2016年08月31日

大陸から、、。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

31-1,,.jpg


 今日も沖縄は、湿度が低く、晴れていたのですが、気温も最高で30℃。 なので、益々過ごし易かったのですが、外へ出てみると、多少の雲もありながら雲の間から見えている青い空が、イマイチ青く無い、、、というか、随分と白い色でした。 そして、福岡で感じる様な、薬臭いというか、ちょっと塩素みたいな匂いが漂っていました。

 これは多分、大陸の、たぶん中国から、かなりの濃度の汚染物質が来ているのだと思いました。 こちらでは、いままで、ほとんどそう言った大陸からの汚染物質を感じたことはないのですが、やはり、台湾や中国大陸の海岸線に距離は離れているとはいえ、面しているので、風の方向によっては、やはり、汚染物質が飛来することは、避けられないのでしょう。

 まあ、小さな島ですから、大きな大陸から、膨大な量の汚染物質が非出され、たまたま、風の向きで、それが到達してしまったということなのでしょうが、、。 いままで、それが無かっただけに、ちょっと残念ですが、まあ、しょうがありません、(~_~) 。

 湿度が低くて喜んでいただけに、ちょっと落ち込みました、(´-ω-`) 。

 湿度は引き続き低くて、夜になっても50%代、風も適度にあって、なかなか快適な気候です。

31-2,,.jpg


 今晩は、おそらく、多くの家庭で、冷房をとめて、窓をあけている人がいると思います。

 本土では、昨日とは打って変わって、また夏の気候だったようですが、こちらでは急激な変化はおきていません。 まあ、ここ数日の湿度が、急激な変化と、言えなくも無いわけですが、その低湿度はかなり続いています。

 アメリカのオレゴン州にいる友人と、ちょくちょくメールを交換しているのですが、ネットでそこの気温をみていると、なんと、16℃しかありませんでした。 寒いのでしょうね、、、。

 どうやら、ここ数日最高気温が20℃くらいという日が続いているらしく、夕方から夜にかけては、かなり涼しいようです。まあ、秋なんでしょうね、、もう。

 こちらは、11月くらいまで、なんだかんだ暑くて、夏服で大丈夫な気候が続くそうです。

 それにしても、南国名物の台風が来ない、、。 別に期待しているわけではなく、できれば激しい台風は来て欲しくは無いのですが、、。

 台風がくると、ほとんどの場合風雨がつよいので、バスなどの交通機関はとまって、会社や学校などもお休みになるらしいです。 もちろん空港から出る飛行機も欠航します。

 でも、そう言う時って、みんな家でどうしているんでしょうね、、。テレビでも見ているのかな、、、。テレビの視聴率が急に上がるんでしょうね、台風がくると、、。

 私はテレビ持ってないんで、それには貢献できませんが、、 (´o`;。

31-3,,.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月30日

低湿度な、、。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

30-1,,.jpg


 今日はなんと、ほぼ一日中湿度が60%をきるという、こちらとしては、かなり珍しい気候、、。

 その一方で、気温は30℃を越えなかったので、かなり過ごし易い一日でした。こちらの人に訊きましたが、意外と、これから11月にかけては、このくらいの低湿度の気候は多いらしく、「そ〜なんだ、、」と、ちょっとホッとしています。

 湿度が低いと、体感温度はかなり下がりますので、一日中27〜32℃位の気温が続くこちらでも、かなり過ごし易くなります。 昨晩は、にわか雨が降りましたが、それでも、湿度はそれほど上がらず、50%代でした。 昼間かなり低めの湿度でも、日が暮れると70〜80%まで、上がる事が多いのですが、昨日も今日も夜になっても50%代の低湿度、、、。

 気温は夏でも、湿度は本土の秋口みたいな感じで、想像していた沖縄の夏とは随分違います。

30-2,,.jpg


 過ごし易い気候なので、カメラを持って、外に出ましたが、雲もほとんど無く、空を見上げても、ただただ青いだけなので、面白そうな写真は撮れそうに無いので、すぐに引き上げました。雲がほとんど無いので、本当にかなりの日差しの強さでしたが、汗がジュワッと出る夏の感じはなかったです。

 九州の夏ではほとんど体験することができない高温低湿状態は、なんだか新鮮な気候です。まさか亜熱帯の島でこういう気候に出会えるとは思っていませんでした。

 昨日あたりから、福岡や、東京、全国のあちこちで、かなり涼しくなって来ている様ですが、福岡では、気温が下がっても、かなり湿度が高いみたいです。このまま、一気に「秋に、、」というわけではないのでしょうが、36℃とか7℃という猛暑が続いていたので、かなりホッとしている人が多いのかもしれません。

 まあ、でも明日で8月も終わりですから、全国的に季節は確実に「秋」へと移って行くのでしょうが、こちらはまだまだ夏の気温が続くのだと思います。

30-3,,.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月29日

ソフトウエアで、、。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

29-1,,.jpg


 今日は朝からかなり湿度が低く、気温は30℃くらいなのですが、昼過ぎには私が知る限りの、こちらの最低湿度、43%まで下がりました。 ココまで下がると、まるで、ヨーロッパに居るみたいにカラッとしていて、それ程暑くは感じませんでしたね、、。 風もあって、清々しい印象。 沖縄でもこういう日があるのですね、、。

 なんか、昨日は「ヴァイオリンの日」だったのだそうです。ヴァイオリンの音が大好きなわたしなのですが、「ヴァイオリンの日」というのは知りませんでした。
 
 だれが決めたのかな、、楽器屋さんとか、そういう関係者なんでしょうかね、、?。

 そういえば、一昨日書いていた甘い物の話、かき氷の話はかきませんでしたが、確かにかき氷も、「甘いもの」には違いありませんが、味覚、、と言う観点で、考えてみると、ちょっと、別ジャンルではないのかな、、と思うわけです。

 氷の固まり、温度がスゴく低いモノって、味覚を鈍らせるというところがあります。たとえば、かき氷を、わざと全部溶かした液体をなめてみたら、物凄く甘いと思うんです。冷たさで、麻痺した舌でも甘さとか、味を感じさせようとすると、かなり濃いめの味を付けなければなりません。

 ところで、また話題が変わるんですが、先日パソコン用の音楽データ再生プレーヤーソフトをバージョンアップしました。 結構古いパソコンなので、最新のものには出来なかったのですが、そのパソコンの OS に合った最新版というか、今の最新版の、古い OS 向けバージョンみたいなヤツを入れたのですが、これがなかなか良かったです。

29-2,,.jpg


 「良かった」、、というのは、バージョンアップされたソフトが使い易い、、とか、そう言う話ではなくて、音質の話なんです。以前もこのブログで何回か書いたことがありますが、ああいうデータ再生ソフトは種類や、バージョンによって、随分音が違うんですよ、、。

 本来デジタルオーディオの話をするとき、いわゆるDAコンバーター、つまりデジタル信号をアナログ信号に変換する回路の性能が一番大切、、、というのが、一昔前の業界の常識だったのですが、最近の話では、同じDAコンバーターをつかっていても(つまり、同じPCを使っていても)、再生するソフトウエアがかわると、音も随分変化するというこが言われています。

 今度のソフトに入れ替えて、比較的古いPC なので、「このPCの音はこんなもの、、」と、思っていたわけですが、まるで、ハード(コンバーター)がかわったみたいに、音が瑞々しくなりました。多少の変化は予想していましたが、思った以上の良い変化を感じる事ができました。

 ソフトウエアのどこを、どのようにかえると、どんな風に音質がかわるのか、、ということは全然わからなくて、悔しいのですが、デジタルデータ再生においては、コンバーターなど、ハードと同じか、それ以上にソフトウエアが重要なんだな、、と言う事を強く感じたヴァージョンアップでした。

 パソコンを購入してから、10年以上経った、初めてのバージョンアップだったので、余計にそう感じたのでしょうが、確実にソフトが進歩し、音質も向上しているということを、ハッキリ感じました。使っている他のパソコンの再生ソフトは新しいものが入っているので、音質が良く、その理由はハードが新しいせいかと思っていました、

 コンピュータのソフト、それも出来の悪いソフトウエアは、ヴァージョンアップで、改善というか、だんだんマシになってゆき、それが(今までのはナンだったんだよ、、(`o´))、頭に来るのですが、こういう音楽再生ソフトが、バージョンアップで、ハードウエアは、そのままなのに、、音質が良くなる、、、なんていうことがあると、なんだか、嬉しいですよね、、。

 それにしても、なにを、どういう風にプログラムして、同じハード、同じデータでも、音質を改善して聴かせることができるのでしょうか、、、?。 もともと、機械関係は苦手なのですが、コンピューターソフトの話となると、メクラも同然なので、まったくわかりません。

 ちょっと興味がありますが、この分野を勉強しようとすると、相当大変なんでしょうね、、。

29-3,,.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月28日

何故か真面目にエンジニアリングのはなし。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

28-1,,.jpg


 きのうは甘いものの話を書きましたが、甘いもの=嗜好品という要素が大きいと思うのですが、そういう要素が強ければ、強い程、甘み以外の香りの部分が大事になってくる気がします。 素材の旨味、調理された結果、造りだされる味に、自然のつくりだした果物の酸味と甘みと豊かな香りが加わる事で、舌と脳に甘さと共に、爽やかな刺激がつたわり、充実感を得る事ができるのだと思います。

 少し話はかわりますが、ケーキやお菓子を造る時は、狙っている、味、香り、雰囲気を出す為に、いろいろな作業をしますが、それらの行程にはそれぞれ意味があり、長い間にいろいろな人により編み出された、レシピが存在しますが、録音や、ミキシングの作業も、それに似たところがあります。

 時々ミュージシャンで、「録音は良い音で録って欲しいので、いろいろと余計な事をあんまりしないで、自分は良い音を出していると思うので、出ている音をそのまま録ってほしい、、」みたいな事を言う人がいますが、録音の仕方には、いろいろなノウハウ、例えば、マイクの立て方、ピアノなら、調律のしかたや、ミキシングの時の音のバランスのとり方や、音色の出し方など、録った音をそのまま、、などと言われても、言ってみれば、小麦粉や、牛乳、砂糖などをつかって、「余計な事をしないで」それらをただ混ぜて、オーブンに入れても、お菓子と呼べるものなど出来るわけもありませんし、「出ている音をそのまま」といのは、何処で出ている音を、どこで聴いた音なのか?、全く不明な話で、とても理解できない話です。

28-2,,.jpg


 モノを造りだすには、音源や料理に限らず、狙っている結果を導きだす為の、様々な方法論、細かな作業手順が、あり、素材と道具の使い方で、出来上がる作品の内容は、全く違う物になることもあります。

 つまり、製造が巧くゆく様にする為には一筋縄ではゆかない、様々な試行錯誤が裏側に潜んでいて、それはミュージシャンが毎日の生活の中で体験する、練習や、日常の感性経験や、それまでの人生の経験が演奏の内容に出るように、技術者にも、葛藤や、心理的な闘い、それまでの経験を良い形で昇華させるという、一種の賭けに近い様な、挑戦をしなければならない作業なのです。

 録音のエンジニアリングは、機材を使った電気的な作業と言う側面もありますが、究極的には、演奏と全く同じ様な、心理的、技術的に、いかに目標をもって、それに近づいて行けるかという、地道で、精神修養を必要とする創造行為で、技術的というよりは、音楽的な作業なのです。

 良い機械をつかって、決まった事をすれば、ある程度よい音で、誰でも作品を仕上げる事ができる、、、訳も無く、インスタントラーメンでさえ調理法で出来上がる味はかなり違うことからも解る様に、音楽を演奏し、それを、良い形で記録したい、、、と、思っている方達には、その辺のことを必ず理解して欲しいと、いつも思っています。

28-3,,.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジニアの独り言

2016年08月27日

甘い物のはなし。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。


27-2,,.jpg


 昨日の分のブログの更新が今日の昼過ぎだったので、今日2回目の更新になります。

 もう今月も終わり近く、日本中では、そろそろ夏も終わり、、という感じで、朝晩は随分涼しくなって来ましたね、、。でも、沖縄は、ガッツリ暑いというか、相変らず最高気温32〜3℃、最低気温28の、一日の気温差が、4℃位しか無い気候が続いています。 今日はスコールもなく、そこそこカラッとしています。


 ところで、、 男のくせに(?)甘いものが好きなのですが、ただ甘ければよいというのではないのですが、「甘いものはすきですか?」ときかれれば、「ハイ大好きデス!」という感じではあります。

 いろいろな甘い物がありますが、和洋中、ナンでもありなんですが、洋風の場合、、というか、クリームとか、バターとか、オリーブオイルを使っているケーキなんかの場合は、コーヒーじゃなくて、紅茶と一緒に、そして、できればフルーツなんかも一緒に食べたいな、、といつも思っています。

 そんな風に書くと、まるで、女子的な感じになってしまいますが、そう、そういえば、味覚的には「女子的」なのかもしれません。 お皿に二種類くらいのケーキをのせて、少なくて良いので、何種類かの果物をちょっと付け合わせに、、そして、生クリーム、、みたいなのがいいですよね。

 紅茶じゃなくて、コーヒーなら、ケーキはチョコとか、ココナッツとかそういう味のもの、パイナップルとかなら、コーヒーでも合うのかなとも思いますが、こういうバランスというか、相性はとても大事だと思います。
 仮に、コーヒーがおいしくて、ケーキも十分においしくても、その味が合わなくて、同時に食べて美味しく無ければ、とても残念なことになりますよね、、、。

 なので、和菓子なら、絶対日本茶とか、そう言うのじゃないと、、、。

 
27-3,,.jpg


 甘い物でも、ゼリーとか、プリンとかみたいなモノは、必ずしもコーヒー紅茶がなくても良い気がします。甘みが強すぎなければ、余韻を味わう為にも、お水とかで口の中を軽く洗う位で、、。 まあ、でも、その水はクセが無い、水道の水ならば、カルキ臭く無いのが良いです。カルキ臭いと、繊細な味が台無しですよね。 美味しいゼリーとかなら、白ワインとか、なにかスピリッツでも一緒に飲むというか、なめながら、というのもいいかもしれません。

 プリンも濃厚で美味しいのだったら、深入りのコーヒーとかも、合うとは思いますが、まあ、好みに依りますよね、、。

 炭酸系の飲み物も、ゼリーとかフルーティーな甘いものと一緒に頂くといいですよね、、。

 そういう、ちょっとお高い、高級感があるものではなく、あんぱんとか、クリームパンみたいなモノは、お茶とかコーヒーではなくて、牛乳が合う、、と、私は思っています。

 バナナも牛乳がいいです。 バナナって、それだけで食べると、ちょとキツいですよね、果物でも、柑橘系はそのままでいいかもしれませんが、バナナは牛乳と、、、。 もしもバナナを食べるとき、牛乳が無いからと言って、水はだめ、、、というか、バナナと一緒に水を飲んでも、美味しく無いですよね、。 でも、ナンにも無いよりはましかな、、、^_^; 。

 なんか、甘いものの話、、というより、飲み物の話のなっている気もしますが、、。

 まあ、いいや 、(´ε` ) 。

27-1,,.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Rudy Van Gelder 氏をしのんで(昨日のブログ)。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。


FullSizeRender.jpg


 今日はネット上で、ブルーノートレーベルなどの録音で有名なエンジニア
Rudy Van Gelder 氏の訃報を知りましたが、91歳という高齢でもあり、大往生と言って差し支えないと思います。

氏の最大の功績と言えば、臨場感溢れるサウンドをジャズレコーディングにおいて実現したことですが、これは意外にも専門的な知識や、経験から発想されたものではなく、ジャズという音楽への理解や愛情から生まれたものだと私は思っています。

  当時の録音スタイルは、一部のものをのぞいて、ライブハウスで聴くことができる、ビビットなサウンドではなく、ベースやドラムの音が若干遠い、現場のリアルなスイング感が少し割り引かれて聴こえる、良く言えば、大人しい、悪く言えばリズムやスイング感が、若干ふやけたモノが多かったと言って良いと思います。

IMG_0004.JPG


 そういう録音スタイルが主流だった時代に、彼独自の視点から音楽をとらえ、編み出していった録音方法は、その後の録音業界の人達に強い影響を与え、ECMを含む、近代のジャズ系の録音の基礎を作り上げたと言って良いと思います。この偉業は彼が、当初、必ずしも、専業のエンジニアとして活動していなかったということが、良い方向に作用したではないのかと、思います。

 どう聴こえるか、ではなく、どう聴かせたいか、、、という視点から音楽をとらえ、音質を調整する彼のスタイルは、ジャズという音楽を、より魅力的な音楽として記録し、聞かせ、多くの人に感動をあたえました。

いつも私が録音に関して文章にするとき書くことですが、「これはこうするものだ、」という決めつけを、思い込みではなく、如何にして合理的に否定して作業を進めて行くか、ということを作品の音質から、ありありと感じさせてくれるのが、彼の仕事だったのではないのかと、思っています。

IMG_0001.JPG


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2016年08月25日

プライバシーと電話

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。


25-1,,.jpg


 一度ある話題がはじまると、だらだらと続くこのブログですが、電話の話は、昔を思い出して、今と比較すると、隔世の感を感じざろうえません。

 一人に一台、、というか、一人に一つの電話を持つ時代が来るとは、私も含めて、一家に一台の電話の時代に暮らした人達は、誰も予想していなかったと思います。

 数日前のブログにも書きましたが、誰かと連絡をとるには、電話か、電報、そして手紙しか無かった時代があったわけですが、あれって、今と比べると、全くプライバシーがほとんど無い、、と言ってもよいくらいですよね、、。

 郵便にしても、電報にしても、受け取った人がほぼ必ず、宛名と何処から来たか、ということは見てしまいますし、電話だって、「◯◯さんから電話ですよ〜」と、自分以外の人にほぼ必ずわかってしまう。 別に悪い事をしていなければ、ナンにも気にする事は無いのかもしれませんが、今みたいに、携帯電話やメールで、連絡をとっていれば、第三者に、いつ何処から連絡が来て、どういう話の内容なのか、、、ということはほとんどナニも知られずに、連絡がとれる、、。

 これは、まあ、一種のプライバシーが極度に守られている状況なわけですが、こういう状況をつかって、悪い事をすれば、いくらでもいろいろな事ができてしまうわけですよね。しかも、インターネットのメールなら、海外とでも、、。 この辺のインターネットを使った国際的な連絡網というものが、昨今のテロリズムに大きく貢献してしまった、、、ということは間違いありません。

25-3,,.jpg


 それから、もっと平和な、、と言って良いのか解りませんが、不倫とかしている人達にも、秘密裏に連絡を取り合える、、ということは、とっても、都合が良い話ですヨネ、、?。

 これが、昔の電話みたいに、いちいち、ベルが鳴って、誰が出るか解らない、、なんていう環境では、秘密の連絡なんて、なかなか、、、。でも偽名の手紙とか封書で、連絡を取り合えば可能だったのかな、、とも思うわけですが、それも、筆跡とかで、バレる可能性がありますよね、、。まさか、新聞の広告の文字を切り抜いて、、、なんてことやったら、余計に怪しいですから、そう言うわけにもいきません。

 究極の非プライバシーだったなと思うのは、昔の下宿とかにあった、共同電話。 そこに電話をすると、誰か知らない人が出て、◯◯号室の◯◯さんお願いシマス、、、と頼んで、呼び出してもらう、、。 ああいう環境では、着信拒否はなかなかできませんよね、、。

 まあ、言ってみれば、携帯電話っていうのは、ネコの鈴みたいなもので、何処にいてもつかまってしまうわけですが、昔の電話なら、そう言うわけにもいかない。 でも、携帯電話の場合、番号を識別して、相手の名前がディスプレイに出ますから、出たく無い相手の電話には出ない、、ということもできるので、使い方もずるい、というか、悪い使い方をしようと思えば、いろいろできますよね、、。

 便利になったといえば、聞こえがいいですが、その便利さって、必ずしも人間の生活のなかの幸せと繋がっているとはかぎらないんだな、、と、こういう話について考えると、思います。

 電話が貴重なもの、コストのかかる、贅沢品だった時代から、なぜか、一人一人のもの、手軽に持てるものになって、世の中変わったと言えるのかもしれません。

 
25-2,,.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月24日

新開発、超小型移動式、スパイ用特別端末。

CMS Records web site http://cms-records.biz
スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

24-1,,.jpg


 今日は気温も上がりましたが、昼間の湿度は60%くらいで、暑くないことはありませんでしたが、かなりカラッとしていました。これが、夏の感じなのか、もしかしたら、こちらの秋の前触れなのかは、私にはわかりません。

 昨日は携帯電話の話をかきましたが、本当に、今の世の中は、ある意味携帯電話を中心にまわっている、、みたいなところはありますよね、、。

 その前に、携帯というより、インターネット、、ネットというものがいろいろな分野で、無視できない物になっている、、。 昨日も書きましたが、携帯電話と言う名前で呼ばれていはしますが、スマートフォンの場合、あくまでも通話機能つき携帯端末と言って良い機能を持ったものですよね、、。

 その端末で、何時でもどこでも、ネットにアクセスしながら暮らしている、、というのが、現代人の生活スタイル。 一昔前に、「これからはコンピューターの時代、、」みたいな事が盛んに言われていた事がありましたが、スマートフォンを人々が持つ様になって、ほとんど無意識のうちに、コンピューターと触れ合う、、というか、パソコンまみれの日常になってしまいました。

 パソコンといえば、オフィースの机の上に、モニターとキーボードがあって、椅子に座って操作する、というのが当たり前だった一昔前とは違って、誰でも手のひらに乗るスマートフォンというPCを持ち歩いている時代に、いつのまにかなっています。

 「携帯」と言う言葉には、持ち歩く、小型、と言う意味と同時に、簡易的、、という意味合いがあると思うのですが、スマートフォンという物体(?)の話をすれば、簡易的という様なものではなく、一昔前から考えれば、とてつもなく重装備な、ギアと言わざろうえません。

24-2,,.jpg


 あなたは、パソコンを毎日持ち歩いていますよね、、?と尋ねても、ほとんどの人が「えっ?」という感じで、全く自覚は無いと思うのですが、スマートフォンの機能はといえば、パソコンどころか、カメラ(これはスキャナーの機能を有している)とか、録音再生機とか、高解像度のモニターとか、いろいろなモノが合体していて、それらを連携させて、いろいろな事ができる、もうほとんどSFチックな、電気製品なんですね、、。

 昔、007 や、日本の戦隊ものに出て来た、携帯型テレビ電話みたいなものがありましたが、ある意味、未来的を通り越して、「これはお話の世界、、、本当に未来はこうなんるのかな、、?」と誰もが思っていたハイテク技術の末路は、国際的スパイなら、大喜びするような、超重装備、超小型移動式スパイ用特別端末みたいなものになってしまいました。

 まあ、実際には、システム上、位置情報から、所有者の身分その他の個人情報は、全て把握されてされているので、スパイとか、諜報活動に使うには、あまりにも匿名性が薄すぎますが、、^_^; 。 でも、それこそ、専用のアプリケーションを開発すれば、データの暗号化や、個人情報の匿名化ということも、可能なのかもしれません。

 もしかしたら、普通に町を徘徊している外国人の中にも、それぞれの国から、超法規的に特別に許可を得て、暗号アプリを装備した、スマートフォンで、諜報活動に勤しんでいる、テクノクラートが存在しているのかもしれません。

 なんか、だんだん 自分が SF 小説を書いている気分になってきましたので、今日はこの辺で、オシマイにします。

 このまま続けて書いていると、本当にそんな話を書き始めそうで怖いです。

24-3,,.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月23日

なぜか、電話の話。

 CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

23-2,,.jpg


 昨日のブログの最後の方に、携帯電話の話をちょっと書きましたが、スマートフォンは5〜7万円くらいの値段はして、通話料とあわせて、毎月10000円前後のお金を電話会社にほとんどの人が払っている、、、というのが、今の状況なのだと思いますが、これは、昔から比べれば、随分いろいろとちがうお金の使い方なんだな、、と思うわけです。

 この場合の昔というのは、まだ携帯電話が無かった頃の話ですが、その頃は当たり前に各家庭の電話を家族で共用で、使っていましたよね、、。

 今から考えるとちょっと不思議な感じがするのですが、家族が四人いたとすると、その四人宛に、ランダムにいろいろな人から電話がかかってきて、そのなかの誰かが、その電話に出て、自分以外の人への用件だと、その家族の誰かを、呼びに行く、というのは当たり前でした。

 若い人は、「そんな時代もあったんだ〜」と、思うかもしれませんが、これは当たり前でした。 男の子が、付き合っている女の子の家に、電話をかけたら、お父さんが出て、なんか怖〜い対応で、ビビったとか、兄弟の友達から電話が来て、でたら、たまたまその人が知り合いで、長話したり、とか、、。

 いまでは全く想像もつかないコミュニケーションが存在していましたよね、、。留守番電話ももちろん最初は無くて、誰かに連絡したい時は、家か、職場に電話する、、というのが当たり前でした。

 当時の電話代がどれ位だったかのかは、ちょっとわかりませんが、家族全員の分を家計費から捻出していたのだと思うのですが、今は基本的に、4人家族なら、各々携帯電話を持っているので、それらを足せば、絶対に今の方が、昔の電話代より高いと思うのですが、インターネットや、その他いろいろなメディアがあって、連絡する手だては今は沢山あるので、必ずしも、みんなバラバラの電話という必然性は本当はないのかもしれませんが、、。

23-3,,.jpg


 一度、一人一人が携帯電話を持つ様になると、そのスタイルというか、生活の在り方に慣れてしまい、もとには戻れなくなる、、、。 それに、今の電話は、電話であっても、電話と言うより、情報端末としての役割が強く、中身は電話ではなく、通話機能付き携帯パソコン、、という機能を持っているものですよね、、。

 個人と個人のコニュニケーションが、家の電話や、職場の電話という、一種のフィルターを通らずに行えるだけでなく、写真や、動画、いろいろな文章も含めた沢山の情報を携帯電話という端末を使って送る事ができる。

 そう言った便利な端末と、通信料にかかるお金は、一昔、いや、二昔前には無かった支出なのですが、もう全く当たり前になってしまっていて、ほとんど気にしてる人は居ない様に見えます。

 そういうかなりの金額の支出と引き換えにもたらされる、利便性というものは、現代社会にとって、無くてはならないもの、、、と言う事になっていますが、「本当にそうなのかな、、?」と考える事は無駄な事ではないのではないのかな、、と思います。

 会社で一緒の人に、個人的な用事があっても、わざわざ、メールで、家に帰ってから連絡する、、ということは、一見、仕事と、プライベートをハッキリ分けていて、良い気がするのですが、昼休みや、帰り際に普通に話せば済むことではないのかな、、とも思いますが、、。

 なんだか、便利さを享受することよりも、気付いたら、ハイテク端末の在り方に、自分たちの生活を合わせている様な気がするのですが、そうでもないですか?。

 メールしますね、、。 と言って後で、入力するより、その時話をする、、と言う風にはなかなかならない、、。

 Facebook にポスティングされる写真を見て、しばらく会っていない遠方の友や、近くの知り合いの生活や動向を知って、なんだか、実際にそれらの人に会った様な気になりますが、それはあくまでもバーチャルなもの、、。

 バーチャルな情報を手に入れる為に日本中、、いや、世界の人が支払っている対価ははたして本当に妥当なものなのか、、一時考える余裕を持って暮らしたい、、、と思っています。

23-1,,.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月22日

結局はお金の話なのか、、?。

 CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

22-1,,.jpg


 気がついたら、もう8月も22日になっていて、もう一週間くらいで、9月なんですね、、、。亜熱帯地域にいるので、やはり、季節感はあんまり無い、、と言う感じになっていますが、ここのところ、雲が多いので、日差しが随分遮られ、涼しく感じます。 それとも、こちらは、こちらで、なにげに秋に少しづつ近づいているのかな、、?。

 デジタルだ、アナログだ、、と音楽を聴く道具の話を最近よく書いていますが、オーディオの世界ではなく、写真の分野だと、もう、アナログカメラとか、昔ながらのアルバムとか、そういうものって、ほとんどもう使っている人はいませんよね、、

 写真を現像しない、、紙に焼き付けない、ということは、写真そのものを手にとって見る事は無い、と言う事なのかもしれませんが、実際には、手のひらに乗るサイズの、携帯電話とか、その他の携帯端末で手軽に見ているので、一般の人が、かえって便利に見たり、送ったりしている、という点で、デジタルの長所を誰もが享受している、ということは間違いありません。

 デジカメが嫌いで、アナログカメラじゃないと、写真を撮らない、、と言う人や、携帯の写真は見ない、、なんていう人は、世の中何処を探しても居ないと言っても、差し支えない状況だと思います。それなのに、何故か、オーディオの分野では、まだまだ、従来のCDプレーヤーや、ステレオセットを大事に使っている人は、まだまだ居ますし、アナログのLPレコードがブームだったりします。

22-3,,.jpg


 録音も、ミキシングも、デジタル、最終メディアもCDになってもう何十年も経っていて、これは、写真や、カメラの世界よりも随分早かったですし、オーディオの分野では、他にも、DATとか、MDとか、いろいろなデジタルメディアが出回っていたにもかかわらず、それらはとっくに廃れてはいますが、末端の再生システムが、今一つデジタル化がすすんでいない、、ということは言えると思います。

 これはメーカーが未だに昔からの機器の構成を守ろうとしているということも大きな理由で、パソコンでなくても、 CDを読み込むディスクドライブのついた簡単なオーディオシステムを売り出せば良いのに、そういったシステムは、一部のミニコンポの様なものしかありません。

 そういったオーディオの端末というか、読み込み装置とアンプとスピーカーを一体化させれば、携帯電話というか、スマートフォンなどと連携させた小型の優れたシステムが構築できるはずなのですが、、。

 そういう風にして安価で、手軽に使えるデジタルシステムをつくらないと、音楽鑑賞文化が、廃れて、ネットショップで、圧縮したファイルを手に入れて、質の悪いイヤホンを携帯端末につないで音楽を聴く聴くスタイルが、良く無い意味で、当たり前になってしまうと思うのですが、、。 というか、マジで、それがスタンダードな音楽の楽しみ方になりつつあるのは、事実ですよね、、?。

 せっかくの質の良い音源の実力を発揮させる事無く、手軽さだけを強調して安価な製品ばかりを売ろうとする、大手電機メーカーの「あきらめている?」かの様な、戦術は、どうして、改められないのか、、?。

 アップルコンピューターみたいな、センスの良いデザインのボディーを装備した、現代的なオーディオシステムをつくれば、手に入れようとする人はいると思うのですが、その手のモノは、未だにラジカセや、ミニコンポ的なものばかりです。

 これは危機的状況とも言えると、私は思います。  お金の話をすれば、携帯電話の本体に6〜7万円ものお金をかけている、というのも、消費者の金銭感覚をおかしくしている理由でもあるとは思いますが、何事も、マーケッティングとやらを中心に動いている現代社会の現状では、どうしようもない事なのでしょうか、、?。

22-2,,.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月21日

台風の話から、またオーディオの話。

 CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

21-1,,.jpg


 今日の沖縄地方は、ここのところの不安定な気候から一転、快晴でした。 湿度も低く、60%代前半。この位の湿度だと、あんまり暑くは感じませんね、、、。 これなら、関東や、九州の方がず〜っと暑いのではないのかな、、と思います。

 それにしても、こんな感じで、一回も台風が来ていない、ということは、とても珍しい事なのだそうです。こちらの台風が一番多い時期は8月なのだそうですが、これだけ来ていないと、とても大きな激しい台風が来るのではないだろうか、、と言っている地元の人がいました。

 9月に久しぶりに東京に行くので、その時に台風が来ると、飛行機が欠航して、行けなくなるな、、と、ちょっと不安になってきました。 九州なら、飛行機が飛ばなくても、電車で行く、、という選択肢がありますが、沖縄の場合、島に閉じ込められてしまいますからね、、。

21-2,,.jpg


 というところまでかいて、ネットで台風の事を調べてみたら、、台風10号と言うのが発生していて、これはもしかしたら、沖縄の方にくるかも、、ということらしいのですが、、。

 
 ところで、先週はオーディオというか、私の仕事に近い分野のはなしが、結構長く続いていましたが、現代のオーディオ業界は、従来のオーディオシステムと、パソコンを中心にしたオーディオのシステムの共存ということをほぼ無視している、、というか、従来のオーディオメーカーはPCオーディオは無い事にしている、、というところがあります。

 私に言わせれば、旧来のシステムで、いくら頑張っても、従来のCDプレーヤーを使っも、かなりの高額な予算をかけない限り、デジタルの良さを生かした、本当に良い音で音楽を聴く事はむずかしいですし、高音質のデジタルオーディオプレーヤーや、PCオーディオ用のDACなどを、従来のアンプのAUX入力につないでも、十分に実力を発揮する事ができないスペックしかもっていない、と言う事は明白なので、早いところ、メーカーは無駄な抵抗をやめて、PCオーディオ用の、シンプルなプリメインアンプや、ボリューム付きパワーアンプみたいな物を売り出せば良いと思うのですが、なかなかそういうことを、しようとはしません。

 こういうデジタルオーディオの良さを生かしたシステムを提案している従来からあるオーディオメーカーといえば、イギリスの LINN くらいしかありません。 LINN の音は私の好みではありませんが、あのシステムは聴いてみたいと思っています。 一番安いシステムでも、ちょっと私には高いですが、、。

  LINN はオーディオメーカーにはめずらしく、CD制作のレーベルも持っていますから、そういう柔軟な姿勢があるのかもしれません。考えてみたら、せっかく現代のテクノロジーを使って、良い音源をつくっても、従来のシステムでは、真価を発揮しないということをわかれば、自ずと新しいシステムを構築する発想になってゆきますよね。

 日本にもレコード会社もやっているオーディオメーカーがありますが、最近はまったくクリエイティヴな活動はしていませんね。

 今日は日曜なので?、早めにアップしちゃいま〜す。

21-3,,.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

最近食べた麺 72 焼きそば(昨日のブログ)

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

20-3,,.jpg


 なんか、最近このブログも、CMS レコードの Facebook に掲載されるようになったりして、前より沢山の人が見ているみたいなのですが、こういう「最近食べた麺 」とか、書いていると、「なんで、CDレーベルのブログなのにそういう話が載っているんだろう、、?」と思われるかもしれませんが、このブログは何年も、毎日更新していて、ずーっと週一くらいのペースで、音楽の話とは関係ない、「麺」の話を書いています。

 と、、いうわけで、、、今回の麺は「やきそば」です。

 沖縄ではご存知の通り、沖縄ソバがラーメンや、うどん、蕎麦のかわりに食べられていますが、実は「焼きそば」というのは、あんまりポピュラーな食べ物ではないみたいです。
 それで、私はこちらではそれ程はまだたくさんは、「やきそば」を食べてはいないのですが、どうやら、こちらの焼きそばは、主に沖縄ソバのお店で食べられていて、沖縄ソバの麺を使い、おもに、ケチャップ味で、つくっているらしいです。

 そういえば、以前沖縄ソバやさんで、注文した焼きそばは、たしかにケチャップ味でした。 今日のブログの焼きそばは、沖縄ソバやさんではなく、食堂で食べましたが、運ばれてくると、赤く無かったので、ケチャップ味ではないのだな、、とすぐに解りました。

 食べてみると、普通の(?)ソース味。 焼きそばというと、中華系の塩味というか、胡麻油風味と、ソース味のソース焼きそばが、本土ではありますが、ここの焼きそばは、ソース味、という説明はありませんでした。

 
20-1,,.jpg


 そして、この焼きそばの麺は、なんか、沖縄ソバではなく、平打の、なんというか、ベトナムのフォーみたいな感じの麺でした。
 具材はキャベツとか、人参、タマネギ、ニラそれから、肉系は、豚肉(チャーシュウみたいな)ものと、沖縄の炒め物にはかなりの高い確立で、登場する、ポークランチョンミートが使われていました。

 味は普通のソースというか、ウスターソースっぽい味でした。麺はなかなか歯ごたえがあり、野菜やほかの具材もたっぷりで、かなりのボリュームがありました。 それから、なぜかお味噌汁がついていますが、具はほとんど入っていませんが、出しが効いていて、なかなかよかったです。

 値段は530円なのですが、なかなか満足できる味でした。 ここのは、たまたまなのか、ソース味でしたが、なんだか、いろいろな所で出している焼きそばを食べて、研究してみたくなってきました。

 通常の沖縄ソバの麺はかなりコシが強く太くて、ケチャップ味だとまるで、ナポリタン・スパゲッティーを食べている様な感覚になりましたが、今回の焼きそばは、ソース味なのですが、麺のせいもあるのか、けして美味しく無い、ということはなかったのですが、なんだか、私としては、つかみ所の無い、不思議な謎の麺料理、という感じでした。

 つぎはどこで、焼きそばを食べようかな、、、。

 みなさん、念のため、このブログはCMSレコードのブログですので、念のため、、 ^_^; 。

20-2,,.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近食べた麺

2016年08月19日

良い音を得る為に必要なこと(のつづき)。

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

19-1,,.jpg


 今日は晴れていて、気温も高く(33℃)、とっても湿度が低くて、絶好の洗濯日和ということで、洗濯をして、干していたら、もう少しで乾く、、というところで、スコールが、、。まあ、しょうがない、、( ̄^ ̄)、、。


 昨日のブログの続きですが、、 私は思うのですが、昔と違って、せっかく、高い音から、低い音まで、均一に記録できるデジタルシステムが存在するようになったわけですから、再生時に、トーンコントロールで、補正しなくてもちゃんとしたバランスで聴ける音源を、我々エンジニアは仕上げた方が良いのではないのか、、?と思うのです。

 それに、多くの安価なシステムについている、トーンコントロールというか、イコライザーというものは、そのつまみを回すだけで、音がかわると同時に、質が落ちてしまう事が多いんですよね。 ある程度高級な、オーディオアンプには、イコライザーの on と off のスイッチがついていますが、イコライザーのつまみが、ゼロになっていても、スイッチをオフにすると、よりナチュラルな音になるというか、質が良くなる事が多いです。

 所詮民生用のオーディオアンプというものは、そんなもので、部品や回路に、お金がかけられていないのが、昔からのしきたりというか、適度に手を抜く、、というか部品代を物凄くケチっ利益を出しているものなので、そんなものなのです。

 ここのところ書いていたデジタルオーディオプレーヤーの多くにも、イコライザーがついている物が多いですが、録音がちゃんとしていて、ヘッドフォンがしっかりしていれば、オーディオのアンプ程ではないにしろ、あのイコライザーを通さない方が音が痩せないと思います。コンポや、カーステレオについている、音楽のジャンルの名前がついたイコライザーもほとんどの場合、音をおかしくします。 あまりにも貧弱な音の音源だと、稀に救われる事もありますが、、 (⌒0⌒ゞ。

 多くのデジタル再生機に入っているコンバーター(ADコンバーター)つまり、デジタル信号をアナログに変換する回路(Digital to Analog Converter)が、おしなべて、ある程度優秀で、私たちエンジニアがつくったミックスバランスを、ほとんどの機器が問題なく再現する性能をもっている現代において、無駄な色づけ、というか、機器に依る差異をあらかじめ想定して無意味な演出をする必要がなくなって来たのではないのか?と言う意見を、私はもっています。
 より多くのスピーカーの前にいる皆さんに、音楽を楽しんでもらいたいと思いながら、永年の経験から、そのような結論に達して、作業を行っています。

19-2,,.jpg


 このことは、誰でも安価で、簡単に音楽の各楽器のバランスが好ましく聞こえるシステムで鑑賞できる環境が整えられつつある昨今、とても重要なことではないのか、と思います。

 どうか、CMSレコードの作品は、イコライザーオフか、ゼロにして聴いて頂く様、お願いします、、 ♪( ´θ`)ノ 。

 高級なオーディオセットを持っていらっしゃる方で、イコライザーをオフか、ゼロにしてしまうと、音が物足りないと言う方が少なからず、いらっしゃると思うのですが、それは、申し訳ないのですが、その方が使ったお金は、残念ながら、良い音に貢献していない、捨て金である可能性が高いと存じます。

 オーディオショップの言いなりになって、購入するのではなく、自分の耳と知識を磨いて、システムを組み直す事をお勧めします。

 音楽鑑賞の本来の喜びは、もともとはオーディオのメカとは関係のない物であり、音楽を録音し、再生するということが、オーディオ機器と言う媒介をつくりだしてしまったわけですが、それらの機器の選択には、音楽そのものや、楽器の音色を聴き分ける耳と、音楽への愛がもっとも重要な要素を占める、、ということを、忘れないでいただきたい、、と私は思っています。 それらは、お金では決して買えるものではなく、謙虚な気持ちと、繊細な感覚で、永年音楽を聴く事から養われる感覚です。 

 楽器の奏法を極めた音楽家のほとんどが、自分が精進する過程で、そのような感覚を、自然と養っています。 エンジニアもそれに負けない様に、感覚を鍛えてゆかなければならないと、いつも自分に言い聞かせています。 聴衆の立場の人間も、そう言った感覚があれば、音楽家が一生をかけて表現している音楽を正しく感じ、評価することができると思うのです。

 ちょっと、今日は話がマジメすぎて、「ナンかあったんすか、、?」と言われてしまうかもしれませんが、、、。

 それにしても、最近文章が長いな〜、、。

 腹も減って来たし、この辺で終わりにしましょうか、、?、、ネ。

19-3,,.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月18日

良い音を得る為に必要なこと。

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

18-1,,.jpg


 今日は適度に雲っていて、涼しくて良かったです。 まさか、晴れより、曇りの日が嬉しく感じるようになるなんて、想像もしていませんでした。 8月もとっくに半ばを過ぎてしまいました。


 昨日は持ち前のしつこい性格ゆえ、結局、一昨日の話の続きみたいになってしまいましたが、昔と今の音源の制作スタイル、つまり、アナログのメディとデジタルのメディアでは大きく音の造り方が違うところがある、、ということは、私の様な仕事をしている人間にとっては重要な話です。

 以前、CMSレコードのアルバムを、あるお店(ジャズ喫茶的なところ)に持って行ってかけてもらいました。 そうすると、お店の方が「これ、べースが出過ぎじゃないですか、、?」、、と。 

 確かにスピーカーからべースの音がピアノの音に比べて、大きく、そして潰れて出ています。

 でも、私は少しも慌てませんでした。何故なら、理由がハッキリしているからです。 それは、多くのジャズ喫茶や、その手のお店に置いてあるオーディオシステムは、偏った帯域バランスになっていたり、むかしの、べースが小さくしか記録されていない録音にあわせて、トーンコントロールの低音部( Bass) をかなり上げてある事がほとんどなんです。
 そのようにして、やっとべースが聞こえる様な、状況で、これは、昔の録音が、とても大きなモニタースピーカーでモニターしていたり、超低音部分の帯域を十分に記録されていなかったりする音源が、多いことから、無理矢理 Bass を上げないと、どうしてもべースが小さくなってしまうということなんです。

 「べースが出過ぎじゃないですか、、?」といわれ、私は少しも慌てずに、「トーンコントロールをフラットか、オフにして下さい、そうしたら、ちゃんとしたバランスで聞こえますから、、」といいました。 お店の人は怪訝なかおをしながら、めんどくさそうに、つまみをいじりました。

18-2,,.jpg


 すると、、、全くマトモなバランスで聞こえるだけでなく、べースの音も、ピアノの音もナチュラルな、とても良い音色になりました。お店の人もそれに気付いたみたいですが、なんだか、「面白く無い、、」という顔をしていました。 

 それは、システムの帯域バランスがおかしいということが、証明されてしまったからなんでしょうね、、。 
 
 音楽ソフトというものは、定められた規格、CDと言うものに焼き付けられ、再生されますが、それを再生する機器は必ずしも一定ではない、、。 多くの家庭用のオーディオとか、テレビのスピーカーは小さくて、低音が出にくいことが多いのですが、世の中の多くの再生装置が、大体そう言う感じなんです。そのお店のシステムは、良くあるタイプの、私の予想の範囲であった、、ということなのです。

 なので、そう言うシステムで聴いても、しっかり、音楽の各楽器のバランスが聞こえる様にして、私は仕上げているのですが、ハイエンドの例えば、放送局のモニターとか、スタジオのスピーカーできいても、その機器がまともな特性であるならば、ちゃんとしたバランス、音色で楽器のおとが聞こえる様に調整しています。これには、いろいろコツがあるのですが、それは企業秘密ですが、、、( ⌒-⌒; ) 。

 この話のつづきは、明日へ、、。

18-3,,.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジニアの独り言

2016年08月17日

晴れたり、曇ったり、降ったり、、そして、、。

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

17-1,,.jpg


 今日の沖縄は、晴れたり曇ったり、雨がザ〜っと降ったりして、夕方は随分涼しくなりました。これが、秋の兆候なのかどうかは、ちょっとビギナーの私にはわかりませんが、、。 

 そういえば、沖縄名物の台風がまだ今年は発生していないらしいです。 何でかな、、?。

 ところで、今日は「最近食べた麺」を書こうと思っていたのですが、いろいろあって、それの写真が消えてしまったので(ナンダカナ〜)、、中止にしました(-_-;) 。


 昨日までは、なかなか面倒くさい話が続いていましたが、ホント、デジタルオーディオって、付き合い方次第で、とっても素晴らしいモノだと思うんです。 これを書き出すと、また昨日までのめんどくさい話のつづきみたいになってしまいますが、、。

 こういう時代になると、、というか、これから先は、安価なシステムでも、音質の差が出る様になってくるでしょうから、今まではミキシングをしながら、「ここまでは、普通のシステムでは解らないだろうな、、」というような事を考えながら、仕事をしたものですが、これからはそうはいかないですし、よりやりがいがある様になる、、と思うのですが、、。

 ですから、お願いですから、皆さん頼みますから、i pod とか、スマホとかで音楽を聴いている方は、一度で良いから、ちゃんとしたヘッドフォンとか、少し高めのイヤホンをつないで聴いてみて下さいm(_ _)m 。 こんなにクオリティーを高くして、メーカーはいったいナニをしようとしているのかな、、、?、、と思う位、とんでもないクオリティーの音が出ているんです。

 「この小さなプレーヤーからそんな音出る分けない、、」と、ほとんどの人がそう思っていると思うのですが、本当の話です。 しつこい様ですが、ほとんどの一般のオーディオCDプレーヤーや、従来のシステムよりはるかに良い音を再生しているンですよ、ホント。

 
17-2,,.jpg


 最近は某 a◯◯le 社も、付属のイヤホンの質を上げたみたいですが、それでもまだ足りていませんので、少し高めの、バランスのよいヘッドフォンで聴いてみて下さい。

 仕事で使っている、オーストリアの 某 A◯G 社のヘッドフォンで、最新の某 a◯◯le 社のスマホで音楽を聴いてみましたが、もうビックリです、定位や、リバーブの再現効果、アコースティックな楽器の音色や、音圧や、音量の変化など、かなり高い業務用機の質をしのいでいます。

 仕事でつくった音源をテストでモニターするのに、全く十分なクオリティーです。

 もう少し時間が経って、本当のデジタルオーディオの良さが一般に認知され、皆さんが安価なシステムで、良い音を聴く様になったら、私の仕事は、もっとやりがいのある物になると同時に、厳しい聴衆を相手に、もっともっとシビアな音質調整を迫られることになるでしょう。

 頑張らなくっちゃ!!ヽ(´o`;、、、ネ!。

17-3,,.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月16日

アナログとデジタルのそれぞれの、、、(4)。

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

16-2,,.jpg


 「エンジニアの独り言」(アナログとデジタルのそれぞれの、、、)と題して書いて来ましたが、毎回の、ブログにしては、あまりにも長い文章にお付き合い頂いて、ありがとうございました。 今日で、コレに関する文章は、一応終わりにするつもりです。

 デジタルオーディオは、決して、アナログオーディオに劣った物ではないにも関わらず、それにふさわしい評価を得られていないどころか、LPレコードの復刻や、アナログのブームをオーディオメーカーの主導もあって、起こしている、、という現実を、歯がゆい、というか、一体どうしてなんだろう、、という思いを込めて今回の文章を書いていますが、ここで改めて書きますが、私はLPレコードや、アナログオーディオが決して嫌いだ、、というわけではないのです。

 それどころか、ほんの十数年前まで、全くのアナログ派で、CDすら一枚も持っていませんでした。つまりいわゆる、デジタル嫌いのアナログファンだったわけです。 それが、なぜ、アナログを否定して、デジタルを推奨するに至ったかは、エンジニアという仕事柄、現代の最先端の技術を体験し、如何にして良い音楽を良い音で、聴き手の皆さんに供給するか、、ということを真剣に考えた結果の、必然的な流れでした。

 CDプレーヤとオーディオセットという組み合わせが、残念ながら前時代的であり、PCとデジタルオーディオプレーヤーの組み合わせには、かなりの予算をかけても、かなうことが出来ないということを昨日書きましたが、こういうことは、オーディオ雑誌や、そのほかの文献には、従来のオーディオ産業(メーカー、雑誌などにとっては広告主)を保護するために、掲載しない事実です。

16-3,,.jpg


 CD盤自体もう随分まえの規格ですし、デジタルオーディオプレーヤーをめぐる環境も、いろいろな問題がある、、ということを前回、前々回にかきましたが、それでも、ちゃんとした聴き方をすれば、従来のオーディオシステムとは比べ物にならない程のポテンシャルを持っているのが、現代のデジタルオーディオなのです。

 昨日の文章にかいた、音源ファイルの配信についてですが、ほとんどの音源の配信のされ方が、mp.3 という圧縮された、音質の落とされたファイルであり、これは、完全により多くの曲数のファイルをサーバーにそろえて、ネット上のメガストアを構築したい、売り手側の都合によるものです。

 細々と行われている、ハイレゾ(High Resolution)のファイルに依る配信もありますが、今の段階、、、つまり、PCと、オーディオプレーヤー以降のアンプや、スピーカーシステムなど、より良いものが手軽に一般ユーザーの手に入り易いところで手に入るようにならない限り、高音質のファイルの再生は、そのファイルの真価を発揮する事はできないでしょう。また、ハイレゾだからと言っても、元の音源のファイルの質が良く無ければ、あまり意味が無い、、ということもしっかり理解して頂きたい物です。

 現時点では、より大きな(何倍もの容量)ハイレゾファイルの実力を100%発揮するシステムの構築はいろいろな意味で、難しく、従来のファイルを正確に、実力を発揮するかたちで再生することができるシステムを構築してから、ハイレゾ再生のことを考えても遅く無いと思います。 逆の言い方をすれば、従来のファイルに依るデジタル再生がちゃんと出来ないシステムでは、ハイレゾファイルの再生はその実力を発揮することは難しいということです。

 先進的なシステムを組むの為のアンプや、スピーカーシステムなど話は今回は書きませんが、以前このブログでかいた、「パワードモニターのすすめ」を是非ご覧下さい。

16-1,,.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジニアの独り言

2016年08月15日

アナログとデジタルのそれぞれの、、、(3)。

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

15-1,,.jpg


  今日は8月の15日、、、。 

 今月も半分近く過ぎたと同時に、知り合いのSNSの投稿を見たりしていると、「夏も終わりですね、、」みたいな文章を見ますが、こちら沖縄は全然そんな感じはありまシェ〜ン、、(´ε` ) 。

 今日は天気はまずますでしたが、湿度が低くまあまあ、快適、、。

 気温は33℃までは上がりましたが、何故か、曇ったせいもあるのか、午後3時くらいから、涼しくなりました。


 さて、昨日はデジタルオーディオプレーヤーにつないで聴く、イヤホンや、ヘッドフォンの性能が、本体の性能に合っていないために、デジタルオーディオ全体のイメージが悪くなっているという事を書きました。 多くの人は極めて小型な携帯型プレーヤーの音質にそれほど期待しておらず、愛用していながら、その実力を過小評価しているといって良いと思います。

 その他に、現代のデジタルオーディオの問題点は、CDプレーヤー自体にもあります。 CD盤からデータを読み取り、リアルタイムで再生するというのが、CDプレーヤーの役割なわけですが、どうも、そのリアルタイムの読み出しの性能には限界がある、、ということがあるみたいです。
 どうしてもエラーや、それを補正する機能にはそれほどの期待を出来ないと言うところがあるようで、CDプレーヤーで再生するのではなく、コンピューターのハードディスクに読み込む方が、CD盤のデータを忠実に読み取る事が出来るという事は間違えないようです。

 もちろん高額なCDプレーヤー(数百万)のなかには、優秀なエラー補正や、中のメモリーに一旦データを読み込んで再生する、、といったいろいろな機構で、良い再生を目指している物もありますが、比べ物にならない程低価格のパソコンや、それと連携させてつかう、デジタルオーディオプレーヤーのデータ再現能力は決してそれに比べて、極端に劣っているということはありません。
 800万から1000万近い製品を何台か試聴した事がありますが、とても素晴らしい音でしたが、誰もがあれを購入できるわけではありません。

15-2,,.jpg


 つまり、極端に高額なシステムを組まない限り、CDプレーヤは、PCを中心にした再生システムに再生性能は勝てない、、というのが、現代のデジタルオーディオ事情であると言う事ができます。

 せっかく優秀なアナログ録音の音源を精密で、汎用性の高い、デジタルオーディオに変換していても、再生環境に依ってその利点を生かせないということが、当たり前にあり、PCなどを中心にした、安価なシステムの方が、手軽に良い音を楽しめるという現状を知っている、ユーザーや、業界関係者は意外と少ないというのが現状です。

 CD盤自体はデジタルの黎明期(30年以上前)に発想されており、とても不完全な規格であるというのは否定できませんが、それが今も最も使われている汎用のメディアであることに違いはありませんし、それ故に現代のデジタル時代にはそぐわないところも多いというわけです。

 CDプレーヤーや、その他の機器が、不況の昨今、これ以上売れなくなると困る、、という思惑もあって、完全に守りに入って、なおかつ、レコードプレーヤーとか、アナログ分野のブームをあおって、売り上げを伸ばそうとしているオーディオメーカーの現状は、なんとも見苦しい、、とわたしは思います。

 もちろん、アナログプレーヤーの魅力は認めますし、趣味としてそういう音楽の楽しみ方はアリなわけですが、「良い音ならデジタルよりも、アナログですよ、、」みたいな、論法で、お金を稼ごうとすることは、技術を売っていたメーカーが、現代の素晴らしい技術を否定する、全く情けない、体たらくでしかないと思います、私は、、。

 CDもしくはプレーヤーに問題があるなら、ヤッパリ配信か、、、と思う方もいらっしゃると思いますが、それにはまだまだ問題がある、、ということを続いて書きたいとおもっています。

 明日も続き書いちゃいますヨ、、。

 もうイイ、、、?、 ( ̄◇ ̄;) 。

15-3,,.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジニアの独り言

2016年08月14日

アナログとデジタルのそれぞれの、、、(2)。

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

14-1,,.jpg


 今日は昨日に引き続き、アナログオーディオと、デジタルオーディオについて書きますが、その前に、気候の話、、。

 某気象サイトによると、福岡の今の気温は33℃ 湿度が55%で、体感温度は38℃なんだそうです。ちなみに沖縄は、気温33℃ 湿度59% 体感温度は39℃なんだそうですが、沖縄にしては湿度が低いので、日陰で風が吹いてくると、意外と涼しく感じます。

 気温33℃で涼しく感じるというのは、もうスッカリ、亜熱帯慣れしてしまった、、と言えるかもしれませんが、さっき福岡のお友達に電話したら、35℃を越えていて、とてつもなく熱い、、と言っていました。

 なんか、ネット上のデータと少し違う様な、、、。そう思って、また別のサイトをみると、、沖縄は32.2℃で、湿度は65%、、、?、えっ全然違うじゃん!。

 どうしてなのかな、、?。

 まあ、どちらのサイトを見ても沖縄としては随分湿度が低いということは言えますが、、。

 さて、昨日のつづきですが、、、。

 私には時代錯誤に感じる、アナログ神話が未だに語られている理由について考える時、急激にすすんだ技術に機器のメーカーも、ユーザーもついて行けていないということがあるのではないのかな、、と思うのです。

 すすんだ技術というのは、主に、デジタルオーディオの場合、コンピューター系の技術で、従来のオーディオメーカーはそこの辺りがとても弱い、、。 これは、出版会社が、web など、やはりコンピューター系の技術に信じられない程弱いのに似ています。 そういうことは、日本の企業の在り方というか、形態の違うビジネスモデルに対する極端な苦手意識が強いという側面をはっきりと、浮き彫りにしているような気がします。

 簡単に言うと、従来のオーディオメーカーは、アナログレコードから、CDにメディアが移ったあとでも、アンプやスピーカなどの性能を、従来のアナログメディアを再生するためのものとそれほど変えずに、つまり、性能をそれほど上げずに設計、生産していた、、というところがあります。

14-2,,.jpg


 別の言い方をすれば、デジタルオーディオというものを、なめていた、、というか、私もかつてそう思っていましたが、「どうせ、デジタルだから、みんな同じ様な音になるんでしょ?、時代の流れなので、しょうがないのかもしれないけど、アナログのほうが良いに決まっているんだけどな、、」というような、実は、デジタルオーディオに関して、音声をデジタルデータに変換すると言う以外のことはナニも知らずないくせに、勝手に決めつけていたところがあったと思うんです。

 音をアナログから、デジタルに取り込む時と、それをまたアナログに変換して、音声にする作業をしっかりやっておけば、とても扱い易く、簡単なシステムで、高音質な音楽再生を可能にする優秀なフォーマットだという意識は当初ほとんどなかったと言う事は間違えの無い事だと思います。

 かなりの小型、そして低価格のデジタルオーディオプレーヤーに付属しているイヤホンや、多くの場所で販売されているヘッドフォンは、いたずらに低音が増強されているばかりで、忠実度、、つまり、音源本来の音を再現する能力がない、私に言わせれば、パチもんみたいな製品が溢れているわけですが、ほとんどのユーザーはそんなモノだ、、と思って使っています。

 もちろん中にはプレーヤー自体に、とるに足らない製品もまれにありますが、ほとんどの機種が優秀な性能を持っていながら、壊滅的な性能の「おまけ」の様なイヤホンや、ヘッドフォンで台無しにされています。

 なんだか、昨日に引き続いて、文章が長くなってきましたので、つづきはまた、明日、、ということで、、(ーー;) 。

FullSizeRender.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジニアの独り言

2016年08月13日

アナログとデジタルのそれぞれの、、、。

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

13-1,,,.jpg


 昨日はアナログ礼賛なんて、バカバカしい、、と言う様な、ちょっと過激な文章を書きましたが、ここで改めて、エンジニアとしてそして、音楽を愛する者として、アナログとデジタルの長所と短所について書いておきたいと思います。
 この場合のアナログとは、LPレコードや、カセットなどの民生用のメディアを指しています。

 アナログの長所

 音に温かみがある。→

 これはテープに録音する事により、一種のコンプレッション(圧縮効果)が起こるため、そういう風なサウンドになる。それと、特性がハイファイ(ロスや歪みが多い)すぎないため、録音やミキシング時の細かいアラが隠れる、、と言うところもあります。 音が太いと言う感覚もありますが、これも、磁気テープの効果に依るところが多いです。

 コレに関しては、LPやCDをカセットなどに録音したときにも、同じ様な効果があらわれ、特性は劣化しているはずなのに、音楽的に好ましい音に聞こえるということが起こります。

 LPレコードの場合、機構上、中低音の再生が得意で、ヴォーカルや、べースの音が、CDなどに比べ、張り出して、存在感が強くでます。

 アナログの短所

 ノイズや歪みが多い。→

 磁気テープや、レコード盤を再生する場合、スタジオで完成したマスタ−テープがどれほど良く出来ていても、一般家庭の装置で再生すれば、雑音、、サーっというテープノイズや、スクラッチノイズ(レコード盤の表面の傷や、ゴミによる)は、避けることができない。 高音部の再生に弱く、楽器の高い倍音の再現性が悪い。

13-2,,.jpg


 デジタルの長所

 この場合のデジタルとは、デジタルメディア、、、CDや、音源データをオーディオプレーヤーなどに読み込んで再生するものを指します。

 ノイズや歪みが少ない。→

 デジタル音源にすることで、完成した音源を限りなくマスタ−テープに近い特性で、一般家庭で再生できる。機器に依る特性の違いが少ない、、。コレに関しては、黎明期の家庭用CDプレーヤーなどに比べて、現代のモノは格段の進歩をしている。

 メディアの扱いや、収納がアナログとは比べ物ならないほど、手軽である。 

 デジタルの短所

 音がデジタル臭い。→

 いわゆる、ジッターとよばれる、デジタルデータの読み込み、書き込みエラーのため、独特のギズギスしたサウンドになり、音に潤いがないことがある。 特に初期のCDの場合デジタル化(マスタリング)時の方法がそのような結果を起こす原因にもなっていた。 これに伴って、音が「細い」、「冷たい」などの、デジタル音響への批判がオーディオマニアや、エンジニアを中心に、専門家達からの悪い評価があった。

 オーディオプレーヤーなどに音源を入れ込んだり、ネットショップで販売している音源は、mp3などの圧縮フォーマットであることが多く、本来の質(マスタ−音源の)が反映されておらず、劣化している。

 この様にデジタルとアナログの、良いところ、悪いところを書き出してみたわけですが、デジタル時代になって、簡単に言えば、当初の目的どおりに手軽に良い音で音楽が楽しめるようになったはずなのですが、それでは、なぜ、未だに、「アナログの方が良いに決まっている、、」という人が多いのでしょうか?。

 それらの事について、明日も引き続き書きたいと思います。

13-3,,.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジニアの独り言

2016年08月12日

いにしえの音、、。

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

12-3,,.jpg


 昨日の札幌ラーメン屋さんですが、書き忘れていましたが、北海道の木彫りの熊や、アイヌの人形まで置いてあって、「外食産業遺産」と言っても良い、いにしえ感、溢れるお店でした。

 あと、どの位存続するのかな、、?。


 ところで、今日のブログの写真ですが、、、いつもの一眼レフや、デジタルオーディオプレヤーではないもので撮ったのですが、随分色味とか、雰囲気が違う物だな、、と思いました。

 なんか、芸術的というか、なんか、絵画的というか、空の色も雲の雰囲気も、写真と言うより、細密画の様です。 特に高級な機種ということは全然ないのですが、キレイと言えば綺麗ではあります。

 録音機材などもそうなのですが、デジタル機器になると、個性がなくなって、どれでも同じ様になる、、という話が、一昔前に盛んに言われていましたが、ココに来て思う事は、そんなことは全然なくて、いろいろ機種や、メーカーによって、いろいろなキャラクターがあり、それなりに個性的である、、ということです。

 それもそうなのですが、デジタルになって、機械的な物以外に、ソフトウエア的な部分でも録れる音や写真の色などに、個性が出る、と言うところがある事が解ってきました。

 上に書いた様に、デジタルを毛嫌いしていた、写真を撮る人達や、レコーディングエンジニア達が、アナログでの作業ができなくなった今、一体どんな気持ちで仕事をしているのかな、、と、時々思うわけですが、デジタルの簡便性と、いろいろなメリットは、私に言わせれば、明らかにアナログより優れており、未だに、まるで、迷信的に、アナログ神話が語り継がれていることに、強い疑問を感じます。

12-1,,.jpg


 私自身、デジタルの音を、嫌い、仕事上も、音楽を鑑賞するときも、デジタルメディアをかなり長い間拒否していましたが、技術の進歩により、コスト=音ということは、必ずしも言えなくなった現在は、ナニをどうすれば、良い音になるのか、、ということを身をもって、理解している専門家は意外と少ない気がします。

 デジタルの時代でも生かせる、アナログのノウハウもたくさんあり、デジタルとアナログの対立関係というものは、あらゆる分野で、もう存在しないと、私は思っているのですが、まだまだそう言う考え方の人は少ない気がします。

 音の最終メディアに関しても、昨今のアナログ盤ブームには、あきれると同時に、深い疑問と失望を覚えています。 古いものを愛する気持ち、そう言う心、は、私もよく理解できますが、音の善し悪しに関してそういった主観が、技術的な理解力不足と、聴覚的判断能力の少なさから、新しい技術を否定し、古い物を妄信するという、とても愚かな価値観をつくってしまっている、というのは、とても残念な事です。

 アナログ再生機器の業者にとっては、またとない商機なのでしょうが、、。

 技術はあくまで、技術の為ではなく、音楽や、映像、、すなわち芸術の為に、日々研究開発されている、、ということを、忘れている技術者がとても多い気がします。デジタルと言えども、人間がプログラムしなければ、機構的にナニも実現することは出来ない、、、と言う事を、せめて、専門家の人達には理解してほしいものです。

 そんな事を、タイムスリップした様な札幌ラーメン屋さんに行って、感じたりするわけでした、、 (。-_-。) 。

 このデジタル社会に技術的な懐古趣味は、百害あって、一理無しと私は思っています。

 今日はマジメやね、、、(^。^;) 。

12-2,,.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジニアの独り言

最近食べた麺 71 味噌ラーメン(昨日のブログ)

span style="color:#2bff00;;">CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

11-1,,.jpg


 今日は前回の「最近食べた麺」に引き続き、生活圏外で食べた麺の話です。 今日の麺は、麺そのものと言うより、そのお店について書きたいな、、と思っています。

 この写真にある「札幌ラーメンどさん娘」ですが、この看板は私にとって、とても懐かしいビジュアルなんです。今から40年以上前、高度成長期の関東地方では、札幌ラーメンブームが起こり、街のあちこちに、味噌ラーメンなど、札幌ラーメンのお店がありました。それらは、ほとんどが、チェーン店で、似た様な名前を名乗っており、意匠をめぐって裁判沙汰にまでなっていたそうです。

 「 どさん子ラーメン」「どさん娘」「どさん子大将」など、北海道を意味する、道産=どさんと言う言葉をつかった店名でした。 今日取り上げるお店は、「どさん娘」と書いて、「どさんこ」と読むのかと思っていたのですが、ネット上で調べると、どうやら、「どさんムスメ」と発音するらしいです。

 このチェーンは1960年代後半から開業していて、ピーク時には、全国に800店舗ものお店があったらしいです。

11-3,,.jpg


 沖縄の田舎町に行った時に、その久しぶりに見た、懐かしい看板を見て思わず入ってしまったのですが、お店の中も昭和の時代からタイムスリップしたかの様に、昔のまま、、。

11-2,,.jpg


 この、カウンターの上にある、ラーメンの看板というか、名称を書いたアクリル板は確かに見覚えがあり、この数十年は経っているであろう板は、もう日本中探しても他には無いのではないだろうか、、?と言う珍しいものです。このお店が一体いつ開店したのかは解りませんが、本当に懐かしい内装です。

 マニアのブログによると、2011年の段階で、800店舗あったお店は、58店舗になっており、HPも存在しないらしく、恐らく運営会社はなくなっているのでは?という記述がありました。

 看板と、メニューだけ残して、ゾンビの様に存在する、「札幌ラーメンどさん娘」には、一種の哀愁さえ感じるのは、私が昭和生まれのオヤジだからでしょうか、、?。
 それにしても、「まだこういうお店が有ったんだ、、」と思いました。

 かなり年配の方が一人で、働いていましたが、その人が、永年このお店をやっているのか、あとから、買って運営しているのか、誰かに雇われているのかは、知る由もありませんが、在りし日のチェーン店のロゴと名前入りのお皿や、丼を使っているところも、懐かしさ、というか、「いにしえ感」を強く感じます。

 ついでに書くと、吸い殻のはいった、アルミの灰皿が、放置してあるのも、ある種のやる気の無さ、場末感を助長して、見えます。

11-5,,.jpg

11-4,,.jpg


 肝心のラーメンの味ですが、味噌を注文したのですが、半分八丁味噌が入った様な、赤黒いスープで、味もそんな感じで、札幌、、という感じとは少し違いましたが、白ごま、ワカメ、メンマなど、具材は札幌を感じないわけではありませんでした。
 モヤシを中華鍋で炒め、そこに、スープと、味噌を入れて、短時間煮込む、、という調理方法は、札幌ラーメンのそれなのかもしれません、、。

 味はちょっと、、? でしたが、何とも、懐かしい、子供のころの時間にタイムスリップした様な経験は、何とも非日常で、それなりに楽しめました。

 テレビや、漫画本、新聞などと、インテリアと照明、メニュー構成は間違いなく当時そのものを感じさせ、まるで映画のセットの様なお店でした。

 日本の西の端、沖縄に、昔の日本がこんな形で、残っていたことが、少し嬉しい感じかしました。

 あっ、ちなみに、このラーメンにチャーシュウは、入っていませんでした、、、。 果たして、入れ忘れたのか、原価の節約なのか、、?。

 謎ですね〜。

 ナンダカナ、(´Д` ) 。

11-6,,.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 04:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近食べた麺

2016年08月10日

久しぶりの広報

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

10-2,,.jpg


 昨日は「昼下がり」とかいうタイトルで、カフェで、ブログ書いて、昼間から、そのままアップしたりして、なんだか今風な感じでやってしまいましたが、今日もまたカフェにいます。

 と言っても、また別の場所なのですが、、、。

 今日の沖縄は朝から雲が厚く、空は真っ白で、日差しがなかったのですが、昼前から太陽が顔を出していました。それでも、曇りがちなので、気温は低め、、。ここ数日、本州や九州は物凄い猛暑みたいですが、こちらはそれほどでも、、。 今日もまた、判で押した様に最高気温は32℃ほど、、。

 昨日は、今日と同じ位の時間にカフェでブログを書いていたら、スコールが降ってきましたが、今日も先ほどから雨が、、。 今直ぐに帰るというわけではないのですが、傘を持って来ていないので、このままだとびしょ濡れになってしまいます。 雨足は昨日よりはるかに強く、これは、傘を持っていても、今外に出ると、ビショビショになってしまう事は、間違いありません。

 ところで、暦を見てみると、もう8月の10日になっています。10日と言えば、お盆もまじかで、夏のど真ん中、、という時期なのですが、私自身の気分としては、「長過ぎる夏」という感じで、「夏の真っ盛り」という感覚は全くありません。 

10-1,,.jpg


 そんななか、CMSレコードの10周年記念作品のリリースが何時になるのか、、?、ということはイマイチハッキリしていないのですが、やっとグラフィックのデザイナーさんと打ち合わせをし始めておりまして、早ければ10月、、いや、今年中には、、と思っているわけですが、、(´o`;。

 10周年記念作品と言っても、最初のアルバム「 Inerlude 」池田篤/細川正彦Duo が2005年リリースなので、今年で、11年目に入ってしまってるのですが、10周年記念制作ということで、なんとか今年中にはリリースしたいと、思っています。

 そういえば、ブログの話なのですが、このブログ、一応、CMSレコードのホームページの中にある広報ブログなのですが、この度、CMSレコードの Facebook でも見て頂ける様になりました。
 Facebook の特性上、写真の見え方などは、本来のページとは違うのですが、より広く、広報の役目を果たせれば、、ということで、載せることにしました。CMSレコードの Facebook ページ 自体も実質的には更新していませんでしたので、これを機会に巧く運用できれば、、と思っています。

 どうぞ、よろしくお願い申し上げますm(_ _)m 。

 しかし、それにしても、久しぶりにレーベルの広報的な事をこのブログに書きました〜 ( ^ ^ )/。

 ナンダカナ、、、(´-ω-`) 。

 
10-3,,.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月09日

昼下がり。

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

9-1,,.jpg


 しばらく雨や曇りの日が続いていて、少しだけ涼しい日が続いていましたが、今日は朝方は雨が残っていましたが、昼前には気温は32℃を越えていました。

 でも、普通なら、午前中に32℃になっていれば、昼過ぎには35〜6℃になるところなのでしょうが、沖縄ではよっぽどの事がない限り、32℃以上の気温にはなりません。 午後の2時過ぎで、沖縄は32℃で、湿度70%ですが。同じ時間の福岡を見ると、湿度は同じ70%ですが、気温は34℃ちかくです。

 気温ではあまり暑くなさそうな沖縄ですが、日差しがあると、日向では暑さが物凄いのですが、今日は夏らしい入道雲が、出ていて、その影になって、日差しは時々出てくるだけなので、それ程は暑くはありません。

 今日はめずらしく、昼間から、wifi のあるカフェで、お仕事とブログ書き、、、。

 このカフェは、それ程田舎ではありませんが、都市の中心部でもなく、地元の人と観光客が半々くらいなのか、、でも、私以外は何故か女性のお客さんが多いです。 店主は30歳くらいでしょうか、、。

 お店の内装はそれほどファンシーというわけではなく、女性向き、、という感じでもないのですが、、。 壁には前に来た時にはなかった、イラストを描いた紙が20数枚貼ってあります。 店主が書いた物なのか、、。

 BGMは以前来た時は、アナログレコードで、古めのジャズが流れていましたが、今日は、カフェっぽい、軽いスムースジャズみたいな音楽が、、。

FullSizeRender.jpg


 オーダーすると、飲み物は手造りの焼き物の器に入って来ます。おそらく沖縄の作家のものだと思うのですが、結構現代的な作風です。 まだ開店して数年らしいのですが、壁はかなり年季が入ったシミや、ペンキがはがれた後があるので、以前事務所か、別のお店だったところを、簡単に改装してカフェにしたのかもしれません。 

 店内は禁煙で、煙草を吸いたい人は、窓の外に椅子とテーブルがあり、簡易喫煙席があります。狭い店内で、煙草を吸うと、部屋に煙と匂いが充満するので、こういうシステムはいいですね。 

 私は煙草を吸う時がありますが、分煙には賛成です。


 やっと、おじさん(常連?)のお客さんが来て、店主との会話から、アナログプレーヤーのレコード針が折れてしまっていて、使えないらしいということがわかりました。 多分今日はCDか、デジタルオーディオプレーヤーで、音楽を流しているのでしょうね、、。

 ケーキとかトーストとか、いろいろカフェらしいメニューがあるのですが、いずれも、手造りか、ナチュラル系の素材を使った、気を使って製造したものばかりですが、わたしはまだ、ほとんど食べた事はありません。パンも自家製らしいので、そのうち食べてみようかな、、?。

 と、思っていたら、いきなり雨が、、。 今日はもう降らないと思っていたのに、、、やはり亜熱帯はスコールがありますね、、。

 でも、これでまた少し涼しくなります、、湿度は上がりますが、、。かなり降っていますが、止むと、日差しが強いので、道はカラカラに乾いてしまうことも良くあります。

 まだ昼間ですが、ついでにアップしちゃいま〜す。

9-3,,.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月08日

先週のブログから、、、。

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

8-1..jpg


 今日も、昨日よりはマシ、とは言え、雨が降ったり止んだり、、、。でも、日差しはありました。でも、少しだけですが、気温は低かったです。

 先週書いたブログの内容に関して、少し、、。 
 
 まず、グールドのザルツブルグのライヴのCDですが、アレは、オーストリアで、制作されたもので、ゴールドベルクの後に入っていた、インベンションは、モスクワでのライヴからの音源でした。
 グールドのモスクワ(1957年)のライヴ音源は、シェーンベルクや、ベルクなどの演奏のモノがあり、その時のライヴ盤に入りきらなかった音源なのかどうかはハッキリわかりませんが、同じ1957年と書いてあるので、そうなのかもしれません。

 グールドに関しては、もう未発表音源は出尽くした感がありますが、コンサート活動を止めてから、モナコで、特別に演奏会をした、、という話をきいた事があるのですが、その時の音源は出て来ないのかな、、?、と永年思っています。 彼にしては珍しい曲を演奏したらしいので、興味がありますが、そもそも録音があるのかどうかというのが、不明です。

 それから、昨日書いた沖縄の蒸留酒、泡盛の話。 わざわざ、輸入したタイを使って造っているのは、どうも、元々はタイから、お酒の造り方が伝わった、、ということらしいです。 ただ、その辺の情報は、5〜600年前から泡盛はつくられているらしく、古すぎて、ハッキリは解らないというのが、本当のところらしいです。

 歴史的な文献というモノは、かなり古い物が残っている事がありますが、琉球の様な、暖かいところの場合、昔はあまり、文章で記録を残す、、ということが無かったらしく、正確なところは解らない、、というのが現実なのかもしれません。

8-3,,.jpg


 先週、何日もかけて書いていたトンカツの話ですが、なんで、あんなに書いていたのかな、、?と、自分でも思うのですが、そもそもの疑問点は、肉を薄く延ばすというスタイルが、なぜ日本のトンカツでは継承されなかったのかな、、?と言うところなのですが、沖縄では、ナンと、!、叩いた肉でつくったトンカツを使ったカツ丼が存在します。 

 アメリカ領土時代からのやり方なのか?、、。これも正確な事は不明ですが、、。

 ステーキは叩かずに、厚い肉のまま焼くのに、揚げる場合だけ薄くする、、というのは、やはり不思議な感じがします。 お肉は厚めのやつを、「ガブリ」と、やるのが美味しいと思うのですが、、、。

 ちなみに、昔ドイツの駅の売店で、薄く叩かれ、延ばされた豚の肉に、衣を付けて揚げたもの、いわゆる「シュ二ッエル」というドイツ、オーストリーのトンカツみたいな物を大きなパンに挟んで売っていたものを食べましたが、味付けが、ウスターソースみたいな物だけで、チョット物足りない気がしましたが、アレはアレで美味しかったという記憶はあります。 

 叩かれて延ばされていた肉はかなりの表面積で、B5版を少し細長くしたくらいの大きさがありました。あんなに平べったくしないで、固まりのまま衣を付けて焼く、、という発想がないのはどうしてなのか、、?と言う疑問が、どうしても、私には強くあります。

8-1,,.jpg


 アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月07日

だらだらからの、、、。

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

7-1,,.jpg


 ここ数日、トンカツの話や、うどんの話など、そしてその前はグールドの話など、ダラダラと書いていましたが、ホント、ダラダラという感じでしたが、、、。 

 特に理由はありません、、(´Д` ) 。 

 ここ数日、沖縄は、曇りや、雨がちで、天気が悪かったですが、そのお陰で、少し涼しい、、。 風もあったりして、ある意味快適、、、。

 と言ったって、27とか28℃くらいなのですが、コチラの人が、「少し肌寒いくらいだ、、」と言っているのをきいて、「寒いということはないだろう、。?」と思ったのですが、昨日の夜中に、ちょっと外に出て、その「肌寒い」という感覚がわかった様な気がしました。

 気温が25℃以上あっても、「肌寒い」と感じる感覚は、亜熱帯独特の感覚なのかもしれませんが、こちらの気候に身体が適応してくると、そんな感じがするのかもしれません。

 この気温で、風が吹いて、「肌寒い」、、と感じるのでは、冬になって、20℃を切ったら、間違いなく「寒い」と感じると思うのですが、沖縄の人が、「冬は普通に寒いですよ、、」と言っていたのは、こういう事なのでしょうね、、。

7-2,,.jpg


 8月も今日で、7日で、本土ではもうすぐお盆、、。お盆が終われば、夏からだんだん秋になってゆくのだと思うのですが、こちらは、もう4月頃から、ほぼ夏の気候で、ず〜っと夏。

 今が何月なのか、よく感覚的にわからなくなってきました。なんだか、永遠に夏が続く感じ、、。そんなわけは無いのですが、9月、いや、10月くらいまではかなり暖かいと思うので、従来の季節感は全く感じなくなる、というか、破壊される気がします。

 話は、かわるのですが、この間スーパーに行ったら、県産米というのが売っていたのですが、沖縄では、この気候で、いったい、いつお米が採れるのかな、、?、と思いました。

 お米の入っている袋に透明なところがあって、中が見えましたが、普通のお米だったので、長粒種ではなく、日本のお米だと思うのですが、いつ植えて、いつ収穫するのかちょっと想像がつきません。

 沖縄とお米、といえば、コチラの代表的なお酒、泡盛は、タイのお米で、つくられているらしく、毎日のように皆が飲んでいるお酒なのですが、昔から輸入したタイのお米(長粒種)でつくられているのだそうです。

 それもなんだか、不思議な感じがします。 

 どうしてなのかな、、。

7-3,,.jpg


アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月06日

最近食べた麺 70 エビかき揚げうどん、野菜天トッピング。

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

6-3,,.jpg


 なんだか、ここ数日なぜか、トンカツの話をず〜っと書いていましたが、今日は久しぶりの、「最近食べた麺」、、、。

 うどんが無い、、うどん屋さんが無いので、なかなかうどんが食べられない、、ということで、うどん飢餓状態が続いているわけですが、先日、沖縄を仕事で出た時に、久しぶりにうどんを食べました。 といっても、空港の中にあるお店で食べたので、そんなに期待してはいませんでしたが、、。

 空港のフードコートみたいなところに、ラーメン屋さんと、うどん屋さんが並んでいて、前から少し気になっていたのですが、こういうところのお店はだいたいイマイチなことが多いので、まず入る事は無いだろうな、、と横目でいつも見ていました。

 なので、今の様な、うどん飢餓状態が、入店することに力を貸してしまった、、という事なのだと思いますが、、朝方と言うこともあり、他のお店があんまり開いていなかった、という事情もありました。

 そうは言っても、せっかく入ったのですから、ナニか美味しいものを食べたい、、ということで、お店の中や、カウンターの中、つまり、厨房を何気なく覗き見ていると、、。

 まだ午前中の9時位なのに、早々と、天ぷらが揚げ置いてあり、「天ぷら系のうどんを頼むと、この揚げ置きが入ってくるのだな、、」と、思っていましたが、何となく、何故か、野菜天うどんを注文。

6-2,,.jpg


 しばらくして、揚げ置き天ぷらをみつつ、メニューを再確認すると、エビのかき揚げうどんがあります。 エビ、それも、小エビのかき揚げって、沖縄では何故か、滅多に食べられないものなので、お店の人に、「すいません、さっきの、野菜天うどんをエビかき揚げに変えてもらえますか?、、」と頼むと、少しこわばった表情で、「だ、大丈夫、、、ですヨ、」と返事しながら、鰻の寝床みたいな、カウンターの奥をみながら言っていました。そうすると、何故か、揚げ置きだと思っていたのに、もう一人の店員が、野菜の天ぷらを揚げています。

 「あれ〜天ぷらをいま、揚げているんですね、、それじゃあ申し訳ないので、エビかき揚げうどんに、今揚げている野菜天も入れちゃって下さい、、」とお願いしました。

 しゃしんでは見えませんが、カボチャ以外に、ナスや、ピーマン、タマネギ、ゴボウの天ぷらも入って、天ぷら入り過ぎのうどんになってしまいましたが、まあ、これはこれで、よしとしましょう (´Д` ) 。

 ついでにいなり寿司も頼んでいたので、かなりの大量の朝食に成りましたが、いなりには、ガリもついていて、なかなか良かったです。でも、写真にある通り、このいなりは、ロール状で、このスタイルは初めて見ましたが、味はなかなか良かったです。 

 ちなみに、うどんは冷凍かな、、と思っていましたが、冷凍ではなく、茹でた物を、レトルト加工したものでした。 

 個人的には冷凍はきらいなので、まだマシだな、、と思いましたし、味は、なかなか良かったです。

 一時、天ぷらだらけの、うどんで、うどん飢餓から、逃れる事ができました、、(^_^;) 。

 あっ、そういえば、このブログ、食べ物ブログではなく、CMSレコードというCDレーベルのブログですので、、、 (´Д` )。

 ナンダカナ。

6-1,,.jpg


 九州ローカルの、アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近食べた麺

2016年08月05日

終わらない、トンカツの話。

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

5-1,,.jpg


 何故か、しつこくトンカツの話が続いていますが、昨日はトンカツそのものより、その揚げ方の話に文章を費やしてしまいました。

 主に西洋のカットレット的なモノと、日本のトンカツとの違いについて文章を書いていますが、肉の加工法というか、厚さと同じ位違うのは、衣の形状ではないのかなと思うんです。

 西洋の場合、衣のパン粉は、かなり細かく、そして均一な大きさに加工されていますが、日本の場合は、細かくは無い、と同時に、大きさもランダムです。

 この辺も、なんか不思議というか、西洋の場合、パン粉が細かいので、油で熱がとおった後には、下地の玉子や小麦粉と一緒になって、一種の薄い板状の壁みたいになっていますが、日本のトンカツの場合は、大きさも大きく、それぞれの形が違うので、デコボコというか、表面はざらざらですが、それが、口に含んだ時に、なかなか良いアクセントになっています。

5-2,,.jpg


 西洋の場合は、上に書いた壁のお陰で、肉がよく蒸されており、肉の薄さもあり、全体に、油が適度にまわっていて、水分はとても少ないことが多いです。なので、付け合わせに、専用にあつらえた、ソースを出す場合があ多いです。カリカリにあがったカットレットにソースで、味だけでなく、湿り気を与えて、柔らかくして、食べ易さも演出しているのかもしれません。

 日本のトンカツの場合、衣の隙間から、香ばしくパン粉を焦がせたあぶらが、肉本体にもカットレットより、多く浸透して、直接油で蒸し焼きになるような感じで、仕上がっています。

 揚げ方、肉の加工法、パン粉の使い方までは書きましたが、揚げ物料理ですから、実際に揚げる油の話を書かないのは、片手落ちになっていますので、書きますが、日本の場合は大豆油や、胡麻油、または、ラードとそれらを混ぜたもので揚げるわけですが、西洋の場合は、オリーブ油や、バターをフライパンに敷いて、それで、炒める様にして揚げることが多い様です。

 バターで揚げると、バター独特の風味がつきますし、衣を付ける前に、肉にいろいろな味を付ける事も多いので、日本の天ぷらや、トンカツの様に、基本的には味付けしないで揚げて、食べる時に、トンカツソースや、天つゆを付けてたべる、、というのとは、随分食べ方がちがう食べ物だと言えるでしょう。

 しかし、なんで、こんなに熱心にトンカツの話を書いているのか、、、?、不明です。

5-3,,.jpg


 九州ローカルの、アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月04日

また「とんかつ」のはなし。

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

4-1,,.jpg


 昨日はしょうもないトンカツの話を書いてしまいましたが、今日は、昨日より少しだけ真面目なトンカツの話を、、、と、思っていますが、どうなるか解りません。

 そもそも、トンカツは、ヨーロッパのカットレット( cutlet 英)とか、コートレット(cotelette 仏)コトレッタ(cotolétta 伊)とかという、牛肉か豚の肉を堅いハンマーの様な物で叩いて、薄く延ばしたものに、パン粉をつけて、油で揚げる、、という調理法の食べ物が、いろいろなプロセスを経て、今の日本のトンカツに成ったらしいのですが、そういうわけで、名前はカットレットが、カツレツになり、まあ、カツレツの場合牛肉でつくることが多いので、豚のカツレツ=つまりトンカツという名前に成ったのだと思います。

 コレに対峙するかの様に、関西にはビフカツといって、牛肉=ビーフ=ビフのカツという呼び名が存在します。

 恐らくは、ヨーロッパでは、昔は肉が堅かったので、薄く延ばし、筋を断ち切って、揚げる事で、肉がおいしく、食べ易くなる、、という調理法だったのだと思うのですが、日本には、この「薄く延ばす」というやり方が、何故か伝わっていない、、というか、肉に衣やパン粉をつけて揚げるという調理法は同じでも、肉を叩かず、そのままある程度の薄切りにして、調理するという方法をとっているわけですが、どうして、薄く延ばさないで、料理するやり方を選んだのか、、?ということを、ネット上とかで、調べるのですが、イマイチはっきりとした理由を突き止める事ができません。

4-2,,.jpg


 ここまで書いて、考えるのですが、肉の加工法の違いもあるのですが、ヨーロッパのカツレツと、日本のトンカツは、実は揚げ方も随分違うんですよね、、。

 それは、日本が、比較的深めの器に、油をなみなみと入れて揚げるのに対して、西洋では、いわゆるフライパンなど、浅めの器に油を少しだけ入れて、炒める様にして、揚げる、、、ということが普通です。

 この揚げ方のちがいは、日本のカツの揚げ方は、天ぷらの揚げ方が元になっているということに対して、西洋では、揚げモノをする場合、あんまりたくさんの油は特別な場合を除いて使わない、というところがあるわけです。

 そもそも、フライパン(frypan)という名称自体が、揚げる為の器ということなわけですが、それほど深さがないですよね、、。 でも、チャーハン(炒飯)のことを fry Rice と言ったりするので、fry=揚げるではなく、油を使ったいろいろな炒めや、揚げの料理法の総称なのかもしれません。

 ヨーロッパと、日本の揚げ物料理の基本的なやり方の違いというモノは大きく違うと言う事が言えると思います。

 って、、なんでこんなに、トンカツの話を熱を入れて書いているのか、よく解りませんが、まあ、明日もつづきを書きます、、(^。^;) 。

4-,3,,.jpg


 九州ローカルの、アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月03日

とんかつ

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

image.jpg

 
 昨日とんかつの話を書きましたが、九州では関東に比べて、あんまりとんかつを食べない、というか、関東の場合、駅前とか、人が集まるところには、必ずと言ってよい程、とんかつ屋さんがありますが、九州ではあんまり見ません。

スーパーとかには普通にとんかつとか、コロッケとかが売っていますが、とんかつ屋さんは何故かすくなく、チェーン店のとんかつ屋さんの方がなじみがある様です。理由は全くわからないのですが、九州の人がとんかつを嫌いと言うことはないと思います。

 そんな九州から沖縄に行ったわけですが、こちらでも、やはりとんかつ屋さんは少ないです。 うどんとかもそうなのですが、食べられない、、、と思うと、何故か余計に食べたくなる、、、。
 
image.jpg


  でも、なんでとんかつ屋さんが少ないか、、と言うより、なんで東京には、あんなにとんかつ屋さんが多いのか?、ということを考えた方がいいのかな、、と言う事を考えた方が良いのか?。

 でも、そんなこと考えなくてもいい、と言う気もしますが、まあ、とにかく、あんまりとんかつ屋さんがない地域にすんでいると、ついとんかつ屋さんを見つけると、入りたくなってしまいます。でも、何故かとんかつ屋さんに入ると、とんかつではなく、メンチカツを頼みたくなるのです。

 とんかつって、実は、お肉が美味しくないと、イマイチなことが多いのですが、メンチカツとかコロッケっていうのは、無難と言うか、落胆することが少ない、と言う気がするんです。

 でも、せっかくとんかつ屋さんに行ったのに、コロッケや、メンチカツを食べる、、と言うのは、ナンダカナ、、と言う気もするのですが、あんまり美味しくなく、そして高いとんかつを食べる、、と言うのは、嫌だな、と思うわけですが、、。

 って言うか、なんだか、どうでも良い話を書いていますが、このブログって、こんな感じなのかも知れませんが、、、?

image.jpg


 九州ローカルの、アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、このYouTube の→「美の鼓動」 か、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」


シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月02日

無題

image.jpg


 なんかいろいろありまして、通常の時間と環境ではない感じでブログを更新していますが、、、。

 いろいろなところに行ったり、環境が違うところで過ごしていると、季節感とか、そういうものが、変な感じになっています。

 なにを食べたいとか、そういうことも、何だかよくわからない感じになってきている気がします。別に辛いとかいうことは無いのですが、不思議な気がします。

 なんだかなー。

 体調が悪いな、、と感じる事は全然ないですし、精神的にも安定はしていますが、。。やはり、ずっと同じ気候のところにいると、頭がぼける、、というところはあるのだと思います。

image.jpg



 先日久しぶりにとんかつを食べました。ちょっと変わっているなと思ったのは、付け合せのスパゲティーか、ケチャップではなく、ちゃんとした、イタリアンの、トマトソースが、かかっていた事です。そこは、ただのとんかつ屋さんだったのですが、なんか少し変わったこだわりを、感じました。

 ところで、よくとんかつが、金属の網に乗ってくるお店がありますが、あれつて、個人的にはいらないな、、と思うことが多いです。 あれは、油がお皿にベトつかないように、ということなのでしょうか?。
あれって、とてもたべにくいというか、、。
それに、洗い物も増えると思うんですね、、。

 だし、あれって、洗いにくいと思うんです。ちゃんと、洗ってるのかな、、、。

 なんていう事を考えると、ますますいらない気がしてきます、あれ、、、。

image.jpg


http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記