2016年03月31日

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

31-1,,.jpg


 今日は夕方から雨でしたね、、、。

 昼間の気温はそこそこ暖かかったのですが、日が暮れてからは結構ひえてきました。それでも二ケタではありますが、、。

 今日はネットのトラブルがあり、仕事で送らなければならなかったファイルが、送れなくなってしまい、あわてて、某所にワイファイを借りに、、。 そこのワイファイは物凄くスピードが速くて、時々お世話になっていますが、ああいうスポットが近くにあると、ホントに助かります。

 しかし、毎度書いていますが、昔なら、郵便で送らなければならない書類をネットで、簡単に瞬時にして送れる、、、というのには、隔世の感があります。
 まあ、それは、あくまでも、インターネットがしっかり使える状態の場合、、、という条件付きですが、これが、もしネットが無かったら、、今日のような日に雨の中、郵便局に行かなければならない、、ということを考えると、ぞっとします。

 そもそも、その前に、音楽なら、カセットとか、CDRとかに入れて、顧客に送る場合は、気の効いた包装とか、文章とかを考えなければなりませんし、文章なら、プリントアウトして、から、、なんていう気の遠くなる様な手間がかかりますし、プリンターのトラブルって、前はよく起こりましたよね、、。 宛名と住所を書いたりという手間も、それをしていた時代には、それほどおっくうとは思いませんでしたが、今の時代にそれをする事を考えることは、もうできませんよね。

 手間も省ける上に、この上なく早く先方に到着する、、。

31-2,,.jpg


 しかも、何処からでも、何時でも、、、というおまけ付き、、。 ワイファイや、ノートパソコンがなった時代には、それなりの設備がなければ、そういうことはできませんでしたが、、、。いまでも、時々街の公衆電話に、ISDN と書いてある端子を見ると、もう、さすがにアレを使っている人はいないのだろうな、、と思いますが、かつては、ああいった、ネットスポットがあちこちに存在していた、、、なんて、今では信じられないことです。

 今の時代、ネットを使って出来ない事は、食事を食べることくらいなのではないのかな、、と思うわけですが、コレだけは、多少手間がかかっても、お店とかに行って、食べるという行為をしたいな、、、と、食いしん坊の私は思います。

 まあ、ネットで注文して、出前、とかという事もあるのでしょうが、、。

 ネットで書類を送る場合は受け取る相手の、生活時間とか、会社の開いている時間などを、あんまり考えなくて良い、というのも、随分助かりますよね、、。

 へんな気を使わなくても良い、、というのは、ネットの最大に利点、、ではないのか、と思ったりもシマス。

 受け取る側も、スマホとか、ノートパソコンで、いろいろなところで、受け取れるうえに、それをまた、いろいろな所に転送して、情報の共有ができるのも、素晴らしいことですね、、。

 関係ないのですが、したの写真は、食堂で食べた、「豚の甘煮」というもの、、。なかなか美味しそうですが、半端なく甘かったです。 まあ、「甘煮」ッて書いてあったので、しょうがないのですが、、(ーー;) 。

 ご飯より、お茶が合うッて感じでした、、(´・_・`) 。

31-3,,.jpg


 九州ローカルの、アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月30日

最近食べた麺 55 坦々チャンポン

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

30-1,,.jpg


 今日は3月30日なので、今年度最後の「最近食べた麺」!!、、、って、とくに意味は無いんですが、、(´Д` )  。

 過去に、色々麺の話とか、食べもの話をかいていますが、それを読んだ方ならわかると思うのですが、私は担々麺が大好きなんですね、、、。そんでもって、担々麺じゃなくても、「坦々」と書いてあると、なんか、弱い、、というか、、過度な期待をしてつい注文しちゃうんですよね、、。 

 それどころか、行った事が無いお店なのに、「坦々ナントカ」と書いてあると、つい、入りたくなってしまう始末です。 これは、私にとって、「担々麺」という食べ物には、色々訳あって、特別な思い入れがあるせいなんですが、そのことを書くと、とても文章が長〜くなるので、ここでは書きません。

 というわけで、「たんたん」好きが講じて、先日、今まで入った事の無いお店の、「坦々チャンポン」なる、メニューを注文してしまいました。 お昼時のオフィース街の定食屋、、というか、夜は居酒屋なのでしょうが、お昼はランチメニューが、なかなか充実しているお店でした。

 なにしろ、初めて入ったので、どんなお店かわからなかったわけですが、外の看板と言うか、メニューをみて、「坦々ちゃんぽん」を頼むときめていたので、入るなり、「坦々チャンポンお願いします!」と言ってしまいましたが、テーブルに置かれたメニューを見ると、かなりの充実ぶりです。

30-2,,.jpg


 定食が7種類くらいに、チャーハン、そばめし、チャンポンは味噌味や、普通味バージョンもあったり、その他、数えきれないほどの、なかなか美味しそうな献立が準備されていました。

 最初からそれらを見ないで、いきなり「坦々チャンポン」をオーダーしたことに、ちょっと後悔しつつ、周りを見回してみると、みなさんそれぞれ、いろいろなモノをオーダーしています。 女性の方で、「坦々チャンポンとライスのセット」をオーダーしている人が居たので、「もしかして、坦々チャンポンは、量が少ないのかな、、」とも、思いましたが、、、。

 そうこうするうちに運ばれて来たのが、上の写真の「坦々チャンポン」。

 なかなか色とりどりで、肉味噌みたいなものもたっぷり乗っていて、なかなか美味しそうです。野菜もたっぷりで、量も問題なさそうです。

 お味は、一言で言うと、上品。 でも少し、物足りない気もします。擦った黒ごまがたくさんかかっている割には、胡麻風味は少なめですが、芝麻醤はたくさん使われていて、「坦々チャンポン」というだけのことはおるとは思いますが、、、。麺はチャンポン麺というより、太めのちじれたラーメンの麺、、という感じでしたが、味は問題無し。 肉味噌もそれだけ食べてみると、これはこれで、濃厚で美味しいのですが、スープと混ざると、いきなり存在が弱まってしまうんです。ついでに言うと、辛みや、山椒の香りもあるのですが、なんだか弱い、、。

 まあ、飛び込みで入ったと思えば、まあまあの収穫、、と言って良いと思います。

 でも、隣の席の人が食べていた、「角切りチャーシューチャーハン」は味噌汁もついて、なかなか美味しそうでしたし、ソース味の焼きそばもなかなか良さそうでした。

 「坦々」好き、、という割には、ほかの色々に、かなり目移りしていますね、、、。

 私の「坦々好き」も大したこと無いのかな、、、(´;ω;`)、やれやれ、、。

30-3,,.jpg


 九州ローカルの、アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近食べた麺

2016年03月29日

あったかい!

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

29-1,,.jpg


 いつの間にか、3月も終わり近く、、。 今日は暖かかったですね〜。 

 天気はイマイチでしたが、気温は18℃位まであがり、日が暮れても、それほど下がっていませんし、湿度も50%前後。 昼間は30%代までも下がりましたので、とても快適な気候でした。

 夜になっても、気温は下がらず、湿度もあんまり上がらず、、という、なかなかの快適さ、花見日和なのではないでしょうか?。今夜の高い気温で、明朝にかけて、咲き始めの桜は、一挙に満開へと向かってゆくのかもしれません。
 でも、あんまり急に満開になってしまうと、週末までもたない、、、ということになる、可能性もありますよね、、?。予報では、木、金と雨も降るかもしれないので、そうなると、桜は随分散ってしまいます。

 それはそれで、、自然の摂理。 竜巻とか、台風とかそういう災害ではないわけで、まあ、しょうがないですよね、、。

 3月末というと、文字通り、年度末で、お仕事上で、年度替わりまでに終わらせなければならない案件があり、忙しくされている方も、いらっしゃるかもしれません、、。

 っていうか、実は私もその一人で、今日、明日は珍しく忙しくしています、、、 (´o`;。

29-2,,.jpg


 転勤とか、引っ越しという方もたくさんいらっしゃるのでしょうね、、、。 とにかく、役所とか、会社だと、明後日の31日までが、今年度で、月が変わって、4月になれば、来年度になるわけで、年度替わりで、転勤、、という人は、今の部署の仕事を終わらせつつ、引っ越し準備もして、さっと、引っ越したら、慣れない職場で、新年度を迎えなければならないんですよね、、、。

 これは疲れるでしょうね、、。近くに転勤ならまだ良いですが、北海道から九州とか、そういう全然違う地域に移るとなると、、色々面倒なんでしょうね。

 という様な事を書きながら、いつもの様に、Gidon Kremerと Valery Afanassiev の演奏する、ブラームスを聴いているわけですが、やはり、春にふさわしいというか、ふんわりと暖かい雰囲気というか、ゆる〜い感じが、とても癒されます。

 永年そういうことは感じなかったのですが、、。

 下の写真は、最近時々行く、某カレー屋さんのキーマドライカレー。これ、なかなかいけますし、付いてくる、ラッシーは、クミンの香りがして、なかなかいい感じ、、春らしい感じがします。 挽肉は、牛豚の合い挽きを使っています(^_^) 。 

 ラッシーのコースターが可愛いですよね、、。

29-3,,.jpg


 九州ローカルの、アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月28日

桜のはなしから、、、。

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

28-1,,.jpg


 今日は、最近では温度が上がった方で、17℃くらいにまでなり、昼間は少し暖かかったですが、チョット風があったので、薄着では、やはり寒い、という感じは否めませんでした。

 外に出てみて見ると、まだまだ寒いとは言っても、桜も木によっては満開に近い状態になっているものも、少しはありましたね。 かなり花が開いている木がありますが、まだ寒いので、花びらが地面に落ちているところは、まだ確認できませんね、、。

 ところで、最近感じる事は、春になり、桜が咲き、新しい年度が始まる感じがする一方で、、飲食店の閉店の知らせを、よくききます。

 永年やっているお店で閉めるところもありますが、ここ数年できて、なんとか頑張って来たようなお店も、、。 それから、値上げとか、メニュー構成をかえるお店など、、いろいろと変化を感じますが、これは、やはり、経済の状況に影響を受けての事ではないのかなと思います。

 一時は、真しやかに「ナントカミクス」とかいって、景気が回復している、、、みたいなイメージが世の中に出たりしましたが、あれは、ほんの一部のことか、イメージだけの話だ、、と私は思っていましたが、全くその通りなのではないのかな、、と最近思います。

28-2,,.jpg


 最近の経済状況で、少しだけ良い、というか、前と違っている状況で、国内の産業に良い影響を与えているのは、原油の値段が下がったことぐらいでしょうか。 日本は島国でありながら、外国からかなりの量の物資を輸入しており、エネルギーの価格高騰は、まともにそれらの流通コストにはね返る要因になりますが、一時1リットル、百円台後半になっていたガソリンが、今は、もしかすると、百円を切る可能性もあるかも、、、というところまで、価格がさがってきています。

 しかし、ココ10数年の統計をみれば、ガソリンの値段は、上がったり下がったり、全く先の見えない相場がつづいています。

 数年前にエネルギー価格の高騰で、何でもいろいろと値上げされましたが、現在それらの価格が下がったからといって、それじゃあ、値下げできるのか、、、というと、こうも先が見えない状況では、危なっかしくて、簡単にはそういうことは出来ない状況ですし、肝心の実体経済が、低迷していては、消費活動はけっして、活発ではなく、収益を確保する為には、値下げなんて、とんでもない、、というところなのかもしれません。


 それにしてもおかしいな、、、と思うのは、福岡の中国人観光客の「爆買い」と呼ばれる、買い物商戦ですが、どうも、ただ買い物をしているわけではなく、客引きというか、ガイドと名乗るブローカーみたいな人間がいて、日本人はら、絶対買わない様な値段で、健康食品や、家電などを、ボッタクって、お店と組んで販売しているらしく、毎月それだけで、数千万円の利益を上げている、中国人ブローカーもいるみたいです。

 飲食店のメニューが、100円、50円という価格の差でしのぎを削っている一方で、同じ街で効きもしない健康食品に、数十万の買い物をする中国人観光客がいる、、。 とにかく、日本と言う国で生産されたものが大好きらしく、信頼しているみたいです。

 なんだか、へんな世の中になっているな、、、と思う今日この頃ですが、私にはどうしようもできません。

 中国人観光客が、音楽や、芸術に興味を持つ時代ッて、来るのでしょうか?。

28-3,,.jpg


 九州ローカルの、アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月27日

さむい、、。

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

27-1,,.jpg


 寒い、寒い、と毎日の様に性懲りも無く書いていますが、やはり、寒いモノは寒い、、、。 この寒さでも、お花見をしているのだそうですが、最高でも12〜3℃で、日が暮れてからは、温度は10℃ちょっとくらいしかありません。

 まあ、お酒を飲めば暖かくなるのかもしれませんが、、、。

 今日は天気も良かったし、もう少し温度が上がるかな、、と思ったりしていましたが、、、。

 ブログの写真は相変わらずの「影」の写真。

 最近ホント、あんまり写真が撮れていなくて、昔撮ったものを使い回していますが、、。

 ナンか今日のブログッて、空間が多い、、、っていうか、チョットテンション低め、、。 いろいろやらなければならない事とかあったり、悩み事とか、いろいろで、、、。

27-2,,.jpg


 もう少し暖かっければ、テンションが上がるのかな、、。このなんだか訳のわからない、テンションの低さに、何日か前に書いた「Brahms Violin Sonata」はピッタリあうんです。あの、ナンとも言えない、穏やかさの中に隠れている、ナニか破壊的なオーラみたいなもの、、。

 そんなこと感じているのって、私だけなのか、、、もしれないんですが。

 それにしても、あの、Gidon Kremerと Valery Afanassiev のコンビッて、長いですね。 と、言っても、レギュラーで活動しているコンビ、というわけではないのですが、、、。二十数年前に、東京の新宿で、聴いたコンサートのプログラムが、何年か前に掃除をしていたら、全然関係ないアナログレコードのジャケットから、出て来たのですが、今は、またどこかへ、行方不明になってしまっています。

 それを見たときと、コンサートに行った時の昔の記憶がごっちゃになりながら、頭の中に残っているのですが、今考えると、なかなか面白いプログラム、、というか、当時としては斬新な感じだったな、と思います。

 まず、ヴァイオリンとピアノのコンサートという事なのですが、ちゃんと、ピアノのソロの演奏もあって、その曲が、ブラームスの間奏曲とか、あと、たしか、アメリカの作曲家 George Crumbの曲。 

 これが、内部奏法もあったり、ペダルを踏み込んで、ダンパーを上げた状態で、立ち上がって、弦に向かって叫び、演奏者の声をピアノに共鳴させる、、という指示どおりに、Afanassiev が、「あ〜、、、!」と叫んでいました。 あとの曲は、確か、フランクと、ブラームスのたしか、二番目のソナタだったか、、、。

 はっきり覚えては居ないのですが、とにかくお客は少なかったです、、。 先生に言われて来たのか、小さなヴァイオリンのケースをもった子供の姿が多かったです。400人くらい入るホールに、どう見ても3、40人くらいしか人は居なかったと思うンんですよね。

 あのヴァイオリンケースを持った子供達は、ピアノに向かって、叫ぶ、Afanassiev の姿を見て、どう思ったのかな、、?、と思うわけですが、、。 あの時、7〜8歳だったとすると、もう今は、35〜7才になっているわけですが、どこかのオーケルトラで弾いているのか、結婚して子供を育てているのか、ひょっとして、ソリストになって活動している人もいるかな?、、。

 そろそろ仕事しなきゃ、、(-_-) 。
 
27-3,,.jpg


 九州ローカルの、アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月26日

入浴って、大切。

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

26-2,,.jpg


 なんだか、寒い、、とかとばかり言っていたら、今日は26日で、三月も、もう終わり近くに、、。まあ、毎年このくらいの気温なのかもしれませんが、なぜか、最近は寒く感じる、、。

 人に聞いた話ですが、歳をとると、「ナントカ、タンパク質」が減って、寒さを感じ易くなる、、、のだそうです。この「ナントカタンパク質」っていうのは、あくまでも比喩で、聴いたけど、良く覚えていないので、「ナントカ」と書いているだけですが、もしそうだとすると、やたらと寒く感じるのは、理屈にあったこと、、ということになりますね、、。

 歳をとると、筋力が弱まるとか、記憶力が鈍るとか、いろいろ衰えるところがあるのは知っていましたが、寒さを耐える力が弱る、、というか、寒さを感じ易くなる、ということは、想像もしていませんでした。

 私は、若いときは今より痩せていましたので、太ってからは、そんなに寒さを、前程は感じないな、、、と思っていたのですが、ここ数年、そうでもなくて、なんだか冷えるな〜、、と感じる事が多くなってきました。

26-3,,.jpg


 これから、もっと歳をとるわけですが、もっともっと、寒く感じる様になるのでしょうか、、?。 嫌だな、、辛いな、、。

 もう厚着といっても、限界というか、そうそう馬鹿みたいに着込むわけにもゆきませんが、更に寒く感じる様になるなら、もうすこし考えなければならないのかもしれません。 そういうわけで、寒く感じることが多くなって来た昨今、前にも書いたかもしれませんが、入浴が欠かせなくなってきています。
 
 シャワーでなく、温かいお湯がたっぷり入った湯船にゆっくり浸かる、、。これが、実に身体に効きますね、、。

 毎日の様に入っていると、だんだん寒さに強くなってくると同時に、腰の痛みなんかも、随分緩和します。昔は、シャワーではなく、水の豊富な日本では、だれでも、入浴して、湯船につかっていたと思うのですが、あんまり、入らなくなって、腰痛や、その他の病気は増えたのではないでしょうか、、?。

 確かに、お湯を入れて、沸かすというのは、手間がかかりますし、張ったお湯が冷めたときは、追い炊きができないお風呂だと、お湯を捨てなくてはならないので、もったいない、、という事もありますが、そもそも、最近は追い炊きができないお風呂が、家庭では多い気がします。

 それと、最近思うのですが、入浴のときに、身体をごゴシゴシと、布で擦るのって、とても気持ち良いですし、血行もよくなって、身体に良い気がするんです。 私は、麻のタオルみたいな物を使っていますが、実際、そうすると、肌艶もよくなりますし、顔の表情なんかも、締まってくる気がします。

 みなさん、シャワーじゃなくて、チャンと入浴してますか?

 昔は、面倒くさくて、シャワーと、スポンジかなんかで、軽く擦っていましたが、これからは、今やっている入浴法を続けたい、気がしています。

26-1,.jpg


 九州ローカルの、アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月25日

最近食べた麺 54 「焼きそば定食」

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

25-2,,.jpg
スミマセン、写真ボケてます


 昨日は薄ら寒い、、なんて書きましたが、なんだか、今日はもっと寒いですね、、。

 なので、、というか、あんまり、イヤ、全然関係ないのですが、今日は「最近食べた麺」。

 先日の「最近食べた麺」のブログに出て来た、「味噌麺」を食べた、謎の中華屋さん。 N さんはもう行かない、、とおっしゃっていましたが、なんと、いろいろあって、また一緒に行ってきました。 

 物好き、というか、ヒマなんすね、、 (⌒0⌒ゞ。 で、今度は何を食べたのかというと、、。

 先日の味噌麺は500円で、小さなお茶碗のご飯付きで、なかなかお得な感じはありましたが、今回は、日替わりの定食。 「定食」といっても、オカズとご飯とかじゃなくて、麺の定食なんです。なので、「最近食べた麺」で書けるな〜と思ったわけですが、過去には「麺じゃないけど」とかいってカレー丼の事を書いた事がありましたが、、。 

25-1,,.jpg


 そう言うわけで食べたのは、日替わりの、「焼きそば定食」。焼きそば定食っていうと、たこ焼き定食みたいな、ソース焼きそばとご飯と、味噌汁みたいなヤツ、ではなく、写真の通り(小さくてよく解らないかもしれませんが)、中華風の、塩味の「焼きそば」。

 しかも、焼きそばと、ご飯とスープとデザート(右上の煮物みたいなので、缶詰のフルーツポンチ)の他に、大きめの鶏の唐揚げが、三つ、、。 唐揚げはサラダも添えてあって、これで、550円というのは随分お得な感じです。

 実は最初、唐揚げは、来てなくて、食べ始めてから、揚げたてを持って来てくれたのですが、大きくて量があり、びっくりしました。

 焼きそばはあんかけ系ではなく、中国の人がよく、家庭で食べている様なタイプのナンチャ無い感じのモノでしたが、味はよかったです。 スープは、これもよく中国人経営の中華屋さんの定食に付いている、透明な汁に、卵とじで、野菜がはいっていて、少しとろみがあるタイプ。

 焼きそばと、ご飯と唐揚げを食べたら、結構お腹一杯になりましたが、どうやら、スープとご飯は、お替わりし放題だったようですが、私は相当お腹にたまりましたので、お替わりは要りませんでしたね、、。

 唐揚げも、大きさだけでなく、ジューシーでなかなかいけました。 すこし遠いけど、また行こうかな、、(^。^;) 。

 何が出てくるかチョットわからない、、というのは、それはそれで、面白い、感じがしますが、、。

 やっぱ、物好きッて言うんでしょうね、こういうの、 (´o`;、、なんだかな〜。 

25-3,,.jpg


 九州ローカルの、アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近食べた麺

2016年03月24日

Brahms Violin Sonata

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

24-1,,.jpg


 花冷えというか、まあ毎年こんな気候だったのでしょうか?、、うすら寒い春の日が、つづいています。

 そんな最近、毎日の様に聴いている音源があります。 まあ、相変わらずのヴァイオリン曲なのですが、、。

 先日ブログに書いた、シベリウスの協奏曲をYouTube で探しているとき、たまたま出て来た、私が前から持っている、Gidon Kremerと Valery Afanassiev の演奏するBrahms Violin Sonata の一番、、。 これをネット上で、久しぶりに聴いたわけですが、何だかいい感じというか、なんか、独特の演奏なんですね。

 二人とも、演奏者としては、一流で、テクニックは当たり前の様に凄腕なのですが、このBrahms に関しては、なんというか、派手さが無い手堅い演奏というか、独特の落ち着きがある演奏なんです。 曲自体が、ソナタと言っても。それほど派手さが無いというか、まあ、たとえば、コンチェルトみたいな、音階の上下とか、重音で、ガガン!とやるところがほとんど無いんですよね、、。

 Valery Afanassievといえば、グールドばりに、ゆっくりとしたテンポで、曲を演奏することでも、有名なひとですが、 Kremer はどちらかというと、有り余るテクニックを駆使して、標準よりは速いテンポで弾ききる、、と言った事が多い印象があります。 でも、ここでは Afanassiev に影響された、、ということは無いと思いますが、実に落ち着いた演奏。

 そして、さらに、二人の演奏する楽器の音が、なんともいえない音色なんですね、、。 Kremer のいつもながらの透明感と繊細さが、更に磨きがかかった感じであり、Afanassiev の音色も、大理石のような、硬質さがあり、かつ、まろやかさがある、独特の陰影があるような美しさで、この二人のお互いの尊敬の念や、Brahms の曲への愛情、共感みたいなものが、とても良い形で、音楽として昇華されている気がします。

24-2,,.jpg


 そういう、独特の静寂感みたいなものを感じる、Brahms Violin Sonata No 1~3 と同時期に録音されたBusoni の Violine Sonata も一緒に聴いているのですが、これも実にいい感じです。

 ちなみに、演奏も素晴らしいのですが、当然仕事柄、録音の状態にも当然気がゆきますが、個人的にはこれまたかなり好きな音です。 響き過ぎず、響かなさすぎない、、小さなホールか、スタジオで録って、あとから少しリヴァーブを足した様な感じの演奏。 最近のクラシックは小編成の、室内楽でも、響きの多い録音が多く、私の趣味では、もう少しリヴァーブが少なくてもいいんじゃない、、?と思う事もしばしばなのですが、この音源は、ちょうど良い響きが、素晴らしい楽器の音色をいい感じに彩っています。

 なんだか、この、少し乾いた感じの音色と、アンビエント、そして、冷静で、簡素な表現方法が、今のうすら寒い、春の気候、温度や、湿度とよく合っているきがして、ついつい何度も繰り返し聴いてしまっています。

 不思議なのですが、以前から持っていて、何度も聴いていたはずなのですが、今回聴いてみて、何故か随分印象が違うんです。 巧く言えないのですが、とにかく、前より好きな感じ、、。

 なんだか、ずっと聴いていたい感じがするんですね、、。

 不思議だな、、、。

 歳のせいか、、、?、、 (⌒0⌒ゞ。

24-3,,.jpg


 九州ローカルの、アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Gidon Kremer

2016年03月23日

寒さ

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

23-1,,..jpg


 なんか、また寒くなるらしいですね、、。 「寒の戻」りという言葉もありますが、桜が咲き始めてから、一旦また寒くなる、、といことはよくありますが、寒くなると、花が長持ちはしますよね、、。

 逆に、スゴく暖かくなって、なおかつ雨が降ったりすると、桜の花の花びらは、すぐに散ってしまいます。毎年書いていますが、桜の花自体はもちろん嫌いではありませんが、花見の大騒ぎは苦手です。

 気候と関係あるかどうかわからないのですが、なんだか、頭がボーッとしています。花粉症で、鼻が詰まっている、ということもあるでしょうが、なんだか、ボーッとしていると同時に、なんだか、フワフワする、、っていう感じは、読んでいる方達に伝わるかどうかわかりませんが、モヤモヤした感覚が頭を支配しています。

 これは何なんでしょうか?。 よく解らないのですが、快適でないということは確かですネ、、 (。-_-。)。

 あと、なんだか、お腹が空いているのか、一杯なのかもよく解らない感じで、何かを食べても、直ぐにお腹が空く様な、そうでもない様な、、、そんな変な感覚が続いています。

23-3,,.jpg


 話はかわりますが、窓の外の、枯れ枝にカマキリの卵をみつけました(下の写真)。 去年の夏から、何匹かのカマキリを見ていたので、どこかに卵があるのだろうな、、と思っていましたが、こんな近くにあったなんて。 

 それにしても、実物を見たのはホント久しぶりです。 そうですね、、、ウン十年振りというか、子供の頃以来ですから、ホント、この前にいつ見たかは、もう昔過ぎて、わかりません。

 これは、生まれたと言うか、カマキリの雌のからだから出た時は泡状で、すぐに固まってなんというか、木の皮みたいなフワフワの感じになるのですが、この中に、たくさんの卵が、繊維に守られて入っていて、孵化(ふか)すると、白い、数ミリの小さなカマキリの子供達が、この固まりの中から出てきます。

 子供の頃、多分幼稚園くらいのとき、部屋の水槽にカマキリの卵を取って来て入れておいて、生まれてくるのを見た記憶が、頭の角に少しだけのこっています。

 その瞬間を写真にとれれば、面白いのですが、いつ生まれてくるかは、よく解らないので、そのチャンスを狙えるかどうかは、わかりませんが、注意して、窓の外を時々見ておこうと思います。

 こういうカマキリの卵を見たりすると、春が来て、もうすぐ幼虫が生まれんだな〜と思いますが、まだまだ、最低気温は二ケタで、寒〜いですね。

23-2,,..jpg


 九州ローカルの、アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月22日

映画の映像と音について。

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

 
22-1,,.jpg


 なんだか、花冷えみたいな気候で、寒いのですが、私のほうは、一度おさまった花粉症が再発し、物凄い鼻水で、部屋はティッシュの山。 もう、くしゃみと、涙がとまりません、(´;ω;`) 。

 昨日は、かなり精巧なCGをつかった映画の話を書きましたが、技術が進んで、リアルなCGをつかった映像が、映画を見る人達の目を楽しませている、、ということなのだと思うのですが、そういう映像作品には、かならず、効果音とか、音楽がバックにながれていますよね、、、?。

 この間の映画だと、ハリウッド映画なので、なんというか、定番のオーケストラの雄大かつダイナミックなサウンドトラックと、劇的なSE (サウンドエフェクト)が映像と共に聞こえてくるわけですが、映像の方が、一昔前とは随分ちがうリアリティーと、迫力に満ちている割には、サウンドの方は、いままでとそれ程違わないというか、まあ、普通な感じ、、。 

 あそこまでスゴい映像になっているのだから、音楽の方ももう少し今までと違った、なにかインパクトみたいな物が欲しいきがするのですが、、、。 もしかして、CGに予算使い過ぎて、音楽に使うお金が無くなってしまったとか、、?、、かな。 たしかに、最近の映画は、昔の映画の様に、予算は贅沢につかえるわけではないのでしょうが、、、。

 でも、音楽でインパクトといっても、じゃあ、具体的にどんなものをつくれば良い効果がでるのか、、といわれると、まあ、私は作曲家ではないので、くわしくわないのですが、、。 でも、映画音楽の場合、もう定番のスタイルみたいなものがあって、それから、あんまり飛躍すると、映画ファンから、不評になってしまうのでしょうか、、?。

22-2,,.jpg


 インパクトといえば、安直に考えると、シンセサイザーとかを上手くつかうとか、、そういう風なことぐらいしか頭に浮かばない、イメージ貧困野郎な私ですが、、。 あと、所詮映画の場合、音楽とか、効果音も大切なのですが、やはり、映像のインパクトが一番で、音楽は二の次、、というところも、表現上はあるとも言えます。 
 つまり、映像も、音も、情報量がてんこ盛りになってしまうと、見る人は、あまりにも多くの情報を一度に目の前にぶちまけられても、全てを受け止められないというか、理解できない、、というところもあるので、多過ぎる情報量は、かえって、作品の理解を妨げる、、ということもあるにはあります。

 でも、音に関わるのものとしては、音響でも、あの素晴らしいCGに対向しうるような、世界を創り上げて欲しいきがするのですがね、、、。

 まあでも、映像のインパクトッて、簡単に音楽を越えてしまうところがあって、たとえば、ミュージックビデオとか、ライヴビデオとかを見ていて、なかなか良い作品だな、、と思って音だけ抜き出してみると、意外と音質が貧弱だったりするのですが、画面と一緒に見ていると、それがあんまり気にならない、というか、気がつかない、ということは良くあります。 画面が良く出来ていると、ついついそこに目が行って、音楽を聴いていないわけでは絶対にないのに、いつしか、画面に目を奪われ、音の事は半分位しか認識していない、、ということは良くあります。

 なんだかな、、、。 人間てそんなものなのかな、、?。

 ここのところ文章長過ぎなので、今日はこの辺にシマ〜ス。

22-3,,.jpg


 九州ローカルの、アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演しました。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜で終了していますが、オンエア後は、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月21日

連休

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

21-1,,.jpg


 今日は連休で、昨日から、街はかなり人が出ていましたね、、。

 天気はよいのですが、気温はまだまだ低くて、今日は15℃くらいまでしかあがりませんでしたし、昨日に引き続き風も強くて、体感温度はかなり低かったです。

 数日前に福岡の桜の開花宣言がありましたが、コチラにいる人間としては、えっ、何処で咲いているの、、?という感じだったのですが、今日家の周りを歩いてみたら、ちらほらと桜の花を見る事ができました。

 開花宣言というのは、一本の木にあるつぼみが、何個か開花していたら、「桜の花が咲いた、、」ということになるのだそうで、そんなに、満開ではなくても、開花した、ということになるのだそうです。

 というわけで、今日のブログの一枚目の写真は、本日撮影した桜の写真です。 雲のない、真っ青な空をバックに咲く花が美しいですね。 考えてみると、普通の花というものは、それ程高く無いところで咲いているわけではないので、桜の様に青いそらをバックに見る、という花は珍しいのかもしれません。 梅の花も木の枝につきますが、梅の木はそこまで高くは無いので、ほとんどの場合はそれ程は空バックという感じにはなりにくいですよね、、。

 ところで、話はかわりますが、今日天気がよかったので、ちょっと出かけて、その出先にあったテレビで、最近(多分ここ数年の)つくられたアメリカの映画をみました。 その映画は、未来ものというか、まあ、なんというか、ブレードランナーとガンダムが合わさった様な映画でしたが、ほとんどがコンピューターグラフィックスでつくられていました。 

 こういうSFものの映画というのは、スターウオーズとかもそうですが、そのCGの素晴らしさ、というか、技術の進歩のカタログみたいになっているわけですが、今日見たその映画のCGは本当にすごかったです。

21-2,,.jpg


 映画ですから、これは作り物だ、、という事をわかって見ているわけですが、それでも、そのリアリティーには圧倒されました。 大きめの画面を近くで見たせいもあるのだとは思いますが、迫力とか、色彩のビビッドさ、などが半端ない。 見たのはテレビで放送していたものを録画したものなので、デジタル放送でも、随分質が落ちている画像のはずですが、それでも、その迫力には目をみはるものがありました。

 あんまりリアリティーがあるので、何でも無い人物の普通の実写の場面でも、CGなんじゃないかな、コレ、、?、、なんて思ってしまうところもありました。

 映画は昔はたくさん見ましたが、最近というか、ここ25年は位は、それほど見なくて、特に最近の映画はほとんど見ていないので、余計にそういう風に見えたのかもしれませんが、映像に付ける音楽の仕事は随分やっていましたので、全くそういうハイテクを知らないわけではありません。

 本物を越えたCGというと変かも知れませんが、未来の映像、まだ実際には存在していない想像の世界を、映像化しているわけですが、なんというか、あんまり嘘くさくない、、。

 一昔前のこの手の映画というか、映像ッて、「これCGなんだよね、、?、スゴいねリアルだね、、」みたいな感じで、あらかじめCGでつくった「偽物感」を感じつつも、リアルさ、細かさなどを楽しむというか、技術の進歩を楽しむ為に映像を見る、、みたいなところがありましたが、現代のヴァーチャルリアリティーの映像は、もはや、そういうものではなく、なんか、奇妙な現実感というか、本当にこういうものが存在するんじゃないのかな、、?、と思う様なリアリティーと、迫力がある気がします。

 なので、あんあまりリアルな、気持ち悪い系の生き物とかの映像を見ると、思わず顔をしかめてしまっている自分が居て、そのことにビックリしました。

 でも、もしかしたら、ゲームや、その他のCGを見慣れている子供とかは、そんなの当たり前、、という感じで、それほどビックリしないのかもしれない、、という気がしないでもないのですが、、、。

 おじさんは、結構ビックリするんですけどね、、、(笑)。

 今日はめずらしく映像の話でした〜。

21-3,,.jpg


 九州ローカルの、アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演します。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜ですが、オンエア後は、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月20日

夜中のシベリウス 2

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

20-1,,.jpg


 どうやら、日、月と、連休らしいですね、、。いつもの事ですが、知りませんでした、^_^; 。 さて、今日のブログは、、。

  Lisa Batiashvili (リサ・バティアシビリ)とLeonidas Kavakos (レオニダス・カバコス)という、日本人にはホントに覚えにくい(笑)名前の二人の素晴らしいヴァイオリニストの演奏で、一昨日の真夜中に、聴いた、シベリウスのヴァイオリン協奏曲について昨日書きましたが、今日はその続きです。

 年齢差は10歳くらいの二人の演奏ですが、You Tube で見た音源は多分数年前の物で、最近の演奏です。 しかし、両方見て、そして聴いて思った事は、二人の体格が全然違う、、。

 Kavakos は画面で見る限り、190センチくらいはあって、それなりに長身ですが、Batiashvili はおそらく160センチくらいではないのかと思います。 からだが小さいので、ヴァイオリンがヴィオラくらいの大きさに見えました。 そして、彼女が全身を使って演奏しているかの様な、まるで、楽器と格闘しているような動きにたいして、Kavakos は、ほとんど指と、肘から先の腕しか動いておらず、最小限の動きで、演奏しています。

 やはり、からだが大きいと楽なのでしょうね、、。 なのですが、音楽に表情ががあるのは、 Lisa Batiashvili のほうで、Leonidas Kavakos の方が合理的にからだが動いている様にみえるのですが、音楽が大味な感じがします。惰性で弾いている、、とまでは言いませんが、なんだか冷静過ぎる感じ、、。

 これは別に、 Lisa Batiashvili のオーバーアクションを画面でみているので、そう感じるのではなく、音だけを聴いても明らかにそう感じます。個人的にはLeonidas Kavakosという演奏者は好きで、イザイの無伴奏や、今回聴いているシベリウスのCDのアルバム(現在演奏されている版と、それとは別の作曲当初の原点版の二曲が入っている BIS 盤)も持っていますが、一昨日みた演奏はいささか、冷静過ぎるのと、楽器の音が少し寂しい、、というか、乾いた感じがしたのに対して、 Lisa Batiashvili の演奏は、楽器の音も良く、表情豊かで、なかなか勢いがありました。

20-2,,.jpg


 シベリウスのコンチェルトの場合、ブラームスや、ベートーベンの様に複数のカデンッアがあるわけではないので、二人の演奏家が使った楽譜は全く同じ。 オーケストラや指揮者は違いますが、テンポなどもそれほど大きな差異はありません。 ちなみに、Kavakos はシベリウス ヴァイオリンコンクールでは一位、 Batiashvili は、まだ16歳のころだったそうですが、2位だったそうですが、今回聴いた音源を聴く限りは、Batiashvili の演奏のほうが、私には魅力的でした。

 まあ、コンクールの順位とかは、どうでも良いのですが、フィンランドという北欧の国の曲をグルジアとか、ギリシャとか、すこし遠い国の人間が演奏すると、表現としてはどんな感じになるのでしょうか。

 個人的には、フランス人が演奏したフランス音楽、、特にラベルや、ドビュッシーのピアノの曲は今ひとつ馴染めない、、というところがありますが、これって、感性としては、私は邪道なのかな、、、と思うことがあります。

 「荒涼とした大地、、、」とか言って、行った事はないのですが、そういう特殊な環境を知っている、ということは、やはり、演奏上大切な事なのでしょうか?。 Gidon Kremer が、シベリウスの協奏曲が好きなのだそうですが、彼の母親はフィンランド出身だそうで、そういう事と、彼の好みは関係あるのでしょうか?。

 まあ、それは本人に訊いてみないとわかりませんが、、。 そういえば、以前彼のアルバムのジャケットで、北極の海の写真が使われていて、それはKremer 自身が撮ったものでしたが、、、。やはり、そいういう寒いところが彼は好きなのかもしれませんね、、。

 そう言う意味では、日本生まれで、日本育ちの日本人が、ヨーロッパのクラシック音楽を演奏すること、というのは、色々大変なのかもしれません。

 まあ、聴く方は、「あ〜いい曲だな、、」と、感心していれば良い、、というところがあって、演奏家よりは楽なポジションですが、やはり、作曲家が暮らした環境とか、時代とか、そう言うモノを知っていれば、曲への理解は深まるのかもしれません。
 そう言えば、何かの本で、読んだのですが、シベリウスがヴァイオリン協奏曲を書いたとき、ヨアヒムに酷評され、また、ブラームスのヴァイオリン協奏曲のヨアヒムに依る初演を聴いて、自分のコンチェルトを書きなおした、という話があります。 でも、Leonidas Kavakos が録音した改定前のシベリウスのコンチェルトを聴いてみましたが、改定後は随分ちがう曲になっていましたが、最初の曲に、特に大きな問題があるとは思いませんでしたが、、。

 当時はいまの様なメディアはほとんど無かったと思いますが、いろいろ音楽家どうしの意見の交換というか、発言権の強い人との軋轢がいろいろあったみたいですね。

 実は、この文章を書きながら、さらに、Joshua Bell、Oleg Kagan  のシベリウスを、またまた聴いてしまったのですが、それについてはまた次の機会に、、。 

 また睡眠時間が随分削られてしまいました、、^_^; 。

20-3,,.jpg


 九州ローカルの、アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演します。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜ですが、オンエア後は、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2016年03月19日

夜中のシベリウス

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

19-1,,.jpg


 3月も今日で、19日半ばを過ぎましたが、イマイチ暖かく無い。 今日は昨日までの予報とはちがって、午前中は雨が、、そのあともあんまり気温は上がりませんでした。


 趣味であんまり音楽を聴かない私ですが、聴くとすればヤッパリ、ヴァイオリン音楽なわけですが、昨日は何故か、Joachim József(ヨーゼフ・ヨアヒム)のヴァイオリン協奏曲(ヴァイオリン協奏曲ニ短調ハンガリー風.)というのをYou Tube で探しているうちに、ハマってしまっていろいろと、、、。

 ヨアヒムという人は、ヴァイオリンの名手として、有名な1800年代に活躍した人で、Brhams の協奏曲を初演した人で、いろいろな協奏曲のカデンッアも作曲していて、現代のいろいろなヴァイオリニストが演奏していたりします。その人がどんな曲を書いているのかな、、と思って探していたら、音源が見つかりました。

 その曲は、勝手に想像していたよりも面白い曲でしたし、音源の質も悪く無かったので、それなりに楽しめました。でも、昨日はそれだけでは終わらず、その後は、日本人のヴァイオリニスト、樫本大進が演奏する、Prokofiev をちょっと聴いて、その後、グルジア出身女性ヴァイオリニスト、Lisa Batiashvili (1979年生まれの37歳 ) の演奏するシベリウスのコンチェルトを、まるまる一曲聴いてしまいました。

 ヴァイオリン協奏曲というと、ブラームスや、ベートーベンの話がよく、このブログで出てきますが、実は、私が一番好きなのは、今日聴いた、フィンランドの作曲家、シベリウスのものなんです。

 ヴァイオリンの協奏曲というと、どうしても、オケが大人しいというか、悪く言えば、チョット貧弱な曲が多く、その点ブラームスは、なかなか立派なオーケステレーションなのですが、それと並んで、良く出来た曲だな〜と思うのが、シベリウスのヴァイオリンコンチェルトで、とても好きな曲です。シンフォニックでありながら、叙情的なヴァオリンパートの音形はとても私にとって、魅力的です。

19-2,,.jpg


 そして、それを演奏していた Lisa Batiashvili は、私が先日ブログに書いた Janine Jansenとならんで、私が注目している演奏家なのですが、昨日は調子にのって、もう一人、1967年、ギリシャ生まれの 48歳の演奏家、Leonidas Kavakos (Λεωνίδας Καβάκος ギリシャ語だとこうなるのだそうです、全く読めませんが、)の演奏も聴いてしまいました。

 Kavakos氏もBatiashvili氏もシベリウスヴァイオリンコンクールに入賞していて、シベリウスのコンチェルトは得意曲らしく、そういった事もあって、You Tube に演奏があがっていたのかもしれません。
 ちなみに、Batiashvili氏の演奏は、Orchestra Sinfonica Accademia Nazionale di Santa Cecilia Antonio Pappano, conductor で、Kavakos氏は、Mariinsky Theatre Orchestra Valery Gergiev, conductor という組み合わせで、どちらも、なかなか興味深い演奏でした。

 40分弱の曲を2回も聴くと、一時間半近くになりますので、当然夜は遅くなってしまいました。プロフィールを見ると、二人とも、ストラディヴァリウスを使っている、と書いてありましたが、Batiashvili氏は日本のある財団から貸与されていたらしいのですが、現在はあるコレクターの人からガルネリを借りていると書いてあるのに対して、、Kavakos氏は最初 、1692年製ストラディヴァリウス"ファルマス"とJ・B・ガダニーニを所有していたが売却して1724年製ストラディヴァリウス"Avergavenny"と三台のモダンヴァイオリを所有しているとのこと、、。 Kavakos氏はどうやらお金持ちらしいですね、、。

 ただ、今回見た映像でどのバイオリンをつかっているのか、、というところはハッキリわかりませんが、Batiashvili氏の映像では、間違いなくイタリアのビンテージを弾いていると思われますが、Kavakos氏が弾いているのは、多分モダンバイオリンだと思います。 

 それにしても、こういう楽器の話になると、必ずヴァイオリンの名器の名前が出てきますが、なぜか、弓の作者の名前は、滅多にでてきません。 楽器が高くなれば成る程、演奏する弓が重要になってくると思うのですが、一般の人は、私の様なバイオリンを演奏しないのにマニアックな視点をもっている、というわけではないので、そういう事に興味はあまり無いので、資料には記載されていないのかもしれません。

 こういうお宅な話を書くと、文章が長くなりますね、、。つづきは明日にします。

19-3,,.jpg


 九州ローカルの、アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演します。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜ですが、オンエア後は、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2016年03月18日

アルバム「In a Spring Time」

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

18-1-1,,.jpg


 今日は、かなり久しぶりに一日中気温は二ケタで、日が暮れてからも、夜の9時過ぎでも、17℃近くあります。

 雨が降っていましたが、夕方ちょっと出かけましたが、コートを着ていたら、さすがにちょっと暑かったですね、、。やっと春らしくなってきましたが、、、。 

 明日は晴れるみたいですが、気温は同じ感じらしいですが、来週はまた最低気温が一ケタになってしまうらしく、、やっぱり、なかなか暖かくはなりませんね、、。

 今日はブログを書きながら、一昨年に当CMSレコードからリリースされた、アルトサックスの伊澤隆嗣のリーダー作、「In a Spring Time」を聴いています。「In a Spring Time」というタイトルですが、このアルバムたしか、夏に出た、、と思うのですが、この「In a Spring Time」というのは、必ずしも「春の日」という意味ではありません。

 「Spring Time」というのは、青春とか、若々しい頃とか、、まあそう言った意味で使っています。 ちなみに、「Spring」だけだと、「春」という意味だけでなく、何かがわき起こる、という意味とか、あと、飛び立つとか、わき水とか、そういう意味があります。

 なので、「何かが生み出される 、瞬間」みたいな意味で「In a Spring Time」というタイトルを付けました。

18-2,,.jpg


 久しぶりに聴いて思った事は、上に書いた様な、「何かが生み出される 、瞬間」、、みたいなパワー感が溢れている作品だな、、ということです。 もう一昨年にでたアルバムですが、去年は作品を出せなかったので、いまのところ、CMSレコードの最新作という事になっていますが、そろそろ出したいですね、、『新作」。

 それはさておき、、。 この「In a Spring Time」というアルバム、なかなかバランスがとれた、良い作品です。何のバランスかというと、もちろんリーダーは、as ss の伊澤さんなのですが、他のメンバーの演奏の雰囲気というか、作品全体への各演奏者の貢献度というか、それぞれが、とても力演しつつ、ちょうど良い協調性をもって、音楽に臨んでいる姿が、とてもいい感じです。

 いい意味で、変な緊張感がない、というか、生き生きとしてる、、。 でも、私がみたところ、録音現場はそれなりに普通に張りつめた空気はありましたがね、、、。 でも、音楽は硬直していないというか、いい意味でライヴっぽい、、。 

 まあ、私のミキシングがいいのかもしれませんけどね、、(笑)。 自画自賛ですが、、なんだかな〜。 タイトルと関係なく、暖かくなってきた、いまの雰囲気に合っているというか、なんというか、なかなかイイアルバムですので、まだ聴いていらっしゃらない方は、是非聴いて欲しいな、、、と思いましたとさ、、。

 って、こういう文章の終わりかな、何日か前にもあったな、、(´Д` ) 。

18-3,,.jpg


CMS-1010  In a Spring Time  伊澤隆嗣.jpg

「In a Spring Time」のジャケットです。

 九州ローカルの、アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演します。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜ですが、オンエア後は、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月17日

写真の話、、かな。

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

17-1,,.jpg


 今日は20℃くらいまで上がって、日が落ちても、15℃くらいで、まあまあ暖かい一日でした。一日中わりとボーッとしてました。

 なんだか、やる気が出ない今日は、、、、(´o`;。 なので、天気がヨカッタので、自転車でうろうろ、、でも気分はずっとダルいまんまでしたね、、。

 ところで、ここのところブログで使っている写真は、ほとんどが影の写真。 影を撮った写真は、しらべてみたら、1000枚くらいあって、最近面白い写真や、綺麗な写真が撮れていないので、ついつい使ってしまいます。でも、去年の秋から今年にかけては、晴天の日が少なくて、あんまり影の写真をとれていません。

 1000枚あれば、かなり使ってもまだまだ在庫(?)はありますが、そうそう影ばかりでもネ、、、。べつにいいんですけど、、。次のアルバムのジャケは影の写真かな、、、?でも、以前ピアノトリオのアルバム、「Songs and Etudes」で影は一度つかっているので、、、。

 まあ、別にまた使ってもいいのでしょうが、今度はもうすこし派手というわけではないのですが、少し目を惹く感じのジャケットがいいかな、、、と思っています。

17-2,,.jpg


 でも、目を惹くって、どんな感じなんだろう、、、?。水着の女の子とか、、?、、まさかね、、。そういうわけにもいかないし、、。 派手な色かな、、、?。 目を惹くとか、印象に残るデザインって、意外と難しいですよね、、。 いままで割と地味な感じが多くて、あれはあれでいい気がしますが、すこし路線変更したい、、気がしたりしています、、私は。 主宰はどう思うのかわかりませんが、ナンかテレビとか、出たらしいので、いままでと、心境の変化でもあったのかもしれませんが、、、。

 いままでは、よく言えば、芸術的というか、少しシャレているというか、ハイカラな感じでしたが、もう少し親しみ易いというか、わかり易いと言うか、、そういう感じというのも悪くは無いな、、、と思っていますが、じゃあ、そう言う感じって、具体的にはどういう感じなのか、、、となると、よく解りません、(´-ω-`) 。

 これは、ホントかなり考えたんですが、具体的には頭に浮かばない、、というか、まあ、いろいろな方向性があるのかもしれませんが、どんな感じか、というと、、、、。 いままでは写真が多かったから、なにか、イラストとか、絵とかなら、雰囲気がかわるのかな、、。

 でも、簡単に、絵とか、イラストと言っても、じゃあ、誰が書くのかな、、と考えると、これまた色々悩みます。

 完全に行き詰まりましたかね、、?。 そのうちまた考えます。

17-3,,.jpg


 九州ローカルの、アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作 ) にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演します。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜ですが、オンエア後は、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月16日

またソバのはなし?。

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

16-1,,.jpg


 今日は先日このブログに書いた、Janine Jansenの弾くBritten のバイオリン協奏曲を聴きながらこの文章を書いています。

 とくに理由はないのですが、、、このアルバムで初めて聞く曲ですが、だんだん慣れて来た、、というか、理解してきました。

 それはともかく、今日も、昨日と似た様な天気、、。 もう3月も半ばを過ぎましたが、やはり、日が暮れるとあんまり暖かく無い、、。でも、今日の夜は、昨日よりはすこし暖かいかな、、。 

 だんだん日が長くなってきて、夕方は随分明るくなってきました。

 ここ数日沖縄ソバの話がつづきましたが、あの食べ物は、随分昔に東京で食べたっきり、最近までほとんど食べていませんでした。 麺は大好きで、沖縄ソバを食べましたが、特に沖縄に興味があったわけではなく、あくまでも麺への興味でした。

 でも所詮本場で食べたわけではないので、なんというか、いまから考えればまがい物、、といっても、ある程度ちゃんとつくってはあった様なきがしますが、、。 やはり、何かがちがう。 なんて事をのんびりと、かいていたら、40分弱のBritten の協奏曲は終わってしまいましたので、今度は久しぶりに聴く、Kremer の 演奏する、Victor Kissine の Piano Trio。 ジャズで、Piano Trio というと、ふつうは、べースとドラムですが、クラシックだと、ヴァイオリンとチェロが一般的。

 あっ、そんでもって、沖縄ソバの話ですが、、って、なんだかせわしないですけど。 多分あの時新宿で食べた沖縄ソバッて、多分麺は沖縄から取り寄せていた気がするんです、でもなんだか、不思議な感じがしたのは、もしかしたら、作っている人が沖縄ソバをあんまり知らなかったのかもしれません。

16-2,,.jpg


 ラーメンとか、ああいう単純なものって、簡単な様で、意外と繊細ですから、本当の沖縄ソバを食べた事が無い人が、「こうやッてこうやれば、できる、、」みたいなことを習ってつくっても、なかなか雰囲気が出ないのかもしれません。

 麺ていうのは、その地域の特徴があって、九州では、材料をとりよせても、製麺工場では、なかなか太い麺とか、つけ麺用の麺は上手くつくれないのだそうです。完全手造りでもなんでもなく、材料を混ぜて、機械に入れて、こねて、機械の刃で切る、、という作業のはずなのですが、細かい手順とか、寝かせ方とか、そういうのが、それを操作する職人の感覚的な違いがあり、上手くいかないのかもしれませんね、、。

 なので、つけ麺屋さんとかでは、関東からわざわざ麺を取り寄せているところも多いですし、九州の製麺所に頼んでも、上手く出来なかったり、つくるのを断られたりするみたいです。 不思議です。

 だから、多分、関東の製麺所で、沖縄で使っている小麦とか、カンスイとかを手に入れても、なかなか思う様にゆかないのかもしれませんし、たとえ、麺を取り寄せても、スープ(出しとか、割り下)とか、そいういうものの、雰囲気は、なかなか出ないのかもしれません。

 本物の沖縄ソバを初めて現地で食べたときの感想は、いままでに食べたものとかなり似ているけど、何かがちがっていて、味は、いままで食べた物より、美味しい、という感想をもちました。

 先ほど書いた、Victor Kissine の Piano Trioは、近代の作品で、まあ、言ってみれば、現代音楽調の作品なのですが、そういう音楽を聴きながら書く、沖縄ソバの話ッて、なんだか、シュールな感じがします、、。

  Kissine のあとは、Tchikovsky の曲が入っていますが、今日のブログはそろそろ終わりかな、、。

 結局、薬局、今日も、ソバのはなしになってしまいましたとさ、、。


16-3,,.jpg


51EE8b3T7CL._SY355_.jpg


 九州ローカルの、アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 テレビ西日本制作)にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演します。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜ですが、オンエア後は、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月15日

さむいので、、?。

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

15-1,,.jpg


 今日は一日良い天気、、、。

 湿度が低くて晴れた日は、日没後は放射冷却で、冷えますよね、、、。いつも書いている事ですが、春だと思っているところ、一ケタの気温になると、さむ〜い、、という風になってしまいますが、別に、2℃とか3℃ではないわけですが、これが「春だ」という認識があると、寒く感じるわけです。

 でも、花の香りとか、木々の香りは漂っていて、まちがいなく「春」の感じがあるんですけどね、、。この寒い気候の中でも、桜のつぼみは少しづつふくらんでいて、開花の準備をしているのだとは思いますが、、。

 予報を見てみると、明日も晴れみたいで、最高気温は17℃となっていましたが、最低は5℃、、。 結構冷えますね、、。今日は最低気温は8℃だったので、それより寒くなるわけですね、、気温差はナンと12℃。

 木曜は19℃まで上がる予報ですが、さいてい気温は6℃で、これもかなりの温度差です。 まだまだ冬服をしまえない状況ですが、、、。

 昨日は沖縄ソバの話をかきましたが、沖縄の気温を見てみると、、夜でも17℃以上あります。 イイナ、、 (´Д` ) 。

 
15-2,,.jpg


 そう言えば、きのう書いた、返還後に、そば粉が入っていないのに「そば」と言ってはいけないと、日本国から、クレームがきたときに、何ヶ月も掛け合って、やっと許可が出て、いままで通り、「沖縄ソバ」と言って良いことになった日(10月17日)を、沖縄生麺協同組合は「沖縄そばの日」として定めているそうです。

 手軽に食べられる、大衆食、沖縄ソバといえども、なかなか波瀾万丈の歴史があるのですね。それにしても、昨日も書きましたが、そば粉が入っていないから、ソバと呼ぶな、、という、上から目線の当時の役所にはあきれますし、本土でも、中華そばとか、支那そばということばは普通にあって、使っていたはずですが、何故沖縄だけダメ!、、なんていう事になったのでしょうか?。 不思議です。

 もし当時の沖縄の人達が、中央政府の押し付けに屈服してしまったら、「沖縄ソバ」の名称はどうなっていたのでしょうか?。「沖縄麺」?「沖縄うどん」? 「沖縄(風)中華そば」なら、良かったのでしょうか?。

 でも、ほんと沖縄の人ッて、お酒を呑んだあと、「帰る前にソバを食べてゆこうか?」といって、こっちのラーメンみたいにみんな、普通にソバといっていて、ソバと言えば、沖縄ソバって決まっています。 食堂のメニューにも、普通に「ソバ」って書いてありますしね、、。 沖縄ソバの麺を使った焼きそばもあるみたいですね、、、まだ食べてはいませんが、、。

 今日も結局沖縄ソバの話になってしまいましたが、、、、。 寒いからかな、、暖かいところの麺の話になるのは、、、?。

15-3,,.jpg


 九州ローカルの、アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 )にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演します。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜ですが、オンエア後は、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月14日

しかし寒いですね、、沖縄ソバの話でも、、。

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

14-3,,.jpg


 しかし、昨日も書きましたが、「寒い!」ですね、、?。 今日は最高でも12℃くらいでしたが、日が落ちると10℃を下回って、8℃代に、、、。 

 なんだか、いつまでも、セーターや、コートを手放せません。一度(いや、ニ度か、、)20℃くらいになっているので、余計に寒く感じます。

 昨日は、「最近食べた麺」ということで、書きましたが、寒いので、今日も、暖かいところの「麺」、沖縄ソバの話でも書いてみようかな、、と思っています。

 「沖縄ソバ」、、と私たちはソバと言う言葉に、わざわざ「沖縄」という言葉をつけていますが、沖縄では、ソバといえば、中華そばでも、日本蕎麦でもなく、沖縄ソバのことを指します。

 なので、お店に行って、普通に「ソバ下さい!」と言ったら、下の写真みたいなものが普通に出てきます。 肉がすこし多い気がしますが、これ別に、チャーシューメンとか、角煮入り、とかじゃなくて、デフォルトで、大体この位の肉が入っていて、お店によってはもっと大きいところもあります。こっれって、その分おなか一杯になりますよね、、。

 私が、初めて、東京の新宿で、「沖縄ソバ」というモノを食べた時には、結構な値段でしたが、肉はちょっとで、多めに食べたい人はオプションで、注文しなければなりませんでした。

14-4,,.jpg


 この「沖縄ソバ」、調べてみたら、14〜5世紀頃から宮廷で食べられていたみたいで、中国から伝わったといわれているようですが、これは、日本の「中華そば」よりはるかに古いというか、歴史がある食べ物なんですね、、。 当時は小麦が貴重な産物だったので、一般の人は食べられなかったみたいですが、戦後輸入小麦が入って来ると、急速に普及したらしいです。

 俗にいうソーキソバ、豚の三枚肉をのせたものは、戦後に登場して、これが、沖縄のソバの定番になったので、多くのお店で、わざわざソーキ入り、と言わないで、ただ「ソバ」と注文すれば、上の写真のようなものが出てきます。
 骨付きのものや、軟骨入り、トン足(てびち)入りのソバも注文すればあるお店がありますが、どれも、出てくると、お肉は大盛り状態で、かなりのボリュームがあります。

 これって、最初は、「ここは肉大きめだな、、」と思っていましたが、どこでも大体こんな感じです。 わざわざ肉をはずしているソバがあるお店もたまにありますが、それは、かなり安いです。 ちなみに上の写真のソバは、390円。そのかわり、安いので、かまぼことか、紅しょうがはありませんが、紅しょうがは、あんまりみないですね、、、。 もしかしたら、地方により違うのかもしれません。 それから、コーレーグースーといって、瓶入りの唐辛子を泡盛につけ込んだものを、薬味として、入れることがありますが、これも、お店によっては無いところもありますね、、。

 今は普通に「ソバ」と読んでいる沖縄ソバですが、本土復帰後の1976年に日本の中央から、日本蕎麦の様に、そば粉をつかっていないのに、「ソバ」という言葉をつかうな、、、というクレームが公正取引委員会からきて、沖縄の協会の人が東京へおもむき、何ヶ月も折衝をした、、という記録があるそうで、なんとも、中央集権的な嫌がらせを平気で、日本政府はしていたのだなと、思いました。

 沖縄は暖かいところですが、私の知る限り、「冷やし沖縄ソバ」みたいなものって見た事ありませんが、、。

 どこかにあるのかな、、?。

14-2,,.jpg


 九州ローカルの、アーティストの活動を紹介する テレビ番組「美の鼓動」( 九州産業大学提供 )にCMSレコード主宰 ピアニスト細川正彦が出演します。放送は九州のみで3月20日(日曜)午前11時45〜ですが、オンエア後は、放送局(フジテレビ系 TNC テレビ西日本)のホームページ(http://www.tnc.co.jp/kodou/ )で見る事ができます。

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月13日

最近食べた麺 53「バカニラオロチョンラーメン」

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

 
13-3,,.jpg


 何だか寒い、、、デスネ。 一度暖かくなって、もう3月だから、、と思っていたら、また冬に逆戻りしたような、、、。 まあ、我慢しましょう、、^_^; 。

 今日は、3月6日以来の「最近食べた麺」なのですが、前回の麺が「パリパリ長崎チャーメン」で、今回が、「バカニラオロチョンラーメン」という、、なんだか、変な名前の麺をわざわざ探して食べているようですが、別にそうではありません。

 この「バカニラオロチョンラーメン」というのは、基本的に北海道のラーメンをべースにしていて、それの塩味に唐辛子系の辛みをつけ、ニラを刻んだモノをたっぷりのせてありました。

 九州では北海道系のラーメンはなかなか食べられませんが、実はこれを食べたのは、沖縄でなんです。 このお店、本店は札幌にあって、支店は沖縄県内に5つ、、という、変わったお店です。

 でも調べてみると、創業者は沖縄出身の人で、札幌で、最初にお店を開いていてますが、いまではいろいろな所でお店をやっているようです。

 濃厚な出しを使った味噌や醤油ラーメンも出していて、最初それを食べましたが、九州ではなかなか出会えない味で、好きな味でした。

13-2,,.jpg


 ココの麺は少し茶色身がかった、太めのちじれ麺で、モロに札幌系ですが、お店のホームページを見てみると、わざわざ北海道から麺を送っているそうで、沖縄のラーメン屋さんで、北海道の麺をたべる、、というのは、なんだかちょっと贅沢な感じがしますね、、。

 九州でもなかなか出会えない北海道系のラーメンを、まさか沖縄で食べられるとは、思ってもみませんでしたが、なかなか味がしっかりしていて、食べごたえがありました。

 でも、塩辛いとか、味がこ過ぎるとか、そういう事はなく、インパクトがありながらも、後味も良くて、美味しかったです。 こういうラーメンが沖縄で成り立つなら、九州でもやって欲しい気がしますが、きっと九州では難しいのでしょうね、、。

 九州福岡にはココ十五年くらいに何軒かの、老舗北海道系ラーメンがオープンしましたが、みんな撤退してしまいました。
 この、「バカニラオロチョンラーメン」は以前は季節限定で、冬だけのものだったらしいですが、最近レギュラーメニューになったそうです。

 辛いけど、また食べたい、、なあ、、、(´o`;。

13-1,,.jpg


  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近食べた麺

2016年03月12日

演奏以外ですること 2 。

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

12-1,,.jpg


 最近無くなった、指揮者、Nikolaus Harnoncourtの話につづいて、昨日の続きですが、今日は George Martin について。

 George Martin という名前を見ても、聞いたことある気がするけど、誰だっけ、、?という方でも、ビートルズのプロデューサー、、と書けば、あっそうだった、、と思い出す方も多いのかもしれません。

 最近90歳で無くなったこの人は、俗にビートルズの5人目のメンバー、、と称される事もありますが、もちろん彼はプロデューサーですから、直接演奏に関わったことは無いのだとは思いますが、ビートルズの作品にとって、彼の存在は、必要不可欠であったということは間違いありません。

 ビートルズのメンバーにとって、George Martin の存在は、彼らが、デビューする前からの付き合いでありますが、音楽界というか、ショービジネスの世界では、彼が現代のプロデューサーという仕事の基礎を確立した、、というところが最大の功績になるではないでしょうか、、?。

 楽曲のアレンジをするという様な作業だけでなく、グループの方向性、作品のカラーを決定する、という様な、音楽の内容を根本的に左右するというのが、プロデューサーの仕事の内容ですが、実際のところ、それをしっかり実行する事ができ、さらに、経済的な成功も実現するという事は、並大抵のことではありません。

12-2,,.jpg


 音楽を専門的に学び、オーボエや、ピアノもプロの音楽家として演奏していた経験があるGeorge Martinですが、それだけではなく、録音技術、ミキシングなど、スタジオテクニックや、機材の使い方についても、かなり造詣が深かったというところが、彼を一流のプロデューサーにしている大切なポイントです。

 ビートルズの活動し始めた頃は、まだまだ録音技術は現代に比べて、発展途上であるばかりでなく、それに使う機材もまだまだ、貧弱なものでした。

 そういう環境の中で、その場にあるものを最大限に使うばかりでなく、機材を製造しているメーカーに直接注文を出し、ビートルズの音楽、制作する作品に必要な機器を手に入れる、というような、極めてアクティヴな、素晴らしい手腕を発揮しつつ、音楽の内容と、それにふさわしい音質というものを把握し、さらに新しい音楽の在り方を実現する為に機材の使い方=作品の仕上げ方を模索し、ビートルズを成功に導いた手腕は、とても素晴らしいものです。

 名前だけのプロデューサー、つまり少し音楽的な知識があるだけだったり、レコード会社の重役に顔が利く、、という理由だけで、プロデューサー業を行っている様な人が多い中、編曲や、エンジニアリング、作品コンセプトをリンクさせて、素晴らしい作品を創り上げることができた、最初の人材であったのかもしれません。

 昨日書いた、Nikolaus Harnoncourt と George Martin は音楽を直接楽器を演奏するのではないにも関わらず、それ以外の様々な方法で、自分の考える世界を、類稀な才能と忍耐をもって、具現化した希有な人材であった、という事を、彼らの人生の終焉に際して、賞賛するだけでなく、これからの音楽を考える為に忘れずに頭のなかに強く刻み込んでおこうと、私は思っています。

12-3,,.jpg


  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2016年03月11日

演奏以外ですること 1 。

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

11-3,,.jpg


 なんだか、ここのところ、また冬が来たみたいな感じで、寒いですね。まあ、本格的に暖かくなるのは、桜が咲いてしばらくしてからなので、まだまだ寒いのはしょうがないのかもしれませんが、、。
 
 数日前に、もたらされた訃報、、。 Nikolaus Harnoncourt と George Martin の二人については、知っている人は知っているけど、仕事の内容と、その功績程は、知名度が高く無いという人だっ気がしています。

 それは、二人とも、音楽家でありながら、楽器を演奏することによってではなく、自分の表現したい音を創り上げていたという共通点があります。

  Harnoncourt は もともとはチェロ奏者、そして George Martin はオーボエ奏者だったそうですが、彼らの代表作には、彼らの演奏する楽器の音は全く入っていません。 この二人について、ご存知の方は、このブログを読んでいる方達の中にどれほどいらっしゃるのかは、わかりませんが、恐らくは、初めて見る名前だ、、という方が少なからずいるかもしれません。

 もしかしたら、どちらかについて、名前は知っている、、程度の知識という方が一番多いのではないのか、、と私は想像しています。

11-2,,.jpg


 音楽に詳しく無い人なら、演奏をしないで音楽をつくる、、、ということに、「それって一体どういう風にするの、、?」、と疑問に思われる方が多いのかもしれません。

 まず、Nikolaus Harnoncourt について、、。 彼は、楽器は直接弾かなくても、指揮はしていましたね、、。 ただ、指揮者として活動するだけではなく、現代のクラシック音楽の在り方、というものを深く考えながら、独自の活動を行っていました。

 クラシック音楽は、名前の通り、古典音楽、つまり、数百年前につくられた音楽を演奏していますが、それらを演奏する楽器は、普通は現代の物がほとんどですし、以前書いた様に、ヴァイオリンの様に昔の楽器を使っていたとしても、弦などは、諸々の都合で、当時とは材質が違うのもが使われています。

 そういった、楽器の選択や、演奏方法などについて、考え直し、曲が作られた時代の習慣に則って音楽を演奏し、その曲本来の魅力を現代の聴衆に伝える、、という方法を選んで、Nikolaus Harnoncourt 氏は音楽活動を行っていました。 

 一般の人達(聴衆も演奏家も)が知らない方法で、Gidon Kremer をソリストに迎えて演奏された、Mozalt のヴァイオリンコンチェルトは、私にMozalt の本当の魅力を教えてくれました。

 いろいろな文献や、作曲家が生活していた国や、社会についてほとんど知らない私たち日本人にとって、諸々の事情で、、というか、演奏家や、音楽界の都合や、慣習によって、長い間に変形されてきたクラシック音楽は、それはそれで、現代のある意味正しい姿ではあるのでしょうが、本来の姿、本来の魅力を現代の人達に伝えよう、、というNikolaus Harnoncourt 氏の音楽の表現方法は、取り組もうと思う事と、実際に実行しようとする事の間には、容易に実現することが不可能な、大変大きな壁があるはずで、それを具体的な形で、具現化したということは、かなりの偉業なのだと思います。

 その偉業は、彼を、一介のチェロ奏者から、古楽の指揮者としてのみならず、世界的なクラシック音楽の指揮者=音楽監督としての地位にまで高め、2016年3月5日に86歳で、この世を去るまでの、天命を全うさせたのだと思います。

 George Martin については明日に、、。

11-1,,.jpg


  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2016年03月10日

いろいろな聴き方

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

10-1,,.jpg



 昨日から、例の何ヶ月か前に購入したデジタルオーディオプレーヤーのランダムモードというか、何と言うか、機械が勝手に選曲して音楽をかける機能で音楽を聴いています。

 厳密に言うと、実はあんまり使い方がよく解っていないので、適当に再生にしていたら、次々いろいろな曲が流れるので、聴いているだけなのですが、、。 この手の機械とか、ソフトッて、そういう機能が必ず付いていますが、それを使ったことは、いままでは無くて、たまたまそうなってしまったのですが、これなかなか面白いな、と思っています。

 よく、お店とか、そういうところで、そう言う機能を使って音楽を流していますが、あれはあくまでもBGMなので、誰も真剣には聴いていないわけですが、一人でヘッドフォンをして、しかも、プレーヤーの中には自分が選んだ50枚位のアルバムが入っていて、その中から曲が選ばれる、という状況なのですが、アルバム単位では再生されなくて、ランダムにいろいろなアルバムからバラバラに選ばれて再生されます。

 これを体験して思ったことは、不意打ちをうけるというか、全く予想していない曲が流れると、なんだか、全然印象が違うんです、音楽の、、。 その中には自分が関わった作品も入っていたりするわけですが、一瞬、これまでに絶対に聴いた事ある曲なのに、何のアルバムの、どんな曲か、気付かないことがあるんです。

10-2,,.jpg


 なので、とても新鮮に音楽が聴ける。 これが、今日はあのアルバムを聴こう、、ということで、自分で選んで再生すると、自分で選んだにもかかわらず、何曲かで、飽きてしまったり、意外と楽しめないことが多いのですが、バラバラに知っている曲が流れると、意外と楽しめます。 

 でも、クラシックの組曲とかの場合、他の曲も聴きたくなったりというか、チャンと全曲聴きたいと、思わなくも無いのですが、それよりも、今の段階では、「次はどんな曲がくるかな、、」という感じの楽しみ方になっています。

 ジャンルとか、楽器とか、全く関係なく次々曲が流れる、、でも大きく捕らえると、自分の選んだ曲達なのですが、なんか不思議な感覚です。 こんなに、新鮮に音楽が聞こえるのって、今まで体験していなかったな、、、と思っているわけですが、多分皆さんこういう風な音楽の聴き方をしているのかもしれませんね、、。

 やはり、楽しみで音楽を聴く事があんまり私の場合は無いので、今までこういう経験をしていなかったのでしょう。 本来の音楽の聴き方からすれば、邪道なのかもしれませんが、なかなか楽しい遊びであることは間違いない、、と思います。

10-3,,.jpg


  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月09日

未来

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

9-1,,.jpg


 一昨日から書いている、コンピューターとか人工知能の話。 最初の方にチェスの世界チャンピオンがコンピューターと対戦して、最近ついに負けてしまった、、という話から書き始めたと思うのですが、世界チャンピオンといえば、要するに、世界で一番チェスが上手い人なのだと思うのですが、その人と対戦して勝ってしまうということは、もうほとんどの人はどうやっても、チェスに関してはコンピューターには勝てないという事が明白になった、ということだ思います。

 将棋なんかでもそうなんですが、相手の「手を読む」、、、つまり、次はどういう風に駒を進めるのか、コチラがこういう風に進めたら、あちらはこうなるだろう、、、ということを、何十手も先読みしながら対戦するのだそうですが、恐らくそういう事ッて、コンピューターはとても得意なんだと思います。

 まあ、簡単に言えば、人間の思いつく事は負けない位同じことを先読みして考えている、、という状況で、これは普通のチャンピオンじゃない、チェスプレーヤーが相手なら、直ぐに簡単に勝ってしまうんだと思います。

 でもこういう平和的な使い方というか、罪の無い人工知能の利用法なら良いのですが、こういう優れた頭脳を悪い事に使うことになったら、その頭脳の優秀さが高ければ高い程、極悪な使い道が出てくるのではないのかな、、と思うわけです。

 人間の世界では、悪いヤツがいたら、捕まえるとか、牢屋に入れて、社会と隔絶させれば、効力は無くなってしまうわけですが、これが、電子頭脳の世界では一体どうなるのでしょうか?。

 今のうちはそういう、悪い事をするプログラムが存在していても、それを何らかの方法で、削除することができれば、事は済むはずなのですが、これから、あらゆる分野で、電子頭脳が駆使され、インターネットみたいな、オンラインでつながっている状態でそう言うプログラムが悪用されたり、もしくはもっと未来の事だと思いますが、勝手に電子頭脳が、暴走したりする、、ということになったら、一体どうなるのだろう、、?、という事を、それこそ、まるでSF 小説の様に考えるわけですが、もうこれは近い将来、現実の事として起こる、、、ということが、空想上の事とは言い切れない状況になる時代が来る事は、容易に想像できるところまで来ている、気がします。

9-2,,.jpg


 チェスの名人に勝てる様な優秀な頭脳を使って、本気で悪さをしたら、、、更に進歩した人工知能が、人格の様なモノまでもって、ある種の意志をもって行動する、、。 これは恐ろしい事だと思います。

 道具というモノは何でも使い様で、車の様に便利な乗り物も、操作を間違えば、走る凶器になるということは、誰でも知っている事ですが、社会生活を司る様な、素晴らしいプログラムが誤動作したり、それを悪用したり、知能を持った人間の様な動きをした時には、もともとそれを開発した人間でも、手に負えなくなる、、。

 つまり、文字どおり、飼い犬に手を噛まれるような事になる時代がやってくる可能性はおおいにあると思います。 

 この先技術が進んで、プログラムだけでなく、そういう電子頭脳を積み込んだロボットの様なものも登場して、人間のかわりにいろいろな仕事をする様にもなると思うのですが、そういうことが、夢物語であるという次元はもうとっくに越えていて、いろいろな事が、現実として起こりうる、時代になって来た気がします。

 ぶつからない車、周りの状況をセンサーで検知して、衝突を避ける仕組みのある車が登場していますが、ああいう機能は、一昔前までは、危険を伴う物だったと思うのですが、現代では多分、人間がそれらの危険を察知して、行動するよりも安全性が高くなる様につくられていると思います。

 ああいった機能は、全ての車に搭載されていれば、問題ないのですが、ファジーな動きをする、100%人間が操作する車が道路上に混在している場合は、まだまだ危険性は残されている気がします。 でも、交通渋滞などあらゆる情報を検知して自動運転をする様な車が標準になった時には、上に書いた様な、広い範囲のプログラムに何かしらの異常があった場合の被害は現代より大きくなるのかもしれません。

 新しい技術を投入するとき、いつもその黎明期にはいろいろな問題が起こると思うのですが、それをどれだけ事前に予想して、対処できるようにするか、ということが大切なんだと思います。

 オートマの車が出始めのとき、報道はほとんどされていませんでしたが、それなりの数の車が、一般道で暴走し、事故を起こしていました。 そういうことを、どれだけ精度の高いハイテクを、構築して予防できるのか、、という課題があると思います。

9-3,,.jpg


  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月08日

プログラム

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

8-1,,.jpg


 なんか、今日は昼過ぎから、急に気温が下がりましたが、どうしてなんでしょうか、謎ですネ、、。19℃くらいあった温度が、ちょうど12時くらいから下がり始め、夕方まえには14℃位までさがって、寒くなりました。 不思議です。

 昨日はコンピューターの進歩というか、ITというか、そういう技術の進歩が昔のSF小説に出てくる様な話を現実の物としている、という話を書きました。

 コンピューターと言えば、昔は、電子計算機とか、電算機と呼ばれていて、大きさが今の何倍もアリ、黎明期のものは、部屋何個分とか、ビルのワンフロアとか、そういう大きさであったわけですが、そういう機械が出来る事は、電卓並みの計算で、記録媒体には大きなテープレコーダーみたいなリールのある機械を使って、紙テープに細かい穴をあけて、データを出力していました。

 それでも、大企業の経理とか、大学の実験室ではそれらが重宝されていたわけですが、その後に高性能化と小型化が、半導体の進歩により進み、いわゆるパソコンという小さな卓上にのる形の電子計算機が今では主流になっていたり、携帯電話の中に仕込まれたりしているわけですが、一方で、スーパーコンピューターと言われる様な、今の技術では、まだ小型化できない程の計算量をこなすための、大型の電子計算機も、最先端の現場では使われています。

 こういう事を書くと、機械の大きさ、性能についての話になってしまうのですが、コンピューターの場合、そのさせる仕事(計算)に応じた、プログラムを、かならず人間が考えて書き込む、、というか、入力しなければならないので、そういう無機的に見える機器を支えているのは、人間が、地道にこつこつとデータを入力した、手仕事に依るものなのです。

 昨日はスマホのカメラを例にあげて、あまりにも簡単に、手軽に巧みに良い写真が撮れてしまうので、使っている人はもう、そういう事を考えないというか、全く意識していませんが、ああいう風にそう言った技術的な事や、機械の操作方法を考えないで、使えるのは専門の人間が、そのように機器が働くように、細かいプログラムを入力したお陰なわけです。

 優秀な人間が、巧妙に、プログラムを入力すればするほど、使っている人は、気楽に、楽しく簡単に操作できる、、、。そう言う事をもう私たちは全く考える事が無い程、ソフトウエアのプログラムは、コンピューターの計算性能とともに進歩しているのだ、と言えるのだと思います。

8-2,,.jpg


 昨日のブログのタイトルは人工知能という言葉を使いましたが、今のコンピューターは、それを使う人間の扱い方に応じて、プログラムが、適応するような、性能を持っており、それが、使い易いユーザーインターフェイスを実現しているのだと思いますが、こういうことが実現して、急速に私たちの生活の隅々にコンピューターが入り込む事が出来る様になって来たのだと思うのです。

 たとえば、何かの情報を入力するために、キーボードを指で叩くのではなく、やりたい事を声に出して入力する、、などという事は、いまや、携帯電話では当たり前の事となってしまいましたが、これもまた、私の様な古いタイプの人間にとっては、SF小説の世界でのみ実現する事の様に今でも感じてしまいます。

 今から、十数年前に、仕事で、録音したデータを、「コンピューターで、編集します」と、顧客に伝えたら、私がコンピューターを操作するのではなく、コンピューターがすべて自動で、私が一切手を触れずに仕事が完了する、、という風に勘違いした人がいましたが、もはや、一般の人にとって、何処から何処までが、人間の仕事で、どんなことを、どんな風にコンピューターが作業するするのか、ということに関しては、よく解らないというか、どういうことをコンピューターで、どういう風に操作するのか、、ということは、具体的には想像できない様になってしまっているのかもしれません。

 最近考えているのですが、私の仕事の場合、ミキシングのやり方、音色の作り方とか、バランスのとりかたとか、私のする、いろいろな操作方法をコンピューターに覚えさせて、ある程度自動的に操作させて、最後の仕上げだけ、を、自分の手で操作して仕上げる、、というような事が、恐らく将来的には出来る様になるという気がしています。 まあ、実用化されるのは、まだ少し先の事でしょうが、そう言う事は全く不可能なことでは無いという気がしています。

 もしそれが、出来る様になれば、複数のプロジェクトを短い間に同時進行させるというような事が実現するかもしれません。そういしたら、本当に楽になるのですが、、。

 ただ、これが行き過ぎると、私という人間が居るという存在意義がだんだん危ぶまれてくる気もしますので、ちょっと怖い気がしますが、私がこの世からいなくなっても、私風の処理をした音源が制作できることになるのだとは思います。

 ソフトに指令を出すと、「この音源を小宮山風に仕上げますか、、?」なんて、ダイアログが画面にでてきたりして、、(^_^;) 。

 これってビミューですがね、、。

8-3,,.jpg


  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
 
posted by えんこみ at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | エンジニアの独り言

2016年03月07日

人工知能の話

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

7-3,,.jpg


 今日は一日中湿度は80%くらい、気温は14〜5℃くらいでした。

 少し前に、どこかで読んだ話に、人工知能というか、コンピューターの考える力は、研究の成果で、日進月歩していて、あと15年経つと、人間の知能を上回ることになりそうだ、、ということなんだそうです。

 それより少し前に、チェスの名人がコンピューターと対決して、初めて負けた、、という話も、これは新聞かなんかで見たのですが、載っていました。

 要するに、電子頭脳はもともと人間がつくりだしたものなのですが、もうかなりの進歩をしてきていて、SF小説などにある様に、コンピューターが人間に歯向かう様になり、未来の世の中は人間ではなく、コンピューター
に支配されてしまう、、みたいなことが、現実に起こりうるということを、想定できる時代になりつつあるということなのだと思います。

 なんか、話としてはわからないわけではないのですが、実際のこととしては、ちょっと具体的に想像できないところがあるわけですが、要するに、人間が楽をする為に、いろいろと機械に仕事をさせる為に、コンピューター制御にして、人の手をわずらわせることなく、いろいろな事を出来る様に、技術が進歩してきたわけですが、そういう電子頭脳みたいなものが、人間の思考を上回るということは、ある意味、それを目指しつつ技術を進化させて来たとはいえ、考えさせられるものがあります。

 たとえば、身近な話で言えば、スマホについているカメラッて、昔のカメラみたいに、絞りとか、シャッタースピードとかを全く設定しなくても、その場の明るさ、被写体の色とか、形をカメラが自然に判断して、自動的に撮影してくれているわけですが、もはや、使っている人は、それをスマホの中にある、プログラムが自動的に、スマホを使っている人が、モニターに映し出した、、というか、撮ろうとしている物体の特徴を判断して、絞りや、シャッタースピードをスマホが自ら設定して、写真を撮っていることに、ほとんどの人は気付いていません。

7-1,,.jpg


 液晶の画面にタッチすれば、当たり前の様に、綺麗に撮って欲しい絵というか、その物体の見たい姿を記録してくれる、、。 これって、実は人工知能のなせる技なのですが、もう当たり前すぎて、そんなこと全く意識していませんよね、、。

 これは、いろいろな研究の成果で、プログラム、つまり、こういう時は、こうする、、みたいな仕組みを人間が想定して、機能を設定しているから出来る事なのですが、使っている人はもうそれが当たり前のこととして、「これってスゴいな〜」という風にはもう思わないところまで来ているわけです。

 いろいろな分野で、そういう風になっていて、最近は車を、人間が運転しないでも、目的地に到達することができる機能が、かなり実用レベルに近付いているみたいですね、、。 つまり、障害物とか、信号とか、道路の込み具合とかを、人間が判断して、アクセルや、ブレーキを踏むのではなく、コンピューターが全てやる、、というわけなのでしょうが、これは本当に実用的なものが出来上がれば、明らかに交通事故は減るのかもしれません。

 人間がやる限り、精神状態が必ず車の操作(運転)には反映されるわけで、急いでいたり、ナニかの影響で、気が立っていたら、事故の原因になるような運転をしてしまう可能性がある、、というところ、コンピューターは全くニュートラルな状態で、状況を判断して走行するわけで、人間のつくりだすファジーな部分が無いわけです。

 実際に、飛行機や、列車ではもうかなりの部分、そういう操縦法が使われていて、もう電車とかの場合は人が乗らなくても安全な走行ができるレベルの自動操縦機能は出来上がっているみたいです。

 SF小説の世界みたいな事ッて、例えば携帯電話とかのテレビ電話とか、ホント昔本で読んで、これって技術的に本当に可能なのかな、、?、まあ、お話だから出来る様に書いてあるけどね、、、、みたいな事が、現代では当たり前の様に実現してしまっていますよね、、。

 まさか、自分が生きている間に、誰でも、電話を持ち歩く時代になるとは、子供の頃は、思ってもみませんでしたよね、?、、ホント(明日に続く)。


7-2,,.jpg


  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
posted by えんこみ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月06日

最近食べた麺 52 「パリパリ長崎チャーメン」


CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

6-1,,.jpg


 3月2日に、ほぼ一ヶ月振りに「最近食べた麺」を書きましたが、あれから一週間経っていませんが、今日は、またまた「最近食べた麺」。

 今日書く麺の名前は、「パリパリ長崎チャーメン」。

 チャーメン(炒麺)っていうのは漢字だと、炒める麺で、焼きそばですが、九州長崎とか北海道の稚内では、揚げた麺に野菜と肉のあんかけみたいな、東京で言うところの「固焼きそば」みたいな料理。この料理、福岡だと、お店によって呼び方が違い、面倒くさいというか、注文のときわかりにくい、、、。

 私が知っているだけでも、「パリパリ焼きそば」「パリソバ」「あんかけ焼きそば」「皿うどん」「焼きそば」など、、、お店によって勝手につけた名前で、出しています。 そうして、今日のお店、港の近くにある、昔ながらの食堂では、上に書いた「パリパリ長崎チャーメン」という、長ったらしい名前になっています。 なんだかな〜。

 この食堂は最近の私のお気に入り。 別に家に近いわけではないのですが、冷凍や、既製品の類を使っていない、手造りの昔は何処にでもあった様な素朴な正真正銘、昔ながらの食堂です。 午前中から、夜の10時まで休憩無しで営業していて、今日の麺や、チャンポン以外に、手頃な値段で、カレーとか、ヤキメシ、オムライスやラーメンの他、日替わりのオカズや味噌汁なんかもあったりして、なかなか有り難いお店です。

 注文するとき長ったらしいので、「パリパリ」お願いシマス、、!、といったら、お店の奥さんが、旦那さんに大きな声で、「チャーメン一丁!!」と言っていました。

6-3,,.jpg


 こういう揚げ麺の焼きそば的なものって、スープがないので、イマイチお腹にたまらない感じになることが多いのですが、ココのはそういう心配はナシ、、というか、写真の通り、かなりの量があります。

 具材は少し小さめに刻んで調理されており、イカの足もかなりの細かさに切られています。見かけはあんかけで、こってりして見えますが、比較的上品な、サッパリした味です。 そもそも、ある程度淡白な味でないと、この量は食べられない様な気もしますが、、、 (-_-;) 。

 初めてこれをオーダーしたとき、食べ始めて少ししたところで、お店の奥さんが、「こういうのもありますが、、」と言って、持って来てくれたのが、上の写真。

 これは、長崎の醤油メーカー、チョーコー醤油が製造している、皿うどん用のソース、「金蝶ソース」。

 これは珍しい、長崎ではスタンダードみたいですが、わざわざ専門店でもないのにこれを用意しているとは、素晴らしい、、。 さすがメニューの名前に「長崎」の文字が付いているだけのことはありますね、、。

 こういう細かい心遣いが、こういうお店の嬉しいところでもあります。

 他にも、オカズとご飯と、味噌汁を頼むと、取り放題の漬け物をだしてくれたり、お茶はセルフサービスで、暖かいものと、冷たいものが、選べるとか、なかなか、ポイント高いんですよ、このお店大好きです、、。

 ついでに言うと、テレビが置いてあって、わたしはテレビをもっていないので、たまにはそれを楽しめます。

 お腹一杯になって、のんびりとテレビをみながら、お茶飲んで、満足して、帰途につきましたとさ、、(^ν^) 。

6-1,,.jpg


  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz
 
posted by えんこみ at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近食べた麺

2016年03月05日

春ですが、、。

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

5-1,,.jpg



 今日も春らしく、気温は23℃くらいまで上がって、湿度も37%まで下がりました。

 天気が良くて、暖かいのは良いのですが、物凄い勢いで花粉が来ているらしく、目が痒く、くしゃみもヒドいです。 道を歩きながら、くしゃみをすると、風邪や、インフルエンザが流行っているので、道行く人に、怪訝な顔をされますが、いちいち「これは花粉症なんですよ〜」と言うわけにもゆかず、、、。

 いつも、大体出来る時には、午後の8時くらいに、このブログを更新しようとしているのですが、いろんなことをやっていたら、夜もふけて、10時を過ぎてしまいました。 日が落ちて、随分時間が経ちますが、気温はまだ19℃で、やはり暖かいですね、、。 予報では、明日も暖かいらしいですが、雨みたいですね、、、。

 花粉症は例年ですと、春のはじめだけで、その後はウソの様に無くなってしまいますが、今年はどうなんでしょうか、、?。 なんか、今年は、鼻の周りとか、顔全体もちょっと痒い感じで、むずむずして落ち着きません。

5-2,,.jpg


 ところで、今日の写真は全部影の写真で、なんだか、全部モノクロに見えますが、普通にカラーで撮っています。 天気がいいと、影が出来てうれしいのですが、今日は雲がほとんど無かったので、そこのところは残念でした。

 雲と影があれば、写真がたくさん撮れるのですが、、。

 主に、影と、空とか雲に、電線ばかり撮っていますが、先日、人に、空の写真が多いのは何故ですか?と訊かれるまで、「空」という物をそれほど意識した事はありませんでした。

 空を撮っているわけではなくて、雲や、電線を狙うと、必然的に空が入ってしまう、、ということなんだと思います。 でも、電線や、雲より、その写真を見て、「空」という風に思うのが、もしかしたら普通なのかもしれません。

 空か、、、。 空ね、、、。  外に出て、上を向けば空が見える、、。 そうか、、そう言う事なのですね。 電線や、雲より、はるかに大きい存在なのが、「空」なんですよね、、。

 そういう事ッて、意外と人に言われるまでわからないモノなのかもしれません、 (´o`;。

5-3,,.jpg


  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz 
posted by えんこみ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月04日

暖かいせいか、、?。

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

4-1,,.jpg


 昨日につづいて、今日も暖かく、気温は20℃をこえましたネ、、。

 昨日はなかなかブログ書けない頭で、なんだかな〜という感じでしたが、今日も似た様な感じで、、、。もしかして暖かくなって、頭がふやけてボケているのかも、、、しれません。 そういえば、八百屋で、野菜買ったあとに、携帯を置き忘れて、家に付くまで気付きませんでしたしね、。

 実際のところ、まだ冬服で、少しは上着とか薄いのにしていますが、衣替えはまだので、ちょっと動くと暑い、、と感じたりします。 今日は湿度もたかめでしたしね、、。

 そうそう、それから、別の八百屋さんでも、「すみません、セロリはどこにありますか?」と尋ねたら、お店の人が、え〜と何処だっけ、、、みたいになって、「あ〜もう売り切れたのだな」と思ったのですが、よく見れば、私の真ん前に、、、。 まさかお店の人も、目の前にあるのに、何処ですか?なんて訊かれると思っていなかったみたいで、面食らっていました。

 やっぱボケてるわ、、、(ーー;) 。

 たしかに、寒いと、頭はキリッとしますよね、、。 寒いのやだけど。

4-2,,.jpg


 先日手に入れた Janine Jansen のベートーベンとブリッテンのバイオリン協奏曲のアルバムを何度か聴きましたが、だんだん慣れて来た、、というか、最初程はイマイチ!とは思わなくなりました。 何故かはわかりません、不明ですが、楽しめないより、楽しめた方がいいですよね、、。


 そして、実は、それと一緒に大安売りの、290円 CDもまたまた買ってしまったのですが、それはピアニスト、Valery Afanassiev の弾くブラームス。

 これは、しばらく寝かせていて、昨日の夜中に初めて聴いたのですが、これはなかなかイイ、、!。 ブラームスと言っても、とても地味な曲ばかり、晩年の作品を集めたアルバムなのですが、3つの間奏曲(Intermezzi) をはじめ小品ばかりが 13曲。

 もう20年以上も前の録音ですが、なかなか素晴らしい演奏です。曲も地味ながらとても良く出来た物ばかりですが、これっていい感じに演奏するのは、難しそうだな、、という深い感じの曲ばかりです。

  Afanassiev は別に大ファン、、というわけではないのですが、何故かいままでに3回生の演奏を聴いています。一つは、もう多分30年くらい前に東京で、Kremer の伴奏で、なのですが、何番か覚えていませんが、その時もたしかブラームスの間奏曲をかれは弾いてくれました。

 そしてその次は震災直後に、やはりクレーメルと、今度は Khatia Buniatishvili の代役で、九州で2回。当時まだ無名の新人だった Buniatishvili の代役で、ソリストのAfanassiev が来るのは異例の事でしたが、Kremer の親友ということで、参加したのかもしれません。

 というわけで、期待していた Janine Jansen のアルバムより、Afanassiev の方が楽しめてしまっていますが、これも、暖かくなったせいでしょうか、、、?。

 不明です!!。

4-3,,.jpg

  暖かいところのソバ

  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz 
posted by えんこみ at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月03日

暖かくなりましたが、、。

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

3-1,,.jpg


 今日は春らしく、清々し気候で、爽やかでしたね。

 毎日ブログを書いていると、とても長い文章を、あっという間に書いてしまう時と、あれこれ頭からひねり出そうとしても、なかなか紙面がうまらないことがあります。

 今日もそういう感じで、「さーて何を書こうかな、、」と思っても、何にも浮かんで来ません。 そう言う時は、その「浮かんで来ない」ということ、そのものを題材に書く、、、ということが一番書き易いということは、永年の経験で、知っています。

 逆に言えば、こういう時は、そういう方法以外には、やり方が無いのかもしれません。

 とか、なんとか書いているうちに、少し頭に浮かんでくることが出て来たりする事もあるのですが、、、。

 やっと、寒さが弱まって、「春」の雰囲気がでてきましたが、寒さが収まると、やってくるのは、暖かさだけでなく、、「花粉」というヤツもあります。

 ここのところ寒かったので、少しハナがでて、軽く風邪気味なのかな、、、と思っていましたが、よく考えてみたら、これって、花粉症の症状なのではないか、、、と思いました。 そして、今日は、カラッと晴れて、爽やかなはずなのですが、なんだか、目がシバシバする、、、。 

 「あ〜これって花粉症だ、、」と思ったわけですが、数日前からの鼻水もきっとそうなのだと思います。

3-2,,.jpg


 もう三十年以上前、学生の頃東京で、初めて花粉症と思われる症状が出たときにも、これって、風邪なのか、なんなのか、?、という感じで、わからなかったのですが、それを思い出しました。

 せっかく暖かくなって、快適、、、と思ったら、そうでもない、、、。 まあ、世の中なんて、そんなもんですね、、。 なにげに残念ですが、これは、もう、天気と一緒で、どうしようもない、、。

 寒さも花粉症もない、、、というと、、、。 これはもう、南の島しかない、、、のかもしれません。

 南の島に住んだ事無いのですが、多分杉は生えてないので、杉の花粉はないとは思いますが、、。 換わりになにかあるのかな、、、?。 

 でもそもそも、花粉症ッて、花粉だけの作用ではない、、と前から思っているんですよね、、。だって、昔は花粉症なんて無かったですし、東京では三十年以上前から、ありましたが、地方ではまだここ15年位。 花粉だけじゃなくて、何かの汚染物質が作用していると思うのですが、なぜか世の中にはそういう話が出て来ない、、。

 これって、絶対おかしいと思います。

 山の方に住んでいる人、田舎に住んでいる人も、あんまり、花粉症っていうのはきいた事無いですしね、(花粉は絶対多いはずだけどな)、。

3-3,,.jpg


  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3

CMS Records web site  http://cms-records.biz 
posted by えんこみ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月02日

最近食べた麺51 「鶏だしらーめん」

CMS Records web site http://cms-records.biz
 スマートフォンでこのブログをご覧のみなさま、右上の『PC』ボタンをタッチすると過去のブログや他のカテゴリーにアクセスし易くなります。

26-3,,.jpg


 なんか、3月になったのに、いつまでも寒くて、、という書き出しで、今日のブログを書こうと思っていたら、どうも、明日から随分春らしい天気になるらしいですね、、。

 すっかりご無沙汰していた「最近食べた麺」を2/26日に書きましたが、最近めんどくさい話が多いので、今日も楽しく(?)「最近食べた麺」をお送りします。

 今日書くお店は、かつては時々行っていたお店ですが、最近ほんとにご無沙汰でした。 その理由は、、いわゆるグルメ系の本とかに取り上げられたりして、お客が多すぎたり、あげくの果てには、ミ◯シュ◯ンガイド、福岡、佐賀に取り上げられて、私あんまりそういうの好きじゃないので、自然と足が遠のいていました、、。

 店主はもともと研究熱心で、とても頑張っている人なのですが、私の個人的なここのラーメンの評価は、そこまでは高くは無かったです。 そのうえ何やら騒がしい状況になっているらしいという事で、行くのを避けていましたが、去年の夏に、たまたま入ったときに食べた、「鶏塩そば(という名前だったと思います)」の味がなかなかのモノでしたので、「そうか、随分進化しているのだな、、」とは思っていました。

2-2,,.jpg


 このお店は、大方のラーメン店とは違って、スープだけでなく、麺も店内で、自家製麺しているので、それをたった一人で切り盛りしている店主は、いつも能力の限界と背中合わせの仕事をしており、それこそ、もう限界が来ているのではないか、、、と思っていたので、進化することを止めずに頑張っているのには感心したものです。

 そして、先日また久しぶりに行って来たのですが、今回は行列はなく、すんなりお店に入れました。店主にはつけそばを勧められましたが、寒かったので、温かいスープのある、「鶏だしラーメン(下の写真)」を頼んでみました。 基本的に九州では珍しく、鶏の出しをメインにスープをとっていて、その辺が、鶏臭さを感じさせて、私が個人的には少し苦手だったところなのですが、最近は、鶏臭さがほとんどなく、他の昆布などの材料とのバランスがかなり良く、いい意味で鶏らしくありながら、本当に美味しいスープに仕上がっています。

 その上、随時改良が加えられている自家製麺の味も、私の感覚では、飛躍的に美味しくなっていました。

 どんな感じかと言うと、一言で言うと、「すごくエッジが立った感じ」。 「エッジ」ということばを最近よく見ますが、この場合、簡単に言えば、麺の裁断面の切れ味がいい、、、つまり、食感がいい感じの固さと腰を感じ、味も噛み締める程に、スープとのハーモニーが絶妙でした。

 見かけはとても地味で、鶏肉と、ネギ、キクラゲだけというシンプルな具材ですが(メンマはおまけデス)、本当に良くまとまっていて、後味もスッキリで、素晴らしい味でした。

 永年の研究と執念が、最近になって味にやっと反映されて来たのだな、、と思いましたネ。

 前は、少し物足りなさを感じましたが、満腹感も前よりつよかったです、、。

 これは私が歳取っただけ、、?、、かな、(^。^;) 。


2-1,,.jpg


  CMSレコード最新作、伊澤隆嗣 as,ss Quartet 「In a Spring Time」の試聴用 PVができました!。好評発売中!!べースデュオシリーズ好評発売中、
第一弾、納浩一「Little Song Book」
第二弾、
中島教秀「Duologue」

シリーズ第三弾(完結編)
船戸博史、細川正彦デュオ「Harvest Moon」絶賛発売中〜 ( ^ ^ )/ 。→
 試聴用ムービーはコチラ@

お知らせ アマゾンの表示に間違いがあり、「Harvest Moon」が購入できないかの様になっていましたが、こちらのURLから購入して頂けます。キャットフィッシュレコードさんhttp://www.catfish-records.jp/product/17672をはじめ、その他のweb ショップでは、いままでどおり、ご購入いただけます。


 CMSレコードのアルバムが全て、web site のネットショップへのリンクからご購入頂ける様になりました。お好みのアルバムを是非ポチッと、、。You Tube による試聴リンクも NEWS のページにあります。  
 もしくは下のリンクからも試聴できます↓。
                               
■アルバム試聴 1 アルバム試聴 2 ■アルバム試聴 3


CMS Records web site  http://cms-records.biz 
posted by えんこみ at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近食べた麺