2016年09月30日

魚河岸、築地のはなし。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

30-2,,.jpg


 東京から、九州に来ました。

 昼間はまだまだ暑いですね。 東京もですが、、。

 今日は疲れをとるために、先日行った、福岡の銭湯に行こうと、勝手に決めていたのですが、金曜日なので、お休みでした。 ん〜残念、。

 昨日のスタジオ作業は、身体はそんなに使いませんでしたが、いろいろあれこれと、考えたりしたので、あとから、それなりに、どっと、疲れが来ましたね、、。 

 しかし、この間も書きましたが、成田は遠い、、。

 福岡も、沖縄も、空港はかなり近いので、すっかりそれに慣れてしまいました、、。 

 今日東京で、成田空港に向かう前に、昔から贔屓にしている、築地の昆布屋さんと鰹節屋さんに寄って、出しに使う昆布とかつぶしを買いました。築地と言えば、場内市場の豊洲への移転の話が、いろいろと、メディアもにぎわせていますが、いわゆる、「魚がし」と言われている、場内市場のよこに、魚介加工食品や、乾物などをあつかう、場外市場があるのですが、どうやら、こちらの方は、場内市場が移転しても、そのまま築地で営業するようです。

 豊洲は少し遠いので、築地のままがよいな、、と思っていたので、それを昆布屋さんのご主人からきいて、ホッとしました。築地で、買い物をして、そのまま、羽田空港だったら、もっと楽なのですが、遠い成田にゆかなければなりません、、(´;ω;`) 。

 場内市場には、私が利用している、昆布屋さんのような、専門店が沢山あります。昆布屋さんは昆布製品ばかりを扱っていて、だし昆布だけでも、数十種類はおいてあります。

30-1,,.jpg


 ほかに、鰹節専門店のほかに、塩鮭専門店とか、マグロ専門店なんていうのもあります。ほかには、お寿司屋さんで使う、だし巻玉子専門店なんかもあったりして、食いしんぼには、たまらない場所です。でも、ほとんどのお店は昼過ぎには閉まってしまうので、午前中や、早い時間に買いにゆかなければなりません。

 その他に、築地の競りに来た人の為の食堂的な飲食店、お寿司屋さんとか、ラーメン屋さんとか、そば屋さんなんていう感じのお店もたくさんあります。 食べ物商売の人が主なお客なので、味は、値段の割には良い、、というところが多いです。他に、食器や、包装用品とか、普通の町にはあんまり無い類のお店が、築地場外市場には沢山集まっています。

 近くには新聞社や、広告代理店の類もあるので、そう言うところで働いている人達が、昼ご飯を食べにくることもありますし、築地の飲食店の多くは、競りのある、かなり早朝から営業しているので、徹夜あけの人とか、朝まで遊んでいた人が、夜が明けてからごはんを食べにくることもあります。

 東京は、地方に比べて、遅くまでやっているごはん屋さんは結構ありますが、 築地は早朝から、昼過ぎまでと言うかわった営業時間の不思議な飲食店がたくさんあります。

 今日はあそこではナニも食べませんでしたが、今度行った時は、久しぶりに何か、食べてみようかな、、。

 築地って、特別な場所みたいな印象がありますが、銀座からも歩いて行ける位置にあるんですよ、、。

 9月も終わりです。

30-3,,.jpg


 2016年 10月2日、日曜日 14:00 〜 熊本県多良木町 多良木町交流館、「石倉」で、多良木音楽祭の一環として、CMSレコード主宰、細川正彦の演奏があります。CMS-1010『 In a Springtime 』の サキソフォン奏者、伊澤隆嗣(as ss)も共演します

 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

お仕事 (昨日のブログ)。 。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

29-1,,.jpg


 ブログ更新が、昨日分が遅延して、次の日のお昼を過ぎてしまいました。

 昨日は今回の東京出張の1番の用事、スタジオでのレコーディングでした。
普段は主に九州での録音作業が多いのですが、たまに出張がありますが、今回作業したスタジオは、数年前にも使ったことのある場所でした。

 録音する演奏家のほとんどが、東京在住と言うことで、今回の出張となった訳ですが、以前使ったことのあるスタジオとは言え、いつもの場所、いつもの機材ではない環境での作業、そして、実質的には2つのグループ、つまり、編成の違うバンドを使って、1日でアルバム一枚分の録音を、終らせなければならない、というハードスケジュールでした。

 こう言うなかなか激務な、スケジュールの音源制作は、いままでに経験したことがないわけではありませんが、慣れない場所での作業でもあり、それなりに緊張して臨みました。

 数年前に来ているとはいえ、事前の情報によると、前にいたスタッフは退職していて、運営体制は変化しているということだったので、時間的に厳しいスケジュールで作業をすることには、結構な不安がありました。

 作業の体制としては、私がチーフエンジニア、そして、普段そこに常駐しているエンジニアの方が、アシスタントを務めてくれるわけですが、何分、初対面の人間と作業をするということは、大変勇気が、いることです。

 こう言う場合、技術的なことよりも、ミュージシャンや、現場のスタッフとのコミュニケーションが難しく、それが上手くゆくか、否かが、作品の仕上がりに少なからず、影響することは間違いありません。

朝そのスタジオは久しぶりに行ってみると、いろいろインテリアが変わっており、間取りも若干変化しています。さっそくアシスタントに挨拶をし、作業開始。

29-3,,.jpg


 アシスタントはまだ若い、20代前半の女性でした。「大丈夫かな、、」失礼ながら、そう思いながら、マイクを立てたり、準備を開始しましたが、気がつくと、演奏するミュージシャン以外にもう一人、人がいて、作業を手伝っています。スタジオのオーナーは以前会っていて、顔見知りですから、他の人であることはすぐにわかりました。

 しばらくして、その人が配線のことで質問をしてきたので、顔を見ながら話して説明していると、あれ、どこかで会ったことがあるような、、。

 以前ここで作業したときに、優秀な若いエンジニアが、いたのですが、退職してもうここにはいないはずだったのですが、いつのまにか復職していて、手伝ってくれていました。

 彼とは短い時間ですが、いろいろな話をして、なかなか面白い青年だな、、と思っていましたが、その時と余りにも髪型が違っていたので、最初はわかりませんでした。

 2人がかりで、短い間に、テキパキと準備を完了させて、程なく録音作業を開始しましたが、若い女性のアシスタントはとても優秀でしたし、スタジオも改築され、使いやすくなっていましたので、若干無理なスケジュールながら、それほど夜遅くなることなく、なんとか、収録を終える事ができました。

 私はほとんど指示を出すだけで、ほとんどディレター状態で、スッカリ楽させてもらいました、、^_^;。

 なんか、このブログ、今日は何の面白みもなく、ただ書いてしまいました。まあ、たまにはしょうがないかな、、。

また、数時間後には今日の分を書かなくてはなりませんしね ^^; 。

29-2,,.jpg


 2016年 10月2日、日曜日 14:00 〜 熊本県多良木町 多良木町交流館、「石倉」で、多良木音楽祭の一環として、CMSレコード主宰、細川正彦の演奏があります。CMS-1010『 In a Springtime 』の サキソフォン奏者、伊澤隆嗣(as ss)も共演します

 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月29日

交通機関のIC カード

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

28-1,,.jpg


 今日は、成田についてから、あちこち用事で移動、、。

 こちら(東京)に来ていつも思うのですが、駅で、電車のきっぷを買わずに、チャージした、IC カードで支払うと、残額に細かい端数が出て、少し割引になります。 最初は知らなかったのですが、残額を見て、それをしりました。具体的にいくら位安くなるか、、ということをあんまり気にしていなかったのですが、今日は、改めて意識して、乗り物に乗ってみました。

 ある区間バスに乗ったのですか、正規の運賃だと、220円のところ、ICカード使用だと、216円に割引きになることがわかりました。これは、公営のバス会社ではなく、私営の地域のバス会社の路線バスでした。
それから、JR線で、池袋から渋谷まで乗った場合、切符では、170円のところ、ICカードでは、165円と、やはり割引きになります。

 これって、なかなかのサービスだと思います。ちなみにかつて良く利用した、九州のN鉄は、列車と路線バスがありますが、専用のカードだとわずかにポイントがつきますが、それは他ではほとんど利用できませんし、スズメの涙ほど、、。わたしは、東京でみんな使っている、suika というものを使っていますが、東京では、他の地方の交通系カードを使っても、割引があるようです。

28-3,,.jpg


 理屈としては、きっぷではなく、IC カードをつかうことで、きっぷの紙代や、おつりの準備にかかるコストが節約できるほか、硬貨の清算の簡略化、改札時間の時間短縮にも貢献できるので、その使用を推進するために割引をする、、ということもあると思います。

 でも、それならば、福岡の様な大都市でも、そういう風な割引制度があっても良いと思うのですが、それが無い、、。それはどうしてなのか、、?。 まあ、公共交通の料金は地域毎に、運輸交通省の認可が必要で、地方に依って、事情が異なるというのはわかるのですが、、。

 でも、各地方のIC カードに互換性をせっかく持たせたわけですから、、、。

 まあ、とにかく、また地方に戻った時に、なんだか、損した気がするわけで、ナンダカナ、、、と言う風におもいます。その辺のところ、今後改善されないのかな、、と思いますよね、、、。

 九州では、JRでもそういうIC カードの割引はないんですよ。 

 他の地方はどんな感じなのでしょうか、、?。

28-2,,.jpg


 2016年 10月2日、日曜日 14:00 〜 熊本県多良木町 多良木町交流館、「石倉」で、多良木音楽祭の一環として、CMSレコード主宰、細川正彦の演奏があります。CMS-1010『 In a Springtime 』の サキソフォン奏者、伊澤隆嗣(as ss)も共演します

 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月27日

空港の話

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

27-1,,.jpg


 昼過ぎの飛行機に乗るべく、福岡空港に向かいました。祝日かと思う程人が多く、びっくりしました。
東京に向かいますが、着くのは、成田空港。

 いわゆるLCCというやつで行くので、都心から近い羽田にはつきません。成田空港は、別名を新東京国際空港、ほとんどの国際線はここから発着していますが、東京都にはなく、千葉県、それもかなり奥の方にあります。

 ちなみに、東京ディズニーランドと呼ばれている、娯楽施設も、あるのは、千葉県、こちらは浦安という、多少は東京寄りのところなのですが、東京に生まれ育った人間には、どちらも「東京」という名前がついているのに、実際には千葉県にある、というのは、とても違和感があります。

 ある意味どうでも良いことなのかもしれませんが、東京という名前はつけないで、千葉国際空港と呼ぶとか、ディズニーランドも、わざわざ「東京」という言葉をつけなくても良いのに、、と思いますが、、。

27-3,,.jpg


 海外の都市の空港を見てみると、大概都市の中心部から、一時間はかからない、40分以内のところにあり、フランスのシャルルドゴール、ロンドンのスキポール空港なども成田空港よりははるかに近い場所にあります。

 なので、海外から来る人達で、他の空港を知っている人達には、東京国際空港は、かなり評判が悪いみたいです。
 そういう意味では、福岡の空港は、都心から、地下鉄で、わずか15分、新幹線に乗り換える、博多駅からも、10分以内という、成田から比べると、ありえない程の利便性をもっています。

 あの便利さは、国際的に見てもかなり優れているといえますね。

 しかし、電車で一時間以上乗らないと色々なところにアクセスできない、というのは、不便です。なんとかならないのでしょうか、、、無理ですよね、、 (>_<) 。

27-2,,.jpg


 2016年 9月27日火曜20時から、CMSレコード主宰ピアニスト細川正彦の演奏が、東京、神保町の「試聴室」であります。このライブには他に、曽我部 晃率いるVo G + Acd のユニット、ファーカンダも出演します。

 2016年 10月2日、日曜日 14:00 〜 熊本県多良木町 多良木町交流館、「石倉」で、多良木音楽祭の一環として、CMSレコード主宰、細川正彦の演奏があります。CMS-1010『 In a Springtime 』の サキソフォン奏者、伊澤隆嗣(as ss)も共演します

 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月26日

旅のはじめ。

スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。
26-1...jpg


 今日は朝早く出て、空港へ、、。ずっと遠くにある台風の影響か、雲っていて、なんだか風が強く、不安定な天気のなか、飛行機は出発しましたが、九州福岡についてみれば、なんだかかなり暑かったですし、天気はかなり日差しが強く、真夏並み、、。

 なんだ、九州はもう「秋」と思っていたのに、なんだか暑いな、、涼しさを満喫できると思っていたのに、、。
 10時半くらいに到着しましたが、空港も、地下鉄も、博多駅前も、人がいっぱいで、ごった返しています。駅前の広場では、沖縄フェアみたいなものの、準備をしていました。「博多だけど おきなわ祭」というイベントなんだそうですが、なんか、ふざけたタイトルです。

 それはともかく、乗り馴れたN鉄バスにのり、博多駅から、福岡市の中心部、天神地区に向かいました。久しぶりに来て、、と言っても一ヶ月振りくらいなのですが、天気が良いせいもあり、ここでも人が沢山。なんだか、今回は、とても、福岡の街が都会に見えます。なんでだろう、、?。

 それにしても、今日の福岡は暑かったですよ、沖縄とかわらない位、、。

26-2,,.jpg


 いろいろ用事があって、福岡に来ましたが、じつは明日にはもう東京に、、。

 昼過ぎの飛行機なので、それほど朝は忙しくはないのですが、歳のせいか、朝早く起きて、長距離の移動をしたので、夕方には結構疲れが出て来ました。 明日も長距離移動だし、疲れを取りたいなと思ったので、思いたって、かつて良く通っていた銭湯に、、。

 かなり昔から時々行っていましたが、去年の冬には、毎日の様に通いました。

 銭湯の入り口に入って、お金を払おうとすると、番台のお父さんが、博多弁で、「あー久しぶりやね、、何処行ったかと思いよったよ、、」と言いました。 実は前に「沖縄に行く」ということは伝えてあるのですが、久しぶりの気持ちを込めて、わざと、そう言っていました。

 幸い銭湯はヒマで、たった今お風呂から上がったお客さんが、のんびりと身体を拭いていました。ひとしきり番台のお父さんと話し、お客が一人もいなくなったところで、のんびりとお風呂に入りました。

 しかし、久しぶりの大きな湯船、広いタイルの洗い場はよかったですね、、丁寧に時間をかけて全身を洗ってから、のんびりと大きな湯船につかりました。

 物凄いリフレッシュ感、、銭湯に行こうと思いついて、本当に良かったです。

 帰りに、お父さんが、先月の週刊誌を、よかったら持って帰りなさい、、と言ってくれましたが、荷物になるから、、とことわって、銭湯を後にしました。

 実は今夏の旅は結構長丁場で、あっちこっち行って、なんだかんだで、沖縄に戻るのは、来週になるんです。始まったばかりの旅ですが、さてさてどうなります事やら、、。

FullSizeRender.jpg

 2016年 9月27日火曜20時から、CMSレコード主宰ピアニスト細川正彦の演奏が、東京、神保町の「試聴室」であります。このライブには他に、曽我部 晃率いるVo G + Acd のユニット、ファーカンダも出演します。

 2016年 10月2日、日曜日 14:00 〜 熊本県多良木町 多良木町交流館、「石倉」で、多良木音楽祭の一環として、CMSレコード主宰、細川正彦の演奏があります。CMS-1010『 In a Springtime 』の サキソフォン奏者、伊澤隆嗣(as ss)も共演します

 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月25日

もうすぐ、、。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

25-1,,.jpg


 今日も、だいたい昨日と同じ様な天気でした。 昼間は湿度も低めで、洗濯物もよく乾きましたが、その後放置してしまいましたが、幸い夕立はなかったので、助かりました。

 最低気温が28℃くらいで、最高が32℃いかない位でしたが、昼間のほとんどの時間は30℃前後の気温でしたので、「暑いな〜」という感じにはなりませんでしたし、日差しは昨日も書きましたが、同じ晴天でも、以前よりは随分やさしい感じがします。

 台風は結局この夏沖縄本島には一度も上陸していませんが、今週も台風のおそれはなく、月曜の九州行き、そして、火曜の東京行きなど、遠出は問題なく行けそうです。東京に行くのはかなり久しぶりで、この前いつ行ったのかは、もう思い出せませんが、2年くらい前でしょうか?。

 地方に住む様になってから、たまに東京に行くと、移動距離の長さとか、空気の悪さとかに閉口してしまいますが、いつの頃からか、電車の連絡が良くなったり、ネットの「乗り換え案内」を使って効率的に移動できる様になり、前に比べて、随分楽になりました。

 しかし、かつてそこで、生まれ、生活していたはずなのですが、その頃とはあまりにも時間が経ってしまっていますし、都会の建物などが建てかわっているせもあり、まったく馴染みの無い街に、東京は私にとってなっています。

25-2,,.jpg


 それだけに、「おのぼりさん」的な楽しみがあれば良いのですが、若者でもないので、そういう楽しいモードにもなかなか入りにくいところではあり、「東京に仕事に行って来ます」というと、周りの人に「いいですね!楽しんで来て下さい、、」みたいな事を言われる事がありますが、そういう「都会に出て、楽しんで来る、」と言う感じにはなかなかなりません。

 まあ、仕事でゆくわけで、そうそう自由な時間はあるわけではないのですが、それでも、空いている時間を有意義には使いたいものです。
 モノや人に溢れる都市をみて、ワクワクすることはないのは、今は地方都市に住んでいても、かつてその、ど真ん中で、右往左往しながら永年暮らしていた経験があるせいもありますし、東京を出る直前は、いわゆる、バブルまっただ中で、今思うと、なんだか、異常な高揚感というか、不思議な雰囲気が東京を支配していた気がしていて、今の東京は、そのころにくらべると、少し落ち着いている気も、少しします。

 そうは言っても、昔に比べ、場所によっては、大きなビルは増えていますし、全国の何処の都市でもそうとは言え、アジア系外国人の観光客が沢山居たりして、騒がしいと言うか、東京にゆくと、否が応でも、喧噪の中に身を置くことになります。

 普段の生活とは違う環境に身をおきつつ、以前から知っている人や、ネット上でしか普段はコミュニケーションできない人達と、実際に顔を合わせる、、というのが、今の私にとってのリアルな「東京体験」なのかもしれません。人との縁というものを、歳をとるにつれ強く感じますが、かなり昔から知っている人に東京で会うと、年月の流れを強く感じます。

 なんか、今日はシリアスな文章になってしまいました、、、(´Д` ) 。
 
25-3,,.jpg


 2016年 9月27日火曜20時から、CMSレコード主宰ピアニスト細川正彦の演奏が、東京、神保町の「試聴室」であります。このライブには他に、曽我部 晃率いるVo G + Acd のユニット、ファーカンダも出演します。

 2016年 10月2日、日曜日 14:00 〜 熊本県多良木町 多良木町交流館、「石倉」で、多良木音楽祭の一環として、CMSレコード主宰、細川正彦の演奏があります。CMS-1010『 In a Springtime 』の サキソフォン奏者、伊澤隆嗣(as ss)も共演します

 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月24日

晴天でした。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

24-1,,.jpg


 ここのところ、台風関連で、晴れてもイマイチ、スッキリしない天気が続いていましたが、今日はなかなかの日本晴れで、気温は31℃近くまで上がりましたが、湿度は60%台まで下がり、快適な一日でした。

 予報では、晴れ一時雨、、と言う事だったのですが、多分雨は降ってい無いと思います。衛星画像を見ると、めずらしく、九州から沖縄、台湾にかけて、雲がほとんどありません。 台風がまた発生したと言うニュースがありましたが、かなり西の方向に向かっていて、さすがに今回はこちらには関係ありそうにありません。

 ということは、来週の東京行きは、問題なく、飛行機が飛びそうだな、、と一安心しているわけですが、、。

 ところで、昨日はめずらしく子猫の写真をブログにのせましたが、今日は天気がかなり良く、空の青さが素晴らしかったので、外へ写真を撮りに行ってみました、と言っても、三十枚くらいしか撮影しませんでしたので、それほど沢山撮影したというわけではありませんが、今日のブログ掲載の写真は本日撮影したものです。

 それにしても、日差しが強いと、写真に撮った物の、色も形も、クッキリしてとても気落ちよいですね、、。
 
24-3,,.jpg


 もちろん、ものの影もクッキリで、大好きな「影」の写真もバッチリ撮りました。そとへ出て写真を撮っていると、当然日差しも気になるわけですが、気のせいか、少し、日の光のパワーが落ちた様な気がしました。

 かなりの快晴だったので、日差しが雲などに遮られていた、、ということは無いと思うので、こちらの暑さ、灼熱光も、夏のピークを越したということなのかもしれません。 昨日こちらに永年暮らしている方にきいたところによると、こちらでは10、11月が一番過ごし易い季節なんだそうです。本土の秋とか、春先の様な感じなのでしょうか?。

 それでも、夜というか、日が落ちても気温は28℃を越えていますので、それなりに暑い、、という感じがするのかなと思ったら、適度な風もあって、かなり涼しく感じますので、わたしもかなりこちらの気候に慣れて来た、、ということができるのかもしれません。

 この分だと、11月のおわりごろは20℃台前半の気温になって、普通に、少し寒い、、と思う様になるのかもしれませんね、、。

 本土の方では、秋が深まりつつアリ、食欲の秋とか、そういう感じで、いろいろ美味しいモノがあるのでしょうね、、。

24-2,,.jpg


 2016年 9月27日火曜20時から、CMSレコード主宰ピアニスト細川正彦の演奏が、東京、神保町の「試聴室」であります。このライブには他に、曽我部 晃率いるVo G + Acd のユニット、ファーカンダも出演します。

 2016年 10月2日、日曜日 14:00 〜 熊本県多良木町 多良木町交流館、「石倉」で、多良木音楽祭の一環として、CMSレコード主宰、細川正彦の演奏があります。CMS-1010『 In a Springtime 』の サキソフォン奏者、伊澤隆嗣(as ss)も共演します

 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月23日

犬か猫か、とか、いろいろ。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

23-1,,.jpg


 昨日は、「最近食べた麺」で、塩ラーメンの話でしたが、一昨日の続き、エンジニアリングの話を、あれ以上書くと、色々めんどくさい、、というか、ナンだか、書けば書く程わけわからない、ということと、企業秘密的な話になって行く、、というところもあって、いろいろ難しいなあ〜、、と思っているわけですが、それにしても、あの塩ラーメン屋さんは、不思議な感じ、店主の方のキャラは、なかなか個性的。

 それが、沖縄の出身の人ではない、、というところも面白いわけですが、もしかしたら、沖縄って、全国から、ちょっと変わった人が集まっていたりして、、、なんて書いて、「あっ、自分もその一人か、?、(^^ゞ」、なんて思ったりして、ナンダカナ、、(^。^;) 。← 多少の自覚はアリマスよ!。

 まあ、エンジニアリングに関しては、「福笑い」を例に挙げて書きましたが、そのぐらい、エンジニアの作業次第では、もとの音楽のイメージがかわってしまう、、というか、場合によってはおかしな事になってしまう、、程の作業だということを、解って頂きたいと思っているわけですが、、。

 なんとなく、バランスをとって、ミックスすれば、形になる、、のではなく、録音した素材を、一から十まで、ミキシングエンジニアが設定しなおして、はじめて音楽になるんだ、、ということをどのようにしたら、一般の人に解ってもらえるのか、、?。 難しいですね、、ヤレヤレ(´・_・`)。

23-3,,.jpg
 

 ところで、話は全くかわりますが、ブログで、今日はめずらしく猫の写真を使っていますが、私昔から「猫か、犬か?」と言われると、どちらかと言うと、犬好きというか、まあ、「犬派」と言って差し支えないところなんですが、なんだか、最近猫を見ると、「可愛いいな、、」(じゃ無くて、猫派的には「かわいいニャ〜」か?)と思ってしまうんです。

 そんなわけで撮ったのが今日の写真なわけですが、とても小さい、まだ生まれて間もない子猫なんですが、私が思うに、沖縄の野良猫は、みんなおしなべて、顔が端正で、あと体型がスマートというか、丸めの子が少ない気がします。

端正で、あどけない、あの姿を見ると、柄にも無く、「なんて可愛いんだろう、♡」と、年甲斐もななく、おじさんは思ってしまうわけですが、この心境の変化というものは、一体なんなんだろうか、、?、と思うわけですが、理由は全くわかりません。

 個人的には、デブで、まるでシーサーみたいな顔の猫をみると、なんだか浅ましい気がしてくるのですが、そう言う人相、いや、猫相の猫が、こちらにはほとんど居ない気がするんです。

 また猫の写真とっちゃおうかな、、(^_^;) 。

23-2,,.jpg


 2016年 9月27日火曜20時から、CMSレコード主宰ピアニスト細川正彦の演奏が、東京、神保町の「試聴室」であります。このライブには他に、曽我部 晃率いるVo G + Acd のユニット、ファーカンダも出演します。

 2016年 10月2日、日曜日 14:00 〜 熊本県多良木町 多良木町交流館、「石倉」で、多良木音楽祭の一環として、CMSレコード主宰、細川正彦の演奏があります。CMS-1010『 In a Springtime 』の サキソフォン奏者、伊澤隆嗣(as ss)も共演します

 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月22日

「最近食べた麺」75 肉マースソバ スペシャル、あっさり(男のロマン香る、、?)。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

22-4.jpg


 このブログ、CDレーベルのホームページの中にあるブログで、毎日更新していますが、時たま、「最近食べた麺」というタイトルで、「麺」の話を書いています。前回が、9月12日でしたので、10日ぶりの投稿です。

 こちらに来て、昨日で5ヶ月が経ちましたが、まだまた知らない事ばかりで、いろいろな人に、いろいろな事を教えてもらっています。今日書く、「麺」は、福岡から1年前にこちらに越して来た、N さんに教えて頂いたおみせです。

 「塩ラーメンの美味しいお店が有りますよ、、」ということで、少し前に知らせてもらったのですが、なかなかゆく事ができず、最近天気の良い日に行ってきました。このお店は、夜は営業しておらず、昼あけて、売り切れ次第閉店だそうで、珍しい業態です。 しかも、出しているのは、「塩ラーメン」のみ、、。

 このブログで、もう何回も、書いていますが、飲食店で、「◯◯専門店」と、看板に書いてあったり、銘打っているところって、大体ダメ、、というか、ビミョ〜 なところが多いんですが、このお店は、実質的には塩ラーメン専門店、、なわけですが、ついてみると、看板には「専門店」の文字はなし、、。

  「よし、第一関門は突破したな、、」っと、わたしは思いました( ̄Д ̄)ノ。でもまだまだ油断はできません、、が、、。
 お店の外には「肉マースソバ」と看板には書いてあって、塩ラーメンという表記はありません。

 小さな喫茶店か、スナックくらいの小さなお店、黒を基調にしたインテリアで、くの字のカウンターのみ、客席は7〜8席でしょうか。生真面目そうな店主がひとりで、カウンターのなかの厨房で、黙々と調理しています。

 入り口入って直ぐに、自販機があり、そこで食券を買うのですが、ボタンには、立てに「あっさり」、「ふつう」、「こってり」、それに「並」と「小」の文字、それから、「ごはん小」と「スペシャル A 」というボタンが並んでいます。味の選択と、大きさの選択、それからごはんだけ、「スペシャル A 」というのはチャーシュー少なめの「塩玉子」入りと書いてあって、値段は普通の「並」と一緒です。

22-1,,.jpg


 席について、厨房の中を見ていると、オーダーが3人位入っていていましたが、何故か一人づつ、麺を袋からだして、茹でています。しかも、その麺は大きな袋から出しているのですが、玉になっておらず、手作業、目分量でとりだして、金属のざるに入れて茹でています。そして、スープは、大きな寸胴鍋から、一人前づつとりだして、手鍋で、電磁調理器で、温めています。

 どうやら、どんなに忙しくても、一人前づつしか造らない、、と決めているらしく、まあ、丁寧といえば丁寧な仕事。それにしても、作業法だけではなく、なにか、独特のお店の雰囲気。

 たまたまなのかも知れませんが、2人連れのお客はおらず、誰もナンにも言葉を発することなく、黙々と、食べるか、提供をまっています。 そうして、壁に取り付けられた、小さめの液晶テレビからは、チャップリンの無声映画に後から音楽をつけた、DVDが、それほど大きく無い音量で流れています。

 不思議な雰囲気の中、やがて運ばれて来たのが、写真のもの。 受け渡す時に、「オマタセしました」という言葉とともに、「薬味は柚子七味がお勧めですので、後半に良かったら、入れてみて下さい、、」という口上が、、。

22-3,,.jpg


 見れば、ちょっとかわった入れ物に、幾つかの調味料が、右から、「すりゴマ」「七味唐辛子」「粗挽きのブラックペッパー」、、、そして一番左は、白と黒の物体が、、。 ここで、躊躇せず、店主に質問してみました。

 私「この一番左の白と黒のやつはなんですか?」、、。 店主「それは、ごはんにかける胡麻塩です、、」。

 なんだ、胡麻塩だったんですね、、。

 沈黙の中、目の前に現れた透明度が高いスープと、白っぽい麺、端正な盛りつけ、、。丼からは特に強い香りはでていません。 

 レンゲで、スープを一口、、。 何種類かの魚介系と、生姜の香り、それと鶏肉の風味が、一体となったコク味、わずかに化学調味料も感じますが、とても上品な奥行きのあるスープです。 雰囲気とあった、味というか、ポーズだけ格式があって、一口たべたら、ずっこけるも店も、たまにありますが、スープ一口で、そのポテンシャルは伝わってきました。何度かスープを口に運び、その後麺へ、、。

 独特の食感の麺でした、固く無く柔らかくなく、適度な弾力を感じますが、カンスイの香りはしません。チャーシューはかなり弾力があり、でもブヨブヨしている訳でもない感じ。ゆで卵は、中まで塩味が染みていました。 茶色い粉末みたいな物は、タマネギの揚げた物で、他のカイワレや、ネギとともに、薬味の役割をしていました。これは、なかなか、「男のロマン香る、、?」味ですな、、。 

「渾身の一杯」という感じです。 肉マースソバの「マ−ス」というのは、沖縄の言葉で、「塩」という意味だそうです。マ−スソバ=塩ラーメンという意味なんですね。

 あとで、ネットで検索してみると、店主は新潟出身、関東で働いていたが(職歴不明)、ラーメン屋をするために、沖縄に移住した人らしいです。私が推測するには、もともとはプロの料理人では無い、、気がします、多分。ホームページには、材料や、レシピなどについて細かく、まるで、種明かしをする様に書いてあります。
 
 自分の趣味や個人的なことなども書いてあり、バツイチなんていう情報も載っていました(笑)

 なかなか、面白いキャラの人だな、、また行ってみたいと思います、、(^ν^) 。

22-2,,.jpg


 2016年 9月27日火曜20時から、CMSレコード主宰ピアニスト細川正彦の演奏が、東京、神保町の「試聴室」であります。このライブには他に、曽我部 晃率いるVo G + Acd のユニット、ファーカンダも出演します。

 2016年 10月2日、日曜日 14:00 〜 熊本県多良木町 多良木町交流館、「石倉」で、多良木音楽祭の一環として、CMSレコード主宰、細川正彦の演奏があります。CMS-1010『 In a Springtime 』の サキソフォン奏者、伊澤隆嗣(as ss)も共演します

 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近食べた麺

2016年09月21日

どうやって作業をしているのか、、について その 3 。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

21-1,,.jpg


 沖縄地方、今日は晴れて、少し凉しめの気候で、湿度も低め、心地よい風が吹いていましたが、それでも最高気温は30℃で、まだまだ夏と言う感じは続いています。

 今日はブログのタイトルに反して、「どうやって作業をしているのか」というより、ダメなミキシングエンジニアの話になってしまいましたが、べースの重要性について書いたことが、思わぬ反響になり、Facebook 効果で、マニアックな内容にも関わらず、かなり多くの方が文章を読んで下さったようです。

 マルチチャンネル(トラック)で録音した音源を2つのチャンネルにまとめる、とい作業は、それをする、エンジニアが、どのように音楽が聞こえているのか、、ということが、出来上がりに大きく反映されるということは明確です。 エンジニアが感じた音楽、言い換えれば、エンジニアが見た景色を、素材を彼が感じた形に、映像として再構築する様な、、、もっと解り易く書くと、言ってみれば、まるで「福笑い」のように、目や鼻、口をどのように並べるか、、と言う様な作業である、と言う事ができます。

 お正月なら、目隠しをして、不思議な、というか、おかしな顔に並べた方が、楽しく、失笑を買い、楽しいレジャーとして成立するわけですが、これがミキシングとなると、素材を不思議な並べ方をしたりしたら、これはもうシャレにならない、、。

21-2,,.jpg


 もう完全に、音楽の世界は破壊されるか、かなり現実の音楽とはちがうものになってしまいます。ミキシングの場合、福笑いにたとえれば、並べてから、色がついていない目や鼻の部品に色を塗る、、というような作業もあるわけです。もしそれを誤ると、それはもう大変なことになります。

 そのくらい、ミキシングのエンジニアは、重要な役割、というか、責任があります。

 昨日の、バンドにおいてはべース奏者が非常に重要な役割をしている、、というのと同じか、それ以上に、音楽を再構築する役割をになっている、、ミキシング・エンジニアは、一般の人が想像している以上の大きな役割を、マルチトラックのミックダウン(トラックダウン)においてシナケレバならないということです。

 かなり、良い状態で素材が録音されていても、マルチの素材を、ミキサーのフェーダに立ち上げて、軽くバランスをとれば、作業の大半が終わる、、ということは滅多にありません。 ライブで複数の楽器が、その場の空気の中を通って聴いている人の耳に到達するように聞こえる様にするだけでも、音質の調整、そしてパンポットによる、定位の決定をはじめとして、余程の行程を時間をかけて作業しなければ、ある程度音楽として聴くに耐えうる状態にすることはできません。

 そんなわけなので、こんな事をするなら、わざわざマルチトラックで録音しない方が、いろいろと楽で、しかも結果が良いのではないのか、、と思う事もしばしばあります。 それにも関わらずマルチトラックで、わざわざ録音してミキシングをするのは、それをしなければ出来ない事、出せない効果がある、、ということなんですが、コレについてあんまり細かく書くと、企業秘密的なことを公開することになってしまうんですよね、、 (ーー;) 、、困ったな、、。

21-3,,.jpg


 2016年 9月27日火曜20時から、CMSレコード主宰ピアニスト細川正彦の演奏が、東京、神保町の「試聴室」であります。このライブには他に、曽我部 晃率いるVo G + Acd のユニット、ファーカンダも出演します。

 2016年 10月2日、日曜日 14:00 〜 熊本県多良木町 多良木町交流館、「石倉」で、多良木音楽祭の一環として、CMSレコード主宰、細川正彦の演奏があります。CMS-1010『 In a Springtime 』の サキソフォン奏者、伊澤隆嗣(as ss)も共演します

 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジニアの独り言

2016年09月20日

どうやって作業をしているのか、、について その 2 。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

20-1,,.jpg


 昨日の続きで、録音した楽器の音を、どのような作業をして音源として仕上げる、、と言う話なのですが、各楽器をバラバラの、つまり、別々のチャンネルに録音している訳ですから、エンジニアはまず、各チャンネルにどんな風に楽器の音が録音されているのか、、ということを、作業をするまえに、改めて聴いてチェックしなければなりません。
 その場合、別々に聴くこともあれば、ある程度簡易的にバランスをとって、全部のチャンネルを鳴らしつつ聴くとか、色々なやり方で、再生してみるわけです。

 昨日も書きましたが、別々のチャンネルにわざわざ録音しているということは、それを改めて、音質的に、あるいは、音量も調節できる、、というか、それをしなければ、ちゃんとした音楽としては聴く事ができないわけです。これが、大昔の様に、2チャンネルでしか録音していなければ、やりたくても、各楽器のバランスを変える事はできないわけですが、自由に変えられる、、というと、聞こえがいいわけですが、もし、ミキシングエンジニアが、録音された音楽をあまりよく理解していない場合は、音楽の内容ををうまい具合に反映させる様なバランスのとり方が出来ないことがあり得る、、ということなんですね、、。

 これは、日本のジャズの録音の場合特に多いのですが、なぜか、べースが良く聞こえない、、、ということが多いです。 その前に、リスナーも含めて、ですが、べースと言う楽器が音楽の中で、いったいどんな役割をはたしているのか、、ということを、理解しないで、音楽を聴いている人って、意外と多いんですよね、、。

 以前ライヴを聴きに行ったら、知り合いに会って、その人といろいろな話をしていたら、「ピアノとか、ドラムとかは、ナニをやっているのかよく解るのですが、べースが低い音で、一体ナニをやっているのかよく解らなくて、あんまり面白く無いンですよね、、」という話をしていました。

20-2,,.jpg


 それを聴いてビックリした、、というか、頭を抱えました。

 確かに、べースの音って、聴き取りにくいのかもしれませんが、、、「一体ナニをやっているのかわからないなんて、、」。 べースはジャズバンドの根幹というか、リズムとハーモニーの全てを司っているのですが、それをアッサリ、「ナニをやっているかわからない」なんて、、。

 これは、まだ、リスナーの方が感じている事だからそれはそれで、しょうがないのですが、エンジニアの仕事ぶりをみていると、もしかして、そう言う感じで、べースの役割をよく解っていないのでは、、?という、ミキシングの仕事ぶりを聴く事がよくあります。

 アルバム全体を通して、べースがこもっていたり、音程が解りにくいとか、音量がスゴく小さいということがよくあるのですが、これはもう、エンジニアがよく音楽を解っていないという証拠というか、ジャズ系音源場合、致命的な欠陥というか、とにかく、音楽全体のアンサンブルが聞こえて来ない仕上がりになってしまいます。

 これがマルチトラックで録音をしていなければ、元の音源に、ある程度べースの音が入っていれば、バランスを変え様が無いのですが、べースの音色と音量バランスを後からかえられる録音の仕方だからこそ、それが上手くいっていないということが起こってしまうんですね。

 エンジニア自体が、そこで、どんな風な音楽が鳴っているのか、、ということを把握しているか、していないのか、、?、ということが、ミックスダウンの出来上がりの生死をわける要素ということになります。

20-3,,.jpg


 2016年 9月27日火曜20時から、CMSレコード主宰ピアニスト細川正彦の演奏が、東京、神保町の「試聴室」であります。このライブには他に、曽我部 晃率いるVo G + Acd のユニット、ファーカンダも出演します。

 2016年 10月2日、日曜日 14:00 〜 熊本県多良木町 多良木町交流館、「石倉」で、多良木音楽祭の一環として、CMSレコード主宰、細川正彦の演奏があります。CMS-1010『 In a Springtime 』の サキソフォン奏者、伊澤隆嗣(as ss)も共演します

 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジニアの独り言

2016年09月19日

どうやって作業をしているのか、、について その1 。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

19-1,,.jpg


 昨日の続きの文章になりますが、私の場合、あまり具体的に、こういう風に作業しています、、こういうやり方をしています、、ということを人に言ったり、文章に書いたり、、ということはあまりしませんが、基本的な事、現代の音楽録音の仕方について、知って頂く、と言う意味も込めて、すこし書きたいと思います。

 まず、簡単に書いてしまえば、たとえば、バンドとか、複数の楽器が合奏しているものを記録する場合、基本的には、それらの一つ一つの楽器は、別々のトラックというか、チャンネルに記録します。

 このトラックとかチャンネルと言う言葉自体、専門でない方には、解説というか、説明が必要なのですが、通常私たちが聴いている、音源というものは、ステレオ、つまり、2つのチャンネル、つまり右と左の2つのチャンネルがあるわけですが、言い換えれば、左右二つのスピーカーとか、ヘッドフォンの右左から音が出る、、この2つになる前の、録音現場で最初に記録されるときは、最低でも、録音される楽器の数だけ、チャンネルがある、と言う事を理解してほしいです。

 例えば、サックスのカルテット、サックスと、ピアノと、べースとドラム、、、。それらの楽器はたとえ同時に演奏し、録音していたとしても、違うチャンネルに記録されています。

 ではなぜ、そのように録音するのか、、?。これは、別々のチャンネルに記録する事で、あとで、楽器ごとに別々に音質を調整したり、音量を調節することができるようにするために、そういう風に録音します。

19-2,,.jpg


 昔は、どんなに大きな編成のバンドや、オーケストラでも、一つあるいは二つのマイクをつかって、少ないチャンネルに記録していましたが、後の作業、つまり録音した後にプレイバックして、たとえば、オーケストラをバックに歌手が歌っているとすると、オーケストラの音量だけを大きくする、、とか、歌手の歌だけにリバーヴ(エコー)をつけるなどの作業をしようとすると、どうしても各々を、別のチャンネルに録音しないと、そういう作業ができない、、。

 その他、伴奏と歌を別々に録ったり、伴奏する楽器を別々に録るという作業をすることで、忙しいミュージシャンのスケジュール調整が楽になるほか、別々の場所(スタジオ)で録音をするなど、いろいろな利便性とともに、多チャンネル=マルチトラックのレコーディングが現代の制作現場では当たり前になっています。

 ポップスや、ロック系以外の、ジャズや、クラシック音楽の場合は、ほとんどの場合、音楽的な理由で、同時に演奏してそれを録音しますが、上に書いたとおり、同時に録音しても、別々のトラックに録る事で、それぞれの楽器の音色を、録音後のミキシング=トラックダウン作業で、様々な効果を出す処理ができるというメリットを生かして、作業をしています。

 トラックダウンと言う言葉は、8チャンネルや、16トラックなどのチャンネルを、音質調整とともに、2チャンネルの一般的な音源として仕上げる(トラック=チャンネルの数を16や8から、2つにダウンする、、)作業ですが、多くのチャンネルのバランスをとるなどの調整をするには、実際に演奏する時間、録音時間とは比べ物にならない程の時間がかかるというデメリットもありますが、その作業をしっかりやり、それがうまくいけば、少ないチャネルで記録しているより、はるかに魅力的な音源を制作することができる、というわけですが、その作業をする技術者の感覚、スキルが仕上がりを大きく左右するという、危険性もはらんでいます。

19-3,,.jpg


 2016年 9月27日火曜20時から、CMSレコード主宰ピアニスト細川正彦の演奏が、東京、神保町の「試聴室」であります。このライブには他に、曽我部 晃率いるVo G + Acd のユニット、ファーカンダも出演します。

 2016年 10月2日、日曜日 14:00 〜 熊本県多良木町 多良木町交流館、「石倉」で、多良木音楽祭の一環として、CMSレコード主宰、細川正彦の演奏があります。CMS-1010『 In a Springtime 』の サキソフォン奏者、伊澤隆嗣(as ss)も共演します

 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジニアの独り言

2016年09月18日

仕事の心構え。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

18-1,,.jpg


 気がつけば、9月も後半になって、なんだか最近時間がすすむのが、早い、、そんな気がしますが、これも歳のせいなのか、、?。 のろのろ台風(そう呼ぶ事にしました (´Д` ) )はまだ、沖縄付近に居ますね、、。

 私の仕事、エンジニアリング、、つまり、音楽を録音して、音質を調整して、最終的な音源として聴ける様に調整する、、ということなのですが、この作業は、最終的に音源を聴く人が、どういう風な音で聴けば、音楽をより楽しめるのか?、、ということを考えて作業をするわけです。

 つまり、CDを聴く人は、カーステレオとか、ラジカセで聴く人もいれば、居間に大きめのステレオを持っている人もいるでしょうし、音楽はヘッドフォンで、デジタルオーディオプレーヤーで聴くと言う人や、昨日書いたような、とても高額な装置で聴いていると言う人もいるわけです。

 それぞれの機器の性能は随分違うでしょうし、スピーカーの大きさ、音楽を聴く音量も、それぞれまちまちでしょうし、出来上がった音源は、こちらの想像を越えた、いろいろな環境で聴かれるわけです。 そういった様々な環境で音源を聴いて下さる人がどうしたら、より、楽しんで、そして、CMSレコードの作品に込められたメッセージを、如何に理解してもらうことができるか、、と言う事をいつも念頭において作業しています。

 良い音で仕上げる、質の高い音質で、、ということを考えてはいますが、ハイエンドの、高額なシステムばかりを意識して、音源を制作してしていては、多くのユーザーのことを、結果として無視してしまう事になるわけで、それでは、どの辺り、どういう音質を目指して仕上げるのか?ということに関して、常に真剣に頭を悩ませているわけです。

18-3,,.jpg


 言い換えれば、かなり、傷んだ、あるいは、お金をかけてはいるが、それなりの音が出ていない装置で聴いたとしても、それなりに楽しめる、、ということをある程度意識して作業をする、、ということになるのですが、そういうやり方が、昨日書いた様な、歪んだ価値観、「良い音」を知らないユーザーの人達と私の接点をつくることになってしまった、、というのは、皮肉な事です。

 多くの健全なリスナーのためだけに音質調整をする、、と言う事の方が、作業が、かなり楽になるのは間違いないのですが、過去の仕事、特に放送関係の音源の仕事を長い間して来た関係上、あらゆる、、とはゆかないまでも、ほとんどの機器で再生しても、音楽のイメージがかわらない、楽器の音色や、各楽器のバランスが、いろいろな環境で聴いても、かわらずに聴くことができる音源に仕上げる、ということを常に念頭においています。

 これは逆に言えば、制作の環境で、優秀な機器を使っても、音楽的に、そして音響的にその制作の場だけでのみ完結してしまっている音源がたくさんあるので、できるだけそう言う風にならない様にしよう、というのが、私のやり方です。 この辺の話は、以前のこのブログ、「エンジニアの独り言」に沢山書いてありますが、明日も続きを書こうとお思います。

18-2,,.jpg


 2016年 9月27日火曜20時から、CMSレコード主宰ピアニスト細川正彦の演奏が、東京、神保町の「試聴室」であります。このライブには他に、曽我部 晃率いるVo G + Acd のユニット、ファーカンダも出演します。

 2016年 10月2日、日曜日 14:00 〜 熊本県多良木町 多良木町交流館、「石倉」で、多良木音楽祭の一環として、CMSレコード主宰、細川正彦の演奏があります。CMS-1010『 In a Springtime 』の サキソフォン奏者、伊澤隆嗣(as ss)も共演します

 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジニアの独り言

愚かなオーディオマニア。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

17-1,,.jpg


 昨日はなかなかブログが書けずにいたら、いつの間にか眠ってしまった、、、という、なんとも間抜けな話でしたが、ご存じない方もいらっしゃると思うので、書きますと、このブログ、もう、かれこれ、4年近く毎日、休み無く書いておりまして、やはり、そんなに長く書いていると、「今日は無理、書けません、、」みたいな日は何日かはありました。

 昨日も、割とそう言う状態であったのかもしれませんが、運良く、、というか、運悪く、睡魔に負けたお陰で、そのことをブログに書いてしまいました。 そういえば、そのブログに、Fasebook上で、コメントがアリ、「仕事のし過ぎなんじゃないのか?」というご意見がありましたが、私の現状としては、そんなでもないんですけどね、、。

 そういえば、沖縄付近で、台風が発生し、なかなか北上せずにいて、何人かの方から、ご心配のメールを個人的に頂きましたが、私のいる沖縄本島では、いまのところ、ほとんど影響はありません。それは、まあ、多少は、雨が降ったり、少し風が強かったりしますが、ほとんど平常で、雲の間から、お月さんも見えています。

17-2,,.jpg


 明日の予報は、日差しもありそうで、決して、台風の影響があるようなかんじではありません。ただ、本島以外の南西部にある幾つかの離島では、それなりの影響はあるみたいで、八重山地方や宮古島地方では 、相当警戒しているみたいです。それにしても、毎度書いていますが、台風の動きが鈍いですね、、。

 話はかわりますが、しかしそれにしても、昨夜の夢はナンだったんだろう、、?。 私の場合、仕事に関する夢というものは、ほとんど今までに、見た記憶が無いんです。 まあ、でもあれが、仕事の夢かというと、ちょっと微妙なところもあるとは思うのですが、オーディオの音質なのか、音源のテストなのかわかりませんが、なんとも、不可思議な夢でした。

 ああいう、オーディオの音質判断みたいなシチュエーションでは、夢ではなくて、実際に、マニアの人の家に呼ばれて、オーディオ機器のつなぎ方とか、組み合わせが悪くて、とてもヒドい音なのに、「どうですか?、いい音でしょう?」みたいな事を言われて、「いやいや、これはヒドい音ですよ、ほら、ここがつなぎ間違っていますよ、、」みたいな指摘をしたことはありますが、この間の夢では、そういう会話みたいなモノはなかったです。

 しかし、そういうなんというか、わざわざ人を呼んでおいて、私はエンジニアなので、「どうですか?ときかれれば、良く無いところを指摘してほしいのかな、と思ったら、、それを指摘した途端に、とても機嫌が悪くなる、、と言う人が多くて、とても不愉快な思いをしたことが何度かありますが、ああいう人達は、専門家に、「あ〜これは素晴らしい音ですね、、」と言って欲しいのだと思いますが、良く無い物は良く無いわけで、、本当にバカバカしい、大人げない愚かな人だなと思うわけで、もう、そういう誘いは全てことわる事にしています。

 自分のお金で自分の部屋で、好きな機器で、好きな音楽を聴くのは勝手ですが、人を巻き込んで、ヒドい音を無理矢理聴かせて、「良く無い」と言ったら、機嫌が悪くなる、、というのは、あまりにも大人げないと、思います。

 そう言う人にも、家族が居るわけですが、とんでもない金額(数百万から数千万円)もかけて、あんなヒドい音の出るシステムを、オーディオショップにダマされて、買わされている事を知っているのでしょうか?。

 オーディオショップも、高いお金をとっているのだから、つなぎ方くらい、教えてあげればいいのに、、。

 いろいろな問題が、世の中のにあるわけですが、あれも、立派な大問題だと思いますよ、、。

 ナンダカナ、、。

17-3,,.jpg


 2016年 9月27日火曜20時から、CMSレコード主宰ピアニスト細川正彦の演奏が、東京、神保町の「視聴室」であります。このライブには他に、曽我部 晃率いるVo G + Acd のユニット、ファーカンダも出演します。

 2016年 10月2日、日曜日 14:00 〜 熊本県多良木町 多良木町交流館、「石倉」で、多良木音楽祭の一環として、CMSレコード主宰、細川正彦の演奏があります。CMS-1010『 In a Springtime 』の サキソフォン奏者、伊澤隆嗣(as ss)も共演します

 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月17日

不思議な夢(昨日のブログ)。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

16-1,,.jpg


 今日は、昨日に引き続き写真を撮ろうかな、、と思っていましたが、いろいろあって、結局それはしませんでした。台風の方は、どういう風になったのかはわかりませんが、今は報道には16号の話しか出ていません。

 それにしても、最近の台風の速度の遅さは、かなり異常ななモノがあります。自然の話なので、いろいろな例があるのでしょうが、あまりにも動きが少ないので、ちょっとイライラするくらいです。

 遅いと言えば、いつもは夜の7時から、8時くらいの時間にこのブログを更新するのですが、今日は日付がかわって、夜中の3時過ぎにこの文章を書いています。色々と忙しかった、、、ということもありますが、今日は、なかなか書くことが無いな〜、、と言う感じで、なかなか辛いものがります。

 と、ココまで書いて、意識を失ったというか、疲れのせいで、眠ってしまいました。起きたのは朝の九時過ぎ、、。 途中ちゃんと床についていないので、何度も眠りが浅くなったのですが、ヘンテコな夢を断続的にみながら寝続けて、朝になってしまったようです、、。

16-2,,.jpg


 幸い、変な体制で寝てしまったにもかかわらず、それほど寝違えた、と言う感じはありませんが、不思議な夢を見た記憶は、意外と鮮明で、なんだか、不思議な感覚のまま、起き抜けで、寝ぼけているせいもあるのでしょうが、その断続的に見た夢を思い出しています。

 その夢というのは、幾つかのスピーカーが置いてある、試聴室みたいなところにいて、何人かで色々な音源を聴いているという現場でした。私以外に3人くらい被験者がいて、音源を流す側の人が2人居たと思います。 それで、いろいろな音源、音楽を流すのですが、どれも、なにか、少しづつおかしなところがある、、。

 いわゆる、逆相と言って、スピーカーケーブルの+と−をつなぎ間違えてしまった様な音とか、片方のチャンネルがあまり聞こえないとか、、。何かがちょとづつおかしい様な音源をきかされて、それに関して、どう感じるか、?という質問を受ける、、、という何とも不思議なテストの様な試聴会、、そんな夢でした。

 疲れて寝ているのに、自分の仕事に関してのいろいろの夢を見る、、これは、精神医学上は、どういう風に分析したらよいのか、、。 こういうことは、第三者に分析してもらわなければ、正しい事は解らないのかもしれませんが、非常に気になります。 そういった、訳の解らない夢の合間に、実際にパソコンのキーボードをたたいて、ブログを書いている夢も見た気がしているのですが、その内容は覚えていません。

 音質の聞き分けに関する、テストを受ける夢、、、実は、こういった、仕事に関する夢をみた事はほとんど無いので、そのこと自体が不思議な感じがするのですが、実際のところ、いまの時点で、仕事上、音質調整などで、特に、ヒドく悩んでいる、ということは無いので、どうしてそういう夢をみたのか、全く思い当たる節がありません。

 ブログの更新は大幅に遅れましたが、書くことに苦慮していた事を解決する、不思議な夢をみたので、そのことを書きましたが、本日分のブログは、もう少し早く更新したいと思っています。

16-3,,.jpg


 2016年 9月27日火曜20時から、CMSレコード主宰ピアニスト細川正彦の演奏が、東京、神保町の「視聴室」であります。このライブには他に、曽我部 晃率いるVo G + Acd のユニット、ファーカンダも出演します。

 2016年 10月2日、日曜日 14:00 〜 熊本県多良木町 多良木町交流館、「石倉」で、多良木音楽祭の一環として、CMSレコード主宰、細川正彦の演奏があります。CMS-1010『 In a Springtime 』の サキソフォン奏者、伊澤隆嗣(as ss)も共演します

 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月15日

晴れたので、写真を、、。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

15-1,,.jpg


 昨日も晴れはしましたが、今日は、久しぶりの本格的な晴れ、、。 真っ青な空と、夏らしい雲、そして適度な風もあり、昼間は湿度も低めで、まあまあ、過ごし易かったので、一眼レフをもって、外へ、、。

 一眼レフのカメラは、時々は、持ち歩いてはいるのですが、天気の良い日があまりなかったので、それほどの枚数は撮っていませんでしたが、今日は200枚以上は写真を撮影しました。
 天気が良くても、相変らず、割と謎な写真ばかり撮っているのですが、影とか以外に、500年以上前に建っていた、お寺の跡地に行って、そこに生えている大木とか、石造りの門なども撮影して来ました。

 その木はこちらによく生えている種類の木で、幹なのか、枝なのか、蔦なのかよくわからない不思議な形態の木ですが、そこにあるものは、随分大きな物で、その木陰で、涼んでいる人が何人か、居ました。 この位大きな木ならば、かなりの木陰ができます。

 ココに有ったお寺は、とても由緒ある物だったそうですが、戦時中に焼けてしまったそうですが、門と、まわりの石垣だけが、焼け残っています。その門には、長い年月をかけて、かなりの量のコケが生えていて、とても重厚な感じがします。

 まだ、こちらに住む前に、そう言う場所とは知らずに、町を歩いていて、偶然立ち寄った事がありましたが、門と、壁だけで、中は空っぽで、不思議な場所だな、、と、とても印象に残っていました。

15-3,,.jpg


 引き続き発生した、二つの台風は、存続している様ですが、今日の天気は風がある以外は、ほとんど影響を感じませんでした。衛星画像を見ると、随分と分厚い雲が見えますが、今日のこちらの天気は、おおむね晴れで、快適だったのですが、余程朝鮮半島付近にある高気圧が強力なのでしょうね、、。

 でも、よく衛星画像をみると、日本列島の遥か南の方にも、大きな雲の渦がみてとれます。あれが台風になって、本州に上陸する可能性はかなりあるのかな、、?と、思っていますが、どうなのでしょうか?。

 それにしても、やはり、今年の沖縄は台風が上陸しないな、、、と思うわけですが、人によっては、こういう年もある、、と言っている人が居て、実はそれほど珍しくはないのかなと、思ったりもしていますが、本当のところは解りません。

 いずれにしても、今日は天気が良かったので、ブログで使える様な写真を久しぶりにたくさん撮れたので、良かったです。
 明日も、まずまずの天気みたいなので、もう少し撮ってみようかな、、、。 でも、あんまり歩き回っていると、日焼けしてしまいますね、、。

 別に構わないんですけど、、、(´◡`๑) 。

15-2,,.jpg


 2016年 9月27日火曜20時から、CMSレコード主宰ピアニスト細川正彦の演奏が、東京、神保町の「視聴室」であります。このライブには他に、曽我部 晃率いるVo G + Acd のユニット、ファーカンダも出演します。

 2016年 10月2日、日曜日 14:00 〜 熊本県多良木町 多良木町交流館、「石倉」で、多良木音楽祭の一環として、CMSレコード主宰、細川正彦の演奏があります。CMS-1010『 In a Springtime 』の サキソフォン奏者、伊澤隆嗣(as ss)も共演します

 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月14日

9月なかば、暑さの中の「食」。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

14-1,,.jpg


 今日は9月の14日で、9月も、もう半ば近く、、。 全国的には、秋深まりつつある、頃になりつつありますが、沖縄はまだまだ夏。 本日は台風の影響なのか、日差しもありつつも、気温の上限は31℃あまりで、暑さはそれほどではありませんでした。

 どうやら、今回も台風の直撃は免れたようですが、衛星画像を見ると、東南アジアから、日本列島にかけては、かなりの量の雲がたれ込めています。日本海のあたりに、かなり強い高気圧があるので、台風が、まっすぐ上がって来る事ができない、、というのが、ここ数日の状況みたいです。

 気温は30℃を越えていて、湿度もそれなりに高いのですが、大海原を渡って来た海風を浴びると、それなりに涼しく感じました。湿度は高いので、爽やか、、ということは無いと思うのですが、こちらの気候に慣れたせいもあるのか、何となく過ごし易く感じる、亜熱帯性気候に感じて来始めています。

 それでも、なんとなく、温かい食べ物は、無意識のうちに避けてしまっていますが、以前このブログに書きましたが、冷やし中華の様な、夏メニューをほとんど見かけない、常夏気候のこちらの飲食店の献立ではありますが、先日のブログに書いた様な、「まぜ麺」専門店的なお店が他にも有ったりして、「冷やし◯◯」というものを欲している人は少ないのかもしれませんが、「熱いおつゆ無しの食べ物を食べたがっている人は、私だけではなく、意外と多いのかもしれないな、、」という気がします。

14-2,,.jpg


 でも、前に書きましたが、九州の宮崎に有る様な、「冷や汁」みたいな、郷土料理は無いようなので、その辺の好みは、いくら暑くても、「熱い食べ物は熱くて良い、、」という感覚は、こちらの人に有るのかもしれません。

 そのことは、あまた有る、「沖縄ソバ屋さん」で、ほとんど、「冷やし沖縄ソバ」がない、、ということからもわかります。

 でも、かき氷的なものを食べる習慣はあるので、デザートで涼む、、という風習はあるのでしょうね。暑い時は、食べ物は腐り易いので、お寿司みたいな物はご飯がお酢でしめてあり、腐りにくいので、こちらの風土にあっている気もするのですが、それほど寿司屋さんが有ると言う訳ではない、というか、お寿司屋さんはかなり少ないと言う気もしますし、チラシ寿司みたいなものも、あまり見ません。

 コンビニエンスストアでは、何処にでも売っている様な、巻寿司はありますが、そういえば、助六とか、お稲荷さんはあんまり見ませんね、、。 でも、スーパーには普通に、握り寿司は、パックに入れて販売はしています。
 でも、こんなに暑いのに、保冷剤を準備しているお店を、あんまり見ません。車で来ている人が多いからでしょうか?。なので、私は、温かくなると、傷む様な物を買った時の為に、「保冷パック」というか、「保冷袋」みたいな物を買いました。

 直ぐに腐る、、ということはありませんが、常温で運んでは、明らかに、保存期間が短くなってしまいます。

14-3,,.jpg


 2016年 9月27日火曜20時から、CMSレコード主宰ピアニスト細川正彦の演奏が、東京、神保町の「視聴室」であります。このライブには他に、曽我部 晃率いるVo G + Acd のユニット、ファーカンダも出演します。

 2016年 10月2日、日曜日 14:00 〜 熊本県多良木町 多良木町交流館、「石倉」で、多良木音楽祭の一環として、CMSレコード主宰、細川正彦の演奏があります。CMS-1010『 In a Springtime 』の サキソフォン奏者、伊澤隆嗣(as ss)も共演します

 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

台風が、、?。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

13-1,,.jpg


 また、真夏の気候が戻って来た、と思いながらも、今一つ暑さが足りないな、なんて思っていたのですが、沖縄の春か南の海上に、台風が3つも発生したらしいです。

 台風14、15、16号!!。

 今のところ動向はハッキリしませんが、土日にかけて、こちらに来そう、、という進路みたいですね、、。

 丁度その頃は国民の祝日で連休なのですが、、。 と言うところまで、書いて、いろいろ用を足していたら、夜中になって、日付もかわってしまいました。そして、台風情報を見てみると、、。

 なぜか、14、16号の話は出てくるのですが、15号がでてきません。もしかしたら、消えたか、14か、15号に吸収というか、統合されてしまったのかもしれません。

 それらの台風はどうやら沖縄直撃や、本土の方には向かっていないようです。二つの台風の距離は近く、どちらも西北西に向かっていて、中国大陸に上陸する様です。

13-2,,.jpg


 それにしても、以前なら、「あっ台風ね、、そのうち通り過ぎるでしょ、、」という感じで、割と無関心だったのですが、沖縄に越してからは、本州や、九州にでかけるスケジュールを見ながら、飛行機が飛ぶかな、、?。チャンと着けるかな、、とか、予定どうりに帰って来れるかな、、と言う様なことを気にする様になりました。
 幸いにして、台風その他の天候の影響で仕事に支障が出たことは、今のところありませんが、今後もそうそう都合良くゆくとは限りません。

 ちなみに、今度島を出るのは月末の週なので、まだまだ先が読めない状況なのですが、いろいろと考えてしまいます。こういう事は、あまり気をもんでも仕方のないことなのですが、どうしても気になってしまいます。

 ちなみに今晩は、突然、かなりの雨が振り、道はビショ濡れになってしまいましたが、おかげで、随分涼しくなりました。今日は洗濯をしたのですが、早めに取り込んでおいて、本当によかったです。

 それにしても、台風15号はどこへいってしまったのかな、、?。 今日は久しぶりに文章短めで、、、。

13-3,,.jpg


 2016年 9月27日火曜20時から、CMSレコード主宰ピアニスト細川正彦の演奏が、東京、神保町の「視聴室」であります。このライブには他に、曽我部 晃率いるVo G + Acd のユニット、ファーカンダも出演します。

 2016年 10月2日、日曜日 14:00 〜 熊本県多良木町 多良木町交流館、「石倉」で、多良木音楽祭の一環として、CMSレコード主宰、細川正彦の演奏があります。CMS-1010『 In a Springtime 』の サキソフォン奏者、伊澤隆嗣(as ss)も共演します



 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 03:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月12日

最近食べた麺 74 パクチーとトマトとたまごのシャムソバ

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

12-1,,.jpg


 今日の沖縄は久方ぶりの日差しが、、、。 気温27〜31℃湿度が70〜80%の亜熱帯気候がもどってきましたが、最高気温が31で、少しだけ涼しいかもしれません。

 でもなんか、涼しく感じます、、気のせいか、、?。

 以前なら、夏に、暑いからと言っても、全然気にしないで、温かい麺を平気で食べていましたが、最近は、スープというか、お汁のある麺は、うどんが無いこともあり、気がつけば、何となく避けています。 前は平気で、「鍋焼きうどん」とか、食べていたのに、、。 まあ、沖縄には鍋焼きどころか、いわゆるうどんは、ほとんど無いのですが、、。
 
 それでは、温かい麺を食べないで、どんな麺を食べるのかと言うと、、、。 冷やし中華みたいな物も、こちらにはあんまり無いので、まぜソバ、とか、和え麺的なモノを食べる事が多いです。

 ちなみに、今日の麺は、冷やし系の和えソバ的な、もので、お店の看板には「まぜ麺」と書いてあります。しかも、こちらは、まぜ麺のみの、お店。 これは珍しいですね。

 「まぜ麺」というのは、茹でた中華麺に、タレと、野菜、味付けした挽肉などを和えて食べる、麺で、近年、ニラ、生玉子などの入った「台湾まぜソバ」とか、そういう名前で、全国のラーメン屋さんの定番メニューのなりつつあります。

12-3,,.jpg

 混ぜてもキレイ! ↑

 ここは、カウンターと、少しのテーブル席で、キャパは、10名くらいのお店ですが、なかなか繁盛しています。ちょっとお洒落な店内なのですが、意外にも、女性より、男性、それもオヤジ系の人もお客には多い様です。 まぜ麺には、必ずおワカメと野菜、玉子の白身が入った味噌汁がついていて、これがなかなか、良い意味で家庭的なお味で、良いです。

 まぜ麺はスープがないので、こういうサービスは素晴らしいですし、お替わりも出来るのだそうです。それから、食べ終わると、一口大のご飯を入れる、、というサービスもあって、器にこびり付いたタレを逃さず味わえると言う仕組みになっています。
 以前何度か来て、普通の、、というか、温かいまぜ麺を食べましたが、美味しかったので、また来ようと思っていました。

 かなり久しぶりに来た時に、やはり、暑いので、「あまり温かく無いのが良いな、、」と思っていたら、季節限定(夏)の「パクチーとトマトとたまごのシャムソバ」なる、とても長ったらしい名前の冷やし系のまぜ麺をみつけました。写真のメニューがあり、赤いトマトと、緑のパクチーが目につく、綺麗な盛りつけでした、。

 シャムソバのシャムというのは、タイ(Thailand)のことだと思うのですが、ということは、私がちょっと苦手なナンプラーとかが、使ってあるのでは、と思いましたが、パクチーは大好きなので、勇気を出してオーダーしてみました。

12-2,,.jpg

 

 運ばれてくると、ちょっとお洒落なガラスの器に、シンプルな具材、玉子の黄身だけをスクランブル状にしたものと、皮を剥いて、湯どうししたトマト、そしてパクチーが、オリジナルと思われるタレで和えてあり、麺は太めで、角が丸い固めの麺でした。

 これに、テーブルの置いてある、昆布酢や、自家製ラー油などを少しづつ、混ぜて食べましたが、味は、想像以上に複雑で、美味しかったです。麺はかなり、キンキンの冷えているのですが、具材がほぼ常温なので、丁度良い冷たさ、、。

 久しぶりに、個性的で、完成度が高い創作麺に出会いました。 これはリピートしようと思います。ちなみに、〆のご飯は今回は無し、何となく、そんな気分でした。

 ところで、こういう最近のカフェっぽいインテリアのお店に行くと、必ず、スムースジャズみたいな音楽がかかっていますが、あれって、ああいう薄ーい感じが良いのかもしれませんが、演奏も、録音もなんだか、軽ーい感じで、私には馴染めません、、。 「麺がおいし〜」とか言って食べていますが、そこだけちょっと、引っ掛かるんですよね、、私だけかもしれませんが、、、(・_・;) 。

12-4,,.jpg


 2016年 9月27日火曜20時から、CMSレコード主宰ピアニスト細川正彦の演奏が、東京、神保町の「視聴室」であります。このライブには他に、曽我部 晃率いるVo G + Acd のユニット、ファーカンダも出演します。

 2016年 10月2日、日曜日 14:00 〜 熊本県多良木町 多良木町交流館、「石倉」で、多良木音楽祭の一環として、CMSレコード主宰、細川正彦の演奏があります。CMS-1010『 In a Springtime 』の サキソフォン奏者、伊澤隆嗣(as ss)も共演します



 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近食べた麺

2016年09月11日

この一枚、David Sylvian ‎– Brilliant Trees - vol,33

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

11-1,,.jpg


 このブログは、CDレーベルのHPの中にあるブログで、CMSレコードのアルバムの話以外に、いろいろ音楽の話しや、麺の話とか、いろいろと、私エンジニア、小宮山が書いていますが、今日は、昨年の11月以来、超久しぶりに書く、「この一枚」。

 エンジニア小宮山が、お勧めする、CMSレコード以外のアルバムをとりあげて書いているこのコーナー(カテゴリー)ですが、1年近くも書いていなかったのは、特に理由はないのですが、、自分でもわかりませんネ、 ^_^;。 っていうか、ほとんど「この一枚」というコーナーがあることを、自分で設定していながら、忘れていましたよ、、ナンダカナ、(ーー;) 。

 今日の沖縄地方は、晴れたり曇ったりでしたが、夕方まえ位から、スコールが降り出しました。ちょうど、出かけていましたが、結構濡れてしまい、困って、本屋さんに駆け込んで、衣服の乾燥がてら、いろいろな本を見ていました。その時見た本の影響なのか、何故か、帰り道、今日取り上げたアルバムの事が頭に浮かびました。

 もう随分聴いていないアルバム、、。

 リリースされたのは、1984年ですから、32年も前の話。実は、調べてみてビックリしました、「そんなに昔だったっけ、、?」それにしても、何故このアルバムが、、頭に浮かんで来たのだろう、?。 そして、改めて聴いてみると、、。

 スゴい!古く無い、全然!。 っていうか、かっこイイ!。 このアルバム、リリース当初、LPで買いましたが、その後、大好きなので、CDも買いましたが、録音も良好ですし、音楽もなかなか刺激的、、。 基本的にはヴォーカルアルバムですが、演奏もとても興味深いんです。

11-2,,.jpg
 

 このブログを読んで下さっている方の中には「David Sylvian(デヴィッド・シルビアン)」ってだれ、、?、と言う方もいらっしゃるかもしれませんが、この人は、「Japan」というロック系(ビジュアル系?)のバンドをやっていた人で、そのバンド解散後は、独自のアンビエントというか、プログレというか、一種メジャーじゃない、= 私の好きな感じの作品を創り続けている人です。

 このアルバムには、「Japan」のメンバーも入っていますが、私の大好きな、UKの巨匠、FlugelhornのKenny Wheelerや、Trumpet の Mark Isham も入っていたりして、素晴らしい演奏を披露しています。 個人的に一番好きなトラックは、なかなか選ぶのが難しいのですが、2曲目の「The Ink In The Well」でしょうか、、。 

 Vo、flh、12 string G、Double Bass、Ds というアコースティックな編成ですが、最高のサウンドです。ドラムは終止ブラシのみで、アコースティックべースとハチロク系のビートを綺麗にだしつつ、ヴォーカルや、フリューゲルホーンが浮遊感がある世界を演出しています。

 このアルバムは、ジャズや、クラシック音楽を聴く人が聴いても、十分楽しめる音楽だと思うのですが、どうでしょうか、、?。 久しぶりに聴いて、かなり頭がリフレッシュしました。

 こういう、UK 独特の、浮遊感や、湿度感を感じるサウンドは、一言で、「暗い」と言う人もいますが、私は、実際にはとても奥深い、陰影のある、クリエイティヴなサウンドだと思います。

 David Sylvianの最近の動向は知らないのですが、このアルバムの後、ギターのデレク・ベイリーとのコラボでアルバムを出したり、ジャズ、インプロ系の演奏家とのコラボが、多い印象があります。自身で、ミキシングも行う、、、というところも、私には、とても気になるアーティストです。


David Sylvian ‎– Brilliant Trees

1 Pulling Punches 5:01

Bass – Wayne Braithwaite
Guitar – Ronny Drayton
Synthesizer – Richard Barbieri

2 The Ink In The Well 4:29

Double Bass – Danny Thompson
Flugelhorn – Kenny Wheeler
Guitar – Phil Palmer

3 Nostalgia 5:39

Flugelhorn – Kenny Wheeler
Piano, Synthesizer – Steve Nye

4 Red Guitar 5:07
Bass – Wayne Braithwaite
Guitar – Phil Palmer, Ronny Drayton
Piano, Synthesizer – Steve Nye
Trumpet – Mark Isham
Piano, Synthesizer – Riuichi Sakamoto

5 Weathered Wall 5:40
Synthesizer – Richard Barbieri Piano, Synthesizer – Riuichi Sakamoto

6 Backwaters 4:49

7 Brilliant Trees 8:35

Bass [Fretless] – Percy Jones (tracks: 8)
Design [Cover] – D. Sylvian*, Y. Fujii
Design [Design Realization] – HughesGroup
Drums, Percussion, Synthesizer – Steve Jansen
Electronics [Dictaphone, Radio], Guitar, French Horn, Voice – Holger Czukay
Engineer – Nigel Walker (tracks: 8), P. Williams* (tracks: 1 to 7), Steve Nye (tracks: 1 to 7)
Mixed By – D. Sylvian* (tracks: 2, 6, 8), N. Walker* (tracks: 2, 6, 8), S. Nye* (tracks: 1, 3 to 5, 7)
Mixed By [Assistant] – D. Sylvian* (tracks: 1, 3 to 5, 7), P. Williams* (tracks: 1, 3 to 5, 7)
Music By – J. Hassell* (tracks: 5, 7, 8), S. Jansen* (tracks: 8.3)
Music By, Words By – D. Sylvian*
Photography By [Cover] – Yuka Fujii
Photography By [Inner Booklet] – Anton Corbijin*, Simon Gargette
Piano, Synthesizer – Riuichi Sakamoto* (tracks: 4, 5, 7)
Producer – David Sylvian, Nigel Walker (tracks: 8), Steve Nye (tracks: 1 to 7)
Trumpet – Jon Hassell (tracks: 5, 7, 8)
Vocals, Guitar, Piano [Treated], Synthesizer, Percussion, Tape – David Sylvian

Special thanks to Yuka Fujii and Peter Barakan for their assistance. 'Brilliant Trees' recorded Berlin/London '83/'84, 'Words With The Shaman' recorded London '85.

Released in 1984
Publisher:
Tracks 1 to 4 & 6 by EMI Blackwood Music.
Tracks 5, 7, 8.1, 8.2 by EMI Blackwood Music, Nyen Music.
Track 8.3 by EMI Blackwood Music, Virgin Music, Nyen Music.

David_Sylvian-Brilliant_Trees_(album_cover).jpg



11-3,,.jpg


 2016年 9月27日火曜20時から、CMSレコード主宰ピアニスト細川正彦の演奏が、東京、神保町の「視聴室」であります。このライブには他に、曽我部 晃率いるVo G + Acd のユニット、ファーカンダも出演します。

 2016年 10月2日、日曜日 14:00 〜 熊本県多良木町 多良木町交流館、「石倉」で、多良木音楽祭の一環として、CMSレコード主宰、細川正彦の演奏があります。CMS-1010『 In a Springtime 』の サキソフォン奏者、伊澤隆嗣(as ss)も共演します



 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | この一枚

2016年09月10日

秋 ?

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

10-2,,.jpg


 今日は久しぶりに日差しがありました。 気温もそこそこ上がりましたが、やはり少し涼しい感じ、、。なんだか、「秋」という感じが少し漂っています。

 それにしても、もう9月ももう10日なんですね、、。 今年もあと三ヶ月とちょっと、、。

 2016年も四分の一近くしか残っていません。

 通常ならば、「秋」と言えば、私的には、「食」と決まっているわけですが、こちらは、まだ「秋」ではありませんし、秋らしく本当になるのには、まだまだ時間が必要で、そうなっても、栗とか、キノコとか、そういう秋の味覚というのは、手に入らないということは無いにしても、疎遠なんだと思います。

 そう言う意味では、今月末ちかくには、仕事で東京に行くので、楽しみ、、といえないこともないのですが、そのかわり、少し寒いんじゃないのかな、、という心配もあります、、、(^^ゞ。まあ、どっちみち、お仕事なので、そんなに、秋の味覚満喫、、という事はできないのでしょうが、、。

10-1,,.jpg


 昨日まで書いていた、クラシック音楽のカデンッアの話ですが、以前、昨日のブログに書いていた、ベートーベンのピアノ協奏曲を、即興演奏もする、ある日本人のピアニストが、演奏している動画をネットで見た事があるのですが、その動画では、カデンッアの部分で、自作、、というよりは、本当の即興なのではないのかな、、という演奏で、ノリにノって、、というか、いささか暴走気味に長時間やっていて、バックのオーケストラの人達が、結構びっくりして、、というか、若干引き気味だったのを覚えています、、(^。^;) 。

 まあ、やればいいと言うものではない、、、と、言うつもりもありませんが、そう言う意味では、昨日までの意見を撤回するつもりはありませんが、即興的なカデンッアというものは、ある種演奏家にとって、「鬼門」とも、言えないことは、ないのかもしれません。

 あと、カデンッアを即興でしていた時代は、今の様に録音とか、ビデオとかはありませんから、良い意味のスタンドプレイ、というか、その場限りの表現、ちょっとした「こけおどし」みたいなもので、お客さんをたのしませる、、というやり方は、「アリ」だったのかもしれない、、と言う可能性もありますよね、、。

 それなりに盛り上がったけど、一回しかそれを聞いていない聴衆達は、内容はそこまでハッキリは覚えていない、、。だけど、楽しかった、、、みたいな、(^_^;) 。

 ホント、実際にはどんな感じだったのでしょうね、、?、タイムマシンに乗って聴いてみたいモノです。

10-3,,.jpg


 2016年 9月27日火曜20時から、CMSレコード主宰ピアニスト細川正彦の演奏が、東京、神保町の「視聴室」であります。このライブには他に、曽我部 晃率いるVo G + Acd のユニット、ファーカンダも出演します。

 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月09日

カデンッア、、。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

8-2,,.jpg


 昨日のカデンッアのはなし、私の見方では、「せっかく自由に演奏できる場面を放棄するなんて、、」という意見なわけですが、作曲家によっては、「せっかく良い曲をつくっているのに、演奏者が勝手に演奏するカデンッアのおかげで、全体のバランスが崩れる!」と思っていた人もいたようで、近代に近づくにつれ、即興的にソリストが演奏すると言う風習を認めない、、という風潮も生まれたらしいです。 

 そういうことと、演奏家の専業化によって、自分でカデンッアを発想することが苦手な演奏家が増えて来たことが、時期的に重なった、、、ということもあって、今の様な状況になってきたのだと思います。

 まあ、でも私としては、クラシックの演奏家も、もう少し積極的に音楽の内容に関わってもよいのでは、、と思います。 一昔前に比べ、おしなべて高度な技術をもった演奏家が増えた一方、それにともなって、演奏内容の没個性化もすすんでいると思いますので、演奏家各人の個性を押し出す為にも、独自のカデンッアの存在があれば、その大きな助けになると思うのですが、、。

 少し話はそれますが、もう随分前の事ですが、アメリカの黒人シンガー「チャカ・カーン」が、Night in Tunisia をアルバムに収録した時に、アレンジの一つとして、かつて as のチャーリーパーカーが演奏したフレーズを、そのままつかって、アレンジメントにしていましたが、あの箇所は短いとは言え、クラシックで言うところの、カデンッアと言えるところだと思うのですが、ポップスや、ジャズの世界ではあんまりやらない手法ではありましたが、演奏者達の、チャーリーパーカーへの、リスペクトというか、オマージュを感じる粋なアレンジだったと思います。

9-2,,.jpg


 そういった、フレキシブルな音楽の造り方は、ポピュラー系の音楽の真骨頂とも言えるのかもしれませんが、クラシックの世界でも、もう少し、そういった「遊び心」のようなものをもって、音楽をやっても良いのではとも思います。

 作曲や、即興演奏ができない演奏家は、自分のトレードマークとして、個性を発揮するカデンッアをだれか作曲家に発注してみると言う手もあるのではないのかな、、と思います。 よく、リサイタルに、それ用のドレスをあつらえる演奏家がいますが、そのお金を、カデンッアにまわして、オリジナルを書いてもらう、、そんな粋なお金の使い方が出来る人こそ、面白い音楽が出来る気もします。 ソウデモナイカナ、、(^。^;) 。

 ところで、ここ数日沖縄はずっと曇天というか、日差しがなく、薄暗いのですが、お陰で、気温が上がらず、秋めいて感じる27.8℃の気温で、涼しくて助かります。 こちらの人にきいてみると、例年なら、まだまだ涼しくなる時期ではない、ということですが、もう、何日も、気温は30℃を越えていません。

9-1,,.jpg


 2016年 9月27日火曜20時から、CMSレコード主宰ピアニスト細川正彦の演奏が、東京、神保町の「視聴室」であります。このライブには他に、曽我部 晃率いるVo G + Acd のユニット、ファーカンダも出演します。

 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月08日

演奏家の考え方。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

8-4,,.jpg


 昨日は、クラシックのコンチェルトのカデンッアの話を書きましたが、もともとは、音楽家の評価のはなし、過去の名演奏家の名声が、未来の音楽界にまで、カデンッアの作曲家として残っていると言う話でした。

 でも、世界中のあちこちで、ブラームスや、ベートーベンのバイオリン協奏曲を演奏する時に、当たり前の様に Joseph Joachim のカデンッアをソリストが、まるで、ベートーベンや、ブラームスの作曲であるかの様に、演奏しているというのは、いかがなものなのか、、?、と、聴衆のうち、どれだけの人が思っているのでしょうか?。

 昨日も書きましたが、、カデンッアは、本来ソリストの腕の見せ所、、難曲のコンチェルトから、一時解放されて、、と書いたら言い過ぎかもしれませんが、自分の長所を聴衆にアピールする、格好のショウケースなはずなのですが、多くの演奏家が、ある意味、「人のフンドシで、相撲をとる、、」という感じで、自分とは、ある意味縁もゆかりもない人の書いた楽譜を演奏している、、。

 これは、もはや、クラシックでは、慣例化しているある種の風習と言えましょうか、多くの聴衆は、ブラームスのバイオリンコンチェルトの第一楽章のカデンッアは、ブラームス自身の作曲した楽句だと思っているのかもしれません。ベートーベンのバイオリンコンチェルトの場合、なぜか、ベートーベン自身が、カデンッアを書き残しておらず、それも、多くの人が、ヨアヒムのカデンッアを演奏する合理的な理由になってしまっているのかもしれませんが、、。

 言い換えれば、現代の楽壇においては、聴衆は、「この演奏家は一体どんなカデンッアを演奏してたのしましてくれるのかな、、?」という楽しみを、一方的に放棄させられている、、ということも、言えなくは無いのですが、そもそも、その「カデンッア」意味自体を聴衆が理解していないというところがあるのが、非常に残念です。

8-1,,.jpg


 コレに対して、私の知る限り、昨日書いた、Kremer は、他の人が書いたコンチェルトを演奏したり、ベートーベンや、モーッアルトのコンチェルトでは、作曲家に自分用にカデンッアを作曲してもらって演奏したり、録音していたりしますし、若い時の Glenn Gould は、ベートーベンのピアノコンチェルトのカデンッアを自分で作曲したりしていますが、そのことが何故か、あまり話題にならないのはナゼなのだろう?と、私は不思議でしょうがありません。

 ベートーベンのピアノコンチェルト1番におけるグールドのカデンッアは、とても良く出来た、素晴らしいもので、確実に協奏曲において、演奏者の個性を発揮させつつ、興味深い効果を演出することに成功しているもので、近代の演奏家としては、画期的なことだと思うのですが、、。 ベートーベンのヴァイオリンコンチェルトのほうでは、Kremer が、親友の Alfred Schnittke に依頼してつくってもらったモノを演奏していて、これまた、素晴らしい効果をあげていますが、コンサートでそのカデンッアを初演しようとしたとき、その時の指揮者に、かなりの抵抗を受けたということを、彼は本にかいています。

 いつもと違う物をやりたがらない、面倒くさいという気持ちが、創造的な試みを阻害する、、、そんな慣習が、保守的なクラシック界にあるのは、容易に想像がつきますが、かなりの有名演奏家でも、自由にその辺の試みが実行できない、というところが、恐ろしい程の保守性を感じさせますね、、。

 ジャズの世界では、どんなの素晴らしいモノでも、他人の演奏した音符をそのまま奏すれば、半分泥棒扱いされかねない、、というところもあるのに、クラシックの世界では、むしろ同じ物を演奏する様に、強いられる、、。

 これは、ある意味面白いところでもありますが、また、ある意味、どうしようもなく、下らない話でもあると、私は思います。

8-3,,.jpg

   ナンで味噌汁?!
 2016年 9月27日火曜20時から、CMSレコード主宰ピアニスト細川正彦の演奏が、東京、神保町の「視聴室」であります。このライブには他に、曽我部 晃率いるVo G + Acd のユニット、ファーカンダも出演します。

 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2016年09月07日

音楽家の評価って、、。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

7-3,,.jpg


 しかし、台風の速度が鈍いですね、、。 昨晩から今朝にかけてはそれなりに雨が降りました。

 しばらく音楽の話をかいていませんでしたが、今日は久しぶりにちょとそれを、、。 マニアックなネタですが、、(^^ゞ。
 評価と言うからには、本人ではなく、その音楽家
以外の人が、音楽家の価値を見極めるのだと思いますが、それってどんな風に決まって行くのでしょうか?。

 すこし、いや、かなり話が飛躍するかもしれませんが、1800年代にヨーロッパで活躍したバイオリニスト、Joseph Joachim (ヨーゼフ・ヨアヒム)は、演奏家として、指揮者として、教育者として、また、作曲家としても、評価されていますが、何と言っても彼の名前を後世に残したのは、ベートーベンやブラームスのコンチェルトのカデンッアなのではないかと思うのですが、彼がヴァイオリン演奏家としてとても評価されていた、、、ということはわかるのですが、彼のつくったカデンッアを聴くと、それは、貧弱なものではありませんが、それ程は素晴らしい、、とも思えないんですね、私には。

 先日はじめて、彼の作曲した、バイオリン協奏曲を聴きましたが、やはり、印象は同じ。

 演奏家としてのヨアヒム氏はレオポルト・アウアーやイェネー・フバイの先生であるので、フバイの生徒であったエフレム・ジンバリストやヤッシャ・ハイフェッツ、ナタン・ミルシテインなども、ヨアヒムの孫弟子ともいえるわけで、その後の展開をみると、近代バイオリン演奏史の礎をつくった人と言えるとは思うのですが、、。

7-2,,.jpg


 カデンツというものは、コンチェルトのソリストが、作曲家のつくった曲とは別に、自分の得意技を披露するところ、、なわけで、昔はソリストが自分で作曲したり、即興的に演奏していたわけですが、中世以降、演奏家=作曲家という図式がかわってきて、人のつくったモノを、だんだん演奏する様になってきた、、というわけですが、作曲や、編曲が苦手、、というか、演奏専門の演奏家達はこぞって、なぜかヨアヒムのカデンッアを演奏する様になった、というのは、前述したように、近代のバイオリン演奏技術の多くをになっている演奏家達が、ヨアヒム門下であるということを考えれば、まあ、しょうがない事なのかもしれません。

 しかし、演奏の評価、あるいは教育者としての評価が、そのまま、音楽家としての評価、あるいは、作曲家としての評価に移り変わってしまうというのは、いささか納得がいきませんよね、、。

 シベリウスのバイオリン協奏曲の初演を聴いて、ヨアヒムは評価しなかった、、ということですが、その後、改定された彼の協奏曲が、現代では当たり前に演奏されているわけですが、もう10年くらい前でしょうか、シベリウスの遺族の許可を得て、演奏された改定前の、原典版と言って良い曲のCDを持っていますが、その曲がそれほどマズいものだとは、私には思えません。

 ヨアヒムと言う人が、名演奏家として、当時の音楽界で、ご意見番的な立場に居た事は間違いないと思うのですが、いささか、後世への名声の伝わり方も含めて、増長し過ぎていたのでは、、?、と思うところもあります。

 私の大好きなバイオリニスト、Gidon Kremer 氏はベートーベンと、ブラームスのコンチェルトを、3回も録音していますが、なぜか一度も、皆が演奏する、ヨアヒムのカデンッアを使っていないのですが、もしかして、それは、私と同じ様な意見を持っているのではないのかな、、とも、思っています。

 しかし、台風鈍すぎ、、(ーー;) 。 今日はめずらしく、ジャズをききながらブログを書きました (´o`;。   

7-1,,.jpg
  たそかれ珈琲の キーマカレー ↑

 2016年 9月27日火曜20時から、CMSレコード主宰ピアニスト細川正彦の演奏が、東京、神保町の「試聴室」であります。このライブには他に、曽我部 晃率いるVo G + Acd のユニット、ファーカンダも出演します。

 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2016年09月06日

やっぱ台風でした、、。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

6-2,,.jpg


 昨日のブログで、「別に台風ということでは無いみたいですが、、」雨が、、みたいな事を書いていましたが、あれから、やはり台風が発生してしまった様ですね、、。

 前の台風が、地図で見ると、島の右側、つまり西側で発生していたのに対して、今回は東側、つまり左側の海上で発生したらしいです。
 でも、前回と同じ、ほとんど動かないというか、動きがとても鈍い台風みたいです。 前回もそうなのですが、島の南の方で発生して、島を横断する、、という感じではないので、、こちらの雨や、風はそれほど大した事はありません。 これから、北上して、九州や、本州の方向へ行くのでしょうが、とにかく動きが鈍い、、。

 今日は一日中雲と雨だったので、日差しがなく、温度は午前中は29℃くらいありましたが、昼前には26℃まで下がり、随分涼しく感じましたが、湿度はず〜っと80〜90%くらいあって、久しぶりに沖縄らしい気候でしたが、いや〜ジメジメしてスゴいですね、、。 湿度が90%あると、少し動くと汗ばみますし、外を歩くと汗が吹き出ます。

 まあ、いわゆる台風の突風とか、物凄い雨とかはないので、台風の本場としては、大した事が無い、というか、地元の人にとっては、こういうのは、台風のうちに入らないのかもしれません。

6-3,,.jpg


 昨日は、予報が当たらないと、書きましたが、来週まで、毎日雨と書いてあるのを見ると、台風や、気象衛星の映像を見ると、沖縄の南には雲の固まりがたくさんあるので、しばらくは雨、、とううだけではなく、コレから本当に台風がたくさん来たりするのかな、、?、、と、少し怖い気もしています。

 台風は決してヒドく無いのですが、街に出ると、早めにお店を閉めていたりしているところも多く、ある種のやる気の無さみたいなモノを街には感じます。 というか、台風の時にはいつも来んな感じなんでしょうね、、。

 昨日も書きましたが、こんな時に、わざわざ飛行機に乗って沖縄に来た人達はとても可愛そうというか、一体ナニしに来たんだか、解らなくなってしまいますよね、、。 買い物をするとか、お酒でも飲むとか、そういうぐらいしかやる事がないのかもしれません。 本土の真冬の時期にこちらに来たのなら、雨でも、「暖かくていいですね、、」みたいな感じになるのでしょうが、、。 ジメジメのところにわざわざ来てしまっては、これでは、飛行機が欠航して払い戻しになった方が、そのお金で、別の楽しみ方が出来るのかもしれません。

 そう言う時って、ホテル代はどうなるのかな、、、?。 実はほとんど行楽で沖縄に来た事はないので、そう言う事はしらないんですよね、、。

6-1,,.jpg


 2016年 9月27日火曜20時から、CMSレコード主宰ピアニスト細川正彦の演奏が、東京、神保町の「視聴室」であります。このライブには他に、曽我部 晃率いるVo G + Acd のユニット、ファーカンダも出演します。

 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月05日

雨。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

5-1,,.jpg


 九月も5日になりました 台風は去っていきましたが、今日の天気は予報と違って、曇りだけではなく、雨も、、。 だいたい、沖縄の天気予報ははほとんど当たらない、、ということが多いので、それほどビックリしませんが、予報を見ると、来週まで、ずっと雨模様です。

 これも多分当たらないのだとは思いますが、もし一週間ずっと曇りや雨では、ちょっと滅入りますよね、、。

 実は、昨日洗濯をして干していたのですが、もうほとんど乾きかけているところに雨が、、。一部乾いている物は取り込んでいたのですが、ほとんどは、びしょ濡れになってしまいました。少し位の雨なら、また晴れて、乾くかも、、ということで、ほおっていたのですが、更に降って来て、「これはもう一度洗わなければならないな、、」という状態になってしまいました。

 本州や、九州はすっかり秋の様相みたいですが、こちらはまだまだ真夏の天気、、。 最高気温は32℃で、最低気温は28℃、雨が降るとかなり湿度が上がり、今日は一日中湿度は80%を越えていましたので、かなりのジメジメ。

 この分だと、もう一度洗濯したあとは、乾燥機にかけなくてはならないかもしれません。

5-2,,.jpg


 気象衛星の画像を見ると、台湾と沖縄の辺りは、暑い雲におおわれていて、雲の影になっていて、島がみえません。別に台風ということでは無いみたいですが、これでは、曇りや、雨は免れませんし、日差しは期待できません。しばらく、低湿度で、天気の良い日が続いたので、こういう気候はなかなか応えますね、、。

 むしろコレがこちらの当たり前な気候とはわかっているのですが、なんというか、梅雨まっただ中みたいな天気で、半端じゃないジメジメさには、辟易とします。 どっちみち、まだまだ暑い気候は続くのですが、ず〜っと雨というのは勘弁して欲しいです。

 先週友人が旅行で、こちらに来ましたが、日頃の行えがよいのか、最高の天気で、本当によかったです。わざわざ夏休みに沖縄まできて、今日の様な天気が何日も続いては、来た意味があんまりありませんよね、、。当たらない天気予報が、その通り当たらないのを期待して、数日待ちたいと思います、、(^_-)  。 

5-3,,.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月04日

最近食べた麺 73トマトラーメン(ティーダトマトラーメン)。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

4-1,,.jpg


 このブログCDレーベルのホームページの中にあるブログですが、時たま、「最近食べた麺」というタイトルで、「麺」の話を書いています。前回が、8月21日でしたので、随分間が空いての投稿です。

 一口に麺と言っても、ラーメンとか、日本蕎麦とか、うどん、スパゲッティーとか色々なものがありますが、今日の麺は、一応「ラーメン」のカテゴリーに入りますが、実際の内容は、ちょっとビミョーな麺です。

 なぜビミョーなのかというと、、、このラーメントマト味なんです。写真のとおり、真っ赤ですが、それも只のトマト味ではなく、オリーブオイル、粉チーズなども入っていて、なんというか、これって、完全にパスタといういうか、スープパスタ、、といってよいような、ラーメンです。

 そのうえ、ココのラーメンは、自家製麺で、太麺、平麺、細麺から選べるので、麺自体も、ちょっと中華っぽく無い感じなんです。 

 このトマトラーメンは正式名称が、ティーダトマトラーメン。 ティーダというのは、沖縄の方言で、太陽を表す言葉です。 このラーメンの限らず、「ティーダ」と言う言葉は、いろいろな料理や、お店の名前など、あちこちで、つかわれている言葉です。

4-2,,.jpg


 今回食べたのは、温かいバージョンですが、実はこれには冷やしバージョンもあります。

 パスタっぽい麺と、トマトスープ、そして粉チーズ、それと、小皿に入っている茶色いものは、揚げタマネギですが、一体、パスタなのか、ラーメンなのか、どっちやねん、、?という突っ込みも入る様な麺ですが、味は、なんというか、普通に美味しいです。オリーブとトマトと、チーズの香りがして、ラーメンと言う感じは弱いですが、美味しいかマズいか、、?と、問われれば、「美味しい」と答えられる味でした。

 このとき麺は細麺を選んでいますが、太麺でも美味しいそうな気もします。ココの自家製麺は、大盛り無料というサービスをやっていて、ラーメンだけだとちょっと物足りないな、、という不満を解消してくれます。 他には、担々麺、醤油、塩などのラーメンがあって、いずれも全て、自家製めんで、提供されています。

 実は以前、塩ラーメンが、このブログに登場していました。

 お店はかなり遅くまでやっているので、夜行く事がおおいですが、昼間に利用することもあります。 今回ネットで調べてみたら、本州の千葉県、市川真間にも支店がありました。 沖縄本店のラーメン屋さんが関東に支店があるって、珍いな〜と思いましたネ、、。

4-3,,.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近食べた麺

2016年09月03日

大好きな食堂が、、(e_e) 。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

3-1,,.jpg


 今日はなにげに、少しショックなニュースがありました、、。

 以前このブログに書いた九州福岡の、食堂が、、私の知らない間に、閉店していたのです。

 たまたま別件で、知人とメールをやりとりしていたのですが、その文面の中に、その情報がアリ、偶然にしりました。 

 その食堂は、夜のみの営業で、基本的には飲み屋さん、居酒屋さん的なお店だったのですが、常時定食が十数種類用意してあり、中でも日替わり定食は、量、質ともに素晴らしいモノで、一時は週に何度か必ず通っていました。 どうしても仕事がら、遅い時間しか行けない事も多いのですが、お店は、実に夜中の2時まで開いていて、定休の木曜以外は、かなり遅い時間に行っても、しっかりとした食事がとれる場所として、重宝していました。

 「遅くまでやっている」、「無料駐車場がある」という付加価値以外に、「既製品の材料なし」、「冷凍モノ無し」、「合成系のだしの素無し」という、とても素晴らしいお店でした。量、質共に問題ないうえに、料金も手頃、、。 「こんなお店が有ったんだ、、、」と見つけた直後は喜びましたが、それと同時に「なぜ今まで知らなかったんだろう、、」という後悔もした程です。

 最初に行ったのは、もう昔過ぎてハッキリしないのですが、10年弱くらい前、、、だったと思います。

3-2,,.jpg


 最近は色々と事情があり、ご無沙汰で、最後に行ったのは、半年以上前だったかもしれません、、。ここのところは、沖縄に来てしまったので、行くことは出来ず、「今度福岡に行ったら、行きたいな、、」と思っていました。

 閉店の理由は確かな事は解りませんが、恐らくは、年老いたご夫婦が切り盛りされていたので、引退なさったのではないのかな、、と思います。 

 それにしても、寂しい、、というか、なんだか、知らない間に友人が亡くなっていた事を知らされた様な、寂しさを、強く感じます。 行く事があまり出来なくても、そう言う場所が存在していて、タイミングと都合が合えば、行く事ができる、、「帰る事ができる、、」そんな感じを持っていたお店でしたので、自分の知らない間に閉店していた事を知って、思わぬ甚大な喪失感を感じています。

 せめて、もう一度、閉店前に行きたかった、、、という気持ちは、かなわぬ夢になってしまいました。もう二度と行けない、、と思えば思う程、数限りなく食べた、日替わり定食の豊富なおかずの献立が、頭に浮かびます。

 深夜でも、かなり忙しく、手がまわらなくなって、オーダーを間違えたり、なかなか出て来なかったり、、というのは、完全手造り故でしたが、今となっては懐かしい思い出になってしまいました。

 お店を営まれていたご夫婦は、健在なのでしょうが、店がなくなった、閉店した、、という事実が私の心の中に「ポッカリと大きな穴」をあけてしまいました。

 ブログを書く時、それも、テキパキと書こうと言う時に、Bach の音楽を聴きますが、その曲が心理状態によって、こんなに悲しく響くものかな、、と思います。 食い意地だけではない、ある種の愛着を、私はあのお店には持っていたのだな、、ということに気付きました。

3-3,,.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月02日

台風のはなしから、、。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

2-2,,.jpg


 台風は、沖縄の北東会場の辺りから、なかなかすすんでいません。 もうかなり北上して九州に近づいているのかな、、と思っていたら、ほとんど動いていない様に見えます。もっと北の方にも低気圧があるせいか、北上できないでいるのかもしれません。

 このままゆくと、台風12号は台風ではなくなって、熱帯低気圧になる可能性もあるみたいです。まだ早いかもしれませんが、大事に至らなくてよかったです。沖縄の明日の予報は、晴れ時々雨、、となっていますが、明後日以降は、曇りと雨のマークが、何日か続いています。 まあ、こちらの天気は、全く先が読めませんが、、。
 最近はオーディオとか、携帯電話とか、最近のテクノロジーの話をよく、このブログで書いていますが、天気の予想というか、観測にも、様々な新しい技術が使われていると思うのですが、一昔前に比べ、より、天気の状況が複雑化しているのか、天気予報は、それほどあたる確率が上がっていない、と言う気がします。

 それにしても、亜熱帯地域に全く台風が来ないだけでなく、北海道に台風が被害をもたらしたりと、いわゆる「異常気象」的な状況なのですが、もうその「異常気象」という言葉を取り立てて、使う事も無くるほど、しばしば、今までに無い気象状況が起きていますよね、、。

2-1,,.jpg


 去年は、観測史上はじめて、沖縄でヒョウが降りました。 いままで、こちらで、気象観測をはじめてから、雪の類が降ったことはなく、はじめてのことだったらしいのですが、ずっとこちらに住んでいる人はそれはビックリした事と思います。

 あの寒さは九州にも久しぶりの氷点下4℃という気温をもたらし、あちこちで、水道管が破裂して、かなりの被害をもたらしました。 

 こういう異常気象的な気候の原因というのが、一体ナニにあるのか、?ということは、全くわからないわけですが、もうあまりにも、「観測史上初」とか、「史上何番目、、」とか、そういったことが多すぎて、特にもうビックリしなくなってしまっている、、、というところが、私たちにもあります。

 狭い島国の日本に暮らしていますので、外国の事は今ひとつ解らない事が多いのですが、他の国でも、そういった異常気象的な事が起こっているのでしょうか?。

 地球にナニが起こっているのか、、?、などと大げさにするつもりはないのですが、なんだか気になります。

2-3,,.jpg
 冷やし担々麺 ↑

 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月01日

曇り。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

1-2,,.jpg


 今日は沖縄の東の方で、台風が発生したらしく、曇りの天気でしたが、上陸は無いらしく、そのまま北上して、九州のほうに向かっているらしいです。

 昨日まであんなに湿度が低くて過ごし易かったのに、いつのまにか台風が発生だなんて、気象と言うのは不思議なモノだな、、と思います。 すぐ近くで、台風が発生しているといっても、湿度は朝のうち60%、その後80%まで上がりましたが、いまの湿度は、75%くらいで、それほどの高さはないのですが、昨日までのカラッとした気候に慣れてしまったので、とてもジメジメして感じます。

 この台風のせいなのか、単に曇りで日差しが弱かったせいなのか、温度は一時31℃を越えただけで、ほぼ30℃くらい、、。ジメジメはしていますが、比較的涼しい、、と言う体感でした。

 沖縄が、台風の東側に位置していれば、いま位の近さならば、雨や風が強いのかもしれませんが、西側にあるので、今のところ雨は降っていませんし、予報でも雨マークはありません。

1-1,,.jpg


 ネットで、空港の現在の様子をライブ動画で見る事ができるのですが、雲は多いのですが、夕焼けが見えました。
 沖縄の場合、一度台風が影響力のある場所に来れば、物凄い風雨で、全く身動きがとれなくなり、街の全ての機能が麻痺してしまうのでしょうが、何しろ、まだそういう状況を体験した事がありません。
 もしそうなったら、外出する事はできないでしょうし、外出しても、コンビニなどや、飲食店も、おそらく閉まっているでしょうから、そう言う時の為に、何か、食べる物を備蓄しておかなければならないのかもしれません。

 いままでそういうことを考えた事が無いので、じゃあ、「ナニを買っておこうかな、、」と考えると、、。 やっぱ、インスタント食品とかがいいんでしょうか?。 いつもは、そう言う物は家にはないので、買っておくべきなのか、、。 パスタとか、お米とかは、必ず置いてありますが、いくら非常時でも、それだけでは、食事としては悲しいですよね、、。 

 それじゃあ、ノリの佃煮とか、ふりかけとか、そういうものとか、、。 あっ、レトルトのカレーとかもいいかもしれませんね。 パンはもたないし、私、冷凍したものは、健康の為に普段食べないので、ご飯とか、パスタということになると、やはりレトルトもののそう言う物にかけるやつがいいのかもしれません。

 こうなると、何か、台風時の美味しい献立を普段から考えておく事が大切ですね、、。

 いろいろ考えなくっちゃ、、(´Д` )  。

 
1-3,,.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記