンの世界では、福岡は、超豚骨王国で、いろいろなところから、名店というか、有名店が乗り込んでくるのですが、早いところでは半年、頑張っても、5〜6年で、撤退、、ということがよくあります。

 なので、この「ラー油蕎麦」のお店が登場するのははまだまだ先の話だと思うんです。 もしかしたら、沖縄の方が先かな、、?、でも、日本蕎麦を食べる習慣がない地域ですからね、、。

 ラー油蕎麦、、皆さんは食べたことあります、、?。

 なんていうことを、仕事の合間に考えて、妄想しているわけですが、、ブログも書いたし、そろそろ仕事に戻りましょうかね、、♪(´ε` ) 。

12-4.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月11日

ジャスギターの音

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

11-3.jpg


 今日の沖縄地方は、曇っていたのですが、なぜか、空気はものすごく乾いていて、カラッとしていました。

 どのぐらい乾燥しているのかな、、と思い、調べてみたら、昼過ぎになんと、42%しか湿度がありませんでした。一瞬何かの間違いかな、、と思ったのですが、実際にそういう湿度で、ひがくれて、夜の9時すぎでも、60%をきりそうです。温度も、最高で、24度位しかまで上がりませんでしたから、かなり快適、、、というか、今日は恐らく、日本で一番過ごしやすい気候だったのではないのかな、と思いました。

 昨日は一昨日のブログの続きと称して書き始めたのですが、ジャス・ギターの録音の仕方の話を書いているうちに、結局書きたいことが書けずに、かなりの文章量になってしまいました。

 一体何を書きたかったのかというと、打ち合わせで行った喫茶店でかかっていたギターデュオの音源、それは割と最近の録音だったと思うのですが、二人のギター奏者の音色や、セッティングは、ずいぶん違いますが、それぞれの個性の違いがうまく表現されていました。

 つづいてかかった音源は、ガット・ギターと、エレキ・ギター(フルアコ)のデュエットでしたが、ガット・ギターはマイクで収録した生の音、エレキ・ギターはアンプにマイクを立てたもので、これもかなり新しい録音に感じできいていました。

11-2.jpg


 しかし、しばらく聞いてみると、それは以前聞いたことのある音源であることを、思い出しました。よくよく考えてみると、その音源は、それほど新しいものではなく、70年代のもの、、。でもちっとも古臭い音ではないんです。それどころか、その前に聞いていたギターデュオの音源より、なまなましく、ナチュラルな音なんです。

 ここで、感じだ、というか、気がついたことは、ジャスギターの音というものは、他の楽器の録音に比べ、時代がわかりにくいというか、使っているギターアンプの作られた時代や、それが新しいものでも、中身の回路がかなり昔に考案されたもの、もしくは、それを模したものが多いので、録音されたものを聞いただけでは、音質から録音された時代を簡単に推測しにくい、、というところはあるいということです。

 ギターアンプからでる音は、高い周波数の倍音が偏っている、というか、ある程度以上の周波数はカットされてしまっているので、他の生の楽器のように、音がくっきりしている、抜けが良い、、などの特徴がわかりにくいのですが、これは、音を造る側から言っても、音質のキャラクターを決定することが、かなり難しいということなんだと思います。

 今取り掛かっている、音源はまさに、そのエレキギターが入っており、その辺のことには、かなり注意て作業しなくては、、と思ったわけですが、具体的にはどうしたら良いのか、、 (´Д` ) 。

 まあ、方向性はもう、決めているんですけどね、、、(^。^;) 。

11-3.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz

posted by えんこみ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月10日

仕事の話というか、一昨日の続きというか、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

10-1.jpeg


 昨日は「最近食べた麺」で、一昨日書いていた話が中断してしまったので、その続きみたいな感じで、書こうと思うわけですが、その話はどういう話かというと、打ち合わせで行ったジャズをかけている喫茶店で、かかった音源、それは、ギターデュオの音源なのですが、一つが割と最近のもので、以前聞いたことがあったものですが、演奏は素晴らしいと同時に、当然私の仕事柄、録音の音質にも耳が行きます。

 経験的に、ギター、それも、アンプを使ったギターの録音は、他のアコースティック楽器と違い、いろいろと、コツがあるというか、難しいところが、いろいろあります。純粋なアコースティックギター(クラシックとか、フォーク鉄弦ギター)なら、ある程度、演奏している人が出している音を、ナチュラルに、、という大命題をクリアすれば、ある程度うまくゆくのですが、「アンプ」つまり、いわゆるギターアンプを使って演奏している場合は、そう簡単にはゆきません。

 それと、そういうギターアンプを使ったギター演奏、、つまり、エレキギターを、アコースティックのベースとか、ピアノとか、ドラムとアンサンブルを組むとき、というか、録音して、そういうアンサンブルをミキシングで再現しなければならない時は、アコースティック楽器だけのバンドにくらべて、いろいろ勝手が違います。

10-3.jpg


 「いや、そんなの、ギターアンプの前にマイクを立てて録音すれば良いんじゃないの?」と思う方がほとんどだと思うのですが、もちろん、ギターアンプの前にマイクを立てて録音をするんですが、その音をどういう風に調整するのか、、ということが、いろいろと悩みの種なんですね、、。

 ジャズギターの場合は、古いスタイルなら、必ずしもアンプやエフェクターではリバーブはかけない、いわゆるナチュラルなサウンドなわけですが、少し現代的なジャズギターの場合、いろいろなエフェクターや、リバーブ、場合によってはディストーションをかけたり、する場合が多いのですが、これらの、いろいろな、場合によっては曲よって、大きく異なるサウンドを、バンドの中でどういう風に、まとめるか、、ということは、なかなか大変な作業なんです。

 一つの曲の中でいろいろな音が出るということは、それほど多くはありませんが、曲によって全くサウンドの違うギターの音を、一つのアルバムの中で、どのように違和感なく、共存させるか、、というところが、腕の見せ所なのですが、それが、結局、大きな労力を要する作業になってしまうわけなんですね。

 と、ここまで書いて、「ジャズをかけている喫茶店で、かかった音源」の話をほとんど書いていない、、、。

 続きは明日で〜(⌒-⌒; ) 。

10-2.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月09日

「最近食べた麺 78 醤油ラーメン 」

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

9-1.jpeg


 今日は久しぶりの「最近食べた麺」。音楽CDのレーベルのホームページの中にあるブログですが、たまに「麺」の話を書いています。前回が10月の24日でしたから、二週間以上振りの「最近食べた麺」ということになります。前は、週一くらいのペースで書いていたと思うのですが、なぜか、最近は間が空くことが多いですね、、。

 これは、沖縄に、うどんや、そばが、ほとんどない、、ということとは無関係ではないのかもしれません。

 ところで、今日の麺は、先日九州に行った時に食べた麺です。最近はめっきり一緒にお昼をたべる機会が少なくなった、福岡在住の、麺友、ブルースバカ一代主宰のNさんと、ラーメンを食べてきました。

 Nさんのすごいところは、どの時間、どの辺りで、どんなものを食べたいのか、、とうことを、告げてお願いすると、まるで、データベースを優秀なコンピューターで、検索したように、素晴らしい回答をだしてくれることです。 これは、私の好みとか、今の気分とか、そういうことまで加味して、検索してくれますので、本当にありがたいことです。

 その日は、せっかく九州に来たのだから、「ちゃんぽん」でも、、ということで、最近おすすめの、醤油味のちゃんぽんを食べさせてくれるところに、行くことにしていたのですが、お店の前までくると、、、。

 「売り切れ」、、ということで、「え〜、、」という感じだったのですが、そこはNさん、頭の中に素晴らしいデータベースと、優秀な検索エンジンがありますから、少しも慌てず、、「この近くだと、あとは、あそこと、あそこがありますけど、どうしますか?」っと、すぐに代替案が出てきます。

9-2.jpg


 ちゃんぽんは、醤油味を想定していたので、それではそのかわりに、「醤油ラーメン」を、ということになったのですが、彼の先導の元、向かっているお店は行ったことはありませんし、説明されてもイマイチどこだかわかりませんでした。 ついてみると、昔はよく通った裏通りで、そこには、まだ一度も入ったことはありませんが、確かに中華料理屋さんが、、。

 ここは、いままでに、数百回は通っている道ですが、なぜか、というか、何気に避けていたおみせでした。その理由は、お店の前を通ると、とても強い豚骨臭が、、。定食をやっていたり、出前もしているいわゆる、典型的な九州の中華料理やさんで、こういうお店でラーメンを頼めば、ほぼ間違いなく、普通の豚骨ラーメンがでてきます。

 こんなところに、醤油ラーメンがあるんですか、、?と訝しげに思いながら、店の中に進むと、お昼時なので、ほとんどの人が定食を食べています。 

 出てきたラーメンは一番上の写真。 豚の背脂が入っていて、麺は細めの縮れ麺。 見かけは、なんというか、東京の人しか知らないと思うのですが、恵比寿の「香月」のラーメンみたいなルックスです。チャーシュウの形まで似ています。 でも、食べてみると、味は全然ちがいました。なんというか、例えようもない、いままでに食べたことがないタイプの味でした。 出汁は、豚のガラだと思うのですが、鶏系の香りとか、油もあんまり感じません。 にんにくチップみたいなものが、写っていますが、あれは、フライドオニオンでしたが、よく混ぜてたべると、癖のある、豚ガラスープによく合っていました。

 いろいろなラーメンを食べてきましたが、今までのどんなラーメンにも、全く似ていない味で、ホント不思議な感じでした。でも、豚骨ラーメンの味もしないんですよね、まあ、醤油ラーメンだからなんでしょうけど、でも、醤油の味も、ほとんどしないんです。

 ホント、こんなラーメンは初めて、、。しかし、Nさん、ホントいろいろなお店とか、麺とか知ってますね、、^^; 。

9-3.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近食べた麺

2016年11月08日

戻りました。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

8-1.jpeg


 九州から、今晩遅くに戻りました。秋を通り越して、冬みたいだ、、という話を事前に聞いていたので、少し覚悟して渡った九州でしたが、3日間のうち、初日の昼間は、秋にしてもちょっと暑い位でした。

 「なんだ、暑いじゃないか、、」と思いましたが、よるになると、それなりに冷えて、沖縄では体験できない温度差を感じました。

 昨日はオーディオショップの話を書きましたが、普段自分の仕事場いがいで、あんまり意識して音楽を聴くことは、ほとんどないのですが、それ以外にも、何故か打ち合せでいった、ジャズ喫茶で聴いた音源で、考えさせれることもありました。

 まず、オーディオショップでは、CMSレコードの3枚目の、ピアノトリオアルバム、Songs and Etudes を、視聴用に使って下さっていたのですが、久しぶりに聴いた、自分が録音し、ミキシングした、作品は、不思議と自然な空気の流れと言うか、ナチュラルなサウンドとともに、音楽的な、解放感を感じる、音でした。

8-2.jpeg


 3枚ある、ピアノトリオのアルバムでは、一番ジャズスタンダード寄りでない内容で、一般的な、ジャズスタンダードファンには、理解してもらいにくいであろう、という想定をしている作品なのですが、オーディオシステムの試聴用に使って頂いた結果、オーディオショップに、来られたお客さんに、私の、想像を超えるアピールをして、それなりの枚数をご購入いただいた、ということは、想定していないことでした。

 普段の生活の中で、自分なりに考えること、経験的に出来上がっている、価値観というものは、それ自体にある程度、根拠があるものと考えますが、それが、単なる固定概念でしかないのでは、、と言う驚きは、やはり、普段と違う場所、地球上の異なる、座標軸に立たなければ、知りえないこであるのかも知れないと、今回感じた次第です。って言うか、何だかマジメ腐った、分かりにくい文章を書いていますが、これも、居場所を移動した効果なのかな、、(^-^) 。

8-3.jpeg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月07日

福岡のオーディオショップ。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

7-1.JPG


 昨日のブログに、ちょっと書いた、九州福岡のオーディオのお店、、。 

 普通、オーディオのお店の名前は、◯◯オーディオとか、何か、横文字で、カッコ良さげな名前が多いと思いますが、そこは、店主の名前の名字の後ろに、「その」という漢字が、、。ちょっと変わったお店の名前です。

 今までに何度も、このブログで、私は、オーディオショップは醜悪なものであり、音楽を愛する気持ちとか、楽しむ心とは、かけはなれた、どれだけお客からお金を巻き上げられるか、、どれだけ機器を買い替えさせられるか、、?、というところに、主眼をおいて、詐欺ギリギリの営業をしているところが多い、、というところが多過ぎる、、ということを書いて来ました。

 この、私が昨日行ったオーディオのお店は、名前も変わっていますが、内容も、他のオーディオのお店とは一線を画す、存在感があります。

 どういうところが他と違うのかというと、、店主や、その他のスタッフが認めたもの、気に入った商品、音楽を楽しく聴ける機器だけをお客さんに勧めている点です。

 私がいつも、音楽そのものより、機器をとっかえひっかえして、お金を使うのが好きなのが、オーディオマニアの大半の人達ではないのか、、ということを書いていますが、こちらのお店のお客さんには、そういう人が、他のお店よりは少ないのではないのかな、、と思います。

 そして、お店が、お客さんに対して、良い音楽を良い音できいて、より楽しむ為には、どうしたら良いか、、ということを、真剣に提案しているというところがこの業界では異色な存在なのでは、ないのかな、、と思うわけです。

7-2.JPG

 
 そういうわけで、時々、作業中の音源を持ち込ませていただいて、試聴させて頂いたり、最近の気になる新商品をチェックさせて頂いたりもするわけですが、私自身は、エンジニアではありますが、オーディオマニアではないのですが、それなりに勉強になることが、ここにくると、結構あります。

 昨日は、いつも通りのいろいろな話もしましたが、帰り間際に、最近では珍しい、日本製の新製品のスピーカーを試聴させていただきました。

 これが、予想に反して、とても興味深い製品で、一般に、海外の製品にくらべて、劣っていると、いわざろうえない、国産のスピーカーの音質を、遥かに凌駕する実力でしたが、それ以上に、面白いなと思ったのは、メーカーの人が、お店の方針に賛同して、発売前の製品を、特別にいち早くお店に運び込み、試聴できる様にしてくれていることでした。

 このお店で扱っているスピーカーは、海外のごく一部のメーカのものが中心で、そのブランドを押していて、他のものは、ほとんど展示すらしていませんが、今回のその国産メーカーの製品はメインの場所にしっかりと鎮座していました。 日本のメーカーも、やればできるじゃないか、、と言える素晴らしいスピーカーでしたが、値段もそれないりに良いお値段でした。

 アンプや、その他の製品も、絞り込んだメーカーしか置いていない、個性の強いショップですが、CMSレコードのアルバムをオーディオの試聴様に使って下さっているばかりでなく、オーディオのお客さんにも、勧めて下さって、販売もして下さっています。

 早く、CMSレコードの新作を、試聴用に使って頂きたいのですが、なかなかリリースできません、、。

 ナンダカナ、、(^。^;) 。

7-3.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月06日

時間ができたので、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

6-1.jpg


 実は今日は朝の飛行機で、九州へ、、。 色々打ち合わせとかが、あって来たのですが、本日の分は、いろいろあって順延してしましました。安い航空券(LCC)、なので、変更すると、手数料がバカにならないので、それでも、予定どおりに来たので、時間はあったので、販売用にCMSレコードのCDを置いてもらっているオーディオショップに顔を出したり、いろいろと、、。

 そこでは、貴重な話や、面白い体験が出来ましたが、その話は、明日以降に、、、。

 せっかく時間が出来たので、いつものお気に入りの銭湯へ、、。 そうして、その後、そのすぐ近くの大手チェーン店の書店へ、、。本屋ろいえば、沖縄の私のテリトリーにも、別の大手チェーン店がありますが、それ程読書家でもないのに、よく行くわけですが、九州でも、またまた本屋に来て、まあ、いまどき何処でも同じ様な品揃えなわけで、コレと言って、楽しいと言うわけでもないのですが、今日行ってみると、いつもなのか、たまたまなのか、わかりませんが、BGMで、ジャズが、、、。

 ジャズと言っても、いろいろありますが、今日かかっていたのは、白人アルトサックスプレーヤー、リー・コニッツの演奏。 この人はキャリアがとても長い人ですが、かかっていたのは、それほど古く無い音源で、恐らくは70年代後半位のものだと思うのですが、有名なものではないので、コレまでに聞いた事は多分ないもの、、。 でも、アルト・サックスなのに、物凄く太い音で、独特のフレーズで、間違いなくリー・コニッツでした、、、。 

6-2.jpg


 そんなことを考えながら、何かの本を見ながら店内をあるっていると、、いつのまにか、リー・コニッツの音源は終わっていて、今度もまた、サックスの音色が、、、。よく聞くと、今度は、テナーサックスと、バリトンサックスですね、、そして、また白人系です。

 なおもよく聞いてみると、これは、スタン・ゲッツと、ジェリー・マリガンではありませんか、、。

 ジャズの音源は数限りなくこの世にあるわけですが、聴き易いピアノトリオとかじゃなくて、白人系の比較的地味な、いささか、マニアックな音源が、次々と、、、。 BGMですから、音質が悪いと、差し支えるのだと思いますので、三人のサックスプレーヤーはかなりのキャリアがある人達ですが、それほど古いものではありませんでしたが、こういうのって、一体誰が選曲しているんでしょうね、、。

 これは絶対無作為に選んだのではなく、何かの意図をもって、選んでいると思うのですが、、。この選曲で、日本全国のこのチェーンで、同じ音源を流しているのかな、、?、それとも、何か、白人サキソフォンプレーヤーのオムニバス盤かなにかを、たまたまかけていたのかな?。

 ジャスにあんまり興味がない人にとっては、どうでも良い話かもしれませんが、一応、このブログ、ジャズ系CDアルバムのレーベルのホームページの中にあるものなので、、、。

 ところで、本屋さんを出た後、その隣に、某家電メーカーのショップがあって、ヘッドフォンとか、デジタルオーディオプレーヤーとか、いろいろと、陳列されているのですが、それを見て回っていたら、知り合いの方にお会いしました。「お久しぶりです、、」とご挨拶しましたが、なぜか、名前が出て来ません、、。

 物凄く親しい方ではないのですが、ナンの仕事をしているとか、そう言う事も含めて、全て解っているのですが、名前だけが、、、(^。^;)。 その方が、このブログを見ている可能性はひくいと思うのですが、、(見てたら、ど〜しよ〜)何だかとても、申し訳ない気持ちで一杯でした。

 こちらは寒いかな、、と思ったのですが、昼間は暖かくてよかったのですが、夜は、やはり、冷えてきましたね、、。

 今日の写真は謎の光線写真ばかりですが、特に意味はありません、、( ̄(工) ̄)/ 。

 ナンダカナ、、。

6-3.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月05日

環境と共に生きるということ。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

5-1.png


 昨日は、湿度とか、気温とか、その土地の風土がいろいろなものを作り出す、、という話を書きました。

 もっと簡単な、当たり前な話としては、植物、動物など、自然の中で生きているものたちは、その地域ごとの環境の下で、長い間生き続けてきていて、人間もその環境に適応してゆく過程で、生み出してきたのが、食生活であったりしたわけだと思います。

 醤油や味噌、ワイン、チーズなどの醸造食品は、世界各地にありますが、それらは、その土地で取れる作物を使って、その土地に住む、細菌と人間の手を使って作り出される、言って見れば、自然と人間の共同作業の賜物といってよいものなんだと思います。
 その場の環境を受け入れると同時に、食欲、味覚の面でも工夫をしてより良いものを造るために長年研究をして創り上げたものが、味覚を満たすだけでなく、健康にも良い、ということになったんですね。

 でも、昨日も書きましたが、美味しさをしってしまうと、遠くからワインやチーズを運んで、高いお金を出して手に入れて、味わったりすることになるわけですが、そういうことって、本当は、うまく言えないのですが、邪道で、日本なら、美味しい醤油や、味噌、日本酒や、味醂などがあるので、そういうものを使った、美味しくて、体に良い食生活を実践すべきなのでしょうが、もはや、そういった伝統的な食生活は、絶滅寸前の状況です。

5-2.JPG


 いま、高いお金を出して、、、と書きましたが、場合によっては、人件費の安い外国で生産され、大量に輸入された食品の方が、国内で生産された、本格的な昔からの生産法で造られたより、手頃であることもある、と言う悲しい現実もあったりして、、ナンダカナという感じでもあるわけですが、、。

 先日書いた、ハムとかベーコンとか、湿度の高い日本で生産、そして流通させようとすると、厳しい衛生基準などもあり、保存料などの添加はさけられないわけで、気候に合わないものを、食べようとすると、いろいろと問題がでてくるということが言えますね、、。

 これは、音楽につかう、楽器なんかの話でも、そういうことがあって、ギターや、ヴァイオリンなんかも、湿度の低いところで、出来上がった楽器ですから、湿度の高い日本にもってくると、本来の実力は、発揮しにくいというところはあります。演奏家のなかには、自分の大事な楽器を、湿度が高いから持ってこない、、ということもあり、聴衆としてはちょっと残念だな、、ということもあります。

 私の大好きなGidon Kremer の場合、ちゃんと自分のメインの楽器をもってきくれているようで、ありがたいわけですが、ピアノのハンマーなんかも、ヨーロッパ製のハンマーは、湿度に弱く、湿度が高いと本来の実力を出せずに、鈍い音というか、重い音になるので、録音の時には注意が必要です。

 でも、なんか、エアコンをした部屋の中だけで、西洋の楽器を演奏して、それを聞いたりするという行為は、一種、自分たちの住む環境を受け入れない態度であり、それ自体、ある意味不自然な態度であるという風に思うこともあります。

 テクノロジーによって、環境を捻じ曲げて暮らす現代日本人の生活は、欧米の技術や、習慣を受け入れつつ、さらに、改良した結果でもあるわけですが、本来の人間の生き方、自然と共に暮らすという態度からは、随分と遠く離れてしまっている気がします。

5-3.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月04日

空気と湿度の話。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

4-2 .jpg


 今日も涼しかった、、と言っても最高気温は26℃だったんですが、それは一瞬のことで、大半が23〜4℃でしたが、一瞬といえば、湿度はほんの一瞬ですが、40%台まで下がって、びっくりしました。

 その時の気温は25℃だったのですが、なんか、体感では22〜3℃ぐらいの、爽やかさというか、すっかりこっちのジメジメ系の気候に慣れてしまっていたので、たまに、、恐らくは、私的には、沖縄での、はじめての湿度50%以下ということで、体もビックリしたのかもしれません。

 当たり前のことですが、気温がある程度あっても、湿度が低いと、あんまり暑くないですよね、、。これはとっても楽。 こういう気候なら、2〜3日お風呂に入らなくても大丈夫、、、みたいな感じがします(入りますけど、^^;)。なので、なんだか、ヨーロッパみたいな気候だな、、と思いました。

 でもヨーロッパの人って、本当に2〜3日お風呂に入らないことはあるみたいです。週に2、3回しか入らない、、ということは普通にあって、これって、面倒くさくなくて、羨ましい、と思う反面、「ちょっと不衛生だな、、´д` ;」っとも思うわけですが、、。そういう習慣から、体臭を消すために、香水を使うという文化が出来上がった、、ということを、以前何かで読んだ気がしますが、まあ、きっとそうなんでしょうね、、。

4-1.jpg


 湿度が低いということは、物が腐りにくいということでもあって、低い湿度のおかげで、常温で、ハムとか、ソーセージとか、チーズとかが、保存できるという環境があるというわけですが、これは、そういうものを製造する環境もそろっている、ということなんでしょう。

 だから、保存料は使わないで済むというわけで、保存のために、塩とか、ハーブとか、有用な菌とかが、生ハムとか、チーズにはいっぱい居るというわけで、これは、自然とあちらの気候と、生活習慣から、生まれた、畜産、酪農文化なわけで、ヨーロッパに比べ、湿度がメチャクチャ高い日本で、その習慣を真似しようとすると、保存料を入れたり、熱処理をしたりして、本来のものとは、随分違う食べ物になってしまうんですよね、、。

 だから、本場のものを、いくら美味しいからと言って、日本で望んでも、それは無理というものなのですが、美味しいものは美味しいわけで、食べたいですよね、、。 
 まあ、保存状態、つまり、温度とか、湿度をしっかり管理していれば、日本でも、それらのものを楽しむことができるわけですが、一度でもこちらの多湿な空気にふれると、どんどん傷んできますし、きっと、空気中にいる菌の種類も全然ちがうので、やはり、保存はとても難しいのではないのかな、、と思うわけです。

 大きなチーズとか、生ハムとかは、一辺には消費できないので、使いながら保存してゆくということを迫られますが、一回開封してしまうと、味も香りも変わってしまいますし、その前に、常温保存できるものを、パッキングして、空気が入らないようにして運ぶこと自体が、もう味や風味を変えてしまうということになるんですよね、、。

 やはり、現場に行かないと、本当の味や、風味はわからないんだと思います。

 関係ないのですが、今日の花の写真は、白いハイビスカスです、ピンク色はよく見ますが、白はちょっと珍しいなと、思って、写真に撮ってみました。

4-3.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月03日

なんだ、祝日か、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

-3.JPG


 今日は弁当を買おうと思って、近所のお店に行ったら、開いてなくて、「あれ、、」と思い、もう一つの弁当屋さんへ、、、。 そうしたら、そこも、、(ー ー;) 。今日は、弁当組合か何かの、集会でもあって、休みなのかな、、それにしても、不思議だな、、ということで、もう一軒の弁当屋さんに行きましたが、そこもお休み。

 これはいよいよおかしいなと思い、弁当はあきらめ、沖縄そば屋さんへ、、そうしたら、今度はものすごい人で、家族連れとかもいて、ごった返しています。 とにかく、腹が減ったんで、沖縄そばをたべて、さっさとお店を出ましたが、しばらくして、今日は11月3日で、祝日の「文化の日」だということを、やっと知りました。 

 いつものことは言え、恥ずかしいというか、祝日をよく忘れることがありますが、それに気づくのが遅すぎるのではないのか、、?、と、呆れたわけですが、、。 ナンダカナ、、^^; 。

 まあ、世間の流れにあんまり興味がない上に、新聞、テレビ、ラジオも、普段は縁のない生活なわけですが、今までの人生では、「文化の日」というと、うすら寒くなり、秋から、冬へ、、という気候の中で、過ごしていたわけですが、こちらは暖かいので、まさか、「文化の日」ということを、余計に気がつきませんでした。

3-3.JPG


 こちらも涼しくなってはいますが、今日は最高気温は25位まで上がりはしました。

 以前のこととしては、平日だと思って、銀行にいったら、閉まっていたので、「おかしいな」とは思うわけですが、それが、祝日のせいだと気づくのに、あまりにも時間がかかる、、。

 アホか、、(; ̄ェ ̄)。

 話は変わりますが、昨日のブログを見た、アメリカに住む友人から、メールが来て、「日本の信号機は現代的なデザインで、かっこいいですね、、」みたいなメールをもらいました。 その人によると、アメリカはいまだに、LED ではなくて、信号機は昔ながらの電球式で、玉を代えたりしているしているということなのですが、それは意外でしたね、、。

 でも、昨日のブログに載せた写真の信号機は、沖縄でとった写真なのですが、あのタイプというか、とても薄い、スマートなデザインのものは、九州や、その他の地域ではみたことはないのですが、もしかしたら、沖縄だから、アメリカ製なのかなとも思っていましたが、そうでもないみたいですね、、。

 ああいうものって、全国同じデザインだと思っていましたが、アメリカの友人は、「日本では県ごとに信号機のデザインがちがうのか、、?という質問も受けましたが、そういうはなしはいままでには聞いたことはありません。 

 そこで、信号機について、Google に「信号機」というキーワードを入れて、検索してみると、、。「交通信号機がすべてわかるページ」というものがすぐ見つかりましたので、クリックしてみると、、。

 これは、どうも、信号機お宅のひとが作っているページみたいで、1998年からあるページらしく、400万人近くの人が、今までに見ているようです。

 日本全国の信号機のことについて書いてあり、2009年に、沖縄本島中部のうるま市内で最近設置された、、と書いてあり、この時点で、東京、岩手に次ぐ、三番目の試験設置だ、、と書いてありました。

 っていうか、いるんですね、こういうものを大好きな変わった人が、、、って、あんまり人のこと言えませんが、、。 それにしても、メーカー名や、方式、材質などについても細かく言及されており、本当のマニア、もしくは、そういう仕事についているひとの作っているページなのではないのかな、、とも思いました。

 そういうわけで、あの信号機は、沖縄独自のものではなかったのですね、、ということがわかっただけでもよかったです。

3-2.JPG


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月02日

天気と音の話。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

2-2.JPG


 最近のブログの文章のパターンは、天気の話ではじまって、そのあと、思い出したような話で(実際思い出して書いていますが、、(⌒-⌒; ))、文章を書いて終わり、、という、ワンパターンになっている気がするのですが、これから、なかなか脱出できません。

 ここ数日、全国的に、急に涼しくなった、、ということみたいですが、遠く離れた琉球の地でもそれにリンクして、かなり気温は低くなっています。 明け方は、21℃台まで、気温が下がったのですが、今日は、最高気温は24度手前。気温差なんと、たったの3℃以下、というなんというか、不思議な感じ。

 ついでに書くと、湿度も、ず〜っと60%前後でしたが、天気は曇りで、ドンヨリしていました。雪が降っている地域もあるということですが、また少し、暖かさは戻ってくるとは思うのですが、こちらは本来まだ、「暑い」という地域なので、随分涼しくて、過ごしやすい、、というか、体感的には、少し寒い、、、という風に感じますが、本州や、九州などでは、本当に「寒い」と感じていらっしゃる方がほとんどでしょう。

 最近はブログにも書いている通り、東京で、収録した音源を、ずっとミキシングしていますが、、まだまだ、作業半ば、、。音源には二つの編成がありますが、最初の一つの編成は、なんとなく目鼻がついてきた感じがありますが、次のもう一つが、これがなかなか、、。

2-1JPG.jpg


 なかなかどうなのかと言うと、、、。 まあ、なんというか、一種の電気楽器が入っているのですが、その電気楽器が、ちょっと古いというか、年代物なので、音が、、。 簡単に言えば、傷んだ感じがあり、それをどういう風に料理すればよいのかな、、というところが、大いに選択肢が多く、腕の見せ所なのですが、まあ、なかなか大変、、。

 音楽を繰り返し聞く作業なので、合間にというか、日常生活では、音楽を聞きませんが、昨日と今日は、このブログを書いている間だけ、デジタルオーディオプレーヤーを別の機器につないで、スピーカーで、ランダム再生にして聴いています。

 今日はなぜか、バイオリンとか、チェロの音源が再生される率が多いのですが、バイオリンはGidon Kremr がたくさん入っているので、よく分かる、というか、当たり前なのですが、チェロの曲はそんなにはいっていないのに、何故か何曲かかかっています。ドラムや、ベースなどの入った、バンド音楽をミキシングしていますので、耳が疲れている、、というところがありますが、そんな耳に、柔らかいチェロの音色が、心地よい感じがすると同時に、急に秋めいてきた、気候にもあっている気がします。

 随分前、いつかこのブログの「この一枚」で取り上げた、パブロ・カザルスのベートーヴェンのチェロソナタが出てきたときは、久しぶりでびっくりしましたが、かなり古い録音で、モノラルでもあるわけですが、高い倍音成分が少ない古い音源は、疲れた耳にとても優しく感じました。 こんな、こもった音を聴いて癒されるって、やはり、かなり疲れているのでしょうね、、、耳が、、(ー ー;) 。 今ちょうど、カザルスの後に、CMSレコードのベースデュオシリーズのアルバムが流れましたが、異常にハイファイ(Hi-Fi)に聞こえます、、(笑)。

 せっかく、いまはミキシング作業をじゃなくて、ブログを書いているのに、結局「音」の話を書いていて、やはり、仕事から離れられないなあ、、。

 まあ、続きを頑張ります、、♪( ´θ`)ノ。

2-3.JPG


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月01日

秋、、それとも、冬、、。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

1-2.jpg


 今日から、11月ですが、今日は全国的に涼しい、、というか、冷えたようですね。 「涼しい」ではなく、「冷えた」という表現は、秋ではなく冬に近づいているということなのかもしれませんね。

 所によっては、明日の朝は10度を切るという予報もでていたりして、これはもう暖房器具を出さなければならない、、という寒さになってきているのかもしれないのですが、当然沖縄はまだ、そこまでは冷えていません。

 でも、今日の最高気温は、27度台止まりで、こちらも、急に涼しくなった、、ということには、間違いありません。夕方近くには、結構風も吹いて、半袖だと、ちょっと肌寒い感じになっていましたから、いきなり20度以下に気温がさがった、日本の他の地域程ではないにしろ、それなりに「涼しい」から、「寒い」という風になってきていますね、こちらも、、。

 っていうか、「暑くない」というのは、大いに助かります、、( ´ ▽ ` )ノ。

 これで、秋の味覚があれば、最高なんですがね、、´д` ;。

 そういえば、10月9日のブログに、書いた、アメリカの友人は、今日の朝、赤ワインの原料になるブドウ、カベルネの収穫をしたそうです。それで、今年はワイン用のブドウの収穫は最後だそうで、いよいよ冬、、というところなのだと思います。

1-1.jpg


 あちらは、もう朝晩気温は1桁まで下がっていますが、これからは、冬にまっしぐらなんでしょうね、、。アメリカに限らず、内陸部というか、大陸の冬はとても冷えますから、これはもう、日本の比ではありませんよね。

 沖縄の現在(夜の九時前)の気温は23、5度で、最近では一番涼しいです。 外へ出るには、ちょっと上着が欲しい、、そんな気候になってきました。このまましばらく、こんな感じが続くのか、それとも、気温が10度台まで下がるのかな、、。 

 ところで、じつは、ブログを書いているパソコンがいろいろな事情で、かわったのですが、そのパソコンで文章を入力すると、文章とか、単語の意味が出てきたりするのですが、いままで、気温の話を書くときに、「気温〜度代」という表現をよく使っていたのですが、その「代」という感じは間違えで、本当は「台」という字を使うのが正しかったんですね、、。って、今頃気付きました、、というか、パソコンに教えられました、( ;´Д`) 。

 ナンダカナ、、。

 いままで、ずっと間違って書いていたなんて、、いい歳をして恥ずかしいです、(ー ー;)。

 ナンダカナ、、。
 
 さてさて、作業にもどりま〜す。

1-3.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記